サラスワティー女神とガンダルヴァ

やわらかな陽が差し込み、草花の香りが満ち始める春の季節。
心が浮き立つそんな春の訪れは、ヴァサント・パンチャミーとして、サラスワティー女神への祈りが捧げられます。
ヴァサント・パンチャミーは、学問と芸術の女神として崇められるサラスワティー女神が降誕した時と伝えられます。

光が満ちていく春の訪れに広く祈りが捧げられるサラスワティー女神には、ある神話が伝わります。
それは、天上の音楽師といわれるガンダルヴァにまつわる神話です。
ガンダルヴァはもともと、花の香りから生まれた半神であったと伝えられる存在です。

かつて、ガンダルヴァは神々から世話を任されていたソーマの植物を盗んだことがありました。
ソーマの植物は生命の秘薬ともいわれ、ソーマから作られたソーマ酒を飲むと、不死を得られると伝えられるほど重要視されるものでした。
そんな大切なソーマが盗まれたことに、神々は激怒します。
そして、ソーマを取り戻すことを約束したのがサラスワティー女神でした。

サラスワティー女神はガンダルヴァの庭に行き、手にする弦楽器のヴィーナーで魅惑的な音楽を奏で始めます。
魅了されたガンダルヴァは、その音楽を与えて欲しいとサラスワティー女神に懇願しました。
サラスワティー女神は、ソーマを神々に返せば音楽を与えると約束をします。

ガンダルヴァはソーマを神々に返すと、サラスワティー女神に音楽を学び始めます。
ガンダルヴァが奏でる音楽は、人を酔わせるどんな物よりも心を奮い立たせる力を持つようになり、やがて天上の音楽師になったと伝えられます。

一説に、ヴィーナーの弦を操り音楽を奏でることは、知識によって感情を操り、人生を美しく彩ることを意味するといわれることがあります。
さまざまに揺れ動く感情を操ることは、決して簡単なことではありません。
しかし、学びを深め識別力が高まる時、真実を見抜く力が育まれ、感情を操ることも容易くなるはずです。
その時、私たちは感情の喜びを超えた、真の喜びで人生を彩ることができるに違いありません。

光が満ち始める春の訪れは、サラスワティー女神を礼拝し、その力に繋がる吉祥な時です。
そうして無知の暗闇を払拭し、真の喜びという光の中で生きることをどんな時も心がけたいと感じます。
春の訪れとともに、皆様にもサラスワティー女神の恩寵がありますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

参照:Goddess Saraswati And The Gandharvas

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その37)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎるも、これまでに累計感染者数は1051万人、死者数は15.1万人を超えました。
現在は、Unlock 8.0と呼ばれる封鎖の緩和の段階にありますが、社会経済活動の多くが再開しています。

食事の奉仕は、1月9日に500皿(第65回目)、1月12日に500皿(第66回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

食事の奉仕を実施する首都のデリーは、東京都の約3分の2の面積に、2000万人超の人口が居住する人口密度の高い都市です。
一時期は、1日の新規感染者数が8000人を超える感染拡大が見られましたが、現在は400人を下回る日もあり、状況は落ち着いています。
デリーでは、およそ10ヶ月にわたって教育機関が閉鎖されていますが、1月18日からは、受験を控える学年を優先的に学校を再開すると発表されました。
これまでにもオンライン授業が行われており、学校に赴くことを不安に感じる保護者も多くいるようですが、ようやく学びの場が再開されることに良い変化の兆しを見るようです。

また、インドでは1月16日から医療従事者を中心に新型コロナウイルスのワクチン接種が始まります。
1月14日には、太陽が北半球に回帰するマカラ・サンクラーンティを迎え、これからは光が満ちていく時です。
しかし、長期にわたる厳しい封鎖の影響はさまざまな方面で見られ、特に困窮する人々の生活の再建は容易ではありません。
社会全体が光のある方へ進むことができるように、今後も皆様のお気持ちを食事の奉仕としてお届けする活動を継続していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

ヴァサント・パンチャミー2021

2021年2月16日に、インドはヴァサント・パンチャミーを迎えます。

ヴァサントとは、「春」の意味で、このお祭りは、春の到来を祝うお祭りです。光の祭典であるディーワーリーは富の女神ラクシュミーを祀り、ナヴァラトリーはドゥルガー、そしてヴァサント・パンチャミーは、学問と芸術の女神であるサラスワティーを祀るお祭りにあたります。

