雄鶏のアーサナ

私たちを取り巻く自然界には、本質を学ぶ多くの機会が溢れています。
インドでは、そうした自然界のあらわれの多くが神格化され、古来より崇められてきました。
そして、世界的に広まったヨーガにも、そんな自然界に見られる動きを真似るポーズが多く伝わります。
その一つに、雄鶏のポーズがあります。

毎朝、輝く太陽を呼び覚ますかのように鳴き始める雄鶏。
夜間や暗所では著しく視力が低下する鶏は、夜の間は不安に包まれ、じっと身を隠すように過ごすといわれます。
そして、太陽が昇る夜明け頃になると、その存在を示すように雄鶏が鳴き始めると伝えられてきました。
一方で、鶏には体内時計が備わっており、光を感じなくとも、時間になれば鳴き始めると伝えられます。

ヨーガで実践される雄鶏のポーズは、クックターサナと呼ばれ、それはまるで二本足で立つ雄鶏のようです。
このポーズでは、まず蓮華座を組み、左右の足のふくらはぎと太ももの間に、それぞれ左右の腕を入れます。
組んだ足を崩さないように肘まで腕を通した後、両手を床につけ、腕の力を使いながら身体を持ち上げます。

このポーズには、膝や股関節の柔軟性を高めたり、腕・肩・手首を強化したり、バランス感覚や集中力を向上させる効果があるとされます。
何よりも、このポーズは脊椎の基底に位置するムーラーダーラ・チャクラを活性化すると伝えられてきました。
ムーラーダーラ・チャクラは、土の要素を持ち、生命エネルギーの拠点となる重要なチャクラです。

ムーラーダーラ・チャクラが滞ると生命エネルギーは妨げられ、人生においては地に足がつかないような大きな不安を感じると伝えられます。
私たちは、日々の中でさまざまな不安を感じることが少なくありません。
その不安の中では、夜の鶏のように、じっと動けないことも往々にあります。

しかし、暗闇を切り開くかのように鳴く雄鶏の姿を真似るこのポーズは、私たちのムーラーダーラ・チャクラを活性化し、生命エネルギーを呼び覚ましていきます。
そうしてエネルギーが生き生きと動き始める時、内なる世界には明るい光とともに安定が生まれ、不安といった暗闇は払拭されていきます。

こうした自然界が見せる動きに調和をするヨーガのポーズは、自分自身の心身と向き合いながら、本質に気づくための大切な機会を与えてくれます。
その貴重な世界へと私たちを誘うヨーガを取り入れながら、心身ともに健やかな日々を過ごしたいと感じます。

(文章:ひるま)

国際ヨーガの日2019

2019年6月21日は国際ヨーガの日です。

国際ヨーガの日は、ヨーガの普及を目的としたもので、インドの現首相モーディー氏の提案を受け、2014年12月11日に国連で決定されました。今年が第5回目の国際ヨーガの日となります。

6月21日は、一年の内で昼間の長さが最も長い夏至にあたります(夏至の日にちは前後にずれが生じます)。夏至はさまざまな慣習で重要な意味を持ち、太陽礼拝が重視されるヨーガにおいても、特に重要視される時です。

インドの暦では、夏至の後の最初の満月が師を讃えるグル・プールニマーとして祝福されます。一説に、ヨーガの伝承は、その起源であるとされる偉大なグル、シヴァ神によってこの日(夏至)に始まったと信じる人々もいると伝えられます。

6月21日は世界の各地でヨーガに関するさまざまな催し物が行われるようです。この機会に、インド古代の叡智であるヨーガに触れているものも良いかもしれません。

スタッフ日記:フード・サービス・プログラムのご報告(モンスーン始まる)

フード・サービス・プログラムにご支援をいただいている皆様、本当にありがとうございます。
最近の写真が届きましたので、ご報告をさせていただきます。

フード・サービス・プログラムを行う南インドのケーララ州では、今年は6月8日にモンスーンが到来し、待ちに待った雨季が始まりました。
今年は、このモンスーンの到来が1週間遅れたと伝えられています。
また、過去65年間において、モンスーンが始まる前の酷暑期の雨が2番目に少ない年となったと報告され、水不足が深刻となっています。
北インドではまだ気温が45度を超える地域もある上に、インドの各地でモンスーンの始まりが遅れる見通しとなっており、特に農業面などで懸念が広がっています。

