帰依者たちを喜びに導くクリシュナ神の千の御名

神の言語であるサンスクリット語による祈りは、精神的・肉体的な問題を癒すヒーリング・サウンドとして作用し、人々の願望や、魂の欲求を満たすことができると信じられています。
その一つに、帰依者たちを喜びに導くクリシュナを讃える千の御名(クリシュナ・サハスラナーマ)があります。

クリシュナはヴィシュヌ神の8番目の化身として知られ、バガヴァッド・ギーターの中心人物です。
悪の勢力を滅ぼす勇敢な英雄としても有名です。
クリシュナはよく笛(ムラリー)を奏でる姿で画かれていますが、それは人々に愛のメロディーを奏で、愛を広めることをあらわしています。
またクリシュナは最愛の牧女であり愛の権化とされるラーダーとともに画かれることも多く、人々にはラーダー・クリシュナとして礼拝されています。
ラーダー・クリシュナは、愛の本質の象徴であり、人間と神との愛をあらわしています。

クリシュナは、幼少の頃からさまざまな神の遊戯(リーラー)にまつわる逸話があります。
ミルクが欲しくて泣きわめくクリシュナを、母ヤショーダが忙しく聞き逃してしまったため、クリシュナが怒って車を蹴り飛ばした逸話。
クリシュナが母ヤショーダの膝の上で寝ているとき、あくびをしたクリシュナの口の中にヤショーダが全宇宙を見た逸話。
クリシュナがフルート売りの女性に、この一握りの穀物とフルートを交換して欲しいといい、一握りの穀物を残してフルートを持ち帰った後、この穀物が宝石に変わった逸話など、クリシュナの魅力溢れる逸話には限りがありません。
そして成人したクリシュナは、人々に愛と正義の本質を身をもって顕現されました。

クリシュナの御名は、至高の意識に到達するための至宝であり、甘露のようなクリシュナの御名を唱えることは、すべての罪を溶かし、苦行にまさる功徳を手にする方法であると言われています。
サンスクリット語での祈りにより、この偉大な力をもつクリシュナとの絆を堅くすることで、私たちの願いが聞きとどけられ、人生のさまざまな局面においてクリシュナの恩寵が降りそそぐでしょう。