ヒンドゥー教では、サラスワティー女神は、このヴァサント・パンチャミーの日に生まれたとされ、この日、盛大に祝福されます。
このお祭りでは、黄色が特に重要な意味を持ちます。黄色は、春の作物がたわわに実ることをあらわしています。この日、サラスワティー女神は黄色の衣装を装い祝福されます。またそれを祝う人々も黄色の服を着て、人々にふるまわれるお菓子なども黄色、食べ物もサフランなどで黄色に色づけがされています。

サラスワティー女神は、ブラフマー神と同じように、インドでは寺院の数も少なく、あまり大々的に礼拝されることのない女神です。しかし、この祭日には、インドの学生はペンやノートをサラスワティー女神の像の前に置いて、学業の成就を祈願します。またこの祭日を設立日としている教育機関も少なくありません。
日本ではこの時期、受験シーズンにあたりますが、受験を控えた方々は、この祭日にあわせて弁財天に合格祈願されるのもよいかもしれません。

ここでは、ヴァサント・パンチャミーについて、アーチャーリヤ・サティヤム・シャルマ・シャーストリ氏の解説をご紹介いたします[1]。

 『ヴァサント・パンチャミーは、学問の女神であるサラスワティーに捧げられるお祭りです。マーガ月(1月〜2月)の新月から5日目が、ヴァサント・パンチャミーにあたります。世界中のヒンドゥー教徒は、熱心にこの祭日をお祝いします。この祭日は、サラスワティーの誕生日だと信じられています。
この祭日では、黄色が特別な意味を持つことになります。サラスワティーの女神像は、黄色の衣服で飾り付けられて礼拝されます。また人々も、この日は黄色の衣服を着るようにしています。親類や友人の間では、黄色のお菓子などが贈られます。
中には、この日は僧侶に食事を与える人もいます。また先祖供養(ピトリ・タルパン)を行ったり、愛の神であるカーマ・デーヴァを礼拝する人もいます。
子どもたちにとっては、学習を始めるのに最適な日であることから、アルファベットを学ぶ初日になります。そして、学校、大学などの教育機関は、サラスワティー女神への特別な礼拝を行います。パンディット・マダン・モーハン・マラヴィヤ氏は、バナーラス・ヒンドゥー大学をこの日に創設しました。今では、世界的に有名なトップクラスの教育機関となっています。
ヒンドゥイズムでは、マカラ・サンクラーンティや、ヴァサント・パンチャミーのように、宗教的な祭事を季節に織り込むことを特に重要視しています。人々は、個人の信条や願望に応じて、家庭の主宰神(イーシュタ・デーヴァータ/デーヴィー)を礼拝する傾向があります。また一般に人々は富や権力を求める傾向にあります。カリ・ユガ(現在)の時代では、お金(富、権力、名声)の追求が、ほとんどの人々の主目的になっています。まるでお金が神のように崇められています。
しかし、分別のある人々は、霊的な啓蒙のために、サラスワティー女神を礼拝します。彼らによると、王と学識ある人(霊的に優れた人)との間には何の違いもありません。王は、王国の中では敬意を払われますが、学識ある人は、どこに行っても敬われます。高徳の人、霊的な進歩に邁進する人々は、サラスワティー女神への礼拝を非常に重視します。
サラスワティー、ラクシュミー、ドゥルガーの三女神に割り当てられた乗り物は、彼女たちの特別な力を象徴しています。サラスワティー女神の乗り物である白鳥は、サットヴァ・グナ(清浄と識別の要素)を象徴します。ラクシュミー女神のフクロウ、そしてドゥルガーのライオン(虎)は、それぞれタマス(暗質)とラジャス(激質)を象徴しています。
ヴァサント・パンチャミーは、これに続くお祭りであるホーリーの前兆になっています。季節は次第に変化し、春の到来が感じられてきます。木々は新芽を出し、森や草原では新しい生命が息吹き始めます。自然は、マンゴーの木に花を咲かせ、小麦や作物は、新しい生命に活力を与えます。
ヴァサント・パンチャミーは、季節感、社会的意義と敬虔さに満ちた祭日です。新しい季節の到来を胸に、世界中のすべてのヒンドゥーによって盛大に祝福されます。』