フード・サービス・プログラムを行う病院がある地域では、モンスーンが始まる前の5月にも時折雨が降り、大地を潤すことがありました。
現在は、地域ではにわか雨がざっと降る時が続いていますが、これから激しい雨が降ることも予想されています。
この時期は気温が少し下がりますが、湿気が高くなり、体調を崩す人が増えたり、さまざまな感染症が広がりやすくなります。
現在は、変わることなく150食から200食分の食事の配給が続いていますが、これから配給量が増える見通しとなっています。

雨季はこれから4ヶ月間続き、この間に1年の75%の雨が降るといわれています。
豪雨災害が生じた昨年は、7月からすでに雨が多い状況が続いていました。
昨年の豪雨災害を通じ、生活を見つめ直し、今までに以上に自然を敬いながら、暮らしている人々も多くいるようです。
今年のモンスーンが少しでも穏やかになることを願いながら、より良い形で人々のサポートができるよう活動に取り組んでいきたいと思います。

いつも温かいご支援いただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

181、アーユルヴェーダ音楽療法入門43(Kapha気質と精神構造-1-)

私の持論では、全ての人間は「デフォルトではほぼ同じ」と考えます。その根拠は、全ての生命体が「相反する性質」を内在している「恒常性の原理」にあります。その原理が無ければ、生命体は生きられない。さすれば「全ての生命体が同じ機能を持っている」ことに他ならないのです。

しかし、実際は、「個々でかなり差異がある」。これは、「本質(性質)的には同じだが、性格的には偏っている」ということです。この「偏り」は、生まれる以前に既に「遺伝的特出」と「胎教」の影響・効果が存在し、「Karma論」で言うならば、生まれるや否や「前世のKarma」が徐々に表質し、そこに「幼児幼少期の環境や周囲からの外因」が加わります。

これは、PCやスマフォが、新品の状態では「全て同じ」なものが、購入直後に「ひとそれぞれ」になることと同じです。従って、「Tri-Dosha/Tri-Bhuta気質」は、まず、遺伝的な要素が大きく、次いで胎児期間の栄養と胎教がかなり左右して、既に「生まれながら」の「Tri-Dosha/Tri-Bhuta(偏重)体質」として現れてしまい、その上に気質が乗るようなことになります。

しかし、「Karma論」と同様に、これらの「原質・本質的制約」は、「対応策」「補填策」と「改善策」が在り得るのです。
…………………………………………………………………………………………………………………
「Kapha」の体質は、言う迄もなく、その「基本的役割と力」=「まとめる・固める・繋ぐ・接合させる・融合させる・安定させる・継続持続させる」に根ざしています。生命活動に於いては「Kaphaの力」が無ければ、栄養は蓄積されず、代謝さえ中途な内に流れてしまいます。昨今の新しい医学情報でも、「筋肉・骨に蓄えられる栄養・エネルギー」が着目されていますが、全て「Kaphaのおかげ」と言えます。
 しかし、「Kapha」に決定的に欠落しているものは、当然のことながら「Pittaに委ねられた:初動力・起動力・行動力」であり、「Vataに委ねられた:運動力・連携力・運搬力・移動力」などです。
また「Kapha」の本質的な(上記の)力・才能・役割が発揮される為には、「時間・落ち着き」が必要であり、「Kaphaの得意分野」のひとつである「持続性」も、「時間の余裕」が無ければ、発揮されないどころか、始まりもしませんし、途中で打ち切られてしまえば無能と同じ結果になってしまいます。
…………………………………………………………………………………………………………………
「Kapha」の心身の病変の基本もまた、この「体質」にあります。決定的で根本的な傾向は「停滞」です。その「本質的な利点・才能」が「裏目に出る」訳です。それは「血液・リンパ・ナーダの流れ問題」と「消化問題」ですから、言い換えれば「生命体のありとあらゆる病変が起こり得る」ということです。
…………………………………………………………………………………………………………………
その一方で、冒頭で説いたように、「デフォルト不偏論」で言うならば、「本来の機能に戻せる可能性」もまた、限りなくある筈です。「遺伝」「生まれる前(胎教)からの生育環境」に「前世のKarma」が乗っかるんじゃ「やってられない!」「生まれてこなけりゃ良かった」などと考える人も居るかも知れませんが、それは全くおかしな話です。

