クシェーパナ・ムドラー

苛立ったり、悩んだり、疑ったり、日々を過ごす中で、ネガティブなエネルギーに支配されることはないでしょうか。
そうして抱え込んでしまうエネルギーは、私たちの心身やその周囲にも、さまざまな悪影響を生み出します。
このエネルギーを手放すことを助けてくれる、クシェーパナ・ムドラーと呼ばれるムドラーがあります。

クシェーパナには、手放す、解放する、放り出すなどという意味があります。
このムドラーは、私たちが抱え込むネガティブなエネルギーを放出し、ポジティブなエネルギーを受容する助けとなるムドラーとして知られます。

クシェーパナ・ムドラーでは、左右の手の平を合わせ、人差し指はまっすぐに伸ばしたまま、中指、薬指、小指はそれぞれ交差させて曲げ、手の甲で休ませます。
左右の親指も同じように交差させ休ませます。
または、最初に両手を組んでから、人差し指をまっすぐに伸ばすこともできます。
この手の形を、まっすぐに伸ばした人差し指が地面に向くように組むのがクシェーパナ・ムドラーです。
臥位で行う際は、人差し指が足先に向くように組みます。

親指は火、人差し指は風、中指は空、薬指は地、小指は水というように、5本の指には、それぞれ5元素の象徴があります。
クシェーパナ・ムドラーでまっすぐに伸ばす人差し指は、風を象徴します。
風は、自由に何かを動かし変化をもたらす性質であるヴァータの象徴です。

そして、一説に、頭頂から流れるエネルギーは、足を通して大地に放たれると伝えられます。
インドでは、尊者のエネルギーを受け取るために、その御足に触れ礼拝を行うことも少なくありません。

自由に動く風の象徴である人差し指をまっすぐに伸ばし、エネルギーが放出される足先(大地)に向けるこのムドラー。
その実践を通じては、抱え込んだネガティブなエネルギーを動かし、放出することができると信じられています。

時に変化を恐れる私たちは、手放すことができずに不必要な物事を抱え込んでいることが少なくありません。
そうして抱え込んだエネルギーを放出することで、思考や感情を浄化することができると信じられます。
それはまた、幸せに満ちた前向きなエネルギーを取り入れることを可能にしてくれるに違いありません。

(文章:ひるま)

※クシェーパナ・ムドラーは、カーリー・ムドラーとされる場合もあります。