満たされない器

空虚であったり、渇望であったり、どこか満たされない気持ちは、誰しも一度は経験することかもしれません。
息が詰まるようなそのやり場のない思いの中で、学んだ話があります。
ヴィシュヌ神を心から愛する聖仙、ナーラダの話でした。
ナーラダ仙は、数々の聖典をこの世に伝える、重要な聖仙の一人に数えられます。

ある時、ナーラダ仙は器を手にした一人の物乞いに出会い、話しかけられます。
「今日は何も得ることができませんでした。どうか、この器を満たしてください。」
ナーラダ仙は、物乞いの器を満たしてくれるよう、財宝の神であるクベーラ神へ手紙を書き、物乞いに渡しました。

物乞いは喜んでクベーラ神を訪ね、ナーラダ仙の手紙を渡します。
聖仙の手紙に喜んだクベーラ神は、物乞いの器を満たすよう従者に伝えました。
従者は、ありとあらゆる財宝を器に入れるも、器はいっぱいにはなりません。

ナーラダ仙は、器をよく観察するように伝えます。
その器は、人間の頭蓋骨でした。
目や耳や鼻や口の部分に穴が開いており、いくら財宝を満たしも、いっぱいになることはなかったのです。

物質という肉体を持って生まれた私たちは、始まりがあり、終わりがある時の中で生きています。
そこには、見えるもの、聞こえるもの、匂うもの、味わうもの、こうした感覚から生み出される変化に富んだ喜びが溢れます。
その感覚のもたらす刺激的な喜びを求めて動き回る心は、自分自身の本質である不変の喜びから私たちを遠ざけていきます。

限りある物質に執着している限り、私たちは決して、満たされることはありません。
物乞いの満たされない器は、そうして苦悩する私たちの姿を映し出しているようです。
その器は、自分自身の本質である永遠の魂に気づき、満ち足りた自分に喜ぶことの意味を教えてくれたように思います。

ナーラダ仙は、さまざまな話を通じて、時に難解な教えを親しみやすく伝え続けます。
そんなナーラダ仙が降誕した日として崇められるナーラダ・ジャヤンティが、2019年は5月20日に祝福されます。
迷いが消え失せるような教えの数々を胸に刻み、日々を歩み続けたいと感じます。

(文章:ひるま)

シーターとラーマの愛

sitarama6

霊的叡智が溢れるインドの地において、人々の心に深く刻まれた物語があります。
ヒンドゥー教の聖典のひとつにも数えられる、「ラーマーヤナ」です。
そのヒロインとして描かれるシーター女神の降誕祭が、2019年は5月13日に祝福されようとしています。
シーター女神は一説に、ヴァイシャーカ月(4月~5月)の新月から9日目に降誕したと信じられます。

純粋の象徴であるシーター女神は、ラーマーヤナにおいて、王子であるラーマ神の妃として描かれます。
シーター女神をめぐるラーマ神の行状記が書かれたラーマーヤナは、私たちに霊性を育む多くの教えを示すとともに、さまざまな問いを投げかけます。
そのひとつが、正義に秀でた最高の人格者とされるラーマ神が、自分の子を身ごもっていたシーター女神を追放した理由かもしれません。

魔王ラーヴァナに誘拐されたシーター女神は、ハヌマーン神の助けもあり、悪の手から救い出されます。
その後、ラーマ神と共に王国へ戻るも、国民はシーター女神の貞潔を疑い続け、秩序が乱れようとしていました。
王となったラーマ神は苦渋の末に、純潔を守り通していた最愛のシーター女神を追放します。
その時、シーター女神はラーマ神の子を宿していたといわれます。

夫として妻の身を守る義務。王として世の平和を守る義務。
社会の中で生きる私たちは、ラーマ神のようにさまざまな役割を持ち、義務や責任を負っています。
その人生においては、苦渋の決断を迫れることも少なくありません。
その過程では沸き起こる感情に突き動かされ、ダルマに沿った道から外れてしまうことも往々にあります。

王としての義務を果たすために、最愛の妻を追放し、世の平和を守ったラーマ神。
しかし、シーター女神との別離後も、ラーマ神はシーター女神を思い続けました。
シーター女神は追放された後、ラーマ神が統治する平和な王国の森の中で、聖仙の保護を得ながら子どもを育てたといわれます。
シーター女神の自己犠牲とラーマ神への愛は、現代においても広く崇められています。

