ヨーガ・スートラ第3章第35節

Hindu God Yoga Sutra of Patanjali Statue on Exterior of Hindu Temple


सत्त्वपुरुषयोरत्यन्तासङ्कीर्णयोः प्रत्ययाविशेषो भोगः परार्थत्वात्स्वार्थसंयमात्पुरुषज्ञानम्॥३५॥
Sattvapuruṣayoratyantāsaṅkīrṇayoḥ pratyayāviśeṣo bhogaḥ parārthatvātsvārthasaṁyamātpuruṣajñānam||35||
サットヴァプルシャヨーラティヤンターサンキールナヨーホ プラティヤヤーヴィシェーショー ボーガハ パラールタトヴァートスヴァールタサンヤマートプルシャジュニャーナム
サットヴァとプルシャは、絶対に混合しないのに、想念において、両者を区別しない状態が経験である。他の目的から、自己の目的に綜制をする時、プルシャの知識があらわれる。

簡単な解説:前節において、心臓へ綜制を行うことにより、自分の心をすべて知ることができると説かれまました。本節では、まず、絶対に混合しないサットヴァとプルシャが、想念において混同されている状態が経験であると説かれます。そのため、自己のためのみに存在するプルシャに綜制を行うことにより、真我の知識が現れると説かれます。