カーリー女神の愛

チャイトラ月(3月~4月)の新月の翌日より始まる春のナヴァラートリー祭は、9日間に渡って女神たちが盛大に祝福されます。中でもとりわけ重要視されるのが、8日目となるアシュタミーです。満月、新月からそれぞれ8日目を意味するアシュタミーは、ナヴァラートリー祭の間だけでなく、ドゥルガー女神を礼拝する毎月の吉日として、広く礼拝が行われています。

ナヴァラートリー祭におけるアシュタミーは、カンニャ・プージャー(カンジャクとも)を行う日でもあります。カンニャ・プージャーでは、純粋な女神のエネルギーを象徴する幼い女の子たちを9人招き、家庭においてプージャーを行い、食事を振る舞うことで女神を礼拝します。

アシュタミーがこれほど重要視されるのは、9日間に渡る凶悪な力との戦いの中で、ドゥルガー女神の額からカーリー女神が生まれた時とされるためです。暗黒の女神と称され、悪魔ラクタヴィージャの滴り落ちる血を吸う真っ赤な舌とともに描かれるカーリー女神。その腰には、切り落とされた無数の人間の腕が、まるでスカートのように巻きつけられています。

腕は、私たちにとって行為を生み出す主要な手段の一つです。カーリー女神は、私たちのあらゆる行為を切り落とし、自らの体に身につけるのだといいます。良い行為も、悪い行為も、カーリー女神は全てを受け入れ、最後には私たちをカルマから解放していきます。

それはまた、私たちが持つ肉体への執着を断ち切り、肉体の中でもがき苦しむ魂を解放することを象徴しているともいわれます。カーリーは、「時間」や「黒色」を意味するカーラの女性形です。物質である肉体を持って生じた私たちは、始まりがあり終わりがある時間の中で、常に不安と恐怖に苛まれています。カーリー女神は、そんな私たちの恐れを取り払い、大きな愛の中に包み込みます。

マー(母)として、多くの人々に慕われるカーリー女神は、その恐ろしい様相とは反対に、偉大な愛をその内に秘めています。女神に近づくもっとも吉兆なナヴァラートリー祭を通じ、カーリー女神の愛に気づく行いを努めたいと感じています。皆様もどうぞ、実りあるナヴァラートリー祭をお過ごしください。

(文章:ひるま)

ラーマの御名

インドの人々がいつの時も胸に抱く言葉に、ラーマの御名があります。かのガーンディーも、その最後の言葉は「ヘイ・ラーム(おお、神よ)」であったといわれます。

春のナヴァラートリー祭の最後には、このラーマの御名があちらこちらに響き渡ります。2017年は4月5日となるこの日は、ラーマの降誕を祝福するラーマ・ナヴァミです。ヴィシュヌ神の7番目の化身であるラーマは、この地にはびこる悪の力を倒すために、このラーマ・ナヴァミに降誕したと伝えられます。

正義の象徴として崇められるラーマの御名は、すべてのマントラの中でも最上のマントラであるといわれ、シヴァ神も、パールヴィティー女神にラーマの御名を唱える必要性を述べました。

ラーマの御名が秘める意味には、諸説あります。一説に、「ラ」はアシュタークシャラ・マントラのヴィシュヌ神を象徴し、「マ」はパンチャークシャラ・マントラのシヴァ神を象徴するといわれます。世界の言語には、「ラ」の音が太陽や放射をあらわしている例が多くありますが、世界を意味する「マ」と共に、ラーマの音節は、世界の光を象徴しているともいわれます。

神々を象徴する真髄の音であり、世界の光であるラーマの御名には、悪を倒す強い力があると信じられてきました。その事実は、「ラーヴァナスヤ・マーラナム(=ラーマ)」が示しています。ラーヴァナは「魔王」、マーラナは「死」を意味し、ラーマの御名が悪を倒す神聖な音であることがわかります。

ラーヴァナには10の頭があり、それは、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の5つの知覚器官、そして、発声・操作・移動・生殖・排泄の5つの行為器官を意味すると伝えられてきました。感覚や行為に囚われる私たちは、真実を見失うという大きな罪を犯し、さまざまな苦難を経験しなければなりません。ラーマの御名を唱えることは、私たちを感覚や行為から解放し、心身を浄化する究極の術の一つとなり得ます。

