トリヴィクラマのアーサナ

この世界に危機が生じた時、さまざまな化身となって姿をあらわすと信じられるヴィシュヌ神。
そんなヴィシュヌ神の化身に、ヴァーマナと呼ばれる矮人の姿があります。
ヴァーマナは、神々と敵対するアスラのマハーバリ王を倒したとされる神格です。

マハーバリ王は非常に献身的で、国民から愛される偉大な王でしたが、地と空と天の3界を支配し、神々は力を失っていました。
すると、ヴィシュヌ神は矮人であるヴァーマナに化身し、マハーバリ王から3歩分の土地をもらう約束をします。
その時、矮人であったヴァーマナは巨人となり、2歩で世界を跨ぎました。
マハーバリ王は、最後に残った領地である自らの頭を潔く差し出し、ヴァーマナがマハーバリ王の頭を踏みしめると、世界は神々のもとに戻ったと伝えられます。

ヨーガには、このヴァーマナに捧げられるポーズがあります。
そのポーズはトリヴィクラマーサナと呼ばれ、立位で大きく足を開脚した姿が、まるで世界を跨ぐヴァーマナのように映ります。
トリヴィクラマはヴァーマナの別名であり、その名前には、3界を3歩で跨ぐ者という意味があります。

開脚のポーズは、脊椎の基底に位置し土の要素を持つムーラーダーラ・チャクラを活性化させると伝えられてきました。
ムーラーダーラ・チャクラが滞ると、地に足がつかないような大きな不安を感じると伝えられます。
開脚をしながら片足で立つこのポーズでは、柔軟性を育むとともに、バランスの取り方を学ばなければなりません。

そのバランスを取るポーズの実践を通じては、眉間のあたりにあるとされるアージュニャー・チャクラが活性化されると伝えられます。
第3の眼ともいわれるこのチャクラが活性化する時、私たちは絶対の存在を知ることができると信じられます。

ヴァーマナが要求し、マハーバリ王が差し出した3歩分の土地は、現在と過去と未来、サットヴァとラジャスとタマスとなどといわれます。
こうした時間や性質に揺さぶられる私たちは、日々苦悩することが少なくありません。
このポーズの実践を通じて絶対の存在を知り、確かな安定を得る時、私たちはその3歩分の土地を柔軟に神々に差し出すことができるはずです。
そして、神々の統治のもとで、真の幸福に包まれるに違いありません。

マハーバリ王は年に一度だけ、愛する国民の下へ戻ると信じられます。
その日は、インド南部のケーララ州においてオーナム祭として祝福され、2019年は9月10日から13日に迎えます。
この時、世界が平和に包まれることを心から願っています。

(文章:ひるま)