インドに伝わる魔術

願望成就のための強力なマントラの一つに、インドラジャーラと呼ばれるマントラがあります。インドラジャーラは「魔法」や「魔術」を意味し、主にタントラの世界で密かに用いられるマントラです。インドラは「神々の王」をあらわし、ジャーラは「網」や「罠」を意味します。

古代のインドにおいて、真実の世界を覆い隠すマーヤー(幻影)を最初に創造したのはインドラ神であると、一説に信じられていました。現象世界は神の魔法の行為と捉えられ、宇宙全体はインドラジャーラであると信じられていたといわれます。

このインドラジャーラは、魔術師の行為と同じように考えられます。目には見えないものや、心にしか存在しないものを生み出し、世界を魅了する行為です。そうした教えを秘めたのが、インドラジャーラ・マントラです。

例えば、社会生活を営む上で必要不可欠なものに、富があります。誰もが富を求めるも、すべての人が多くを得ることに成功しているわけではありません。金銭的な問題を抱えている場合、インドラジャーラ・マントラを唱えることで、富を得る機会が多方面から訪れるといわれます。しかし、それにはマントラを何千回と唱える必要があります。それが達成されれば、インドラジャーラ・マントラは富を得るための強力な手段となるでしょう。

また、人生において大切なものを求めるとき、人は愛を欲します。愛に関する問題を抱えている場合、インドラジャーラ・マントラを唱えることで、人生には変化が訪れるといわれます。そこでは、理想的な愛や、いつも想い合えるパートナーがもたらされるかもしれません。そのためには、愛の神であるカーマデーヴァやその妃であるラティの存在を知る必要があります。それは、愛を求める願いに、望ましい結果をもたらすでしょう。

人生の中でとりわけ多い問題は、欲しいものが手に入らないという状況です。インドラジャーラ・マントラは、こうした問題を解決する強力なマントラの一つです。一説には、宝くじに当たるためのマントラもあると伝えられます。そのマントラを唱えることで、宝くじに当たる夢が現実になるかもしれません。

これらのマントラは、霊的な師であるグルを通じた信頼関係のもとで秘密裏に伝えられています。そうでなければ、望ましい結果を得られないばかりか、誤った結果を招くことにつながりかねません。アタルヴァ・ヴェーダに見られるような呪法が実践されていた古代インドの神秘の教えは、現代でも密かに受け継がれています。

(SitaRama)

春の陽光とサラスワティー女神

冬が終わり、少しずつ日脚が伸び始める時、インドでは春の到来を祝うヴァサント・パンチャミーが祝福されます。光が満ちていくこの時は、サラスワティー女神の降誕を祝福する時でもあります。

うららかな春の到来は、「春眠暁を覚えず」という言葉も伝わるほど、心地が良いものです。一方で、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは、冬の間に溜め込んだ不純物が排出されるため、春は身体が重く感じられると伝えられます。それでも、だんだんと明るくなる春の季節には、大きな幸せが目覚めるような感覚を覚えることがあります。

まばゆい光を感じるそんな春の到来は、知識や学問の神として崇められる、サラスワティー女神の降誕が祝福されてきました。霊的な世界において、暗闇とは無知の象徴として捉えられます。そこにあらわれる光は、知識として崇められてきました。春の到来にその降誕が祝福されるサラスワティー女神は、私たちの無知という暗闇に、光という知識が生まれる象徴でもあります。

サラスワティー女神は、罪や穢れを祓い、あらゆるものを清めると捉えられてきた聖なる川の神格として崇められてきました。純白のサリーをまとい、サットヴァ・グナ(清浄と識別の要素)を象徴する白鳥と共に描かれる姿には、美しく清らかなエネルギーが溢れています。そんなサラスワティー女神を礼拝する時、内なる世界は清められ、識別力が高まり、真実を見抜く力が育まれると信じられます。

知識や知性がない限り、私たちは常に混乱し、迷いや疑いに苛まれ、真っ暗な世界で苦悩しなければなりません。そうした無知から生じる罪や穢れは、サラスワティー女神を礼拝することによって祓われ、内なる世界は清らかな喜びに満ちていきます。