自身の内面に潜む不浄な傾向を克服するために、非常に重要な期間とされるナヴァラートリー祭において、断食や瞑想を通じて自分自身と向き合った後、その内なる世界で、正義の象徴であるラーマが生まれていることを確かめてみるのも良いかもしれません。そして、常にその光が自分自身の内にあるように、ラーマの御名を唱え続けたいと感じています。

(文章:ひるま)

母なる大地

インドの日常には、大自然への祈りが溢れています。朝目覚めたら、一日を生きるために、神々の身体である母なる大地に足をつける許しを祈ります。6年前、東日本大震災が起きた時も同じように、この地には祈りが溢れていました。

大地は、ブーミ女神として崇められます。女神は慈悲深く、多くの種を発芽させ食物を生み出し、私たちを優しく育むも、時に破壊的で、混沌とした無秩序な姿を見せます。それでも、最後の時には私たちをあたたかく包み込み、一体となります。

インドでは、目に見える自然の形態はすべて、目に見えない女神の力のあらわれとして崇められてきました。そんな女神たちは、創造、維持、破壊に逆らうことなく、その法則に則って動き続けます。ナヴァラートリー祭を始め、大自然の巡りを祝福するインドの祝祭は、私たちに神々のリズムを理解させ、その絆を深める重要な瞬間です。

古代においては、その祈りが象徴するように、より豊かで幸せな生活を送るために女神たちのあらわれである大自然を崇めることが必要不可欠な行いでした。大自然の法則に基づいた深い洞察の中にあるその叡智は、現代においても、私たちに永遠の喜びと幸せを経験させます。

私たちの欲望が母なる女神を傷つけることがないよう、古代の祈りには大自然を崇める讃歌が溢れています。それらを唱えること、または菜食を実践すること、環境保護に携わること、自然を愛すること、今、私たちができる大地への祈りはさまざまにあります。その役割を理解し実践することは、自分自身を霊的に成長させる何よりも神聖な行いとなるに違いありません。霊的な成長は、母なる大地を愛し、自分自身が生きるこの大自然を理解することに始まります。

未曾有の被害をもたらした東日本大震災から6年。この時に改めて、母なる大地の声を聞き、その胸に足をつける許しを祈りたいと感じています。この大きな世界が調和し、いつの時も喜びと幸せに満ちることを願ってなりません。

(文章:ひるま)

チャイトラ月の新月とインド国定暦

2017年3月28日は新月です。この新月はチャイトラ月(3月〜4月)の新月となり、インド国定暦における最初の新月となります。この新月以降、新しい1年が始まる地域もあり、主に南インドでは、ウガディやグディー・パードゥヴァーと呼ばれる新年の祝福が執り行われます。また、この新月よりナヴァラートリー祭が始まる地域も多くあり、インドの各地で様々な祝祭が執り行われます。

新月は光を失うことから不吉に捉えられる一方、エゴが消え崇高者と一体となる吉兆な日であるとも捉えられます。インドでは新月において、心身を清めるために断食を行う人々も少なくありません。また、新月は瞑想や祈り、プージャーを行う時であり、伝統を守る人々は新月において仕事を休むという習慣もあります。先祖供養が勧められることも多く、新月に先祖を想いプージャーを行うことで、幸せで平安な生活を過ごすことができると信じられています。

インド国定暦は、サカ暦(またはシャカ暦)とも呼ばれます。広大な地でさまざまな思想や慣習が入り混じるインドでは、古くからそれぞれ独自の暦が用いられてきました。それらを統一するために、インド国定暦が西暦1957年以来採用されています。

インド国定暦
 期間  開始日  星座
 1  チャイトラ  30/31  3月21日/22日  牡羊座(メーシャ)
 2  ヴァイシャーカ  31  4月21日  牡牛座(ヴリシャ)
 3  ジェーシュタ  31  5月22日  双子座(ミトゥナ)
 4  アーシャーダ  31  6月22日  蟹座(カルカ)
 5  シュラーヴァナ  31  7月23日  獅子座(シンハ)
 6  バードラパダ  31  8月23日  乙女座(カニャー)
 7  アーシュヴィナ  30  9月23日  天秤座(トゥラー)
 8  カールッティカ  30  10月23日  蠍座(ヴリシュチカ)
 9  マールガシールシャ  30  11月22日  射手座(ダーヌ)
 10  パウシャ  30  12月22日  山羊座(マカラ)
 11  マーガ  30  1月21日  水瓶座(クンバ)
 12  パールグナ  30  2月20日  魚座(ミーナ)