サラスワティー女神の祝福のもと、霊的知識に恵まれ、豊かな時間を過ごすことができますよう、お祈り申し上げます。


参考:
[1]Vasant Panchami, http://www.hinduism.co.za/vasant.htm

若林忠宏:論理とスピリチュアル:新連載 Vol.8 バガヴァド・ギーター:第二章・第2節 ④

バガヴァド・ギーター:第二章・第2節 ④
近現代西洋医学と、古代中世東洋医学の大きな違い
……………………………….
クリシュナは言った。
危機に於いて、この弱気はいったい何処から貴殿ににじり寄ったのだ!
それは貴殿にそぐわず、天界に導きもせず、不名誉をもたらすものだ。アルジュナ

……………………………….
近現代の西洋医学基本は、「症状が出現してから、それに対する対処療法を化学製剤で行う」というものです。例えば「高血圧には血圧を下げる薬」「低血圧には上げる薬」の投与です。
これに対し「東洋医学の生薬」は、「血圧を安定させる生薬」を投与します。西洋化学製剤のような即効性が乏しい場合も少なくありませんが、極めて安全で理に叶っています。

そもそも生命体の恒常性は、「相反する要素」のバランスを保つ「何らかの神秘的システム」が働いて成り立っているのですが、ほぼ総ての病気の原因は、このシステムの不調にあるのです。東洋医学や西洋の古代民間療法に原点を見出せる「西洋生薬=ハーブ」などは、恒常性関連の不調・偏重には、その「何らかのシステム」自体をサポートする、言わば「気本論・根源論」なのです。
ところが近代西洋医学は、結果から逆算して対処する、言わば「結果論」に偏重しているのです。東洋医学でも、状況のあまりの偏重に対し、応急処置として「無理やりバランスを変える」方法を取りますが、あくまでも一過性・一時の強硬手段に過ぎません。

保護猫活動をしていた私は、「猫の喧嘩の仲裁」でも、これに関連する幾つかのことを学びました。
日ごろは、仲の良い猫同士が、窓ガラスの向こうの庭に現われた野良猫と激しい睨み合いをしていた時です。誰かが、棚から足を滑らしたか何かで、想定外の音や動きを見せ「一触即発の緊張」の中に大きな刺激を与えてしまった時です。 根っから「群棲性の譲り合い」の感覚を持たず「自分の感覚が主体(総て)」の「孤独棲・単独棲性」の猫は、仲良しだった筈が、何かのきっかけで大喧嘩に到ってしまうことがままあるのです。

そんな時、慎重に手を出して仲裁しようとしても全く無駄です。手を出して止めようとした結果、数針縫う怪我を負わされたことも何度もあります。そんな経験を経て、最近では、双方の間に足を、少し乱暴に蹴り入れて、双方共が怯む新たな攻撃を与えねばなりません。不思議にそれによって一瞬「正気」が生まれる。否、「新たな方向に対する注意力」が生まれ、或る種の冷静さを取り戻すのです。幸いに人間の足の方が、猫同士の「爪や牙」ほどのダメージを与えません。

極端な言い方ですが、「偏った作用を促すことで対処しようとする近代西洋療法」は、何時までも喧嘩の猫たちを蹴り続けているようなものなのです。

その結果、喧嘩(表出した病状)は収まるかもしれませんが、蹴られたダメージと同じことが、猫たちの肝臓、腎臓に深刻な新たな問題を刻んでしまうのです。
(つづく)

………………………………………………………………………………………………
何時も最後までご高読下さってありがとうございます。

バガヴァド・ギータの詳しい語彙の解説は、シーターラーマさんのブログで是非、学んで下さい。
SitaRamaブログ

若林忠宏の今と今後の活動計画とも言うべき、Facebook-Pageも、是非お立ち寄り下さい。
若林忠宏facebook-Page一覧
本新連載と共に、ご参考になることや、学びを感じていただけましたら、是非「いいね!」で応援して下さい。シェア及びコメントも、大変、書き甲斐・励みになります。
若林へのBFB申請も、「連載見たよ」と一言お教え下されば、大歓迎です。

Youtubeも、年末年始以降、新作が急増する予定です。併せて宜しくお願いします。
Youtube Tadahiro Wakabayashi

(文章:若林 忠宏

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
若林忠宏氏によるオリジナル・ヨーガミュージック製作(デモ音源申込み)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