日が長くなり、光が満ち始めるこの時。サラスワティー女神への礼拝は、私たちに新たな知識という光を授けてくれることと思います。そして生まれる清らかさは、何よりもの幸せを気づかせてくれるに違いありません。皆様の日々にも、女神の恩寵がありますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

2018年のシヴァラートリー

2018年のシヴァラートリーをご紹介いたします(日本時間)。

シヴァラートリーとは「シヴァの夜(ラートリー)または吉兆の夜」という意味です。シヴァラートリーは、毎月、満月から13日夜/14日目にあたります。しかし、特にパールグナ月(マーガ月となる地域もあります。2月~3月)のシヴァラートリーは、マハー・シヴァラートリーと呼ばれ、一年の内でもっとも神聖な夜として知られています。

この夜、シヴァ神の信者たちは、断食をし、睡眠を絶ち霊性修行に励みます。シヴァラートリーは、月が満月から新月へと変化する境目です。充ち満ちた欲望(月)がやがて消滅していくように、満月から新月へと変化するシヴァラートリーの日に霊性修行に励むことで、欲望を滅し、解脱へと至る精神力が獲得できると信じられてきました。

シヴァラートリーの日は、シヴァ神を崇めるもっとも神聖な日です。この日には、シヴァリンガムを崇めたり、あるいは、シヴァ神の御名やルドラムを唱えたり、バジャンを歌ったり、瞑想を行うことがすすめられています。またルドラークシャを身に着けるのにもっとも適した日であるとも言われています。シヴァ・パンチャクシャラ・マントラ(オーム・ナマ・シヴァーヤ)も、この日に唱えることで、大きな功徳をもたらすといわれます。

2018年のマハー・シヴァラートリーは、日本では2月14日となります。インドでは、2月13日となります。

1月15日(月)
2月14日(水) ※マハー・シヴァラートリー
3月15日(木)
4月14日(土)
5月14日(月)
6月12日(火)
7月11日(水)
8月10日(金)
9月8日(土)
10月7日(日)
11月6日(火)
12月5日(水)

参照:http://www.drikpanchang.com/vrats/masik-shivaratri-dates.html?year=2018

魂を浄化する香り

クリスマスのイルミネーションが、あちらこちらで美しく輝いています。冬至が近づき、闇が深まるこの時、イエス・キリストという光の誕生は、時を超えて、私たちの日々にあたたかな灯りを灯します。

そんなイエス・キリストの誕生においては、星に導かれて訪れた東方の三博士が、その誕生を礼拝したと伝えられます。その際に持参した贈り物が、乳香、没薬、黄金と伝えられてきました。乳香(フランキンセンス)と没薬(ミルラ)は、インドでも神々の礼拝において焚かれる重要な樹脂香として用いられるものです。

黄金と並ぶこれらのお香は、現代でも、世界のさまざまな慣習で重要視されています。インドでは、神々への捧げ物としてだけでなく、心身や空間を清めるものとして用いられ、それらを燃焼させることで生まれる香りが、嗅覚を通じて人間のより繊細な部分へと影響を与え、魂を浄化すると信じられるほどです。

嗅覚は、五感の中で唯一、脳に直接的に働きかける感覚といわれ、アロマテラピーなども広く普及しています。乳香や没薬は、古代では鎮静薬や鎮痛薬としても用いられていました。それらを焚くことで生まれる香りは、脳を沈静化するといわれ、実際に、とめどなく溢れる思考が静まるのを感じることがあります。そうして得られる心の平安は、自分自身の心と身体だけでなく、その周囲にも、調和と均衡をもたらします。

お香を焚く行いは、心を浄化し、自分自身の内に神性を生み出す行いに変わりありません。大自然と密接に生きていた古代の人々は、心身に幸福をもたらすそうした作用を自然の中に見出してきました。インドでは、それらが神々として崇められています。大自然の恵みを知ることは、神々の恩恵を賜ることにも他ありません。

