ヤー・クンデーンドゥ

・yA kudendu tushAra hAra dhavalA yA shubhra vastrAvritA
yA vInA vara danda manditakarA yA shvetapadmAsanA
yA brahmAcyuta shankara prabhritibhih devaih sadA vanditA
sA mAm pAtu sarasvatI bhagavatI nihshesha jAdyApahA
・ヤー・クンデーンドゥ・トゥシャーラ・ハーラ・ダヴァラー
ヤー・シュッブラ・ヴァストゥラーヴリター
ヤー・ヴィーナー・ヴァラ・ダンダ・マンディタカラー
ヤー・シュヴェータパドマーサナー
ヤー・ブラフマーチュタ・シャンカラ・プラブリティビヒ
デーヴェイ・サダー・ヴァンディター
サー・マーム・パートゥ・サラスヴァティー・バガヴァティー
ニシェーシャ・ジャーデャーパハー
・意味:ジャスミンの色をした月のように目映く、
雪の結晶のように白く輝く衣装を纏うサラスワティー女神よ。
美しい二本の手でヴィーナーを奏で、白い蓮にお座りになるお方。
すべての天界の神々に囲まれ、礼拝されるお方。
どうか私をお守りください。
サラスワティー女神が、私の無活動、怠慢、不明をすべて取り除いてくださいますように。

サラスワティー女神は、サットヴァ(純質)の性質を持つ女神であり、その叡智によって、私たちの無知や怠慢などの暗質的性質(タマス)、怒りや貪欲などの激質的性質(ラジャス)を抑制します。このマントラは、日々の祈りの中で、また祭祀の中で、サラスワティー女神に捧げられる詩節です。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant」(トラック3-4)
・「シュリー・サラスヴァティー・プラールタナー(オーディオブック)」(ディスク2・トラック2:サラスワティー・ストートラムIII)

学習の前の祈り(プールヴァ・アディヤーヤナ)

・sarasvati namastubhyam varade kAmarUpini
vidyArambham karishyAmi siddhir bhavatu me sadA
・サラスヴァティ・ナマストゥッビャン・ヴァラデー・カーマルーピニ
ヴィディヤーラムバン・カリッシャーミ・シッディル・バヴァトゥ・メー・サダー
・意味:あらゆる願望を叶えるサラスヴァティー女神よ、あなたに帰依いたします。
私が学習を始めるに当たり、この学習が成功に導かれるようお祈りいたします。

学習の前の祈り(プールヴァ・アディヤーヤナ)です。
学問の女神であるサラスヴァティー女神に、これから始められる学習が成功に導かれるよう祈願します。
学生であれば勉強や読書の前に、芸術家であればレッスンや創作に取りかかる前に、社会人であれば仕事の前に、それぞれの学習が最高の結果を出せるように唱えられます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「英知の光 〜学習に成功するためのマントラ〜」(トラック3)

知性を磨くためのマントラ(プラジュニャー・ヴァルダナ・マントラ)

・namaste shArade devI sarasvatI mati prade
vasatvam mama jihvAgre sarva vidya pradA bhava
・ナマステー・シャーラデー・デーヴィー・サラスヴァティー・マティ・プラデー
ヴァサットヴァン・ママ・ジフヴァーグレー・サルヴァ・ヴィディヤー・プラダー・バヴァ
・意味:知性を授けるサラスヴァティー、シャーラダ・デーヴィーに帰依いたします。
わたしの舌先に座り、あらゆる知識を授けるお方に帰依いたします。

知性を磨くためのマントラ(プラジュニャー・ヴァルダナ・マントラ)です。
学生であれば、集中力を増し、勉学に成功するために、少なくとも毎日11回以上唱えることがすすめられています。
言葉や食事を司る重要な器官である舌に住むというサラスヴァティー女神に、正しい言葉遣いや人々に感動を与える有益な話しができるように祈願します。
シャーラダ(zArada)は熟達、成熟を意味するサンスクリット語で、シャーラダ・デーヴィーは、弁才、学才、芸才に熟達したサラスヴァティー女神の別名となります。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「英知の光 〜学習に成功するためのマントラ〜」(トラック1)

マハーラクシュミー・アシュタカム第11節(結びの言葉)

