ヴィシュッダ・チャクラを活性化するシヴァ・マントラ

人生は霊的進化のための希有なチャンスであることは、インドの聖者たちが経験的に明かしました。彼らは、霊的観点から人生を総体的に捉えました。そうして彼らは、より高次の意識へとつながる、肉体の精神エネルギーの中心となるチャクラを発見しました。チャクラの調和は、健康と充実した人生をもたらします。

第5のチャクラであるヴィシュッダ・チャクラは、喉に位置します。それは、エーテル(アーカーシャ、虚空)原理の中心であり、聞く力、話す力、創造力などがそれに結びついています。また月の領域として知られます。月は一点の穢れもなく、「偉大な解脱への入り口」を示します。集中力をもってこのチャクラと交流する人は、永遠なる心の平安を謳歌する偉大な聖者となります。このような人の言葉や思考は、霊的エネルギーの原動力となるでしょう。

喉のチャクラが不調和かつ不健康であるならば、他者とのコミュニケーションに大きな障壁となり、また甲状腺、喉、耳に関する障害の原因ともなります。喉のチャクラのバランスが保たれるとき、その人は創造性とひらめきの頂点に達します。

エーテル原理の中心であり、喉のチャクラであるヴィシュッダ・チャクラに対応する神格が、5つの顔を持つパンチャヴァクトラ・シヴァ神です。パンチャヴァクトラ・シヴァ神は、5つの方向や5つの要素など、あらゆる面に働きかける力を持ちます。そして、ヴィシュッダ・チャクラに作用するのがシヴァ・ガーヤトリー・マントラです。

あらゆる物質の根源として存在する、地・水・火・風・空の5つの要素は、宇宙を生み出すと共に、私たちの体の中にも同様に存在します。私たちの体が小宇宙であり、世界にあるものはすべて私たちの体の中にも存在しているといわれます。脊椎を一つの山に見立て、その山の中腹である喉の上方に月が、下腹部に太陽があり、そして、月からはいつも不死の甘露が生み出され、私たちに生命をもたらしているのだと考えられてきました。空の要素を持つヴィシュッダ・チャクラの力によって、その生命の露が穢れのないエネルギーとなり、全身へと行き渡ってゆきます。

チャクラに対応した神々の波動のリズムに乗り、調和と成功に満ちた生活を生み出しましょう。