健やかで幸せな日々を過ごせるように、こうした古代の叡智を学び、大自然とともに生きることを努めたいと感じます。クリスマスの美しい季節、皆様の心にも清らかであたたかな光が灯りますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

2018年のエーカーダシー

大自然の移り変わりと密接に結びついたインドの暦の中に、エーカーダシーという吉日があります。ヴィシュヌ神に捧げられるエーカーダシーは、断食を通じて感覚器官を統制し、自己を清めるための吉日として知られ、この日は完全な断食、もしくは穀物を除いた果物などの食事が行われます。

月の満ち欠けのそれぞれ11日目にあたるこのエーカーダシーは、年間でおよそ24回訪れます。2018年のエーカーダシーについてご紹介いたします。

1月12日(金) シャッティラー・エーカーダシー
1月28日(日) ジャヤー・エーカーダシー、ビーシュマ・エーカーダシー
2月11日(日) ヴィジャヤー・エーカーダシー
2月26日(月) アーマラキー・エーカーダシー
3月13日(火) パーパモーチャニー・エーカーダシー
3月27日(火) カーマダー・エーカーダシー
4月12日(木) ヴァルティニー・エーカーダシー
4月26日(木) モーヒニー・エーカーダシー
5月11日(金) アパラー・エーカーダシー
5月25日(金) パドミニー・エーカーダシー
6月10日(日) パラマー・エーカーダシー
6月24日(日) ニルジャラ・エーカーダシー
7月9日(月) ヨーギニー・エーカーダシー
7月23日(月) デーヴァシャヤニー・エーカーダシー
8月8日(水) カーミカー・エーカーダシー
8月22日(水) シュラヴァナ・プトラダー・エーカーダシー
9月6日(木) アジャー・エーカーダシー
9月20日(木) パリヴァルティニー・エーカーダシー、パールシュヴァ・エーカーダシー
10月5日(金) インディラー・エーカーダシー
10月20日(土) パーパーンクシャー・エーカーダシー
11月3日(土) ラーマ・エーカーダシー
11月19日(月) プラボーディニー・エーカーダシー
12月3日(月) ウトパンナ・エーカーダシー
12月19日(水) モークシャダー・エーカーダシー、ヴァイクンタ・エーカーダシー

※それぞれのエーカーダシーの名称、日にちは地域や慣習によって異なる場合があります。

参照:http://www.drikpanchang.com/vrats/ekadashidates.html?year=2018

シャニ神の礼拝方法

人々に多くの試練を与える存在として知られるシャニ神(土星)は、真っ黒な姿をしています。一説に、スーリヤ神(太陽神)と結婚をしたサンジュニャーは、スーリヤ神の強すぎる熱に耐えられず、自分自身の影(チャーヤー)を残し、スーリヤ神のもとを離れました。この影であるチャーヤーとの間にできた子どもがシャニ神であるといわれます。また、チャーヤーはシヴァ神への強い信仰から、シャニ神を身ごもっている間にも厳しい苦行を続け、食事を怠ることもありました。この苦行が、シャニ神を真っ黒にしたといわれています。

そんなシャニ神を礼拝する際には、黒い服を着用し、黒いものを捧げることが勧められます。礼拝は土曜日に、神像やヤントラ、絵を用いて行います。

【礼拝の手順】
・身を清めた後、シャニ神の神像やヤントラ、絵の前に座ります。
・サンダルウッド・ペーストを、神像やヤントラ、絵に塗布します。
・お花を捧げます。
・お香を焚き、香りと煙を捧げます。
・蝋燭やオイルランプ等に灯りを灯します。
・供物を捧げます。
・シャニ神のマントラ「オーム シャム シャネーシュチャラーヤ ナマハ」を108回唱えます。
・マントラを唱えた後、心を穏やかにし、しばらくの間、瞑想を行います。

