2018年9月の主な祝祭

Fotolia_3536689_Subscription_Monthly_M

2018年9月の主な祝祭をご紹介いたします。

待ちに待ったクリシュナ降誕祭、ガネーシャ降誕祭など、9月は大きな祝祭が続きます。その後、満月を過ぎると、先祖供養の期間がおよそ2週間入り、続いていた大きな祝祭がひと段落する時を迎えますが、先祖供養のための儀式が熱心に執り行われます。

9月2日、または3日 クリシュナ降誕祭
9月3日、または4日 ダヒー・ハーンディー
9月6日 エーカーダシー
9月8日 シヴァラートリー
9月10日 新月/シュラヴァナ月の終わり(主に南インド)
9月12日 ヴァラーハ・ジャヤンティ
9月13日 ガネーシャ降誕祭
9月14日 リシ・パンチャミー
9月17日 ヴィシュヴァカルマン・プージャー/カニャー(乙女座)・サンクラーンティ/マハーラクシュミー・ヴラタの始まり/ラーダー・アシュタミー
9月20日 エーカーダシー
9月21日 ヴァーマナ・ジャヤンティ
9月24日 アナンタ・チャトゥルダシー(ガネーシャ降誕祭最終日)
9月25日 満月/ピトリ・パクシャ(先祖供養の2週間の始まり)
9月28日 サンカタハラ・チャトゥルティー

*地域や慣習によって、祝祭の日にちには差異が生じることがあります。

1年を通じた祝祭、またその詳細について、インド暦カレンダーでご紹介しております。

参照:http://www.drikpanchang.com/panchang/month-panchang.html