星が力を失う時2

人間、ある程度歳を重ねると身体に様々な不調が出てきます。
肉体は古くなるのですから仕方のない部分はあるでしょう。それに日頃の生活習慣のまずさが追い打ちをかけたりもします。
しかし、気を付けて生活していても不調の出る人もいますし、不摂生をしていても不調の出ない人もいます。
また普段元気だったのに若くして突然、死に至るような病に侵される場合もあります。
このような現象は、もちろん持って生まれた星の力によって左右されます。
そう考えると、肉体の健康を保つ努力をするのはもちろん、「星の健康を保つ(星の力を保つ)」ような努力も本質的には不可欠であるといっても過言ではないでしょう。
それも、いわゆるカルマを来世以降に持ち越すのではなく、逆に徳や霊的な貯金を積みながら星の健康も保つ、という努力が必要になるかもしれません。

星と関係しそれを統べる神に祈る、という行為はこれらの条件をすべて満たします。
ご自分の星の弱い部分がわかっていれば、星そのものに祈るのもいいですが、ガネーシャギリのお勧めは、その星に関係する神に祈るやり方です。
例えばケートゥが悪ければ、それと関係するガネーシャ神に祈るというようなことです。そうすれば星の力を回復するだけでなく、ゆくゆくは未来世にも影響するであろう、その神格のご利益もいただけます。

ご自身の弱い星がわからない場合は、あらゆる惑星の力に作用するハヌマーン神の祈るでもいいでしょうし、多様に化身し守備範囲の広いドゥルガー女神に祈るのもいいでしょう。シヴァやヴィシュヌのような「大きな神」に祈るのもお勧めできます。

これからの超高齢化社会には、肉体の健康と星の健康、両方に留意しようではありませんか。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