シャニ神を礼拝する際には、以下のような黒いものを供物として捧げることが勧められます。オイルはシャニ神に注ぎます。

・ウラド豆
・黒ゴマ
・マスタードオイル
・セサミオイル

シャニ神は、ハヌマーン神の帰依者にはいかなる悪影響ももたらさないと約束をしたことから、土曜日にハヌマーン神を礼拝することも勧められます。シャニ神とハヌマーン神の関係についての神話をこちらでご紹介しています。

太陽と共に生きること

古代より、世界の各地で信仰の中心にあった太陽。そんな太陽を礼拝する大切な時の一つが、マカラ・サンクラーンティです。マカラ・サンクラーンティを過ぎると、太陽は北半球を回り始めるといわれ、少しずつ日脚が伸びていきます。冬から春へ、闇から光へ、その移り変わりの中に、大自然が生み出す神妙な均衡と調和を見るようです。

万物に多くの恵みを与える太陽は、ヒンドゥー教においてスーリヤ神として崇められ、数多くの神話が伝えられます。そんな中で、スーリヤ神はかつて、その熱さに耐えられなかった妻に去られ、炎が削り取られてしまったという神話が伝わります。

スーリヤ神が結婚をしたのは、創造神であるヴィシュヴァカルマンの娘、サンジュニャーでした。しかし、サンジュニャーはスーリヤ神の熱に耐えられず、チャーヤーと呼ばれる影を残して立ち去ってしまいます。すると、ヴィシュヴァカルマンがスーリヤ神の炎を削り取り、熱を下げたのだといわれます。

スーリヤ神とサンジュニャーの神話に見られるように、人々は太古の昔から、大自然の陰と陽が生み出す世界の均衡と調和を美しく崇めてきました。そのエネルギーを人間の内なる世界に見出した古代の賢者たちは、人類の幸福や健康のためにさまざまな術を伝え、現代のヨーガでも、その神秘が多く受け継がれています。

例えば、スーリヤ・ベーダナとチャンドラ・ベーダナと呼ばれる呼吸法があります。スーリヤ・ベーダナでは、右の鼻孔から息を吸い、左の鼻孔から息を吐き出します。一方で、チャンドラ・ベーダナでは左の鼻孔から息を吸い、右の鼻孔から息を吐き出します。スーリヤ・ベーダナは脳を刺激し身体を温める一方で、チャンドラ・ベーダナは脳を沈静し身体を冷やすといわれます。

毎朝、世界に光をもたらす太陽のエネルギーは、私たちの内なる世界でも輝いています。太陽を礼拝する重要なマカラ・サンクラーンティにおいて、そのエネルギーと向き合って見るのも良いかもしれません。大自然が図る均衡と調和の中で、その行いは、私たちに健康と幸福を授けてくれることと思います。

(文章:ひるま)

カルマを解消するためのマントラ

さまざまに伝えられるカルマを解消するための方法の一つに、ブラフマー神とガーヤトリー女神の礼拝があります。ブラフマーは創造の神であり、ガーヤトリーは意識の源です。カルマによって生まれ、そして人生の中でさまざまな物事や状況に直面する私たちにとって、ブラフマー神とガーヤトリー女神の礼拝はカルマを生み出すチッタ(心)を浄化し、ネガティブなカルマの解消に役立つと言われます。

【ブラフマー・ガーヤトリー・マントラ】

ॐ वेदात्मनाय विद्महे हिरण्यगर्भाय धीमहि ।
तन्नो ब्रह्मा प्रचोदयात्‌ ॥
om vedātmanāya vidmahe hiraṇyagarbhāya dhīmahi |
tanno brahmā pracodayāt ||
オーム ヴェーダートマナーヤ ヴィッドゥマヘー ヒランニャガルバーヤ ディーマヒ
タンノー ブラフマー プラチョーダヤートゥ

また、太陽神であるスーリヤと、火神であるアグニへの礼拝も勧められます。スーリヤ神はアグニ神の助けをかりて、私たちのカルマを焼き尽くすと信じられます。過去のカルマを浄化するだけでなく、霊性を高める道へと導くと信じられています。

