障害を取り除くガネーシャ神の千の御名

神の言語であるサンスクリット語による祈りは、精神的・肉体的な問題を癒すヒーリング・サウンドとして作用し、人々の願望や、魂の欲求を満たすことができると信じられています。その一つに、英知と障害を取り除く神であるガネーシャを讃える千の御名(ガネーシャ・サハスラナーマ)があります。

ガネーシャの姿は、オームの象徴です。ガネーシャは、シヴァ神の息子であり、ヴィナーヤカ、ヴィグネーシュワラなどとも呼ばれます。ガネーシャは、あらゆる物事の最初に礼拝され、ガネーシャの恩恵によって、その試みが成功に導かれると信じられています。

ガネーシャは、4本の腕、そして象の頭と大きなお腹が特徴的です。ガネーシャの乗り物は、とても小さなネズミです。ガネーシャの手には、信奉者を真理に導くためのロープ、信奉者の執着を断ち切るための斧、霊的活動の報酬である甘いお団子があります。ガネーシャの4本腕の手のひらは、祝福を与えるためにいつも人々に向けられています。象の頭と、素早く動く小さなネズミというユニークな組み合わせは、英知、知性、そして心の平安を象徴しています。

ガネーシャの祈りに耳を傾けることは、私たちの願望を満たし、生活のあらゆる局面での成功を約束する、強大な力に接触することに相当します。ガネーシャ神の偉大な名前を聴くことで、障害のない生活を送りましょう。