第86回グループ・ホーマ(ソーマ・プラドーシャ)無事終了のお知らせ

第86回グループ・ホーマ(ソーマ・プラドーシャ)にお申込みいただきました皆様、誠にありがとうございました。

シヴァ神を礼拝する、第86回グループ・ホーマは、1月11日に無事に終了いたしました。

プージャーの写真を以下に掲載させていただきます。


神々の祝福と、より良い体験がありますよう、心よりお祈り申し上げます。
第86回グループ・ホーマの実施内容はこちらよりご覧いただけます。

タイプーサム2021

インドでは1月28日に満月を迎えます(日本時間では29日)。
この満月では、南インド・タミルナード州などを中心に、タイプーサムが祝福されます。
タイプーサムはインドに限らず、東南アジアなどのタミル・コミュニティでも広く祝祭が執り行われます。
苦行を行うことで神々を礼拝する慣習も多く、顔や舌、体に針などを刺し、寺院まで歩む姿が映し出されることもあるお祭りです。

この祝祭は、シヴァ神の息子であり、ガネーシャ神の兄弟にあたるカールッティケーヤ神が、母であるパールヴァティー女神から武器となる槍を与えられたことを祝福するものです。
カールッティケーヤ神はその槍で、悪神を倒しました。
軍神スカンダ、クマーラ、ムルガン、スブラフマニヤなど、カールッティケーヤ神は数多くの名前を持つ神として知られています。

カールッティケーヤ神が持つこの鋭い槍は、パールヴァティー女神そのものであるシャクティ(力)の現れとして、神像と同じようにインドでは広く崇拝されています。
この槍は一説に、知識や知性を象徴するものであると伝えられます。
槍の長い柄は、積み重ねられた長年の学びを象徴し、槍の広がった部分は、全体を見ることのできる大きな理解力、そして槍の先端の尖った部分は神々に向けられる献身を象徴するのだと言います。

知識や知性は、より豊かな人生を歩むために、何よりもの武器となり、私たちを迷いや疑いから救い出します。
カールッティケーヤ神がこの槍を母であるパールヴァティー女神から授けられ悪神を倒したように、私たち自身も、知識を日々の中で生かし続けることが大切です。
その知識は、さまざまな難題や苦難を打ち破り、正しい道へと私たちを導いてくれるでしょう。

参照:2021 Thaipusam

社会不安のときこそ瞑想

2021年新しい年が始まりましたが、世の中は社会不安が溢れていますね。
木星と土星が山羊座での同居が完全に終わる11月まで、社会不安が続くかもしれないと思うと、気が重いものがあります。

話は変わりますが、私ガネーシャギリは今年で瞑想歴40年に突入しました。中学生の時からほぼ休むことなく瞑想を続けて来られた幸運を与えてくれた神に、感謝しております。
インドの精神世界は、瞑想を抜きにしては語れません。日本では瞑想歴40年超える人は、僧侶など専門の方を除けば、非常に数少ないでしょうけれど、インドにはもっとキャリアのある「普通の人」がたくさん居るに違いありません。そう考えるとさらに高みを目指して瞑想を実践していかなければ、と感じております。

社会不安が広がり、外国旅行はおろか日常の外出まである種の制限がかかり、家に籠らなければならない生活は非常に気分が落ち込む方も多いかもしれません。
しかしこういう時こそ、神を想い瞑想するべきでしょう。ご自分の内側に無限の光明世界が広がることが体感できれば、きっと毎日が平安になるに違いありません。

明るい日の射すその日までできるだけ有意義に過ごそうではありませんか。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

アイヤッパ神の光

太陽の北方への回帰を祝福するマカラ・サンクラーンティは、インドの各地でさまざまな祝福が行われる吉祥な時です。
南インドのケーララ州では、年間1億人もの巡礼者が訪れるといわれるサバリマラ巡礼がピークを迎えます。

サバリマラ巡礼で礼拝されるのは、ヴィシュヌ神とシヴァ神の息子と信じられるアイヤッパ神です。
サバリマラは、アイヤッパ神が悪魔を倒した後、瞑想についた地として崇められます。

巡礼者は、マカラ・サンクラーンティにおいてマカラ・ジョーティを目にするために、このサバリマラの地に赴きます。
マカラ・ジョーティは、アイヤッパ神の現れと信じられる光であり、それは冬の大三角を形成するシリウスであると伝えられます。
暗い冬の夜空で一際輝く明るいその光は、太陽を除き地球上から見えるもっと明るい恒星です。