参照:https://en.wikipedia.org/wiki/Indian_national_calendar

シヴァ神の宿るカパレーシュワラ寺院

南インドに位置するタミル・ナードゥ州には、歴史ある寺院が多くあります。チェンナイのマイラポールに位置するカパレーシュワラ寺院は、高さ40メートルにもおよぶ荘厳な塔門(ゴープラム)をもつ高名なシヴァ寺院で、チェンナイの主な見どころのひとつとなっています。シヴァ神がカパレーシュワラ神として、また妃であるパールヴァティー女神がカルパガンバル女神として祀られています。イーシュワラ(主)であるシヴァ神は、手にカパーラ(髑髏)を持っていたためカパーリと呼ばれるようになり、またその崇高なたたずまいからカパレーシュワラ神と呼ばれるようになりました。カパレーシュワラと名付けられたのは、この寺院がシヴァ派の一派であり髑髏を所持することで有名なカーパーリカのものであったためという説もあります。古代において、この寺院があるマイラポールや、同じくチェンナイのティルボッティユールにカーパーリカが住んでいたと考えられています。

カパレーシュワラ寺院とカパレーシュワラ神について記したシヴァ派の聖者ティルニャーナサンバンダルは、呪いにより孔雀とされてしまったパールヴァティー女神が、この地で苦行を行い、元の姿を取り戻したと記しています。マイラポールは「孔雀の叫びの地」を意味します。ここでカルパガンバル女神として崇められるパールヴァティー女神は、「願いを叶える木」として知られる神々しいカルパヴリクシャのように、帰依者の祈りに優しく応えます。歴史的な栄光が輝くこのシヴァ寺院には、現在でも、インド中から多くの帰依者が巡礼に訪れています。

元来のカパレーシュワラ寺院は7世紀頃に建設されるも、チェンナイを支配をしたポルトガル人によって破壊され、16世紀に再建設されました。他説では、元来のカパレーシュワラ寺院はマイラポール・サントメ地区に海岸付近にあり、大洪水で海底に沈んだと伝えられます。遺跡発掘に関わる調査において、柱、碑文、像などが発見されたともいわれます。こうした古い歴史を持つカパレーシュワラ寺院は、一般的なシヴァ寺院の建築様式に従い、精工な装飾を持つ塔門ラージャ・ゴープラムが東に面しています。寺院の外には、観光客を待つ多くのタクシーが常に待機しています。

マルンデーシュワラ寺院はチェンナイ最古のシヴァ寺院のひとつで、ティルヴァンミュールにあります。祀られているシヴァ神は、 マルンデーシュワラ神、またはアウシャデーシュワラ神と呼ばれ崇められています。ヴァールミーキやアガスティヤなど、聖者との関わりが深く、アガスティヤはこの寺院で病を治したと信じられることから、さまざまな病で苦しむ多くの人が参拝に訪れます。また、あらゆる願いを叶えると信じられる聖牛カーマデーヌが、毎日シヴァリンガムにミルクを注ぐために訪れると伝えられ、寺院のシヴァリンガムは白色をしています。寺院には大きな5つのシヴァリンガムを含む、108のシヴァリンガムが祀られています。

今月25日(土)は、神々やリシたちがシヴァ寺院に集結するシャニ・プラドーシャムの吉日にあたります。以下のシャニ・プラドーシャム・プージャーでは、オプションでカパレーシュワラ寺院でのプージャーがお申し込み可能となっております。

シャニ・プラドーシャム・プージャー(2017年3月25日(土)実施)

皆さまに、シヴァ神の大きな祝福がございますよう、心よりお祈り申し上げます。

(SitaRama)