かねてから「人間はPCと極似している」と言ってきましたが、「前世のKarmaと遺伝」は、PCならばマックとウィンドウズのようなもの。スマフォならば(と言っても私はガラケーですから聞いた話ですが)「iOSとAndroid」のようなものです。確かに、私も長年使い慣れたマックが保護猫の粗相などであっと言う間に壊れて、経済的困窮の為に、人からいただいたウィンドウズを使い始めた当初は、「こんなに使い辛いならば無いのと同じだ」と思いました。きっと手持ちのガラケーが全滅し嫌々スマフォに替えたら同じ苦しみを味わうことでしょう。しかし、殆どの現代人は、老若男女、「公衆電話で十分だ」などとは思わない筈です。(そもそも公衆電話が殆ど無いし)

そして「胎教時代からの養育環境・親の存在・家庭の状況」は、「ソフト・アプリケーション」に過ぎません。スマフォやPCに対し、不満要望があろうとも、「嫌だ・苛々する・苦しい」からと言って「断固使わない」という人が殆どいないのですから、「遺伝・Karma・環境・条件」を苦にして、人生や生きることに疑問を抱くというのは、基本的におかしな話です。
…………………………………………………………………………………………………………………….
前述したように「Kapha気質」の最大の問題(無論、最大の特性=長所でもありますが)は「何事も時間が掛かる」ということに尽きます。そして、悲しいかな、現代社会は、根本的にそれを「許さない傾向」にあるのです。これは世の中がおかしいのであって、狂った社会の犠牲になっているのは「Pitta気質」「Vata気質」もまた同じです。
しかし、「Pitta気質」と「Vata気質」の場合、「始められるが方向がズレたり、中途で中断させられたり」という打撃・被害をこうむりますが、「Kapha気質」の場合、「始まりさえしない」ということが多く在り得ます。ということは「或る意味、ダメージが最も少ない」ということなのです。
…………………………………………………………………………………………………………………….
しかし「気質」としては、極めて深刻な欠点と言わざるを得ません。自らで「始めることがおっくう」としてしまうからです。それでは「生きながらにして死んでいるも同然」と思い知るべきです。

そして、「その楽」を選択してしまえば、「その時限りに楽」でも、「後々先の道が閉ざされる」ということは間違いありません。

「考えに時間が掛かる」「発言に時間が掛かる」「行動開始迄に時間が掛かる」「理解に時間が掛かる」=「だから面倒くさい」=「だから何も始めない」というのは、現代社会では、「受動の態度」でやり過ごせますが、「生命体の体や精神」に於いては、「停滞・淀み・アンバランス」を作り出す最悪の判断に他なりません。

…………………………………………………………………………………………………

何時も、最後までご高読を誠にありがとうございます。
本連載は、インドスピリチュアル・グッズweb-Shopのシーターラーマさんのご好意で長年連載を続けさせていただいております。皆様の応援も大きな支えです。少しでもお役に立てる内容がございましたら、ぜひ「いいね」の応援を下さいますよう。よろしくお願い致します。

…………………………………………………………………………………………………

若林は現在、福岡及び近郊の方の「通いレッスン」の他に、全国の民族音楽・民族楽器ファンの方々にSkypeでのレッスンを実施しています。体験の為に、インド楽器とVedic-Chant、アーユルヴェーダ音楽療法の「無料体験講座」も行っています。詳しくは「若林忠宏・民族音楽教室」のFacebook-Page「Zindagi-e-Mosiqui(毎月の実施日時も掲載しています)」か、若林のTime-Lineにメッセージでお尋ね下さい。 九州に音楽仲間さんが居らっしゃる方は是非、ご周知下さると幸いです。

