マヌ王と小さな魚

西日本を中心とした豪雨、また、大阪北部を震源とする地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
雨季であるモンスーンが始まったインドでも、洪水の被害を受けている地域が多くあります。
今この時、古代から変わることなく受け継がれる神話を通じ、生きる姿勢を学びたいと思います。

この世界に危機が生じた時、世界を守るために特別な姿となってあらわれると信じられるヴィシュヌ神。
その最初のアヴァターラ(化身)として崇められるのが、魚の姿をしたマツシャです。
マツシャは、起ころうとしていた大洪水から世界を救ったと伝えられる存在です。

ある時、人間の始祖であるマヌ王が川へ入ると、小さな魚が近づいてきました。
放そうとするとも、小さな魚は「大きくなるまで守って欲しい」とマヌ王に懇願します。
マヌ王はその小さな魚をすくいあげ、壺の中で育て始めました。
しかし、小さな魚はみるみる大きくなります。

やがて巨大魚となった小さな魚は、世界に危機をもたらす大洪水が起こることをマヌ王に予言しました。
マヌ王は、その巨大魚がヴィシュヌの化身であるマツシャであることに気づきます。
その後、マヌ王は巨大魚となったマツシャの助けによって大洪水を生き延び、地上に生命を再生させると、人類の始祖となったと伝えられます。

マヌ王が最初に救ったのは、とても小さな一匹の魚でした。
それは、気にも留めないような、小さな魚だったかもしれません。
しかし、その小さな魚は人類の救世主であるヴィシュヌ神であり、マヌ王が行った小さな魚を救うというささやかな行為は、やがて世界を救うという偉大な行為となりました。

私たちはマヌ王のように、誰かのために小さな行為を実践することができるでしょうか。
気づきをもって周囲を見渡す時、そこには、他者のためにできる行為が溢れています。
どんなに小さな行為でも、一人一人がその行為を実践することで、それはやがて、世界を救う大きな意味を持つものとなるに違いありません。

大自然と調和をしながら共存してきた古代の叡智を、この日々の中で実践していきたいと感じます。
皆様の安全と、被災地域における一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

シヴァ神の慈悲

シヴァ神を讃えるもっとも神聖なひと月とされるシュラヴァナ月。
2018年は7月28日~8月26日(地域によっては8月12日から9月9日)となり、ジャパや瞑想といった霊性修行を行うことが勧められます。
シヴァ神は、この月に起きた天地創造の神話である乳海攪拌において、世界を救うために猛毒のハラーハラを飲み込んだと伝えられます。

乳海撹拌は、不死の霊薬であるアムリタを得るために、神々と悪魔が協力し海を撹拌したと伝えられる神話です。
その過程では、霊薬であるアムリタだけでなく、猛毒であるハラーハラも生み出されてしまいます。

世界を救うために、その猛毒であるハラーハラを飲み込んだのがシヴァ神でした。
猛毒によって青くなった喉を持つシヴァ神は、後にニーラ・カンタ(青い喉)と呼ばれ、崇められるようになります。

一方で、生み出された霊薬であるアムリタを盗み、飲み込んだのがラーフでした。
その行為はヴィシュヌ神に見つかり、罰せられると、首と胴体を切り離され、後にラーフとケートゥという悪星になったといわれます。

他のために自らを犠牲にしたシヴァ神は、猛毒に倒れることなく、現代でも偉大なる神として崇められています。
しかし、欲望のもとで行為を成したラーフは、霊薬にも救われることなく、悪星として蔑まれるようになりました。

欲望のもとで行為を成す時、私たち自身も、自らの質を低下させてしまいます。
しかし、他のために自らを犠牲にする時、内なる世界は浄化され、シヴァ神のような偉大なる神としての質を高めることができるはずです。

