ヨーガ・スートラ第1章第4節

Hindu God Yoga Sutra of Patanjali Statue on Exterior of Hindu Temple


वृत्तिसारूप्यमितरत्र॥४॥
Vṛttisārūpyamitaratra||4||
ヴリッティサールーピャミタラトラ
そうでない時には、働きに一致する。

簡単な解説:ヨーガとは心の働きを止滅することであり、心の働きが止滅した時、その者は本来の姿となると前節までに説かれました。しかし、心の働きが止滅しない時には、その者は、心の働きが自分自身の姿であると思うと本節で説かれます。

ヨーガ・スートラ第1章第3節

Hindu God Yoga Sutra of Patanjali Statue on Exterior of Hindu Temple

तदा द्रष्टुः स्वरूपेऽवस्थानम् ॥३॥
Tadā draṣṭuḥ svarūpe’vasthānam||3||
タダー ドラシュトゥフ スヴァルーペーヴァスターナム
その時、見る者は、本来の状態に留まる。

簡単な解説:前節で、ヨーガとは心の働きを止滅することであると述べられました。そして、心が止滅する時、その者は本来の姿に安住するということが本節で説かれます。

ヨーガ・スートラ第1章第2節

योगश्चित्तवृत्तिनिरोधः ॥२॥
yogaś-citta-vṛtti-nirodhaḥ ||2||
ヨーガシュチッタヴリッティニローダハ
ヨーガは、心の働きを止滅することである

yogas【男性・単数・主格 yoga】[〜は、〜が]ヨーガ、精神の集中、組織的な超脱法、瞑想、静慮、心統一
citta【中性】注意;思考、思想;目的、意志;精神、心、知性、理性
vṛtti【女性】転がること;行為の過程、生活の方式、品行;方法、過程;一般的習慣、規則;あり方、性質、種類;生存、生計、生活、職業;活動、作業、機能;気質、(心の)状態
nirodhas【男性・単数・主格 nirodha】[〜は、〜が]監禁、拘禁;包囲;強制、抑圧、征服;阻止;破壊;失望
→citta-vṛtti-nirodhas【男性・単数・主格、限定複合語】[〜は、〜が]心の状態の抑制、心の働きの止滅

ヨーガ・スートラ第1章第1節

अथ योगानुशासनम् ॥१॥
atha yogānuśāsanam ||1||
アタ ヨーガーヌシャーサナム
さて、ヨーガの教義(を説く)

atha【接続詞】さて、また、そして、それから;もし
yoga【男性】ヨーガ、精神の集中、組織的な超脱法、瞑想、静慮、心統一
anuśāsanam【中性・単数・主格/対格 anuśāsana】教訓;律法、教理;命令
→yogānuśāsanam【中性・単数・主格/対格 yogānuśāsana】ヨーガの教義