スヴァーディシュターナ・チャクラを活性化するヴィシュヌ・マントラ

脊椎の基底から、頭頂までには、チャクラと呼ばれる微細なエネルギー領域があります。
これらは、わたしたちすべてが持っている神聖な意識の力であるクンダリニー・シャクティの通路です。
チャクラを開花させることは、より高次の意識と平安へと導き、制限的な人間の力から、限りない神的な力へと変遷させます。

チャクラの不調和は、視界を曇らせ、さまざまな肉体的・精神的な疾患の原因となります。
神秘的な音楽は、霊的なエネルギーを呼び覚まし、チャクラの力を実感する助けとなります。

宇宙の維持者として知られるヴィシュヌ神は、生殖器官の根幹に位置するスヴァーディシュターナ・チャクラに作用し、生殖器に関する大切なバランスを整えるといわれます。

スヴァーディシュターナは、下から2番目のチャクラであり、美、安定、性的達成をもたらします。
このチャクラの不調和は、活力の欠乏、抑制、疑念、間違った知識、残酷な行為などの原因となります。

「自らが宿る場所」という意味を持つスヴァーディシュターナは、水の要素を持ちます。
水があらゆる生命の源であるように、自分自身の全てが眠っていると伝えられています。
ヴィシュヌ神は、永遠であり、万物に浸透する精神であり、宇宙創造の前から存在する原初の水に関連があるといわれ、「水に住む者」という意味のナーラーヤナと呼ばれているという説もあります。

チャクラに対応した神々の波動のリズムに乗り、調和と成功に満ちた生活を生み出しましょう。