楽しかったインドの何気ない思い出1

世の中の状況はまだ改善せず、安心してインドを旅することができる日も、残念ですがまだ少し先になりそうですね。
私ガネーシャギリはインドに初めて行ってから27年になりますが、今回は昔のインド旅行のちょっとした楽しかった思い出を1つご披露させていただきます。

私が初めてインドの地を踏んだのは1994年です。
実は1986年にもインドの旅の計画があったのですが、それは挫折して、8年後に実現した次第です。
当時学んでいたヨーガ教室のツアーで、期間は2週間。40人を超える参加者があったように記憶しております。

当時のインドはまだ今のように発展しておらず、ボンベイの空港(今のムンバイのチャトラパティ・シヴァージー国際空港)は人でごった返していました。
アジャンター・エローラという有名な遺跡(現・世界遺産)が近いこともあり、この遺跡と関係する、仏教やジャイナ教の巡礼者の人たちも空港で見かけました。
特に白衣派と言われる、白い衣に身を包んだジャイナ教徒の大集団は、普段インドの他の地でも見かけることが少ないためか、とても目立っていましたし、他のインド人たちも注目して眺めていたように思います。

私たち40人あまりの日本人の集団もわりと目立っていたのだと思いますが、旅行会社の添乗員さんも、喧騒に負けないように大声をあげて参加者に注意事項を伝えていました。

私や渡印歴の浅い参加者は、添乗員さんの注意事項聞き漏らすまいと、必死にメモをとっていたのですがふと気づくとヨーガの師が、とても面白いものを見つけたよ、言った感じで近くを指し示しました。

そちらを見ると、私たち日本人の集団の中に、一人全身白の衣に身を包んだ、ジャイナ教の巡礼者がいて、メモを片手に私たちの日本人添乗員さんの声に耳を傾けているのです。
相当不思議な光景で、思わず吹き出しそうになりました。

もちろん、すぐに集団を間違えたことに気づいて、遠くにいた白衣集団の方にバタバタと走り去っていったのですがこの巡礼者さんも、たぶん都会での旅に慣れていない地方在住のインドの人だったのでしょう。

25年以上経っても、この時の光景を鮮明に覚えておりますので、かなり特殊な出来事だったのだろうと思います。

珍しい異国の建物や文化に触れ、美味しい料理を食べるのも旅の醍醐味ですがこういった小さな楽しいハプニングも旅を楽しませてくれる調味料なのかもしれません。
早く、またインドを旅することができる日々がくるよう、願っております。

※貼付写真:当時のボンベイ(マリーンドライブ付近)

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

シーズインディア支援事業の活動報告

シーズインディア支援事業にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。

インドで4月から5月にかけて深刻化した新型コロナウイルスの感染拡大は、だいぶ状況が改善してきました。
新規感染者数はピーク時の10分の1にまで減少し、現在は4万人前後の日が続いています。
しかし、シーズインディアがあるケーララ州では、現在も1万人を超える新規感染者数が報告されています。
ケーララ州の人口はインドの総人口の2.76%ほどですが、新規感染者数はインド全体の3分の1を占めており、予断を許さない状況にあります。

シーズインディアがある地域では、厳しい封鎖が行われていましたが、段階的な緩和が行われ、現在は週に3日、仕事や買い物に外出することができます。
しかし、毎月の教育支援を行う子どもたちの家族や、2018年の豪雨災害の被害を受けた家族が暮らす地域は、レッドゾーンに指定されており、まだ自由に動くことはできません。
夏休みを終えた子どもたちは、オンラインやテレビを通じた授業で勉学に励んでいます。
支援を行うすべての子どもたちの安全は確認が取れていますが、仕事を失った両親も多く、蓄えのない人々の生活は苦しい状況が続きます。
現在は、毎月の支援に加え、必要に応じた生活物資の支援を不定期で行っています。

子どもたちの両親や豪雨災害の被害を受けた人々の多くは、農作業や建設作業に従事しており、社会経済活動が再開しても、雨季を迎えている今は天候に左右され、仕事はとても不安定です。
また、裕福な家庭に赴いて家事代行などの仕事をしている人も多くいますが、感染を恐れ、仕事を拒まれることが多くあります。
ホテルやレストランなどで清掃に従事する人も多くいますが、こういった場所はまだ完全に再開されておらず、十分な仕事を得ることができません。
生活の向上ために、さまざまな支援計画がありましたが、人々が最低限の生活を送ることができるよう、しばらくは生活物資の支援が中心になる見込みです。