また、本連載コラムのテーマでも重要な、「現代人に大きく欠落している論理性」につきましては、論理力育成Mail-Lessonをご教授しています。
心と体の健康(本来のバランス力を取り戻す)の為に欠かせない。脳機能を本来の姿・力に戻すための講座です。ヨガ、瞑想、アーユルヴェーダ音楽療法の全てにとっても、極めて重要な基本です。論理力を高めると、世界観さえ変わって(むしろ神秘・スピリチュアルなことが、新鮮に敏感に深く理解出来るようになります)来ます。
更に、貴方の論理力を簡単にチェックする「論理力・無料Mail診断」を受け付けています。
お気軽にメールか、Facebookメッセージでお尋ね下さい。
chametabla@yahoo.co.jp 若林

…………………………………………………………………………………………………

また、Hindu Chant講座Vol.1 https://youtu.be/_UPLRjMFFpo 「インド音楽旋法ラーガ・アンケート」https://youtu.be/wWmYiPbgCzg をはじめとした多くの「紹介動画」をYou-Tubeにアップしております。是非ご参考にして下さいませ。

(文章:若林 忠宏

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
若林忠宏氏によるオリジナル・ヨーガミュージック製作(デモ音源申込み)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

カビール・ジャヤンティ2019

2019年6月17日は満月です。

この満月は、神への愛を綴った究極の詩人といわれるカビールの降誕祭として祝福されます。カビールの生没年ははっきりとしておらず、1398年–1448年、または、1440年–1518年という説が伝えられています。

カビールはヒンドゥー教徒として生まれるも捨てられ、低カーストのイスラム教徒の織工の夫婦に育てられたと伝えられます。生涯を織工として過ごし、その中でカビールは神への陶酔を美しい詞に綴り、多くの人々を引きつけました。

祭儀や儀式、偶像崇拝の形式主義を批判し、宗教を超えた神への愛を説いた教えは、インドの宗教観にも大きな影響を与えます。シーク教もまた、カビールの思想の影響を受けたものであると言われます。

神は、寺院や聖地ではなく、人々の心の中に、そして日常の一つ一つの行いにあるとカビールは述べています。

この1ヶ月後の満月は、グルに感謝の意を捧げるグル・プールニマーです。これからの1ヶ月が、皆様にとって気づきに満ちた時となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

参照:http://en.wikipedia.org/wiki/Kabir

ヨーガ・スートラ第4章第17節

Hindu God Yoga Sutra of Patanjali Statue on Exterior of Hindu Temple


तदुपरागापेक्षित्वाच्चित्तस्य वस्तु ज्ञाताज्ञातम्॥१७॥
Taduparāgāpekṣitvāccittasya vastu jñātājñātam||17||
タドゥパラーガーペークシトヴァーッチッタスヤ ヴァストゥ ジュニャ-タージュニャータム
心が対象物によって染められるかに応じて、対象物は知られたり、知られないことがある。

簡単な解説:前節において、対象物は一つの心に依存しているのではない、もし一つの心に依存しているのであれば、その心が認知しない場合、その対象物はどうなるのかと説かれました。本節では、対象物は磁石のように心を引き寄せ自分の色で染めると説かれ、そうして心が関係を持つ対象物は知られ、持たない対象物は知られないと説かれます。

インドツアーのお誘い

私(ガネーシャ・ギリ)の個人的なお話で恐縮ですが、12月22日から来年1月1日までインドツアーを実施させていただきます。
今回は、デリー経由でムンバイからインド入りして、ナルケーダのバガラームキー寺院を参拝させていただき、その後、シルディのサイババ寺院、南インドに下り、2つのプラティヤンギラー寺院とティルパティのバラジ寺院、サティヤ・サイババのおられたプッタパルティなどを巡ります。
世界的に有名な場所と、あまりにマニアックすぎてインド人にすら知られていない場所の両方を巡るユニークな旅になります。
バラジ寺院は参拝者世界一と言われますし、シルディやプッタパルティも世界的に大変有名です。
一方昨年訪れ今年再訪するプラティヤンギラー寺院は、おそらく今まで日本人は訪れたことがなかったと思われますし、今回訪れるバガラームキーの鎮座されるナルケーダに至っては、今まで外国人が訪れたことがあるかさえ、定かではありません。
こちらシーターラーマでは、サイババに関するグッズは豊富に扱っていますし、バラジのアイテムも複数あります。
同時に日本ではほとんど手に入らないバガラームキーやプラティヤンギラー関連のグッズも扱っています。
それらの神聖なアイテムを普段から愛し祈りを捧げている皆さま、またそうでなくてもご興味のある皆さま、よろしければご一緒しませんか?

