チャイルド・スポンサーシップのご報告(2019年6月)とケーララ豪雨災害の支援状況について

チャイルド・スポンサーシップ(子どもの教育支援)、また、ケーララ豪雨災害支援にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
子どもたちの暮らす南インドのケーララ州では、今年は6月8日にモンスーンが始まりました。
モンスーンの始まりとともに、長い夏休みが終わり、子どもたちの学校が始まっています。

この学校の始まりにあわせ、通常のチャイルド・スポンサーシップで支援をする子どもたちと、昨年の豪雨災害で被害を受けた子どもたちに、特別な支援を行いました。
支援は、6月の第2週目の学校の始まりの前に行われ、実施日は6月8日となり、モンスーンの始まりに重なる喜ばしい時となりました。

今回は、合計で75人の子どもたちに支援を行うことができました。
現在、毎月の教育支援を行なっている子どもたちは40人前後となり、豪雨災害で被害を受けた子どもたちが35人前後となります。
支援は、以下の食材と生活必需品を中心に行いました。
以下は1人当たり、850ルピー(約1300円)となります。

– お米5キロ
– 小麦粉2キロ
– 砂糖1キロ
– Thuvara Parippu(豆)1キロ
– 豆類1キロ
– ココナッツオイル1キロ
– ビスケット
– パーパド(豆のおせんべいのようなもの)
– じゃがいも1キロ
– 玉ねぎ1キロ
– いも1キロ
– コーヒー
– 紅茶
– はちみつ100gms
– 赤唐辛子250gms
– 塩
– 石鹸
– 入浴用石鹸

加えて、学校生活に必要な以下の物資を配りました。

– ノートブック
– 製図用具
– ペン
– 鉛筆
– 傘
– 服

さらに、それぞれの通う学校で必要となる制服を、それぞれが購入できるように、サポートをしています。
傘は、雨の日だけでなく、日傘としても使用するため、毎日のように使用する重要なものです。
価格が上昇しており、丈夫なものを選ぶと、1本500ルピー(約800円)となりました。
今回は、通学用のバッグも検討していましたが、傘の購入に予想以上の費用がかかり、支援をすることができませんでした。
バッグは、1つ700ルピーから1000ルピー(約1100円から1600円)かかる見込みです。
9月のオーナム祭(ケーララ州で一番大きなお祭り)の際に、支援できるように計画をしています。

今回、この配給を進めたのは、毎月の教育支援を行う子どもたちです。
それぞれが責任を持って、滞りなく、配給を最後までやり終えることができました。
昨年の豪雨災害で被害を受けた家庭の子どもたちも、皆様のご支援のおかげで、少しずつ日常を取り戻しつつあります。
モンスーンが始まり、これからは学校で勉学に励む時となります。
今年は穏やかな気候の中で、勉強に集中できることを心から願っています。

※チャイルド・スポンサーシップにつきましては、6月の支援において、7月の支援分となるクーポンをそれぞれの家庭に配布しました。
モンスーンの雨が激しくなる時となり、移動が困難となる可能性があります。
クーポンは、施設まで集まる必要がないよう、それぞれが特定の店舗で物資を購入できるものです。
7月は支援のための集会を見送るため、写真を含めた報告がない見込みとなりますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

いつも温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)