大きな世界に神々と悪魔が存在するように、肉体という小さな世界を持つ私たちの内にも、神性と悪性が渦巻いています。
シュラヴァナ月は、霊性修行によって、その神性を磨く重要な時です。
社会の中で生きる私たちにとっては、世界を救うためにシヴァ神が猛毒を飲み込んだように、他を思う気持ちを実践するだけでも、自分自身の神性さを磨く、何よりもの霊性修行となるに違いありません。

皆様にとって、シュラヴァナ月がシヴァ神の祝福に満ちた、実りあるひと月となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

悪影響を防ぎ豊かな人生を送るためのスダルシャナ・カヴァチャム

人々は、誰しもが豊かな生活を望んでいます。しかし、人生は困難に満ちたものであり、悪意に満ちた想念によって、わたしたちの思考はネガティブな影響を受けがちです。少し進展があっても、嫉妬や敵対する影響を防ぐことなしに、さらなる進展は望めません。

このような悪い影響を防ぐために、先代の聖者たちは、神々の防具であるカヴァチャを創り出しました。神々のカヴァチャに耳を澄ませ、また唱えることにより、絶えず悩まし続ける悪意、敵対する勢力からの影響を、強力なマントラの波動により防御します。

悪い影響を防ぐためのマントラのひとつに、シュリー・スダルシャナ・カヴァチャムがあります。スダルシャナは、悪を罰するためのヴィシュヌ神の武器であると考えられ、太陽の純粋な炎から造られていると信じられます。それは、あらゆるネガティブさ、病、不幸などを寄せ付けない神聖な炎の旋回輪をあらわしています。

他の神々の武器と同じように、スダルシャナも後に神格化され、障害を滅ぼし、豊かな人生を送ることができるようとの崇拝の対象となっています。スダルシャナ・マントラは、ライバルに打ち克ったり、予期しない困難を乗り越えるために唱えられます。ポジティブなエネルギーに溢れ、悩みや心配を克服し、自信に満ちた毎日が送れるよう、スダルシャナ神に祈りを捧げます。

グルとアールニの神話

霊性が豊かな神秘の国インドにおいて、現代においてもとりわけ重要視されているのが、グルの存在です。
その伝統の中では、私たちに深い教えを示す多くの神話が伝えられてきました。
グルの存在について、マハーバーラタで説かれる有名な神話を通じ、気づきを深めたいと思います。

ダウミャと呼ばれる聖仙をグルとして、アーシュラムで学びを続けるアールニと呼ばれる弟子がいました。
アールニは、後にウパニシャッドの代表的哲人のひとりに数えられる存在です。

ある寒い冬の日、アーシュラムの畑の溝が崩れ、水が畑に流れ込んでいました。
ダウミャはアールニに、溝の崩れを修復するように指示をします。
アールニは畑へ向かい、さまざまな方法で溝を塞ごうとしますが、溝はいっこうに塞がりません。
大切な畑が台無しになってしまうと焦り始めたアールニは、崩れた畑の溝に横たわり、自らの身体で溝の崩れを塞ぐと、流れ込んでいた水を堰き止めました。

夜になっても戻らないアールニを心配したダウミャは、畑へ向かうと、溝のそばに横たわっているアールニを見つけます。
アールニは冷たい水を身体で受けながら、崩れた溝を塞いでいました。
その姿に感銘を受けたダウミャは、アールニの学びは達成されたと、祝福を授けたといわれます。

グルの喜びは、弟子にとって最高の祝福であると伝えられてきました。
グルに従い聖典の教えを学んでいたアールニは、日々の小さな出来事を通じ、その究極の境地に至ります。
他のために自分を犠牲にすることのできるアールニに、それ以上の学びは必要なかったからです。
そこには、自我の消えた何よりも大きな平安があることに、ダウミャは気づいていたに違いありません。

インドでは現代でも、自分自身を解脱へと導くグルの存在を求め、多くの人々が探求を続けています。
それは、自分自身の本質を見つけるための歩みにも他ありません。

私たちの周りには、人生という多くの学びの機会が溢れています。
与えられた人生の一瞬一瞬をグルとして、謙虚に信愛を持って日々を生きることで、何よりも大きな祝福が与えられるに違いありません。

