【PR】オン・メディテーションー現代を生きるヨーギーの瞑想問答

『ヒマラヤの師と共に』の著者であるシュリー・エム氏の新刊、『オン・メディテーションー現代を生きるヨーギーの瞑想問答』のご紹介です。

内容紹介
「瞑想とは、心の条件付けを取り去り、本来の状態に戻すための実践です。
それによって無限の命の源泉と叡智に繋がり、永遠に続く真の幸福を得ることができるのです」ー本文より。

ババジ、クリシュナムールティなどインドの重要な聖者、賢者、そして師マヘーシュワルナート・ババジとの出会いを綴った『ヒマラヤの師と共に-現代を生きるヨーギーの自叙伝』(蓮華舎刊)で世界を魅了し、現代の「あるヨギの自叙伝」として日本に初上陸したシュリー・エム。
今なお、古来からの教えを現代に生きる者として伝えるヨーギーによる初の瞑想実践のための手引書。

ヨーガやインド哲学に対する深い理解と経験に基づきながら、激変する時代に生きる私たちが生活の中で瞑想を実践する意味、マインドフルネスとは何か、瞑想の目的や実践方法などについて、ダライ・ラマとの問答や寓話などを織り込みながら、初めて瞑想する人から経験者までを網羅する厳選された87の問答集です。

本国で発売後すぐに大手書店でランキング入りした、瞑想のための準備と実践方法、向かう方向性、そして、激変する世界における「瞑想」の役割についての確かな道標を得ることができる良書となっています。
ぜひ、瞑想実践者の皆さんに手に取っていただきたい一冊です。

帯より
哲学者たちは平等性について考えてきました。
平等性を目指し、経済の文脈での平等とユートピアの実現について議論してきました。これは良い考えではありますが、世界中のどこにも実現されることはありませんでした。
しかし、私たちは「魂の次元における平等」があると信じています。そして、これは実際に実現可能なのです。
身体的に見ると、私たちが平等であることはありません。みんな違っていますね。しかし、ある一点においては同じなのです。
それは、すべての生きとし生けるものの心の深いところに「神の輝き」が存在している、ということなのです。そこにおいて平等です。

高いレベルの瞑想とは、私たちは、すべての人の意識の深層に共通してある魂のアイデンティティを発見することなのです。
それを成し遂げたのならば、死の前に平安のうちに休むことが可能です。生きているうちにそのようなことができるのでしょうか?
賢者たちもヨーギーも、「それは可能である」というのです。
(2019年カリフォルニア講演より)


著者プロフィール
シュリー・エム(Sri M)
1948年に南インドのケーララ州でムスリームの一家に生まれ、幼い頃からヒンドゥーとイスラーム、その他の宗教の教えに強い関心を示し、様々な教師を訪ねる。ヨーガの世界に惹かれ、19歳で家を離れて、ヒマラヤを旅する。洞窟で生涯の師マヘーシュワルナート・ババジと出会い教えを受けた後、社会生活に戻る。後に、ラーマクリシュナ・ミッションで僧として数年間を過ごし、20代後半でJ・クリシュナムールティと出会い、クリシュナムールティ財団に勤める。

ヒマラヤでの経験を語ることはなかったが、その後に執筆された自叙伝(『ヒマラヤの師と共にー現代を生きるヨーギーの自叙伝』蓮華舎刊)がインドのベストセラーとなり、教えを求める人が集い、活動は国内及び欧米諸国に広がりを見せる。2015年にはインド全土の7500キロを1年かけて歩く「Walk of Hope」を実施し、各地で異なる宗教や民族間の対話、祈りの機会を提供する。
現在も、国内外における求道者に向けてサットサンガやオンラインでの講演も含め、ヨーガやヴェーダーンタ等の深い経験と知見に基づいた教えを続けると共に、地域住民に無償の医療と教育の機会を提供するサットサンガ・ファンデーション代表、全寮制の中高一貫校「Peepal Grove School」など様々な慈善活動を展開している。著書多数。

書誌情報
『オン・メディテーションー現代を生きるヨーギーの瞑想問答』
(原書: On Meditation-Finding Infinite Bliss and Power Within)
シュリー・エム(Sri M)(著)、青木光太郎(訳)
発行:蓮華舎 PadmaPublishing
発売:2020/10/20
定価:2,700円+税
頁数:264ページ
ISBN:978-4-910169-02-6 CコードC0098

SriM関連動画(邦訳付)
https://www.youtube.com/channel/UCBvz4uKf2nSQUA5gkDXk2Vw

関連書籍
『ヒマラヤの師と共にー現代を生きるヨーギーの瞑想問答』
シュリー・エム(Sri M)(著) 青木光太郎(訳) 武井利恭(監修)
発売:2020/1/10
定価:4,800円+税
頁数:400ページ