パーパモーチャニー・エーカーダシー

2017年3月24日はエーカーダシーの吉日です。月の満ち欠けのそれぞれ11日目に訪れるエーカーダシーは、ヴィシュヌ神に捧げられる日となり、断食や瞑想を行うことが勧められます。

パールグナ月(2〜3月)の満月から11日目にあたるこのエーカーダシーは、パーパモーチャニー・エーカーダシーといわれます。パーパは「罪」、モーチャナは「解放」を意味し、このパーパモーチャニー・エーカーダシーは、罪を清めるとりわけ吉兆な時であると信じられます。

パーパモーチャニー・エーカーダシーには、次のような神話があります。

森に住む聖者メーダーヴィは、瞑想の達人として知られていました。ある時、メーダーヴィのもとへマンジュゴーシャという美しい声を持つ女性があらわれます。

マンジュゴーシャはメーダーヴィを誘惑すると、二人は共に暮らすようになりました。時が経ち、マンジュゴーシャはメーダーヴィのもとを離れます。メーダーヴィはこの時、自分自身が感覚の虜になっていたことに初めて気づきました。メーダーヴィは怒り、マンジュゴーシャを魔女としてしまいます。

その後、メーダーヴィとマンジュゴーシャはこのパーパモーチャニー・エーカーダシーの戒行を努め上げました。するとその罪から解放され、メーダーヴィは聖者として、マンジュゴーシャはかつての美しい姿を取り戻したと信じられます。

月の満ち欠けのそれぞれ11日目に訪れるエーカーダシーは、ヴィシュヌ神に捧げられる日となり、断食や瞑想を行うことが勧められます。11が意味するものは、5つの感覚、器官、そして心を合わせた11のものであり、エーカーダシーにおいては、それらを統制することが重要な行いとなります。

特に断食は、絶え間なく働き続けていた体のあらゆる部分を休ませ、忙しなくあちこちに飛び散っていた意識を落ち着かせます。体の浄化に加え、欲から切り離されることで心の雑念までもが洗い流され、神が宿る場所としての肉体、精神が生み出されていきます。

困難を伴う感覚の統制も、瞑想やジャパなどを通じ崇高者に心を定めることで容易なものとなります。エーカーダシを通じ瞑想するヴィシュヌ神の本質は、時の流れにかかわらず、宇宙が生成する以前に存在し、そして消滅した後も存在し続けると言われます。エーカーダシーは、万物の中にあまねく浸透する存在と一つとなる機会でもあります。

この日、断食や瞑想を通じ、自分自身を浄化する行いを努めてみるのも良いかもしれません。皆様にとっても吉兆な時となりますよう、心よりお祈りしております。

参照:http://www.iskcondesiretree.com/page/papamochani-ekadasi

魂の本質につながる呼吸

呼吸法を用いた瞑想は、最も効果的な安らぎを得る手段の一つとして、古くから現代に至るまで、幅広い分野で実践されています。深く穏やかで規則的な呼吸によって、緊張や恐怖、苦悩や憂鬱が軽減され、心の平安や落ち着き、心身の調和が与えられるといわれます。実際に、深い呼吸は免疫力を高め、集中力を向上させ、セロトニンやオキシトシンといった心に安らぎを与えるホルモンの働きを高めるといわれます。これは、深い呼吸が自律神経系の一部を構成する副交感神経系を刺激するためです。こうしてストレスを軽減させる力が高まることで、体と心は解き放たれ、大きな安らぎが生まれます。

自分自身の呼吸のあり方に気づくためには、呼吸法を用いた瞑想が効果的です。その実践によって、より深く規則的な呼吸が可能となり、その呼吸が生み出す恩恵を感じることができます。注意深く呼吸を観察することで、今という瞬間に繋がり、その偉大なエネルギーによって心の喧騒が静まれば、その中で自分自身の本質を見つける瞬間があるでしょう。

呼吸のあり方に気づくと、その調和を保とうとする変化を感じ始めるかもしれません。欲望を制御したり、休息をとったり、食事を変えたりと、ストレスを軽減するために必要となる行動を理解できるはずです。呼吸のあり方に気づくことは、苛立ちや疲労など、心身に生じるさまざまな感覚を理解する手立てとなります。

