スタッフ日記:フード・サービス・プログラムのご報告(今年のモンスーン)

フード・サービス・プログラムにご支援をいただいている皆様、本当にありがとうございます。
最近の写真が届きましたので、ご報告をさせていただきます。

インドの各地で酷暑期が続いていますが、南インドのケーララ州では、待ちに待ったモンスーンが始まりました。
今年はモンスーンの前にも雷雨が頻繁に発生し、水不足が深刻になるこの時期の大きな恵みとなりました。
それでも、暑い夏が続き、これまでよりは患者さんの多い時が続いています。


モンスーンが始まり、湿気が増えるこれからの雨季にかけては、患者さんがもっとも多い時期となります。
5月には、ケーララ州の一部地域において、致死率の高いコウモリが媒介とされるニパ(Nipah)ウイルス感染症が流行り、緊急措置が発動されていました。
現在、状況は落ち着いているようですが、病院関係者や一般の人々を含め、多くの人々が心配をする日々を過ごしているようです。

モンスーン時は、蚊を媒介とする病気など、さまざまな病が流行る時期です。
貧しい人々は、正しい予防策を取れず、病にかかりやすかったり、重症化しやすい傾向があります。
苦しい時など、一人でも多く人々が支えを得られ、少しでも心安らかな日々を過ごせるように、支援活動を続けて行きたいと思います。

皆様の温かいご支援に心より感謝申し上げます。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)