勝利の女神

夕暮れが早まり、夜が長くなる秋の季節。
その暗い新月の夜を照らすように祝福されるのが、眩い光が溢れるディーワーリーです。
闇を照らす光が灯るこの祝祭は、悪に対する善の勝利を祝う象徴でもあります。

ディーワーリーは、ラクシュミー女神への祈りが捧げられる時でもあります。
ヒンドゥー教の創造神話である乳海撹拌を通じ、ラクシュミー女神はこのディーワーリーの日に姿をあらわしたと信じられているからです。

ラクシュミー女神は、豊かさを司る女神です。
物質的な豊かさだけでなく、目には見えない心の豊かさを授ける女神でもあります。
そんなラクシュミー女神の姿の中に、ヴィジャヤ・ラクシュミーと呼ばれる姿があります。

ヴィジャヤーは勝利を意味します。
ヴィジャヤ・ラクシュミーには、ラクシュミー女神を心から崇拝する、あるひとりの男の神話が伝わります。

ラクシュミー女神は、その男の心を確かめようと、ある試練を与えることを考えました。
そして、「不吉な時に生まれた運命により、豊かさを享受することはできない」と男に伝えます。

しかし、その言葉に男の心が揺らぐことはありませんでした。
そして、変わらずにラクシュミー女神への祈りを捧げ続けます。
その姿に感銘を受けたラクシュミー女神は、あらゆる富を男に授けました。

しかし、この時すでに、男は物質的な欲望から解放された聖者に変わっていました。
授けられた富を必要とせず、男は王国のためにその富を捧げます。
そうして生まれたのがヴィジャヤナガル王国であり、男はヴィディヤーラニヤと呼ばれる聖者になったと伝えられます。

私たち自身、日々の歩みの中で経験するさまざまな試練に、心が揺らぐことが少なくなりません。
そうして光を見失い、闇に落ちていくことも往々にあります。
しかし、ラクシュミー女神に定まったヴィディヤーラニヤの心に、光と闇が入り乱れることはありませんでした。

信じる心から生まれる何にも揺らぐことのない強さは、王国を築き上げたヴィディヤーラニヤのように、必ず勝利をもたらしてくれるはずです。
ラクシュミー女神が姿をあらわしたと信じられるディーワーリーに、光を灯しながら、その存在を自分自身の内に確かめたいと感じます。

(文章:ひるま)

参照:Goddess Vijaya Lakshmi

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その24)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
現在の累計感染者数は730万人、死者数は11万人を超えました。

10月に入り、インド全体では1日の新規感染者数に減少が見られるようになり、感染拡大はピークを過ぎたのではないかと見られています。
しかし、これから大きな祝祭が続く時となり、また、収束していた地域で感染が再拡大するなど、楽観できない状況が続きます。

食事の奉仕は、10月10日に500皿(第39回目)、10月13日に500皿(第40回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
今回も、経済的に困窮する人々が暮らす地域周辺での奉仕となっています。

季節が変わり、食事の奉仕を行う首都のデリー近郊では、野焼きが始まりました。
これに加え、気温が下がることで有害物質が停滞するようになり、大気汚染が深刻になる季節を迎えています。
一時期は、封鎖の影響により大気汚染が改善されていましたが、封鎖が緩和された影響により、この時期の大気汚染の改善は見られていません。

新型コロナウィルスによる影響だけでなく、社会には取り組むべきさまざまな課題があります。
より良い方向に社会が進むよう、私たち自身もこの状況に学びながら、活動を続けていきたいと思います。
食事の奉仕は今後もこのような形で、週に1〜2回の実施を継続していく予定です。
不安定な状況の中、皆様のご厚志のおかげで食事の奉仕を継続して実施できますこと、心より感謝申し上げます。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

光の祭典−ディーワーリー(ディーパーヴァリー)

2020年11月14日は、ヒンドゥー教の三大祭のひとつであるディーワーリーの祝日です。このお祭りは、別名ディーパーヴァリーともよばれ、サンスクリット語では「光の列、夜のイルミネーション」を意味します。
この祭典期間中は、ろうそくや煌びやかな照明がインド全国の街中で灯され、その美しさはおおくの人々を魅了します。