病院での食事の配給も、毎日欠かすことなく続いています。
新型コロナウイルスの影響により、病院の敷地内には入ることができず、現在も直接配膳を行うことはできない状況です。
調理した食事を病院に届け、病院のスタッフが配膳を行っていますが、配膳の手間を省くために、食事をパック詰めして欲しいという要望がありました。
しかし、パック詰めを行う費用や人手を賄うことができず、これまで通り、調理した食事を病院に届ける支援を続けています。
病院では長期にわたって逼迫した状況が続いており、誰もが疲労困憊しています。
少しでも助けになりたいという思いがありますが、シーズインディアの負担も非常に大きくなっており、可能な範囲でできる支援を続けています。

政府もさまざまな支援策を打ち出していますが、その支援はなかなか困窮者に届かず、現地で活動を行う中では、皆様のお気持ちが何よりも力強い支えになっています。
より良い社会のために、必要とする人々の視点に立って細やかな支援を行うことができるよう、今後も地域に根付いた活動を続けていく予定です。

多くの人々が大変な思いをされている中、継続してご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
皆様もどうかお気をつけてお過ごしください。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

ヤヤーティ王の気づき

常に欲望を刺激される現代社会。
ひとつの欲望が満たされると、次々に欲望が沸き起こり、心にゆとりがなくなることも少なくありません。
そんな私たちの姿を象徴する、ヤヤーティと呼ばれる王がいます。

ヤヤーティ王は、マハーバーラタにおいて主役として語られるパーンダヴァやカウラヴァの祖先にあたります。
このヤヤーティ王にまつわる神話には、私たちがより豊かな人生を送るための教えが秘められています。
バーガヴァタ・プラーナにおいて語られる有名な神話です。

ある時、欲望にまみれたヤヤーティ王の振る舞いに激怒した師であるシュクラーチャーリヤは、ヤヤーティ王に呪いをかけました。
その呪いによって老人の姿になってしまったヤヤーティ王は嘆き悲しみ、若さを取り戻すべく、シュクラーチャーリヤに許しを請います。

シュクラーチャーリヤは、誰かの若さと老いを交換できれば、若さを取り戻すことができるといいました。
ヤヤーティ王は5人の息子たちに懇願するも、次々に拒まれてしまいます。
そんな中、末っ子のプルだけは、父親の老いと自分の若さを交換することに同意しました。

そうして若さを取り戻したヤヤーティ王は、欲望のままに快楽を求め、日々を楽しみました。
しかし、いつまでたっても満たされることはなく、満たせば満たすほど、火に油を注ぐように燃え上がる欲望に、いつしか苦悩を抱き始めます。
そこで、ヤヤーティ王はある気づきを得ました。
それは、どんな欲望の対象物も人を満足させることはできないということでした。

ヤヤーティ王は若さをプルに返し、再び老人の姿になると、森に入り修行に耽ります。
そうして真理に至り、永遠の至福に安住したと伝えられます。

日々を生きる中で、もうひとつ、という気持ちに駆られることは少なくありません。
私たちを突き動かすその力なしに、成長し目標を達成することはできないのも事実です。
しかし、私たちは何よりもまず、永遠の至福である自分自身の本質に気づいている必要があります。
それは、自分自身の本質に等しい神々の礼拝や、真理が秘められた叡智に触れることで可能になります。
そうして学びを深めながら生きる時、私たちは真に満ち足りた人生を送ることができるはずです。

(文章:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その63)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在も予断を許さない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3098万人、死者数は41.1万人を超えました。

食事の奉仕は、7月10日に500皿(第117回目)、7月13日に500皿(第118回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、1日の新規感染者数がここ2週ほど100人を下回っています。
まだ都市封鎖の緩和の段階にありますが、だいぶ状況は改善しています。

そして、デリーでは最初に出された予報より1ヶ月遅れて、ようやくモンスーンが始まりました。
恵みの雨が降り注ぐ時となりますが、既にあちらこちらで冠水が見られています。
社会経済活動が戻り、仕事が再開されつつありますが、経済的に困窮する人々の多くが従事する建設作業や農作業などは、天候の影響を受けやすく、生活の再建は容易ではありません。

今回は路上生活者が多く集まる場所なども周り、食事の奉仕を行いました。
コロナ禍になってから、これまでは見られなかったような場所でも、施しを求める人の姿を目にするようになったといいます。

インドでは深刻化した第2波の影響が落ち着きつつありますが、第3波が懸念されており、まだまだ不安定な状況が続きます。
今後もしばらくはこのような形で食事の奉仕を継続していく予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