人生においては、時に進むべき道が見えない時もあります。
そんな時、こうした霊的叡智に触れると、そっと答えが与えられるように感じます。
そうして真実を理解しながらダルマの中で生きる時、どんな苦難に見舞われようと、私たちは強く歩みを進めることができるに違いありません。
そこには、何よりも大きな愛と平和が満ちるはずです。

(文章:ひるま)

ガネーシャの持つ縄

平成から令和へ、いよいよ新しい時代が始まりました。
調和に満ちた美しい時代になるように、心から願う時を過ごしています。
新しい時代が始まった今、不吉な出来事をすべて破壊し、全世界に幸福をもたらす、ガネーシャ神の象徴を見つめてみたいと思います。

ガネーシャ神は、さまざまな神格が崇められるインドにおいて、あらゆる物事の始まりに礼拝される神格です。
その姿にはさまざまな象徴が秘められ、時を超えて私たちに大切な意味を伝え続けています。
その一つが、手にする縄かもしれません。

ガネーシャ神が手にする縄は「パーシャ」と呼ばれ、「結び目」や「輪」という意味があります。
ガネーシャ神は、私たちが道を踏み外したり、物質世界に溺れたりすることがないよう、その縄で私たちを引っ張るのだと信じられます。
そうして私たちを真理の道へと導き続けるガネーシャ神は、究極の解脱を授ける神格としても崇められてきました。

パーシャは、個人を束縛する不純物としても捉えられます。
その不純物には、アーナヴァ、カルマ、マーヤーの3種類が存在するとされてきました。
アーナヴァは無知、カルマは行為、マーヤーは幻力として捉えられ、こうした不純物に束縛された私たちは、人生の中で苦悩することも少なくありません。
ガネーシャ神は、手にする縄でこうした不純物を縛り付け、私たちを解放するとも伝えられます。

目まぐるしく変化をする現代社会の中で、私たちは自分自身の本質を見失い、無知の中でもがき苦しむことが多くあります。
しかし、生まれ持った肉体はさまざまな経験を通して、私たちに多くの気づきを与えてくれるものです。
その生きるという行為を、神々に心を定めて全うする時、私たちは究極の解脱を得ることができるに違いありません。

神々の恩寵は、常に私たちを取り巻いています。
その恩寵に気づくことで、私たちは真理に向かう道をまっすぐ歩み続けることができるはずです。
一人ひとりがその道を歩む時、不吉な出来事はすべて破壊され、世界には大きな幸福が満ちるに違いありません。
新しい時代が、皆様にとっても調和に満ちた美しい時代となりますように、心よりお祈り申しあげます。

(文章:ひるま)

2019年5月の主な祝祭

2019年5月の主な祝祭日をご紹介いたします。

5月〜6月は、インドの各地において酷暑期ともいわれる長く暑い夏が続きます。気温が45度を超える地域も出るほどの暑い夏が続く中で、一年の大吉日と言われるアクシャヤ・トリティーヤー、世界中で祝福されるブッダ・プールニマー(仏陀降誕の日)など、5月には多くの祝祭が祝福されます。

5月2日 プラドーシャ
5月3日 シヴァラートリー
5月5日 新月
5月7日 アクシャヤ・トリティーヤー/パラシュラーマ・ジャヤンティ/マータンギー・ジャヤンティ
5月9日 アーディ・シャンカラーチャリヤ生誕祭
5月11日 ガンガー・サプタミー
5月12日 バガラームキー・ジャヤンティ
5月13日 シーター・ナヴァミ
5月15日 エーカーダシー/ヴリシャバ(牡牛座)・サンクラーンティ
5月16日 プラドーシャ
5月17日 ナラシンハ(ヌリシンハ)・ジャヤンティ/チンナマスター・ジャヤンティ
5月18日 ブッダ・プールニマー/クールマ・ジャヤンティ
5月19日 満月
5月20日 ナーラダ・ジャヤンティ
5月22日 サンカタハラ・チャトゥルティー
5月30日 エーカーダシー

*地域や慣習によって、祝祭の日にちには差異が生じることがあります。

1年を通じた祝祭、またその詳細について、インド暦カレンダーでご紹介しております。

参照:Month Panchang

アートマンジャリ・ムドラー

平成が終わりに近づき、新しい時代が始まろうとしています。
新元号である令和は、英語で「Beautiful Harmony(美しい調和)」として紹介されました。
これから迎えようとしている新しい時代、美しい調和のために、私たち一人ひとりができることとは何でしょうか。