このお祭りは、以下のように解説されています[1]。

「ディーパーヴァリーは「光の祭典」として知られ、正義が悪に打ち勝った象徴である。ランプには、その勝利の祝福と人類の希望の記として、灯が点される。ディーワーリーまたはディーパーヴァリー(陶器製のランプの列)を祝う理由は、ラーマが宮殿から追放され14年間を森で暮らす間に、シーターを奪った羅刹王ラーヴァナを殺し、凱旋したラーマを祝福するためである。ラーヴァナを殺した日は、ダシャラー(ディーワーリーの19〜21日前日)として祝われる。祭典は、光とランプに焦点がおかれ、地域によっては、花火が打ち上げられるところもある。

ディーパーヴァリーは、ヒンドゥー暦のアーシュヴィン月に6日間連続で祝われる。おおよそ10月あるいは11月に行われるが、インドでは、もっとも人気があり、待ち望まれている祭典のひとつである。ヒンドゥー教徒、ジャイナ教徒、シーク教徒は、この祭典を、人生の祝福、そして家族と社会の絆を深めるために祝う。ジャイナ教徒にとっては、もっとも重要な祭典であり、ジャイナ教暦では新年にあたる。またシーク教徒にとっても、信仰上重要な祭典である。

・ヒンドゥー教における意義
祭典は、悪に対する正義の勝利を象徴する。サンスクリット語のディーパーヴァリーは、光が暗闇に勝利したことをあらわす光の列を意味する。サンスクリット語の知識が廃れるにしたがい、特に北インドでは、名称が一般にディーワーリーと変化した。

ディーワーリーの日は、多くの人は新しい服を身につけ、お菓子を分け合い、爆竹を鳴らす。北インドの経済界では、事業年度はディーワーリーの日に開始され、新しい商業帳簿はこの日から付けられる。

ヒンドゥーでは、この祭典を祝う理由を、次のようにいくつか挙げている。

・スカンダ・プラーナによると、女神シャクティは、シヴァ神の半身を手に入れるために、シュクラ・パクシャのアシュタミー(月が満ちる時)から21日間の苦行を行った。この誓願(ヴラタ)は、ケーダラ・ヴラタとして知られる。ディーパーヴァリーは、この苦行が完了した日である。この日、シヴァ神は左半身にシャクティを受け入れ、アルダナーリーシュヴァラとして顕現した。熱心な帰依者は、空間を意味するカラシャと呼ばれる容器に21本の紐を入れ、35日間21種類の供養を行う。最終日はケーダラ・ガウリー・ヴラタとして祝われる。

・ディーワーリーは、アヨーディヤの王ラーマが羅刹王ラーヴァナを殺し、シーターと弟のラクシュマナとともに、アヨーディヤへと凱旋した祝いでもある。道に沿ってオイルランプに灯りを点すことで、暗闇にある人々の道を照らすと信じられている。北インドでは、祭典はヴィクラム暦の最終日に行われる。次の日は北インドの新年にあたり、アンナクットと呼ばれる。

・クリシュナの妻のひとりであるサティヤバーマーによって、大破壊をもたらした悪鬼ナラカースラ(地獄のアスラの意味)が倒された祝日。クリシュナのアヴァターの時代であるドゥヴァーパラ・ユガにもたらされた。別の解釈では、悪鬼はクリシュナ自身に倒されたともいわれる。南インドでは、シャリヴァハナ暦にしたがうため、ディーワーリーの新年は一致しない。
(以下略)」

地方によっては、女神ラクシュミーをお祀りするところなどもあるようです。この日はインドの習慣にならって、ランプに灯を点し正義の復興を願ったり、日頃お世話になっている人々に贈り物をしてみるのもよいかもしれませんね。

出典
[1] Wikipedia “Diwali”, http://en.wikipedia.org/wiki/Diwali

2020年のナヴァラートリー・カラー

2020年は10月17日から25日まで、女神を讃える9日間の祝祭であるナヴァラートリーが祝福されます。

このナヴァラートリーの9日間は、異なる色のサリーを着用して、女神たちを礼拝する習慣があります。または、お祀りするドゥルガー女神に異なる色のサリーを捧げて礼拝を行うこともあります。

9日間に勧められる色は毎年異なりますが、それは曜日とつながりがあります。日曜日はオレンジ、月曜日はホワイト、火曜日はレッド、水曜日はロイヤルブルー、木曜日はイエロー、金曜日はグリーン、土曜日はグレーとなり、2週目はピンク、パープル、ピーコックグリーンなどから選ばれます。今年のナヴァラートリーは土曜日から始まるため、グレーから順に色が用いられます。