・tri kAlam yah pathen nithyam mahA shatru vinAshanam
mahA lakshmIr bhaven nithyam prasannA varadA shubhA
・トリ・カーラン・ヤハ・パテーンニッテャン・マハー・シャトゥル・ヴィナーシャナム
マハー・ラクシュミール・バヴェーンニッテャン・プラサンナー・ヴァラダー・シュッバー
・意味:これを1日に3度唱えるならば、あなたの最大の敵(欲望)が破壊されるでしょう。
マハーラクシュミーの祝福により、あらゆる吉兆の出来事があなたに訪れます。

マハーラクシュミー・アシュタカム第11節(結びの言葉)です。
シャトゥル(zatru)は、敵、ライバル、対抗者などの意味があります。
インドの聖典によると、わたしたちの最大の敵は、欲望や怒りであるといわれています。欲望や怒りという内なる敵を征服することができれば、どのような難題もたやすく克服することができるといわれます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant」(トラック19)
・「Divine Chants of Mahalakshmi」(トラック5)
・「女神のマントラ vol.2」(トラック1)
・「マントラ・オブ・デヴァイン・マザー」(トラック1)
・「チャント&マントラ」(トラック7)

マハーラクシュミー・アシュタカム第10節(結びの言葉)

・eka kAlam pathen nithyam mahA pApa vinAshanam
dvi kAlam yah pathen nithyam dhana dhAnya samanvitah
・エーカ・カーラン・パテーンニッテャン・マハー・パーパ・ヴィナーシャナム
ドヴィ・カーラン・ヤハ・パテーンニッテャン・ダナ・ダーニャ・サマンヴィタハ
・意味:これを1日に1度唱えるならば、あなたが犯した重大な罪が清められるでしょう。
これを1日に2度唱えるならば、莫大な富を享受するでしょう。

マハーラクシュミー・アシュタカム第10節(結びの言葉)です。
パーパ(pApa)は、悪徳、不幸、困難、不運など、ヴィナーシャナ(vinAzana)は滅ぼす、破壊するという意味があります。
またダナ(dhana)やダーニャ(dhAnya)は、富やお金持ち、サマンヴィタ(samanvita)は、所有、寄与などの意味があります。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant」(トラック19)
・「Divine Chants of Mahalakshmi」(トラック5)
・「女神のマントラ vol.2」(トラック1)
・「マントラ・オブ・デヴァイン・マザー」(トラック1)
・「チャント&マントラ」(トラック7)

マハーラクシュミー・アシュタカム第9節(結びの言葉)

・mahAlakshmyashtakam stotram yah patheth bhakthimAn naraha
sarva siddhi mavApnoti rAjyam prApnoti sarvadA
・マハーラクシュミャシュタカム・ストートラム・ヤハ・パテートゥ・バクティマーンナラハ
サルヴァ・シッディ・マヴァープノーティ・ラージャム・プラープノーティ・サルヴァダー
・意味:このストートラを信愛をもって唱える者はだれしも、あらゆる願望が叶い、王国を享受するでしょう。

マハーラクシュミー・アシュタカム第9節(結びの言葉)です。
結びの部分には、このストートラを唱えることによる功徳・果報が述べられています。
マハーラクシュミーを信愛をもって讃え、このストートラを唱える人々は、あらゆる成功がもたらされ、高貴な身分や広大な土地を継承するといわれます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant」(トラック19)
・「Divine Chants of Mahalakshmi」(トラック5)
・「女神のマントラ vol.2」(トラック1)
・「マントラ・オブ・デヴァイン・マザー」(トラック1)
・「チャント&マントラ」(トラック7)

マハーラクシュミー・アシュタカム第8節

・svetAmbaradhare devI nAnAlankAra bhUsite
jagat stithe jaganmAtah mahAlakshmi namostu te
・シュヴェータームバラダレー・デーヴィー・ナーナーランカーラ・ブーシテー
ジャガット・スティテー・ジャガンマータハ・マハーラクシュミー・ナモーストゥ・テー
・意味:至宝の装飾品と白い衣を身に纏う女神、
世界に遍在の聖母であるマハーラクシュミーに帰依いたします。