アイヤッパ神はさまざまに異なる名前で崇められますが、そのひとつに、カリユガ・ヴァラダという名前があります。
カリユガは暗黒の時代ともいわれ、正義が失われるとともに不正が横行する時代です。
そして、ヴァラダは恩寵を授ける神を意味します。

現代はカリユガにあり、憎悪や狂気、貧困や悪疫など、あらゆる悪が蔓延る時代にあると伝えられてきました。
このカリユガの終わりに、ヴィシュヌ神の10番目の化身であるカルキが現れ世界の悪が滅ぼされるまで、アイヤッパ神は人々を保護し、恩寵を授けると信じられます。

禁欲を貫くアイヤッパ神を崇めるサバリマラ巡礼は、とりわけ厳しい戒行を努めることで有名な巡礼です。
その先に見える光は、どんな暗闇にあっても、正しい歩みには光が授けられることを伝えているようです。

マカラ・サンクラーンティは、インドの冬至ともいわれ、1月14日に祝福されます。
一年でとりわけ暗いその夜に、もっとも輝く星をアイヤッパ神として崇めることは、カリユガに正義の光を灯す行いであるのかもしれません。
自分を制して日々の生き方を見つめ直し、正しい歩みを心がけることで、どんな暗闇にも光を見ることができるはずです。

(文章:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その36)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを超えましたが、これまでに累計感染者数は1039万人、死者数は15.0万人を超えています。

食事の奉仕を実施する首都のデリーでは、新型コロナウイルス感染の第3波が深刻になり、1日の新規感染者数が8000人を超える時期がありましたが、今週には400人を下回る日があり、状況は落ち着いているように見えます。
年末年始においても、カウントダウン等のイベントを警戒し、夜間の外出禁止や集会の禁止といった厳しい措置が行われました。

食事の奉仕は、1月2日に500皿(第63回目)、1月5日に500皿(第64回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

インドの年末年始は通常通りに動いているところが多くあり、食事の奉仕もこれまでと同じペースで実施することが出来ました。
年末年始は寒波の到来により、デリーもとりわけ厳しい寒さに見舞われるとともに、新型コロナウイルス感染に対する厳しい措置が行われたため、状況が見えない困窮する人々の中には大きな不安を感じた方も多くいたことと思います。
食事を通じて皆様の思いを共有しながら、少しでも希望の光が社会に広がることを願ってなりません。

厳しい寒さの後には、2日間続けて雨が降り、現在は寒さは和らぐとともに空気も少し澄んだように感じられます。
長期に渡る厳しい全土封鎖とその後の急速な感染拡大には、先が見えず悶々とすることも多くありましたが、こうして必ず良い変化があることを忘れずに、希望を持って日々に向き合いたいと感じます。
まだ不安定な状況が続きますが、この状況を乗り越えることができるように、積極的に社会に向き合いながら、活動を続けていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その24)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では、1日の新規感染者数が1〜2万人台の日が続いており、9万人を超えていた感染拡大時に比べ、落ち着いているように見えます。

1月5日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第13回目の物資の支援を行いました。
もっとも消費される食料品や生活必需品を中心に物資を集め、配送料を含めた合計は、Rs.35215(約49500円)です。

今回は前回の支援から約3週間での支援となり、新年のお祝いもかねて、甘いお菓子のラッドゥーを前回と同じだけ含めました。
北インドはもっとも寒い時期を迎えていますが、施設に近い首都のデリーでは、元旦に最低気温が1.1度まで下がりました。
寒さが厳しくなりましたが、施設ではささやかに新年のお祝いを行うことが出来たようで、飾り付けとともに、穏やかな様子を伺うことが出来ました。
今回も寒さのために、外に出ている方は少なめでしたが、現在の入居者は400名を超え、入居を希望する人は現在も絶えない状況です。

太陽が北方に回帰するマカラ・サンクラーンティを過ぎれば、少しずつ日が伸び、光が満ちていきます。
長く続く大変な状況を、皆様のおかげで乗り越え続けられていることに、心からの感謝をいただいています。
より良い社会に向かって進むことができるように、こうした日々に学びながら、今年も積極的に活動して行くことを心がけたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
新しい一年が皆様にとって幸せ多き一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)