ヨーガ・スートラ第4章第19節

Hindu God Yoga Sutra of Patanjali Statue on Exterior of Hindu Temple


न तत्स्वाभासं दृश्यत्वात्॥१९॥
Na tatsvābhāsaṁ dṛśyatvāt||19||
ナ タトスヴァーバーサン ドリシュヤトヴァート
それは、自らを照らすものではない。見られるものであるから。

簡単な解説:前節において、心の働きは常に知られていると説かれ、それは、心の主人であるプルシャが決して転変しないからであると説かれました。本節では、心は自分自身を照らし出すことはできないと説かれ、それは、心がプルシャに見られるものであるからだと説かれます。