スタッフ日記:第26回アンナダーナ終了しました!

第26回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は寺院にて、無事に終えることができました。

酷暑期を迎えている北インドでは、日本でもニュースになっていたようですが、突風を伴った大嵐が頻繁に発生し、大きな被害を受けている地域があります。このような酷暑期は初めてだという人も少なくありません。突然吹き荒れる突風は恐ろしく、アンナダーナも無事に実施できるように願っていました。

そんな中、アンナダーナを実施する寺院周辺では、予告なく突然配管工事が始まりました。当日の朝も道路は掘り返されたまま、ついに水も出なくなってしまいます。暑くなる予報が出ていたため、早めに準備をし、早めに配り終えることができるようにと予定をしていましたが、予想外の水の手配に時間がかかってしまいました。

周辺の道路がいつものように通れない上、水の手配に時間がかかり、結局、配り始めることができたのは12時半を過ぎていました。いつも配膳を行う場所の目の前で工事が行われており、とても埃っぽく配膳を行える状況ではなかったため、今回は寺院の裏手で行いました。

人が集まるか心配でしたが、周辺地域は水が出ない状況のため、料理ができない人々なども多く、気がつけば多くの人が集まりました。始まりはいつもより遅くなってしまいましたが、準備した1000食分以上の食事をいつもと同じくらいの3時間ほどで配り終えることができました。

突如始まった配管工事。道路は掘り返されたままです。

水の手配でバタバタしてしまいましたが、無事に食事づくりを進めることができました。

いつもアンナダーナが始まる前に、聖牛にも食事を捧げます。聖牛はいつも散歩に出かけていて、いつ現れるかわかりません。食事を盛ったプレートを同じ場所に置いておくといつの間にか食事がなくなっているのですが、今回は食事中の聖牛をキャッチすることができました。

酷暑期で学校がお休みになっており、子どもたちの姿もたくさん見ることができました。

木陰で涼しそうに見えますが、43度くらいあります。

やはり13時頃〜14時頃は大行列となります。

インドでは首都デリーでも電気がこなかったり、水が出なかったりが日常茶飯事ですが、やはり貧しい人々が最初に影響を受けやすい状況です。周辺では出稼ぎの多くの労働者の方が道端で自炊をしながら生活をしています。水を得られないかったこの日は食事を作ることができず、アンナダーナの食事が大きな助けとなったようです。必要な時に必要なものが与えられることに、感謝の気持ちでいっぱいです。

次回は病院での実施を予定しております。これからも温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)