霊的叡知の宝庫であるインドの教えには、美しい調和を生み出すための術があふれています。
その一つに、瞑想中に実践されるアートマンジャリ・ムドラーと呼ばれるムドラーがあります。
両手を合わせるこのムドラーは、ナマステーの挨拶で手を合わせる、アンジャリ・ムドラーとも同一視されるムドラーです。

アートマンジャリ・ムドラーでは、両手を合わせ、手の平に少しくぼみを作り、空間を生み出します。
このつぼみのような手の形を、アナーハタ・チャクラがある胸のあたりで組むのがアートマンジャリ・ムドラーです。
祈りのムドラーとしても知られ、瞑想中に実践されることが多くあります。

右手と左手は、それぞれ左脳と右脳に繋がる身体の部位として伝えられます。
論理的で現実的な左脳、そして、直感的で空想的な右脳。
それぞれ異なる働きをする左右の脳の均衡が図られる時、私たちの心身は調和し、優れた能力を発揮することができると伝えられてきました。

右手と左手は、相反するものの象徴であり、それは、清浄と不浄、陰と陽、男性と女性、または自分と他者、さらには梵と我とも考えられます。
愛が満ちる場所として知られるアナーハタ・チャクラでその相反するものを合わせる時、とても大きな安らぎを感じる瞬間があります。
そこには、何よりも美しい調和が生まれるからに違いありません。

アートマンジャリのアートマンは「自己」、アンンジャリは「敬意」や「祝福」などの意味があります。
そして、ムドラーは自分自身の内なる世界から、その周囲まで、取り巻くエネルギーを改善し向上させる術として伝えられてきました。
このムドラーの実践を通じて、私たちは自分自身の神聖さを育みながら、その内に美しい調和を生み出すことができるはずです。
そうして一人ひとりの内に調和が満ちる時、世界は何よりも美しい調和に包まれるに違いありません。

新しい時代が幸せに満ちた時となるよう、古来から受け継がれるこうした霊的叡智の実践を意識的に取り入れたいと感じます。
皆様にも美しい調和がありますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

衆生の叫びを聞く仏陀の耳

インドの地で深い苦悩を経験し、悟りを開いた仏陀。
心の平安がにじみ出るその静謐な表情からは、苦悩を経て得るものの究極の美しさをうかがい知ることができます。
そんな仏陀の姿には、私たちが幸せに生きるための教えが多く秘められています。
その一つが、仏陀の大きな耳かもしれません。

釈迦族の王子として、ネパールの南部に位置するルンビニで生まれたと伝えられる仏陀。
その地では、富の印として、さまざまな貴金属を耳飾りとして身につけていたといわれます。
王子であった仏陀も、多くの貴金属を耳飾りとして身につけていたのかもしれません。
肩にまで届きそうな大きく伸びた耳が、優雅な生活を放棄し、悟りの道を歩む仏陀の姿を際立たせます。

仏陀は、その大きな耳で、衆生の叫びを聞くといわれます。
生きとし生けるものの叫びに耳を傾け、その苦しみを救おうとする仏陀は、私たちに慈悲を説きました。
仏陀が説いたその慈悲は、一切の生命に幸福を与えるとともに、一切の生命の苦しみを取り除くことを意味します。

仏陀の大きな耳は、世界の苦しみに耳を傾け、その苦しみを救おうとする、慈悲そのものです。
その慈しみ憐れむ心は、私たち自身も、他者を思うことで実践することができます。
何よりもその行為は、自分自身への執着心が生み出す煩悩を滅し、心に平安を生み出す術としても伝えられてきました。

他者の幸福を望む心。そして、他者の苦しみを救う心。
他者だけでなく、自分自身の苦しみをも取り除くその慈悲を実践する時、私たちの心は深い平安に包まれていきます。
そうして一人ひとりの心が平安に満ちる時、この世界は大きな幸せに包まれるに違いありません。

人生は苦であると、仏陀は説きました。
自分自身が苦悩を持つように、誰もが、その内に苦悩を抱えています。
その理解の中で、仏陀のようにあらゆる人々の苦しみに耳を傾ける時、私たちは悟りの境地に達した者になれるはずです。
仏陀の姿を見つめ、他者を思うことの大切さに常に気づきながら、世界の平安を築く者でありたいと感じます。

(文章:ひるま)

2019年のチャールダーム巡礼

Kedarnath Temple before sunrise, it is a Hindu temple dedicated to Shiva, India.

