スタッフ日記:第39回アンナダーナ終了しました!

第39回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回は孤児院にて、滞りなく無事に終えることができました。

孤児院でのアンナダーナは6回目となりました。
昨年の3月に実施した孤児院での実施となり、再び子どもたちの元気な姿を目にすることができました。
孤児院で生活する子どもたちの数は流動的で、130人から200人くらいになることもあるようです。
皆とても活発でよく食べ、過去の実施の経験から、足りないことがないように、また、孤児院のスタッフや当日の訪問者の方へも行き渡るよう、食事は約250食分を準備しました。

朝は少し雨模様でしたが、お昼の食事の際には天気も良くなり、子どもたちは外で食事をすることができました。
一度に全員で食事をすることができないため、交代で食事をいただくようですが、普段は味わえないギーたっぷりの豪華な食事に、皆大喜びです。
子どもたちへのデザートは、ハルワーかキールを予定していましたが、今回もキール(ミルク粥)のリクエストがあり、ドライフルーツをたっぷり入れて準備をしました。

また、皆様からの温かいお気持ちをたくさんいただき、ご寄付が多く集まったため、食事に加えて、以下の寄付品も準備することができました。

*調理用油(15L):3個
*調理用油(5L):1個
*マスタードオイル(30L):2個
*砂糖(50kg):1個
*フルーツジュース(1L):50本
*ビスケット:72パック

*学習用マット:5個
*A4紙パック:1パック
*ノートブック(12冊入り):48パック
*鉛筆:6パック
*スケッチペン:20パック
*ペン:2パック
*ボード用マーカー:2パック
*消しゴム:1パック
*鉛筆削り:1個

*洗濯洗剤(1kg):30個
*床用洗剤(5L):7個
*食器洗い洗剤:8個
*トイレ用洗剤:8個

学用品、食材、洗剤など、日々の生活に必要不可欠な物資となりました。
物資は、スタッフが購入し運んだり、業者の方から直接孤児院へ配送してもらったりと、まとめてお渡しできませんでしたが、すべてに心からの感謝をいただいています。

外部の男性が孤児院内に長時間滞在できないルールがあるため、スタッフは食事を届け、少し孤児院内の様子を見るだけでしたが、子どもたちからたくさんのエネルギーをもらいました。
子どもたちの持つ力はとても大きく、幸せな社会のためにも、豊かな成長が欠かせません。
未来の社会を担う、子どもたちの豊かな心を育むお手伝いできるよう、今後も定期的に実施できるよう計画をしたいと思います。

皆様の温かいお気持ち、本当にありがとうございます。
次回はデリーの寺院での実施を予定しています。
今後とも温かいご協力のほどどうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)