今回はさらに付け加えさせていただきますと、今年11月から来年1月まで形成されるインド占星術のダブルトランジットは、双子座と射手座に大きなイベントをもたらす可能性が大きいです。
不肖ガネーシャギリは、3室(巡礼)と9室(精神世界)がこれにあたり、9室には木星(霊性)が居ります。
さらにダシャー(星回り)も太陽と木星という、吉祥な時期になります。
たとえ形式上であっても率いる人間の運命がその集団に全体に大きな影響を与えるのは、インド占星術の世界ではよく知られています。
素晴らしい巡礼の旅になりそうな予感が満載です。募集は20名ですので、よろしければお早めにお申し込みください。ご縁のある方のご参加をお待ちしております。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

ツアーの詳細は以下よりご覧いただけます。

ガネーシャギリ同行「星の力に守護された西インド・南インド至福の旅」

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

チャイルド・スポンサーシップのご報告(2019年5月)

チャイルド・スポンサーシップ(子どもの教育支援)にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
5月の配給時の様子が届きましたので、ご報告をさせていただきます。

夏休み中となった5月の配給では、通常通り、食材を中心とする物資の配給が行われました。
子どもたちの暮らす南インドのケーララ州では、まもなく、モンスーン(雨季)が始まろうとしています。
今年は6月8日頃には始まるのではないかとされていますが、例年に比べて遅れています。

一方、北インドではまだ酷暑が続き、50度を超えた地域も出ています。
今年は、過去65年間において、モンスーンが始まる前の酷暑期の雨が2番目に少ない年となったと報告されています。
水不足が深刻となっている中、ケーララ州だけでなく、インドの各地でモンスーンの始まりが遅れる見通しとなっており、特に農業面などで懸念が広がっています。

子どもたちの暮らす地域では、5月にも時折雨が降り、大地を潤すことがありました。
5月の配給を行った日も、雷とともに大雨が降り、子どもたちや母親は配給を受けた物資を抱えて、リキシャで帰宅しました。
雨を喜び、外ではしゃぐ子どもたちの姿もありました。

モンスーンが始まると同時に、夏休みも終わり、学校が始まります。
夏休みの間には、学力向上のために勉学に励んだ子もいれば、離れて暮らす家族や親類のもとを訪れていた子もいます。
5月の配給においても、支援を受ける子どもの一人が率先して配給を進めました。
その他、家族のお手伝いに励んだりと、思い思いの時を過ごし、大きな問題も起きることなく新学期を迎えようとしています。

モンスーンが始まると、気温は少し下がりますが、湿気が増え、さまざまな感染症が広がりやすくなります。
子どもたちが健やかに過ごせるように、NGOでも公衆衛生に努めています。
昨年の豪雨災害からの再建が続く中でモンスーンを迎えようとしている今、少しでも穏やかな時を過ごせるように心から願っています。

いつも温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

影を拭い去る神

人々を魅了する神秘の国インドには、世界的にも有名となった数多くの巡礼や祝祭があります。
その一つが、ラタ・ヤートラーかもしれません。
ラタ・ヤートラーは、クリシュナ神のあらわれであるジャガンナータ神が熱心に礼拝される祝祭です。
その聖地である東インドのプリーは、各地から訪れる多くの巡礼者で溢れ、歓喜の渦に包まれます。

聖地プリーには、高さが65mにもなるジャガンナータ寺院がそびえ立ちます。
このジャガンナータ寺院は、インドの数ある寺院の中でもとりわけ多くの神秘が伝えられる寺院の一つであり、私たちをその神妙な世界に引き込みます。
その神秘の一つは、この寺院は決して地面に影を作らないと伝えています。