永遠の巡礼地であるガンジス河を始め、インドには数多くの聖地が存在しています。神々が住まうと信じられるその聖地は、人々の心の支えとして存在し、現代においても多くの人々を引き寄せています。そんな数ある聖地の中に、チャールダームと呼ばれるインドの4大聖地があります。

チャールは「4」、ダームが「住居」を意味するチャールダームは、神々が住まう4つの代表的な聖地として知られています。このインドの4大聖地は、北のバドリーナート、東のプリー 、南のラーメーシュワラム、西のドワールカーと伝えられますが、この他に、ヒマーラヤ山麓のヤムノートリー、ガンゴートリー、ケーダールナート、バドリーナートがチョーター・チャールダーム(小さなチャールダーム)として知られています。

3000mを超える山々を巡るこのヒマーラヤ山麓のチャールダーム巡礼は、冬の間は積雪のために閉ざされ、毎年4月下旬頃に道が開かれると共に、およそ10月頃まで巡礼が続きます。ヒンドゥー教徒にとって、一生の内にこの地を巡ることは大きな願いの一つであり、巡礼を成し遂げた者の罪は世代に渡って清められると信じられています。

そんなチャールダーム巡礼の、今年の開山日程が発表されました。このチャールダーム巡礼は、毎年、一年の大吉日であるアクシャヤ・トリティーヤーの頃に始まります。

・ヤムノートリー:5月7日
・ガンゴートリー:5月7日
・ケーダールナート:5月9日
・バドリーナート:5月10日

これからは、インドの各地で巡礼が盛んになる時を迎えます。皆様にも大きな恩寵がございますよう心よりお祈り申し上げます。

参照:Char Dham Yatra 2019

ハヌマーンのシッディ

女神を讃える9日間のナヴァラートリー祭が続いているインド。
その終わりとなる4月14日には、正義の化身であるラーマ神の降誕祭が祝福されます。
そんなラーマ神を心から愛し、献身的に仕えたのが、お猿の神様であるハヌマーンです。
主に北インドでは、ハヌマーンの降誕祭が、4月19日の満月に祝福されます。

ハヌマーンは、たくさんの神々が崇められるインドでも、絶大な人気を誇る神格です。
その理由は、何よりも、その強さにあります。
海を飛び越えたり、山を持ち上げたり、ハヌマーンの成した偉業は数知れません。
そんなハヌマーンは、8つのシッディの1つである、身体の大きさを自在に操る力を持っていました。
ラーマーヤナに記されたその神話には、成功を達成するための秘訣を見ることができます。

ハヌマーンは、愛するラーマ神の妃であり、誘拐されたシーター女神を救うべく、ランカー島に向かって空を飛んでいました。
その道のりには、数々の障壁があらわれます。
その一つが、スラサです。
スラサはナーガ(蛇族)の母として知られ、ハヌマーンの力を試そうとしました。

「お前は、私に飲み込まれる運命にある」と、スラサはハヌマーンの前に立ちはだかります。
すると、ハヌマーンはスラサに飲み込まれないよう、自らの身体を大きくしました。
しかし、スラサはそのハヌマーンの身体よりも、さらに大きく口を開きます。
ハヌマーンはさらに身体を大きくし、スラサはそのハヌマーンの身体よりも、さらに大きく口を開きました。
その後、ハヌマーンはあっという間に身体を小さくし、スラサの口に入ると、耳から飛び出したと伝えられます。

この神話で見られるスラサは、まるで私たちの欲望のようです。
満たされるほどに膨れ上がる欲望は、スラサの口のように、限りなく大きくなり続けます。
私たちはその欲望に飲み込まれ、数々の苦難を経験しなければなりません。

スラサに打ち勝つためにハヌマーンがしたことは、自分を小さくすることでした。
私たちが欲望に打つ勝つためには、そんなハヌマーンのように、自分のエゴを小さく抑え込むことが必要不可欠です。
そして、ハヌマーンがそれを実行できたのは、正義の化身であるラーマ神へ、何よりも深い愛を抱いていたからでした。

成功に至る道には、数々の障壁が立ちはだかります。
しかし、ハヌマーンのように心が主に定まる時、私たちは障壁を乗り越え、成功に至る道を突き進むシッディを獲得することができるに違いありません。
次の満月、そんなハヌマーンへの祈りを捧げたいと感じます。

(文章:ひるま)

ラクシュミー女神のいるところ

明るい日が差し、清々しい朝を迎える季節となりました。
そんな爽やかな朝、目覚めた時に、私たちはまず何をするでしょうか。
飛び起きたり、慌てて身支度を整えたり、忙しく過ごすことが往々にあります。
時には、昨日のことを後悔したり、今日のことを思い煩ったり、清々しい朝が程遠く感じることも少なくありません。

