悪を飲むカーリー女神の舌

季節が移り変わろうとしている今、インドでは春のナヴァラートリー祭が始まろうとしています。
今年は4月6日の新月より、9日間に渡って祝福が続きます。
大自然を動かす女神たちが礼拝されるこの9日間は、自分自身の変わらない本質と向き合う、大切な機会となる時です。

広大なインドの地において、さまざまな姿で崇められる女神の中に、恐ろしい姿を見せるカーリー女神がいます。
ドゥルガー女神の9日間に渡る凶悪な力との戦いの中で生まれたカーリー女神は、その恐ろしい姿とは反対に、深い愛をその内に秘めています。

暗黒の女神と称されるように、カーリー女神が見せる姿はおぞましく、そこには戦慄すべき光景が広がります。
血が滴る斧を手に、骸骨の首飾りと切り落とされた無数の人間の腕を身につけるカーリー女神。
その姿を際立てるのが、悪魔ラクタヴィージャの滴り落ちる血を飲む真っ赤な舌です。

カーリー女神には、悪魔ラクタヴィージャと戦う有名な神話が伝わります。
ラクタヴィージャは、地面に滴り落ちると無数の分身を次々と生み出す恐ろしい血を持っていました。
戦いに挑んだドゥルガー女神は、ラクタヴィージャを倒そうとするも、悪魔が次々に生まれ、窮地に立たされます。
すると、長く伸びた真っ赤な舌を持つカーリー女神があらわれ、ラクタヴィージャの血をすべて飲みつくしました。
そうして、ラクタヴィージャは倒されたと伝えられます。

滴り落ちるラクタヴィージャの血から次々と生まれる悪魔は、まるで、私たちの内で次々と沸き起こる、怒りや憎しみ、嫉妬や嫌悪、憂慮や苦悩のようです。
消えては生まれるこうした負の感情を滅することは、容易いことではありません。
それがどれほど難しいことなのか、息づかいが聞こえるほどむき出しに迫ってくるカーリー女神の姿が物語っています。

カーリー女神は、手に負えないそんな負の感情をすべて飲み込みながら私たちを浄化し、解放していきます。
その女神の姿と真正面から向き合う時、繰り返される輪廻から、女神は私たちを救い出してくれるに違いありません。

悪を倒す女神たちの戦いは、私たちの内なる世界でも起きています。
季節の変わり目を迎え、さまざまな変化が起ころうとしている今、女神と向き合いその力を呼び覚まし、自分自身の本質と向き合いたいと感じます。

(文章:ひるま)