スタッフ日記:第44回アンナダーナ終了しました!

第44回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回の実施は、聖地として知られるリシケーシュのサイガートにて、滞りなく終えることができました。
リシケーシュでは、第5回目の実施です。

南インドではモンスーン到来のニュースが伝えられましたが、リシケーシュのある北インドは、まだまだ暑い時が続いています。
6月に入ってから高温の状態が続き、山が近いリシケーシュでも、連日45度に近い気温が続いていました。
そしてアンナダーナを実施した昨日、ようやく気温が下がり、およそ3週間ぶりに40度を下回りました。
大気の状態が不安定になるという予報が伝えられていたため、当日の実施が不安でしたが、アンナダーナは無事に終えることができています。

暑い夏を迎えているインドでは、特に冬の間に閉ざされていた山々の聖地を廻る巡礼など、各地で巡礼が盛んになる時を迎えています。
リシケーシュは、ケーダールナートやバドリーナートなど、ヒマーラヤ巡礼の起点となる場所でもあります。
特にこの時期は夏休みに重なり、インドの各地から多くの巡礼者が訪れ、大変に混雑する時です。

サイババ寺院のあるガートは、リシケーシュの人々が心を寄せる場所の一つです。
市の中心部からは離れているため、人々が短時間に集中することなく、配膳は落ち着いてゆっくりと進めることができました。
地域住民や子どもたちを中心に、巡礼者や修行僧の姿も見られました。
時間はかかりましたが、今回もおよそ1300食分を、滞りなく配り終えています。

人々は、さまざまな思いを抱えて巡礼に赴きます。
こうした巡礼者に食事を施すことは、功徳のある行いとして古くから伝えられてきました。
太古の昔から、人々のさまざまな思いを静かに受け入れてきた聖地は、誰しもが抱える心の重荷をすべて受け取り、浄化していきます。
私たちをあらゆる苦から解放された場所へと導く聖地は、現代社会にとって、とても大きな意味のある場所であるはずです。
いつまでも聖地が大切に受け継がれ、人々や社会に大きな平和がありますように、心よりお祈りしております。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)