まず、毎日の瞑想において、最初の数分間、呼吸に集中した時間を持ってみましょう。または、以下のステップ1からはじめ、心が落ち着いて安らぎを感じられるようになったら、さらにステップ2、ステップ3に進んでみるのも良いかもしれません。

ステップ1:一日を通じ、呼吸のあり方に注意します。一瞬一瞬における呼吸に気づく行いを実践してみましょう。

ステップ2:呼吸に気づくことができたら、自然な吸息と吐息の流れを見つめ、そこにある至福を感じます。呼吸について考えるのではなく、それぞれの呼吸にただ集中します。一呼吸ごとに落ち着いて穏やかになり、解放される感覚や自然に生まれる至福、安らぎ、落ち着きを感じ、それらを喜び、大切に育みましょう。

ステップ3:呼吸に集中しその豊かな感覚を得ることができたら、呼吸をエネルギーの流れとしてとらえる実践を10分程度行います。一呼吸ごとに、頭のてっぺんから足の先まで、生き生きとしたエネルギーが巡る感覚を培いましょう。

心身と呼吸には、深いつながりがあります。呼吸を意識的に制御することで、心身の状態が呼吸に応じて変化していくことに気がつくでしょう。自分自身の呼吸に意識を向けることは、自己を理解し、自己の本質に気づくために欠かすことができません。生命活動の維持に必要不可欠な呼吸は、自己認識の礎となる、魂の本質につながる架け橋となっています。

(SitaRama)

アーマラキー・エーカーダシー

2017年3月8日はエーカーダシーの吉日です。月の満ち欠けのそれぞれ11日目に訪れるエーカーダシーは、ヴィシュヌ神に捧げられる日となり、断食や瞑想を行うことが勧められます。

パールグナ月(2〜3月)の新月から11日目にあたるこのエーカーダシーは、アーマラキー・エーカーダシーといわれます。アーマラキーは、若返りの果実とも言われるほど多くの効能が伝えられる、アムラ(和名ユカン)を意味します。一説に、ヴィシュヌ神はアムラの木に宿ると信じられ、このエーカーダシーにおいては、アムラの木々にプージャーを行う慣習もあります。

アーマラキー・エーカーダシーには次のような神話があります。王であるチトラセーナーは、ある時、森で道に迷い、野獣や悪魔に襲われてしまいます。傷を負うことはなかったものの、王は意識を失ってしまいました。すると体から神聖な力が光となって現れ、攻撃者を全て払いのけます。意識を取り戻した王は、倒された攻撃者を見て驚きました。そして、この力は王がアーマラキー・エーカーダシーを行なっていたために発揮されたものであると、天の声に告げられます。この出来事によって、その後は王国でもアーマラキー・エーカーダシーが広く執り行われるようになり、平安と調和がもたらされたと伝えられます。

このエーカーダシーより、いよいよ本格的なホーリー祭の準備が始まります。皆様もどうぞ神聖な時をお過ごしください。

参照:https://en.wikipedia.org/wiki/Amalaka_Ekadashi

ダシャ・マハーヴィディヤーの誕生

春と秋のナヴァラートリー祭という季節の変化において礼拝される女神たちは、宇宙のあらゆる存在や動きの背後にある動的なエネルギー、シャクティとして崇められます。そんなナヴァラートリー祭でとりわけ熱心に礼拝されるのが、ドゥルガー女神です。

ドゥルガー女神には、ダシャ・マハーヴィディヤーと呼ばれる10の姿があります。さまざまに伝えられるダシャ・マハーヴィディヤーの誕生神話を通じて、女神の重要性を見つめてみたいと思います。

一説に、シヴァ神とパールヴァティー女神の愛の戯れが行き過ぎた時、シヴァ神は激怒し、パールヴァティー女神を捨て去ろうとしました。すると、パールヴァティー女神は自らを10の形に拡大し、10の方向を立ち塞ぎました。シヴァ神がパールヴァティー女神のもとを立ち去ろうとしても、あらゆるところにパールヴァティー女神が立ちはだかり、シヴァ神はパールヴァティー女神のもとを離れることはできなかったといわれます。