ヒンドゥー教には、そんな毎朝の目覚めの時に、自分の掌を見つめてから、手を合わせて唱えられるマントラが伝わります。
その最初に唱えられるのが、「指先におわす繁栄の女神ラクシュミー」です。
豊かさの女神であるラクシュミー女神は、一説に、私たちの指先に宿ると信じられます。

指は、私たちにとって行為を生み出す主要な手段の一つです。
食事をすること、仕事をすること、触れて愛を育むこと。
その行為は、私たちの人生において、重要な働きを担います。
そして、その働きがあるところには、豊かさが生まれていきます。

食事をすれば、私たちの心身は健やかに成長していきます。
書いたり、持ったり、組み立てたり、その行為は仕事において欠かせない働きであり、大きな成果を生み出します。
誰かに愛を持って触れる時、家族や大切な関係が築かれていきます。
豊かな人生のために、指先の果たす役割は計り知れません。

光が満ちるこの時期に祝福されるアクシャヤ・トリティーヤーは、太陽と月の光がもっとも明るくなる時と信じられます。
一年の大吉日といわれるこの日には、永遠に続く豊かさを願い、ラクシュミー女神への祈りが盛大に捧げられることも少なくありません。
一方で、ヒンドゥー教の叡智は、毎朝、大切な働きを持つ自らの指先を見つめ、ラクシュミー女神への祈りを育むことを伝えています。

その行為の中で、授かった働きに気づく時、私たちはより正しい思考を保つことができるはずです。
そうして正しい道を知り、正しい目的を持って行動することで、限りのない喜びや幸せを得ることができるに違いありません。
人生の一日一日が大吉日となるように、毎朝の目覚めの時に指先を見つめ、自分自身に宿るラクシュミー女神の存在に気づいていたいと感じます。

(文章:ひるま)

悪を飲むカーリー女神の舌

季節が移り変わろうとしている今、インドでは春のナヴァラートリー祭が始まろうとしています。
今年は4月6日の新月より、9日間に渡って祝福が続きます。
大自然を動かす女神たちが礼拝されるこの9日間は、自分自身の変わらない本質と向き合う、大切な機会となる時です。

広大なインドの地において、さまざまな姿で崇められる女神の中に、恐ろしい姿を見せるカーリー女神がいます。
ドゥルガー女神の9日間に渡る凶悪な力との戦いの中で生まれたカーリー女神は、その恐ろしい姿とは反対に、深い愛をその内に秘めています。

暗黒の女神と称されるように、カーリー女神が見せる姿はおぞましく、そこには戦慄すべき光景が広がります。
血が滴る斧を手に、骸骨の首飾りと切り落とされた無数の人間の腕を身につけるカーリー女神。
その姿を際立てるのが、悪魔ラクタヴィージャの滴り落ちる血を飲む真っ赤な舌です。

カーリー女神には、悪魔ラクタヴィージャと戦う有名な神話が伝わります。
ラクタヴィージャは、地面に滴り落ちると無数の分身を次々と生み出す恐ろしい血を持っていました。
戦いに挑んだドゥルガー女神は、ラクタヴィージャを倒そうとするも、悪魔が次々に生まれ、窮地に立たされます。
すると、長く伸びた真っ赤な舌を持つカーリー女神があらわれ、ラクタヴィージャの血をすべて飲みつくしました。
そうして、ラクタヴィージャは倒されたと伝えられます。

滴り落ちるラクタヴィージャの血から次々と生まれる悪魔は、まるで、私たちの内で次々と沸き起こる、怒りや憎しみ、嫉妬や嫌悪、憂慮や苦悩のようです。
消えては生まれるこうした負の感情を滅することは、容易いことではありません。
それがどれほど難しいことなのか、息づかいが聞こえるほどむき出しに迫ってくるカーリー女神の姿が物語っています。

カーリー女神は、手に負えないそんな負の感情をすべて飲み込みながら私たちを浄化し、解放していきます。
その女神の姿と真正面から向き合う時、繰り返される輪廻から、女神は私たちを救い出してくれるに違いありません。

悪を倒す女神たちの戦いは、私たちの内なる世界でも起きています。
季節の変わり目を迎え、さまざまな変化が起ころうとしている今、女神と向き合いその力を呼び覚まし、自分自身の本質と向き合いたいと感じます。

(文章:ひるま)