マハーラクシュミー・アシュタカム第8節です。
ジャガット(jagat)は世界、地上を意味し、スティタ(sthita)は立つ、留まるなどの意味があります。世界に存在し、世界の母であるマハーラクシュミーをたたえるマハーラクシュミー・アシュタカムの最終節になります。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant」(トラック19)
・「Divine Chants of Mahalakshmi」(トラック5)
・「女神のマントラ vol.2」(トラック1)
・「マントラ・オブ・デヴァイン・マザー」(トラック1)
・「チャント&マントラ」(トラック7)

マハーラクシュミー・アシュタカム第7節

・padmAsana sthite devi parabrahma svarUpini
paramesi jaganmAtah mahAlakshmi namostu te
・パドマーサナ・スティテー・デーヴィー・パラブラフマ・スヴァルーピニ
パラメーシ・ジャガンマータハ・マハーラクシュミー・ナモーストゥ・テー
・意味:蓮に座り、梵(ブラフマン)の化身である女神、
偉大なる世界の母であるマハーラクシュミーに帰依いたします。

マハーラクシュミー・アシュタカム第7節です。
ジャガンマータは、世界の母という意味のラクシュミーまたはドゥルガーの別名です。 世界の父(神)という意味のジャガンナータ神は、ヴィシュヌ、クリシュナ、ラーマ、ダッタートレーヤなどの化身といわれ、手足のない丸太の身体を持つ特徴的な姿をした神です。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant」(トラック19)
・「Divine Chants of Mahalakshmi」(トラック5)
・「女神のマントラ vol.2」(トラック1)
・「マントラ・オブ・デヴァイン・マザー」(トラック1)
・「チャント&マントラ」(トラック7)

マハーラクシュミー・アシュタカム第6節

・sthUla sUkshma mahAraudre mahAshakti mahodare
mahA pApa hare devi mahAlakshmi namostu te
・ストゥーラ・スークシュマ・マハーロウドゥレー・マハーシャクティ・マホーダレー
マハー・パーパ・ハレー・デーヴィー・マハーラクシュミー・ナモーストゥ・テー
・意味:巨大なものから微細なものを大きなお腹に収めるお方、恐ろしい女神、偉大なシャクティの化身、
この上ない悲哀を取り去るマハーラクシュミーに帰依いたします。

マハーラクシュミー・アシュタカム第6節です。
マハーラクシュミーは、ストゥーラ(大きなもの)からスークシュマ(小さなもの)のすべてを内包する女神です。ガネーシャの別名として知られる「マホーダラ(大きなお腹をもつ者)」でもあり、広大な宇宙のすべてが彼女のお腹の中に含まれています。
また第2節にも出てきた強大な「パーパ(悪徳、不幸、困難、不運)」を取り去る女神であることがここでも強調されています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant」(トラック19)
・「Divine Chants of Mahalakshmi」(トラック5)
・「女神のマントラ vol.2」(トラック1)
・「マントラ・オブ・デヴァイン・マザー」(トラック1)
・「チャント&マントラ」(トラック7)

マハーラクシュミー・アシュタカム第5節

・Adyantarahite devI Adi shakti maheshvari
yogaje yoga sambhUte mahAlakshmI namostu te
・アーディヤンタラヒテー・デーヴィー・アーディ・シャクティ・マヘーシュヴァリ
ヨーガジェー・ヨーガ・サンブーテー・マハーラクシュミー・ナモーストゥ・テー
・意味:始まりも終わりもない女神、原初のエネルギーである偉大な統治者、
ヨーガにより生まれ、ヨーガそのものであるマハーラクシュミーに帰依いたします。
マハーラクシュミー・アシュタカム第5節です。
マハーラクシュミーは、始まりと終わり(アーディヤンタ)のない女神であり、永遠に存在し続ける原初のエネルギー(アーディ・シャクティ)であるといわれます。
またマハーラクシュミーは、乳海攪拌というヨーガ(結合)によって生まれ、ヨーガを司る至高の存在でもあります。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant」(トラック19)
・「Divine Chants of Mahalakshmi」(トラック5)
・「女神のマントラ vol.2」(トラック1)
・「マントラ・オブ・デヴァイン・マザー」(トラック1)
・「チャント&マントラ」(トラック7)