ラーマ・ガーヤトリー・マントラ

・ॐ भरताग्रजाय विद्महे सीतावल्लभाय धीमहि ।
तन्नो रामः प्रचोदयात्‌ ॥
・om bharatāgrajāya vidmahe sītāvallabhāya dhīmahi |
tanno rāmaḥ pracodayāt ||
・オーム バラターグラジャーヤ ヴィッドゥマヘー シーターヴァッラバーヤ ディーマヒ
タンノー ラーマハ プラチョーダヤートゥ
・意味:我らがバラタの兄を知り、シーターの夫である方を瞑想できるように
ラーマよ、我らを導き給え

正義の化身であるラーマ神を讃えるガーヤトリー・マントラです。
叙事詩のラーマーヤナにおいて、王国から追放されたラーマ神を慕う、異母兄弟のバラタがいました。
バラタは王位を継承する身でありながらも、ラーマ神を敬い、ラーマ神が不在の間は、その履物を玉座に祀り、ラーマ神を王として礼拝し続けます。
ラーマ神は妃であるシーターにとっては真の夫であり、忠誠の弟子であるハヌマーンにとっては最高の師匠でした。
正義に満ちた兄として、王として、夫として、時には友として息子としても理想の存在であったことから、ラーマは完璧な人格者と考えられています。

第98回グループ・ホーマ(ラタ・ヤートラー)無事終了のお知らせ

第98回グループ・ホーマ(ラタ・ヤートラー)にお申込みいただきました皆様、誠にありがとうございました。

クリシュナ神(ジャガンナータ神)を礼拝する第98回グループ・ホーマは、7月12日に無事に終了いたしました。

プージャーの写真を以下に掲載させていただきます。

神々の祝福と、より良い体験がありますよう、心よりお祈り申し上げます。
第98回グループ・ホーマの実施内容はこちらよりご覧いただけます。

シュラヴァナ月のシヴァラートリー2021

2021年は8月6日に、シュラヴァナ月のシヴァラートリーを迎えます。

シヴァ神を礼拝する重要なひと月であるシュラヴァナ月のシヴァラートリーは、シヴァ神を礼拝するこの上ない吉祥な時です。
今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、大きな祝祭や巡礼は中止となっていますが、通常であれば、吉祥なシヴァラートリーが近づくこの時期のガンジス川の周辺では、カーンワル・ヤートラーがピークを迎えます。

シュラヴァナ月のシヴァラートリーには、ガンジス川の聖水を用いたシヴァリンガムへのアビシェーカが欠かせません。
カーンワル・ヤートラーは、カーンワルと呼ばれる水壺のついた天秤棒を担いでガンジス川流域へ赴き、ガンジス川の聖水を水壺に入れ、故郷へと戻る巡礼です。
ガンジス川流域は、サフラン色の装束を身にまとい、天秤棒を担いで歩く巡礼者の熱気に包まれます。

首都のデリー近郊から聖地のハリドワールまで、巡礼者のために道路が規制される地域もあります。
決して地面につけてはならないとされる天秤棒を下げるための柵もあちこちに設けられます。
全行程を裸足で行う巡礼者も多く、とても過酷な歩みであっても、ガンジス川の聖水を自分の生まれた町へと持ち帰る重要な役割であり、巡礼者に選ばれることはとても名誉なことだと言われています。

2021年のシュラヴァナ月のシヴァラートリーにおける、ニシータ・カーラの時間は以下の通りです。
ニシータは「真夜中」、カーラは「時間」を意味し、このニシータ・カーラの時に、シヴァ神はシヴァリンガとして地上に顕現すると考えられています。

【インド(ニューデリー)】
プージャーに適した時間:2021年8月6日24時06分(7日)~24時48分(7日)

【日本(東京)】
プージャーに適した時間:2021年8月6日23時27分~24時08分(7日)

皆様もどうぞ神聖なシヴァラートリーをお迎えください。

参照:2021 Sawan Shivaratri Date

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その34)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

7月10日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第20回目の物資の支援を行うことができました。
もっとも消費される食料品や生活必需品を中心に物資を集め、配送料を含めた合計は、Rs.33555(約50000円)です。

福祉施設への支援には、皆様からたくさんのお気持ちをいただいていましたが、都市封鎖が続いていたこともあり、物資の支援が滞っていました。
まだ感染状況が落ち着いていない地域もありますが、首都のデリーではだいぶ状況が改善し、都市封鎖の緩和が行われています。
今回は、前回から約2週間でお届けすることができました。