2020年10月17日〜10月25日のナヴァラートリーに勧められる色

・10月17日(1日目)(土):グレー
・10月18日(2日目)(日):オレンジ
・10月19日(3日目)(月):ホワイト
・10月20日(4日目)(火):レッド
・10月21日(5日目)(水):ロイヤルブルー
・10月22日(6日目)(木):イエロー
・10月23日(7日目)(金):グリーン
・10月24日(8日目)(土):ピーコックグリーン
・10月25日(9日目)(日):パープル

常に大自然との調和の中で生きるインドの世界には、そのエネルギーに繋がるための多くの術が溢れています。特に、異なる特徴を持つ色が私たちの心身に働きかける影響は大きいと伝えられます。

季節の変わり目は、大自然を動かす力である女神たちのエネルギーが活発になる時であるとされます。このナヴァラートリーの期間中、勧められる色を身につけたり、捧げたりすることで、豊かな恩寵を感じる時を過ごすことができるでしょう。

参照:Navratri colors 2020 and its significance

ヴァラーハ・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ धनुर्धराय विद्महे वक्रदंष्ट्राय धीमहि ।
तन्नो वराह प्रचोदयात्‌ ॥
・om dhanurdharāya vidmahe vakradaṃṣṭrāya dhīmahi |
tanno viṣṇuḥ pracodayāt ||

・オーム ダヌルダラーヤ ヴィッドゥマヘー ヴァクラダンシュトラーヤ ディーマヒ
タンノー ヴァラーハ プラチョーダヤートゥ
・意味:我らが弓の使い手である方を知り、曲がった牙を持つ方を瞑想できるように
ヴァラーハよ、我らを導き給え

ヴァラーハ神は、ヴィシュヌ神の10の化身の第3番目の化身である猪の頭を持つ神格です。
ヴィシュヌ神は、悪魔によって沈められた大地を救うために、猪となって大地を持ちあげたと伝えられます。
真理を追究する者は、凄まじい勢いで真っ直ぐに突き進む猪のように、あらゆる犠牲を恐れることなく進むべきであることを象徴しているといわれます。

ガルダ・ムドラー

季節が巡り、乾いた冷たい風が吹く寒い冬が近づいてくる頃となりました。
身体が縮こまるこれからの季節は、心身の不調を感じることが多くなる季節でもあります。
そんな冬の季節を健やかに過ごすために、ヨーガの実践法を活用することができます。
そのひとつが、ガルダ・ムドラーです。

ガルダはヴィシュヌ神の乗り物であり、炎のように熱く光り輝く鳥として知られます。
大きな羽を広げて空を舞い、ヴィシュヌ神を自由に運ぶ姿が象徴的な聖鳥です。
ガルダ・ムドラーは、そんなガルダのように、鳥が大きく羽を広げるような形を組むムドラーです。

まず、左手の手首の上に右手の手首を重ね、左右の親指をしっかり交差させます(右手の手首の上に左手の手首を重ねる場合もあります)。
残りの4本の指は大きく広げたまま手の平を上に向け、組んだ手をお腹の前で維持しながら、10回ほど深呼吸をします。
または、胸の前に手の平を広げるように組みながら、同じように10回ほど深呼吸を行うのがガルダ・ムドラーです。

親指は火、人差し指は風、中指は空、薬指は地、小指は水というように、5本の指にはそれぞれ5元素の象徴があります。
ガルダ・ムドラーでは、火を象徴する左右の親指を交差させることで、身体の内で火のエネルギーが調和しながら高まると信じられます。
そして、大きな羽で自由に空を飛ぶ鳥のように、高まった火のエネルギーが全身に運ばれると信じられてきました。

このガルダ・ムドラーは、ヴァータに均衡をもたらすと伝えられるムドラーです。
私たちの身体を司るエネルギーの性質の中で、ヴァータは風の要素にあたります。
ヴァータには、乾性や冷性といった性質があり、乾いた冷たい風が吹く冬の季節に活発になるといわれてきました。

ヴァータが適切に活性化すると、豊かな創造力、発想力、好奇心が生まれると信じられます。
しかし、ヴァータが乱れると、不安を感じたり、落ち着かなくなったり、寝つきが悪くなったりと、心身にさまざまな不調が生じると伝えられてきました。
このガルダ・ムドラーの実践により、温かなエネルギーが身体を巡ることで、ヴァータに均衡が生じるとされています。

ムドラーは、自分自身の内なる世界からその周囲まで、取り巻くエネルギーを改善し向上させる術として実践されます。
こうしたムドラーを取り入れることで、自分自身の持つエネルギーと向き合い、自然に調和しながら健やかに過ごす方法を学ぶことができるはずです。

(文章:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その23)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染拡大が続き、現在の累計感染者数は680万人、死者数は10万人を超えました。

