スタッフ日記:フード・サービス・プログラムのご報告(モンスーン前)

フード・サービス・プログラムにご支援をいただいている皆様、本当にありがとうございます。
最近の写真が届きましたので、ご報告をさせていただきます。

インドの各地では、気温が45度を超える地域も出るほどの酷暑期ともいわれる暑い夏が続いています。
病院で食事の配給を行うケーララ州は、35度前後の気温となりますが、湿気が多く、体にこたえる暑さです。
現在は、毎日変わることなく、150食から200食分の食事の配給が続いています。

この酷暑期の間は、水不足が深刻になる時でもあります。
病院の食事を作るためには、食材を洗ったり、お粥を調理するための清潔な水以外にも、複数の大きな鍋や調理器具を洗う水が多く必要です。
食事はNGOの施設で作り病院へと運びますが、施設で水が使えない時は、NGOの代表宅の裏庭で調理をすることもあります。

そんな中、現在は時折雷雨が来るようになりました。
ケーララ州は、インドでもっとも早くモンスーンが始まる地域でもあり、早ければ5月の下旬に始まることもあります。
モンスーンが始まる前の、水不足が深刻になるこの時の雷雨は、恵みの雨となります。

一方で、地域では清掃の取り組みが急務となっています。
モンスーンの時期には、プラスチックの廃棄物などが排水溝につまり、水たまりができやすくなります。
大量の蚊が発生し、伝染病が蔓延することも少なくありません。
モンスーンの時期は、病院での食事の配給量が年間を通じてもっとも多くなる時でもあります。

複雑化する問題を多方面から見つめ、より良い社会のために、一人ひとりができることを心に留めながら活動をすることを、NGOでも心がけています。
今年のモンスーンを少しでも穏やかに過ごすことができるよう願いながら、今後の活動を進めていきたいと思います。

いつも温かいご支援いただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)