グル・プールニマーを通じ、自分自身を育む全てに敬意を払うとともに、感謝を捧げたいと感じます。
皆様にも、大きな祝福がありますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

2018年7月の主な祝祭

in07-1024x717

2018年7月の主な祝祭をご紹介いたします。

恵みの雨が降り注ぐモンスーンを迎えると、聖なる4カ月とされるチャトゥルマースが始まります。大きな祝祭が続くこの期間、最初の祝祭であるグル・プールニマー(師を讃える満月祭)が7月の満月に祝福されます。そして、シヴァ神を讃えるもっとも吉祥なひと月とされるシュラヴァナ月が始まります。

7月2日 サンカタハラ・チャトゥルティー
7月9日 エーカーダシー
7月11日 シヴァラートリー
7月13日 新月
7月14日 ラタ・ヤートラー
7月16日 カルカ(蟹座)・サンクラーンティ
7月23日 エーカーダシー/チャトゥルマースの始まり
7月28日 満月/グル・プールニマー
7月29日 シュラヴァナ月の始まり(主に北インド)
7月31日 サンカタハラ・チャトゥルティー

*地域や慣習によって、祝祭の日にちには差異が生じることがあります。

1年を通じた祝祭、またその詳細について、インド暦カレンダーでご紹介しております。

参照:http://www.drikpanchang.com/panchang/month-panchang.html

心と身体の調和、環境浄化のためのアグニホートラのマントラ

文明の進歩は、私たちの日常生活に大きな影響を与えてきました。同時に、それは人々を緊張と不安がともなう物質的側面に大きく依存させる結果になっています。
内観を通してこの事実に気がついた人々は、自然の永遠で偉大な力の重要性を感じ、自然のリズムに合わせてすでに歩み始めています。

現代科学は、古代インドの聖者や賢人が発見した事実を今、証明しつつあります。ミクロの元素からマクロな宇宙創造に至るまで、この世界の普遍的真理はすべての個人と深いつながりがあります。

古代のヴェーダによって処方されたあらゆる方法や儀式の中でも、アグニホートラ・シャーンティパータは、平安に達する手法として今日でも他に類を見ないものです。
これらのマントラの純粋な音は、実践者の住処だけでなく、隣家を始め、全ての環境を浄化する作用があるとされます。
しかし言うまでもなく、このマントラや儀式の最も深遠かつ優れた効果は、参加者と聴衆すべての肉体と心、そして魂を調和させ、豊かにさせることに行き着きます。

この強力なヴェーダのマントラの残響が拡大していくことにより、私たちに地、水、火、風、空の生活を潤す自然の元素に対する感謝の念を呼び起こすでしょう。
アグニホートラ(火供)のエネルギーに満ちた音の普遍的な力は、現代生活における緊張と不安を一掃し、すべての人々の魂に、平安、調和、幸福を授けるように組まれています。

バラドヴァージャのアーサナ

2014年より、6月21日はヨーガの普及を目的とした、国際ヨーガの日として祝福されるようになりました。
6月21日は、一年の内で昼間の長さが最も長い夏至にあたります。
インドの暦では、夏至の後の最初の満月において、師を讃えるグル・プールニマーが祝福されるなど、夏至は重要な意味を持ちます。

一説に、ヨーガの伝承は、その起源とされる偉大なグル、シヴァ神によって夏至に始まったと伝えられることがあります。
シヴァ神はこの日、サプタリシ(七聖仙)にヨーガを説き始めたのだと伝えられます。

そのサプタリシの一人に、バラドヴァージャと呼ばれる聖仙がいます。
バラドヴァージャはヴェーダの学びに没頭し、それを達成するために、三度生まれ変わったと伝えられる存在です。
苦労の末にヴェーダの全てを学び、三度目の死が訪れたとき、シヴァ神に解脱を求めるも、シヴァ神はそれを許しませんでした。
バラドヴァージャは、ヴェーダの教えを他と共有することをしていなかったからです。

