あらゆる悪から帰依者を守るハヌマーン神の千の御名

神は、人々の真摯な祈りに必ず応えます。神は彼らの帰依心に応える「義務」があるため、心からの祈りに対して限りない恩寵を降りそそぎます。この点からみると、ハヌマーンへの礼拝は効率的です。それは彼が、神の性質、卓越した人格、奉仕の精神、謙虚さ、自己犠牲、帰依心、決断力、神への献身の持ち主だからです。ハヌマーンは、模範的な帰依心、神への献身を通じて、人々の心の中に住み給います。身体的には、彼は超人的な能力を持ちあわせています。ラーマに対するハヌマーンの帰依心を見て、シーターはラーマへの帰依者たちを救うため、ハヌマーンが不死(チランジーヴィ)となるための祝福をしました。

人々は、彼が地上に今なお生き続けていると信じ、勇気と自信、悲しみからの脱却、悪霊や不幸からの保護を求めて祈りを捧げます。ハヌマーンは、悪の勢力にとっては、この上ない恐怖です。シヴァ神が、強大な神の力を与えるための祝福をしたからです。ナンディ(シヴァ神の乗りものである聖牛)は、全てのヴェーダと、聖典の知識をハヌマーンに授けました。

ハヌマーンは、武器として職杖を持ち、色々な姿で礼拝されます。いっぽうの手に山を持ち、もういっぽうの手には職杖を持ち、スーパーマンのように空を飛ぶ姿で描かれることもあります。ハヌマーンはプラサンナンジャネーヤ、ヴィーランジャネーヤ、ディヤーナンジャネーヤ、バクタンジャネーヤなどの多数の名前を持ち、それぞれの名前は彼の御力をあらわしています。ハヌマーンは、誰かに進言されない限り、真の力を忘れてしまうと言われています。したがって、ハヌマーンの千の御名を唱え、ハヌマーンに千の御力を思い出させ、彼の恩恵と祝福を祈願しましょう。