実際に、ジャガンナータ寺院は、いかなる時も、いかなる方向にも、地面に影を落とさないといわれます。
それは、建築上の偉業とも、工学上の功績とも、神の仕業ともいわれることがあります。
そこには、私たちに対するジャガンナータ神のメッセージがあるようにも見ることができます。

大きな目を輝かせ、愛らしい表情を見せるジャガンナータ神。
その姿を見つめると、もっと近くに来るようにと、いざなわれるかのように心を動かされることがあります。
事実、ジャガンナータ神はその大きな目で、常に私たちを見ているのだといわれます。

あまりにも崇高で、時に近寄りがたい神々の存在も、インドでは何よりも愛らしい姿となってあらわれます。
神々の姿が見えず、その存在を遠くに感じ、悩み苦しむことがある私たちにとって、その姿は明確なメッセージのように映ります。

影は、光を遮るものがある時に生まれます。
私たちにとって、光を遮るものとは無知や欲望であり、日々に苦悩という暗い影を生み出します。
しかし、神々に近づきその偉大な存在にただ身を委ねると、影を生み出すものは消え去り、自分自身の本質である明るい光が見えるように感じます。

クリシュナ神は、形に限定されない遍在する神の愛を示すために、ジャガンナータ神の姿となってあらわれたといわれます。
その愛を通じて、光そのものである神と自分自身の存在に絶えず気づきながら歩むことが、私たちの日々の巡礼であるのかもしれません。

(文章:ひるま)

ラタ・ヤートラー2019

神聖な存在をより身近に感じる瞬間が、インドで過ごす日常には溢れています。偉大すぎて掴みがたいその存在も、インドの世界の中では不思議と親しみやすいものとして際立ち、人々を優しく迎え入れます。そんな神様の一人が、これから盛大な祝祭を迎えようとしているジャガンナータ神でした。

極彩色に彩られた姿、真ん丸とした大きな目、そして愛らしい表情が、一目見ただけで心の奥深くまでぐっと入り込み、大きな存在感を放っていたことを思い出します。ジャガンナータ神は、主に東インドで崇拝される、ヴィシュヌ神、もしくはクリシュナ神の化身とされる神様であり、最も盛大な祝祭が、2019年は7月4日に祝福される「ラタ・ヤートラー」です。

ラタ・ヤートラーは、東インドに位置するオリッサ州の聖地プリーにて、豪華な山車が街を練り歩くお祭りとして知られています。一説に、悪行を働いていたカンサを打ち破ったクリシュナ神が、兄のバララーム神と妹のスバドラー神と共に山車に乗り帰還したことを祝福するお祭りであるといわれ、豪華絢爛な山車と共に進むジャガンナータ神の姿が多くの人々を惹きつけます。

そんな山車は馬車とも捉えられ、精神性を学ぶ上で多くの例えに用いられるものです。カタ・ウパニシャッドにおいては、「真我(アートマン)は車主であり、肉体は馬車、理性が御者、そして意思が手綱である。」(カタ・ウパニシャッド第3章3~4節)と、人の体、心、そして精神のあり方が述べられています。

苦楽を生み出す感覚器官に操られる肉体を、意志と言う手綱を持って導くことは、精神性を向上させるための道において、最も強調される努めるべく行いの一つです。その先にあるものは、体、心、そして精神の統一であり、乱れのないその小さな世界の中において、誰もが偉大な存在に気づくに違いありません。

ジャガンナータ神を乗せた一つの大きな山車が、集まった個々の手によって真っ直ぐに導かれる様子こそ、一人一人が偉大な存在の下に一つであることを物語っています。心が主に定まる時、そこにはいつの時も平安があることを私たち自身が証明しているかのように映ります。

祝祭を通じ、そうした精神性を向上させる教えが、一瞬一瞬に溢れているのがインドでの生活です。ラタ・ヤートラーは9日間に渡る祝祭です。インドの各地から、また世界の多くの場所で、この愛らしい神の下に人々が歩み寄り一体となります。そのエネルギーが生み出す平安が、世界を包み込むことを心から願っています。

(文章:ひるま)