今回お届けした物資はこれまでとほぼ同様の生活必需品になりますが、定番となった甘いお菓子のラッドゥーも手配しています。
現在、福祉施設は安定した運営を行うことができ、700名を超える入居者がいますが、コロナ禍により、入居を希望する人が絶えない状況が続いています。
家族と一緒に暮らすことができない高齢者や子ども、精神的な病を抱える方など、入居の理由はさまざまです。
お届けする物資は数日で無くなってしまいますが、この厳しい状況の中、皆様の温かいお気持ちが何よりも支えになっています。

政府からは、新型コロナにより家族を亡くした子どもたちへの支援や遺族への支援が行われることが発表されています。
しかし、こうした支援を受けることができる人は少なく、路上で生活することを余儀なくされる人も多くいます。
必要とする人々へ皆様の温かいお気持ちが届き、明るい社会に向かうように、今後も福祉施設への支援を継続しながら、前向きな活動に取り組んでいきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

ムクラ・ムドラー

古代より、悟りに至る深い瞑想を行うためには、安定した快適な姿勢が必要とされてきました。
そのために身体を鍛錬する行いはヨーガとして受け継がれ、現代では心身の健康のために広く実践されています。
しかし、忙しない日々においては、心身の健康を疎かにしてしまうことも少なくありません。
そこでは、身体的な苦痛だけでなく、精神的なストレスにも悩まされることが多くあります。

身体に生じる痛みは、日常生活にとりわけ大きな困難をもたらします。
この痛みは、一説に、アーマ(未消化物の毒素)が身体の弱った部分に蓄積することで生じると伝えられてきました。
こうした痛みは受け入れ難いものではあっても、身体に宿るエネルギーからのメッセージとして大切な意味を持つものです。

これらの痛みと向き合うヨーガの実践に、ムクラ・ムドラーと呼ばれるムドラーがあります。
ムクラには、つぼみという意味があります。
5本の指の先端を合わせるこのムドラーは、まるで花を開こうとしている蓮のつぼみのようです。

親指は火、人差し指は風、中指は空、薬指は地、小指は水というように、5本の指にはそれぞれ5元素の象徴があります。
このムドラーで5本の指の先端を合わせる時、身体内の5元素が穏やかに調和するとされてきました。

そんなムクラ・ムドラーの指先を、身体の痛みを感じる部分にあてていきます。
この時、ムドラーを通じて生まれる調和したエネルギーが、身体の弱った部分を癒していくと信じられてきました。
または、瞑想中にこのムドラーを実践することで、身体に調和したエネルギーを巡らすことができると伝えられます。

開こうとしている花のつぼみには、強い生命力を見ることができます。
自らの身体を通じてこうした象徴を形作るムドラーの実践は、意識に強く働きかけるものであり、心身に健やかな影響を自ら生み出すことが可能になります。
難しい動作を必要としないムドラーは、日々において、誰でも容易に実践できるものです。
こうして身体を労りながら、健やかな精神を育む時、満開に咲く蓮の花のように、究極の目覚めに近づくことができるに違いありません。

(文章:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その62)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在も予断を許さない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3070万人、死者数は40.5万人を超えました。

食事の奉仕は、7月3日に500皿(第115回目)、7月6日に500皿(第116回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。

食事の奉仕を実施する首都のデリーは、東京都の約3分の2の面積に、2000万人超の人口が居住する人口密度の高い都市です。
第2波のピーク時には、1日の新規感染者数が2万8千人を超えましたが、現在は100人を下回る日が続き、状況は落ち着いています。

一方で、今年は6月中旬に早まる予報が出されたデリーのモンスーンですが、まだ始まっておらず、7月に入っても毎日のように40度を超える暑い日が続いています。
恵みの雨が待ち遠しい時ですが、毎年、モンスーンに入ると大雨による被害が後を絶ちません。
現在は、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行っていますが、こうした地域は他の場所に比べ低地にあることなどが原因で特に被害を受けやすく、昨年は大雨の影響で冠水し、立ち入りができなくなった期間がありました。

厳しい都市封鎖により感染状況は落ち着いていますが、仕事や収入を失い、さまざまな要因で不安定な生活を送る人々が受ける影響は計り知れません。
安定した生活を送ることができるように祈るとともに、アンナダーナを通じた活動を通じて少しでも温かい気持ちをお届けできればと思います。

現在の状況を通じては、社会的な弱者がさまざまな面においてとりわけ深刻な影響を受けていることが伝えられています。
こうした機会に学びを深め、私たち自身も生活を見つめ直し、社会全体がより方向に向かうように行動したいと感じます。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)