一時期、1日の新規感染者数が9万人を超える日が続いていましたが、ここ最近は7万人前後の日が続き、ピークを過ぎたのではないかと見られています。
しかし、これから大きな祝祭が続く時となり、人が移動したり集合したりする機会が多くなるため、予断を許さない状況です。

食事の奉仕は、10月3日に500皿(第37回目)、10月6日に500皿(第38回目)を配ることができました。
メニューは10月3日がダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)、10月6日がカディ・チャーワル(ヨーグルトベースのカレーとご飯、1皿45ルピー)です。

10月からはUnlock 5.0となる更なる緩和が行われ、10月15日からは教育機関の再開が許可されています。
しかし、子どもを学校へ通わせることに対し不安を感じる保護者が多く、再開の判断は州政府に任されています。
食事の奉仕を行うデリーでは、10月末まで教育機関は閉鎖すると発表されました。
現在は、経済的に困窮する人々が暮らす地域での奉仕が続いていますが、いつも明るく元気な子どもたちの姿に毎回元気をもらうようです。
早く学びを再開できる日が来るようにと心から願っています。

インド全体では新規感染者数の減少が見られていますが、地域によっては感染者数の急増が見られ、4人以上の集会を禁ずる刑事訴訟法第144条が発動される地域もあります。
まだしばらくは日時や場所を事前に決めて行うアンナダーナの実施が難しい状況のため、今後も準備が出来次第、実施して行く予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

ヴィディヤーラムバム2020

季節が移り変わろうとしている時、インドの各地では、大自然を動かす女神たちの力を礼拝するナヴァラートリーが盛大に祝福されます。
今年のナヴァラートリーは10月17日から10月25日の9日間となり、この祝祭の最後となる10月25日には、ダシャラー祭が祝福されます。
ダシャラー祭は、ドゥルガー女神が悪神マヒシャースラを倒した日として、また、ラーマ神が魔王ラーヴァナに打ち勝った日として、悪に対する善の勝利を象徴する吉日です。

この日は、「ヴィディヤーラムバム」と呼ばれ、主に南インドでは、学問の女神であるサラスワティー女神への祈りが捧げられる日でもあります。
「ヴィディヤー」は「知識」、「アーラムバ」は「始まり」を意味します。
自分自身の内で無知という暗闇を倒し、知識という光が満ち始める吉祥な時、私たちは真の学びを開始します。
それは、清らかな心身の中で、自分自身の本質に気づく学びでもあります。

多くの情報を瞬時に手にすることができるようになった現代、該博な知識を身につけることも容易になりました。
しかし、溢れる情報に飲み込まれることも少なくありません。
時には、そうして得た知識が成長の妨げになることもあります。
事実、魔王ラーヴァナは4つのヴェーダと6つのシャーストラを習得し、知識に卓越した存在であったにも関わらず、その知識を正しく用いることができなかったために、ラーマ神に倒されました。

一方で、サラスワティー女神は、あらゆるものを清めると崇められてきた聖なる川の神格です。
そんなサラスワティー女神は、識別力の象徴である白鳥を乗り物とします。
白鳥は、混ざり合った水とミルクから、ミルクだけを飲むことができると伝えられることがあります。
それは、善と悪、正と誤を見分ける力だけでなく、本質を見る力として崇められてきました。
毎年、自然の巡りに調和をしながらこの祝祭を祝う時、私たちは本質から遠ざかることなく、日々の歩みを着実に進めることができるはずです。

マツシャ・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ तत्पुरुषाय विद्महे महामीनाय धीमहि ।
तन्नो विष्णुः प्रचोदयात्‌ ॥
・om tatpuruṣāya vidmahe mahāmīnāya dhīmahi |
tanno viṣṇuḥ pracodayāt ||

・オーム タットプルシャーヤ ヴィッドゥマヘー マハーミーナーヤ ディーマヒ
タンノー ヴィシュヌフ プラチョーダヤートゥ
・意味:我らがそのプルシャ(個我)を知り、偉大な魚の神を瞑想できるように
ヴィシュヌよ、我らを導き給え

マツシャはヴィシュヌ神の1番目の化身として知られ、魚の姿をしています。
マツシャは、起ころうとしていた大洪水から世界を救ったと伝えられます。
魚が流れに反しながらも源流に向かって泳げるのは、流れに身を任せる術を知っているからであり、私たちが常に神々に身を任せながら、その源へ向かって歩み続けることを象徴しているともいわれます。
このマツシャへの礼拝により、魚が池をきれいにするように、さまざまな悪影響が浄化されると信じられています。
一説には、ヴァーストゥの引き起こす影響を浄化すると伝えられます。

>