オームカーラム・マントラ

・om-kAram bindu samyuktam
nityam dhyAyanti yoginah
kAmadam mokshadam caiva
om-kArAya namo namah
・オームカーラム・ビンドゥ・サムユクタム
ニッティヤム・デャーヤンティ・ヨーギナハ
カーマダム・モークシャダム・チェイヴァ
オームカーラーヤ・ナモー・ナマハ
・意味:「オーム」は、「ア」「ウ」「ム」の3音から構成される。
ヨーガ行者は日々この音を瞑想し、
この音を瞑想するならば、願望は成就する。
聖音オームに敬礼いたします。

「オーム」は、宇宙創造の時に発生したプラナヴァ(原初音)とされる聖音です。すべてのマントラは、聖音オームから始まり、オームに終わります。このマントラは、聖音オームと合一し、永遠の寂静に入るため、瞑想前などに唱えられます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant
・「幸せな結婚のためのマントラ」(トラック6)

ナマストゥンガ・シラスチュンビ

・namastunga shiras chumbi chandrachAmana chArave
trailokyanagarArambha mUlastambhAya shambhave
・ナマストゥンガ・シラスチュンビ・チャンドラチャーマナ・チャーラヴェー
トライローキャナガラーランバ・ムーラスタンバーヤ・シャンバヴェー
・意味:三界のすべての被造物を支える万物の支柱であり、
一房の髪に月が目映く輝く至高のシヴァ神に帰依いたします。

インドでは、私たちの住む三界は、支柱(stambha)によって支えられていると信じられています。クリシュナがゴーヴァルダナ山を持ち上げた姿もその象徴のひとつです。 これは万物の支柱であるシヴァ神をたたえるマントラです。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Gods of India マルチメディア・マントラブック

サラスワティー・ストートラム

・sarasvatI namasyAmi cetanAm
hridi samsthitAnAm
kamthasthAm padmayonim tvam
hrImkAram supriyAm sadA
・サラスヴァティー・ナマシャーミ・チェータナーム
フリディ・サムスティターナーム
カンタスターム・パドマヨーニム・トヴァム
フリームカーラム・スプリヤーム・サダー
・意味:意識として私たちの心に宿るお方、
私たちの喉に宿るお方、
歓喜に満ちたサラスワティー女神に帰依いたします。

学問と芸術の女神であるサラスワティーは、スピーチを司る女神でもあり、しばしば喉に宿る(カンタスタ)といわれます。マントラが効力に満ちたものになるよう、また誤った言葉で罪を犯さないよう、サラスワティーに祈願します。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「シュリー・サラスヴァティー・プラールタナー(オーディオブック)」(ディスク1・トラック2:サラスワティー・ストートラム?)

カーリー・ガーヤトリー・マントラ

・Om Pishachadwajayai Vidmahey
Shoolahasthaye Dhimahi
Tanno Kali Prachodayat
・オーム・ピシャーチャッドワジャーイェー・ヴィッドゥマヘー
シューラハスターイェー・ディーマヒー
タンノ・カーリー・プラチョーダヤートゥ
・意味:どうか悪魔ピシャーチャを焼き尽くす女神を知り、
シヴァの偉大な武器シューラを手に持つ女神を瞑想できますように。
カーリー女神が、私たちをそこに導き、照らしてくれますように。

破壊と殺戮の女神として知られるカーリー女神に捧げられるガーヤトリー調の讃歌です。カーリーは、悪霊を祓うという意味から、健康祈願のために祀られることも多く、そのため、カーリー・ガーヤトリー・マントラは、主に病気平癒・健康長寿の祈願をするために唱えられています。
このマントラが収録されているCDには、以下のCDがあります。
・「カーリー・ガーヤトリー・マントラ(Japa Mantra 108)」(CDSA440)

ドゥルガー・サプタシャティ・サンプタ・マントラ

・Sarva Mangala Mangalye Shive
Sarvartha Sadhike
Sharanye Tryambake Gauri
Narayani Namostu Te
・サルヴァマンガラマーンガリェー・シヴェー
サルヴァールタサーディケー
シャランニェー・トリャンバケー・ガウリー
ナーラーヤニ・ナモーストゥ・テー
・意味:あらゆる吉兆の中の吉兆を示す女神、
あらゆる望みを叶えてくれる女神、
すべての者の拠り所である女神、
三界を統べる女神、
光輝の女神、至高の女神よ、
あなたに帰依いたします。

このマントラは、「ドゥルガー・サプタシャティ・サンプタ・マントラ」の中の一節に出てくるマントラです。瞑想用として唱える方も多く、瞑想用CDも出ています(メディテーション・ミュージック from Mystic India)。至高のドゥルガー女神に捧げるマントラです。
このマントラが収録されているCDは以下のCDがあります。
・「シュリー・ドゥルガー・プラールタナー(オーディオブック)
(MTD06141)
・「シュリー・ドゥルガー・サプタシャティー(CD4枚組)

サラスワティー・ビージャ・マントラ

・Om Shreem Hreem Saraswatye Namah
・オーム・シュリーム・フリーム・サラスワッテェー・ナマハ
・意味:サラスワティー女神に帰依いたします。