シヴァとシャクティは本来一つであり、その結合は解脱として、古くから求められてきました。純粋な意識であるシヴァ神は、それを目覚めさせる母なる女神の力を常に必要とします。私たちがこうして肉体を持って生を受けたのも、純粋な意識であるシヴァ神との結合を達成するために他ありません。

マハーヴィディヤーには、「偉大な知識」という意味があります。美しさだけでなく、恐ろしさも見せる10人の女神たちは、喜びだけでなく、苦しみもある人生を通じ、私たちに多くの知識を授けながら、さまざまな姿で真実を明らかにしていきます。偉大な知識であるダシャ・マハーヴィディヤーと向き合うことで、無知を払拭する力を獲得し、私たちは純粋な意識であるシヴァ神として目覚めることができるに違いありません。

私たち自身の内において結ばれるシヴァとシャクティの愛は、純粋な意識への気づきでもあります。宇宙全体の変化の時であるナヴァラートリー祭は、自分自身がその偉大な愛の中にあることに気づく大切な瞬間です。その愛から切り離すことのできない真実を、自分自身の人生を通じて示していきたいと感じています。

(文章:ひるま)

参照:http://www.speakingtree.in/allslides/dus-mahavidyas-ten-forms-of-the-devi

マントラで深まる神々との絆

悟りを求め修行を続ける者たちの霊的修練の一つに、神々の力が宿るマントラの詠唱があります。マントラには、神々の名前や形、性質をあらわしたサグナ・マントラがあり、ある特定の神格のマントラを唱え続けると、やがてその神格の力があらわれると信じられます。また、神々の名前や形、性質を含まず、より抽象的な概念をもつニルグナ・マントラもあります。

純粋な意識である神そのものをあらわすマントラは、発声された際に神聖な音の波動として顕現します。マントラを唱える際には、正しい発音と発声で繰り返し唱える必要があります。古代から受け継がれてきたマントラには神聖な音の波動が含まれており、新たな独自の解釈では、その波動を呼び覚ますことはできず、マントラとしての力を持たないからです。神聖なサンスクリット語のマントラを正しく唱えることで、唱える者の不安定な波動が調整され、純粋な意識があらわれると信じられます。

マントラは、悟りを求め続けてきた聖者たちによって古代より伝えられてきました。例えば、サグナ・マントラとニルグナ・マントラの他に、種子真言といわれるビージャ・マントラがあり、これは神々の力が宿るマントラの真髄として、特別な力を授けると信じられます。こうしたマントラには、純粋な意識を覆い隠す障害を取り除く力が秘められています。マントラを絶え間なく繰り返し唱えることでその障害が取り除かれると、純粋な意識があらわれ、悟りに至ると信じられます。

インドではグルよりマントラが伝授される際、特別な関係を持つ神格(イシュタ・デーヴァター)とその神格のマントラが選ばれます。これは、誰もが過去世で何らかの神格を礼拝しており、その礼拝の痕跡が無意識のうちにあらわれることによります。これらは人々の心理に影響を与え、その行為を浄化するために役に立つものです。もし特定の神格があらわれない場合は、グルの洞察によって選ばれることもあります。礼拝すべき神格と適切なマントラが選ばれると、グルとの神聖な縁を結び、悟りに達するまでマントラの修行を続けます。その他、望む特定の力を得るために、他の神々のマントラを唱えることもできます。

例えば、サラスヴァティー女神のマントラである「オーム アイーン サラスヴァッテャイ ナマハ」を繰り返すと、知恵や知性、創造性が授けられると伝えられます。ガネーシャ神のマントラはあらゆる行いから障害を取り除き、マハームリティユンジャヤ神のマントラは事故を防ぎ、病気や不幸を払いのけ、健康と長寿をもたらすと信じられます。中でも、ガーヤトリー・マントラは、ヴェーダにおいて最高のマントラとして、現代においても広く唱え続けられています。

高い目標に到達するためには、自身の努力はもちろんのこと、神々の恩寵も必要不可欠な要素です。マントラや神の御名を繰り返し唱えることは、神々とのつながりを深める手段として、欠かすことができない、誰にでもできる簡単な方法です。心を込めて、繰り返し唱え続けるならば、やがて水が源泉から湧き出るように、神々の恩寵が内なる泉から湧き出ることでしょう。

(SitaRama)