すると、バラドヴァージャは四度目の生において、ヴェーダを教え、人々を啓発することに喜びを見つけます。
ヴェーダの普及に没頭したバラドヴァージャは、その後、究極の叡智のもとで解脱に至ったと伝えられます。

ヨーガにおいては、そんなバラドヴァージャに捧げられるポーズがあります。
バラドヴァージャのように片足を蓮華座で組み、身体をねじるポーズです。

中心から身体を絞り切るようにねじるこのポーズでは、膝や股関節、腰、背骨の柔軟性を必要とします。
そして、身体を深くねじるために、左右の両端に逆向きの力が働くよう、強く回し曲げなければなりません。
これらの過程において、身体の歪みや消化機能が改善され、心身に浄化が促されると伝えられます。

泥水を吸って生きながら美しい花を咲かせる蓮華は、純粋の象徴として崇められてきました。
このポーズは、社会の荒波の中で生きる私たちが、ヨーガを通じ自分自身を浄化しながら、美しい花を咲かせる過程を物語っているようです。
その先には、苦労を経て究極の境地に至ったバラドヴァージャのように、何よりも美しい果報が待ち受けているはずです。

現在、ヨーガは国際的に認められ、その教えに触れることが容易となりました。
そこには、こうした先人たちの尽きない探求があります。
ヨーガを通じ、それぞれに与えられた道のりを歩むことで、やがて美しい解脱に至ることができるに違いありません。

(文章:ひるま)

2018年のニルジャラ・エーカーダシー

2018年は6月23日にニルジャラ・エーカーダシーが祝福されます(日本時間では24日)。

ヴィシュヌ神に捧げられるエーカーダシーは、断食を通じて感覚器官を統制し、自己を清めるための吉日として知られ、この日は完全な断食、もしくは穀物を除いた果物などの食事が行われます。

月の満ち欠けのそれぞれ11日目にあたるこのエーカーダシーは、年間でおよそ24回訪れます。そして、これから迎えようとしているニルジャラ・エーカーダシーは、一年の内でももっとも厳しい断食が行わる時となります。「ニルジャラ」は「水の無い」を意味し、敬虔な人々は水すらも口にしません。ニルジャラ・エーカーダシーにおいて、水すらも飲まずに断食を成し遂げた者は、一年の24回のエーカーダシーを全て達成したことに値するとも伝えられるほどです。

ニルジャラ・エーカーダシーを迎えるジェーシュタ月(5月~6月)は、インドの多くの地域が一番の酷暑期にあたります。この時、水すらも口にしない断食を行うことは大変な苦行を意味し、これを達することにより、肉体だけでなく、精神が深く清められると信じられています。

断食はウパヴァーサと呼ばれ重要な行いとされますが、エーカーダシーの断食を終える時はパーラナと呼ばれ、これも重要視される時です。パーラナは月の満ち欠けの12日目にあたるドヴァーダシーの日の出後といわれます。2018年のエーカーダシーとパーラナは以下の通りです。

・日本時間
エーカーダシー:6月23日午前6時49分〜6月24日午前7時22分
パーラナ:6月25日午前4時31分〜午前7時24分

・インド時間
エーカーダシー:6月23日午前3時19分〜6月24日午前3時52分
パーラナ:6月24日午後1時46分〜午後4時32分

エーカーダシーの断食の実践により、心身の奥深くにまで行き渡る浄化は、より明瞭な意識を授けてくれます。この日、エーカーダシーの断食に挑戦してみるのも良いかもしれません。