サラスワティー女神のビージャ・マントラ(種子真言)のひとつです。単純に「オーム・サラスワッテェー・ナマハ」あるいは「オーム・シュリー・サラスワッテェー・ナマハ」などとも唱えられます。「シュリーム」や「フリーム」は単独でも唱えられるビージャ・マントラです(参照:ビージャ・アクシャラ)。
このマントラが収録されているCDには、以下のCDがあります。
・「サラスワティー」(CDTM065C)

バガヴァッド・ギーター 第18章66節

・Sarvadharmaanparityajya Maamekam Sharanam Vraja
Aham Tvaa Sarvapaapebhyo Mokshayisyaami Maa Shuchah(BG18.66)
・サルヴァダルマーンパリティヤジャ・マーメーカム・シャラナム・ヴラジャ
アハム・トヴァー・サルヴァパーペービョー・モークシャイーシュヤーミー・マー・シュチャハ
意味:一切の義務(ダルマ)を放棄して、ただ私のみに庇護を求めよ。私はあなたを、すべての罪悪から解放するであろう。嘆くことはない。(上村勝彦訳、岩波文庫)

ヴィシュヌ派の人々にとって、このギーターの詩節は、「チャラマ・シュローカ(最終詩節)」としてもっとも重要な詩節とされています。赤松明彦著『バガヴァッド・ギーター 神に人の苦悩は理解できるのか』によると、クリシュナがアルジュナに対して一人称で語りかけているのは、この詩節だけであり、そのことからも、この詩節の重要性がひしひしと伝わってきます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「バガヴァッド・ギーターCDギフトボックス」(CDAB099)
・「シュリーマド・バガヴァッド・ギーター(第14章〜第18章)」(VMCDH18)
・「バガヴァッド・ギーター マルチメディアブック」(GitaMultimedia)

アーディ・シェーシャの化身であるパタンジャリへ捧げるマントラ

・AbAhu purushAkAram shankha chakrAsi dhArinam
sahasra shirasam shvetam pranamAmi patanjalim
・アーバーフ・プラシャーカーラム・シャンカ・チャクラーシ・ダーリナム
サハスラ・シラサム・シュヴェータム・プラナマーミ・パタンジャリム
・意味:上体は人間の姿をし、ホラ貝、円盤、剣を手に持ち、
千の頭と色白の肌をした聖パタンジャリに敬礼いたします。

ヨーガ・スートラの編者であるパタンジャリは、広義ではヴィシュヌの化身として知られますが、狭義ではヴィシュヌ第7番目の化身バララーマの化身といわれるアーディ・シェーシャ(初代竜王)の化身といわれます。そのため、パタンジャリの像では、千の頭を持つ蛇をしばしば見ることができます。
これは、アーディ・シェーシャの化身としての聖パタンジャリに捧げられるマントラです。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「パタンジャリ・ヨーガ・スートラ by Shri Aswath」(トラック1)

シュリー・パタンジャリへのマントラ

・yogena cittasya padena vAcA
malam sharIrasya ca vaidyakena
yopAkarot tam pravaram munInAm
patanjalim prAnjalirAnatosmi
・ヨーゲーナ・チッタッシャ・パデーナ・ヴァーチャー
マラム・シャリーラッシャ・チャ・ヴァイディヤケーナ
ヨーパーカロート・タム・プラヴァラム・ムニーナーム
パタンジャリム・プラーンジャリラーナトースミ
・意味:ヨーガを通して心を浄め、
文法を通して会話を浄め、
医学を通して身体を浄める
聖パタンジャリに手を合わせて敬礼いたします。

ヨーガの根本経典であるヨーガ・スートラを記したパタンジャリは、心、会話、身体を浄める聖者として崇められています。ヨーガ・スートラを学習する前に唱えられる、偉大なグル・聖パタンジャリに捧げられるマントラです。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「パタンジャリ・ヨーガ・スートラ by Shri Aswath」(トラック1)

イーシュヴァロー・グルラートメーティ

・Ishvaro-gurur-Atmeti mUrtibheda vibhAgine
vyomavat vyApta dehAya daksinAmUrtaye namah
・イーシュヴァロー・グルラートメーティ・ムールティベーダ・ヴィバーギネー
ヴィヨーマヴァット・ヴィヤープタ・デーハーヤ・ダクシナームールタイェー・ナマハ
・意味:イーシュヴァラ(主)、グル、アートマンの姿をしたお方、
宇宙のように拡がる身体をもつお方、
そのような南面を向いたお方(ダクシナームールティ)に帰依いたします。

ダクシナームールティは、南の像の意味があり、吉兆を示すシヴァ神の別名です。イーシュヴァラ(主)はグルとして帰依者の前に姿を現し、霊性の道へ導きます。そして、アートマン(自己)が主に他ならないことに気づかせてくれます。至高のグルであるシヴァ神へ捧げるマントラです。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「パタンジャリ・ヨーガ・スートラ by Shri Aswath」(トラック1)