チャイルド・スポンサーシップのご報告(2019年1月)

チャイルド・スポンサーシップ(子どもの教育支援)にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
1月の配給時の様子が届きましたので、ご報告をさせていただきます。

1月の配給は、特別に1月20日の日曜日に実施されました。
この配給においては、教育支援を行なっている子どもたち、その家族だけでなく、昨年の豪雨災害において被害を受けた人々も集まり、椅子の配給を行いました。
教育支援を行う子どもたちは、現在41家族となりますが、この配給においては、合計で75家族に2脚ずつ椅子を配ることができました。

昨年の8月に起きた豪雨災害においては、子どもたちが住む村も大きな被害を受け、築き上げてきたすべてを失った家族が多くいます。
皆様の温かいご支援のおかげで、少しずつ元の生活に戻りつつありますが、今後も継続的な支援が必要となる見込みです。
現在は、日々の生活の中でも必要性の高いものを見出し、支援ができるよう計画を立てて実施しています。

子どもたちや配給を受ける人々の宗教はさまざまに異なりますが、配る前には皆がホールに集まり、それぞれお祈りを捧げます。
皆様の温かいお気持ちも一つに繋がる瞬間です。

子どもたちは、必要最低限のものの中でも、大自然に囲まれ、豊かに暮らしています。
しかし、家族とともに社会の中で暮らしていくには、必要なものが多くあります。
椅子があることで、子どもたちは落ち着いて勉学に取り組むことができます。
体が不自由な年配者がいる家庭も多く、椅子があると休息を取る際にも便利です。
お客様を迎える際にも、必要となることが多くあります。

こうした物資の支援の際には、長くしっかりと使える質の良いものを選んでいます。
これらの椅子は、丈夫でお手入れも容易、女性や子どもでも軽々運べます。
配給の際にも、子どもたちが率先して運ぶ姿が多く見られました。

現在は、自然も穏やかな姿を見せていますが、これから長く暑い夏が始まろうとしています。
大きな祝祭も落ち着いた今、毎年3月に控える大切な試験のために、子どもたちは勉学に励んでいます。

いつも温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です