参照:2018 Nirjala Ekadashi fasting date for Tokyo, Japan

ジャガンナータ神の大きな目

さまざまな姿となってあらわれるインドの神々の中でも、ジャガンナータ神ほど、カラフルで愛くるしい姿はありません。
大きなまん丸とした目が輝くジャガンナータ神は、クリシュナ神の化身として崇められます。
クリシュナ神がこのような姿となってあらわれた理由には、さまざまな神話が伝わります。

クリシュナ神は、その生誕の地として有名であるヴリンダーヴァンにおいて、人々と共に幸せで豊かな日々を過ごしていました。
そんなヴリンダーヴァンを去ったクリシュナ神は、その後、ドワールカーの地を治め始めます。
ヴリンダーヴァンでクリシュナ神と共に過ごした人々は、クリシュナ神のいない地で、悲嘆に暮れた日々を過ごしていました。

ある時、クリシュナ神がドワールカーの地で沐浴をするという話が伝わると、ヴリンダーヴァンの人々はクリシュナ神に会おうと、ドワールカーの地を訪れます。
その際、ドワールカーの人々に、クリシュナ神と共に過ごした甘い日々の思い出を語り始めました。
別離の苦しみの中にあった人々のその話は、愛の火を燃やすかのように、熱く激しいものでした。

その話は、クリシュナ神にも伝わります。
人々が語る深く熱い愛を知った時、クリシュナ神は恍惚状態に陥り、その目は見開いたように大きくなったのだと伝えられます。
やがて、その姿はジャガンナータ神としてあらわれました。
ジャガンナータ神としてあらわれたクリシュナ神の大きな目と愛くるしい表情は、クリシュナ神の純粋な愛を示しています。

私たちは時に、神の姿が見えず、その存在を遠くに感じ、苦しむことがあります。
しかし、クリシュナ神はジャガンナータ神の姿となって、遍在する神の愛を示しました。
その存在は、宇宙の主として、私たちの周りにあり続けます。
大きな目で常に私たちを見ていると理解する時、その偉大な存在をより近くに感じ、確かな安らぎを得ることができるに違いありません。

インドの神々は、私たちが真理に近づきやすいように、さまざまな姿となってあらわれます。
そんな神々の表情を学びながら、常にその存在とのつながりを深め、幸せな日々を過ごす努力をしたいと感じます。

(文章:ひるま)

教育と記憶力のためのダクシナームールティ・アシュタカム

教育とは、人間に内在の完全性の表れといいます。
自身の内面に深く身についた教育は、どのような災いによっても打ち砕かれることなく、どのような罪によっても失われることなく、どのような敵によっても軽んずられることなく、どのような政治によっても奪うことのできない生涯の伴侶となります。

記憶力は知性の友であり、発明の支えであり、想像力の格納庫であり、理性の宝庫であり、判断力の基準であり、思考の宝庫となるものです。
よい記憶力の秘訣は、思考における注意力と集中力です。
それを身につけることで、いつも心の中に記憶を留めることができ、結果として繁栄をもたらし、困難を解決し、魂が輝き出します。

教育と記憶力が理想の友として協力することで、人生において輝かしい発展を遂げます。
優れた英知と格式高い学びのために伝統的に礼拝されている神格に、ダクシナームールティの存在があります。

ダクシナームールティは、学問、音楽、ヨーガ等の知識を授ける師として、シヴァ神が化身した神と考えられ、知識や悟りの化身として崇められています。
シヴァ神は、ヒマラヤの人里離れた地で弟子に教えを説いた時、南を向いて座っていたと言われます。
ダクシナームールティは、サンスクリット語で「南面を向く者」の意味があります。

このシヴァ神のダクシーナムールティとしての姿を崇める者は、死から不死へと導かれると信じられています。
インドにおいて、南は死を意味する方角のため、ダクシナームールティは死すなわち変化をもたらす神といわれます。

ダクシナームールティを礼拝する祈りには、有名なダクシナームールティ・アシュタカムがあります。
シャンカラ(アーディ・シャンカラーチャリヤ)によって唱えられたと伝えられる、8節からなるダクシナームールティへの祈りです。