【スーリヤ・ガーヤトリー・マントラ】

ॐ भास्कराय विद्महे महद्युतिकराय धीमहि ।
तन्नो आदित्यः प्रचोदयात्‌ ॥
om bhāskarāya vidmahe mahadyutikarāya dhīmahi |
tanno ādityaḥ pracodayāt ||
オーム バースカラーヤ ヴィッドゥマヘー マハディユティカラーヤ ディーマヒ
タンノー アーディティヤハ プラチョーダヤートゥ

【アグニ・ガーヤトリー・マントラ】

ॐ महाज्वालाय विद्महे अग्निदेवाय धीमहि ।
तन्नो अग्निः प्रचोदयात्‌ ॥
om mahājvālāya vidmahe agnidevāya dhīmahi |
tanno agniḥ pracodayāt ||
オーム マハージュヴァーラーヤ ヴィッドゥマヘー アグニデーヴァーヤ ディーマヒ
タンノー アグニヒ プラチョーダヤートゥ

ダッタートレーヤの学び

高く澄んだ夜空に浮かぶ月が美しい季節となりました。これから迎えるマールガシールシャ月(11月から12月)の満月は、あらゆる霊的性質を備えた神の化身として崇められる、ダッタートレーヤ神の降誕祭が祝福される時です。2017年は、12月3日に迎えます。

ダッタートレーヤは、ブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神をあらわすといわれる3つの頭をもった姿で描かれます。普遍的な教えを広め、全人類を導く偉大な存在として崇められてきました。

そんなダッタートレーヤには、24のグルがいたと伝えられます。24のグルとは、大地、空気、空、水、火、月、太陽、鳩、にしきへび、海、蛾、蜜蜂、象、蜜蜂を集める人、鹿、魚、ピンガラー(遊女)、鳥、子ども、少女、矢師、蛇、蜘蛛、そして、虫でした(バーガヴァタ・プラーナ11編7章33-35節)。さまざまに動くこの世界のあらわれは、それを見つめるダッタートレーヤに、決して変わることのない真理を教えます。

そんなグルの中で、最初のグルとしてあらわれたのが母なる大地です。ダッタートレーヤは、人々が大地を掘り起こし、踏みにじり、とてつもなく重いものを積み上げるのをじっと見つめていました。それでも、大地は食物を生み出し、住処を与え、慈しみをもって私たちを育むことに、深い気づきを会得します。

ダッタートレーヤにとって、大地は、愛と忍耐、そして許しに満ちた存在でした。自分自身を傷つけるものがあったとしても、愛を持って接すること。いかなる状況をも受け入れ、自分自身の義務を果たすこと。身をもってそれを示す母なる大地は、ダッタートレーヤの最初のグルとなります。

私たちを育む大自然の力が神格化され、畏敬の念を持って崇められてきたインドの生活には、今でも学ぶべきことが多くあります。古代の生活がそうであったように、大自然の動きを見つめることは、豊かな日々を過ごすための優れた手段の一つです。

大自然が語る動きに耳を傾け、ダッタートレーヤのように、その一つ一つから学びを得る努力をしてみるのも良いかもしれません。それは、私たちを成長させ、より豊かな日々を授けてくれることと思います。次の満月が、皆様にとっても大きな祝福に満ちた時となりますよう、心よりお祈り申し上げております。

(文章:ひるま)

2017年12月の主な祝祭

2017年12月の主な祝祭をご紹介いたします。

大きな祝祭は少ない12月ですが、多くの地域で盛大な結婚式が執り行われる祝福に包まれる時が続きます。

12月3日 満月/ダッタートレーヤ・ジャヤンティ (日本時間の満月は4日)
12月6日 サンカタハラ・チャトゥルティー
12月13日 エーカーダシー
12月16日 シヴァラートリー/ダーヌ(射手座)・サンクラーンティ
12月17日 ハヌマーン・ジャヤンティ(主にタミル地方)
12月18日 新月
12月22日 ヴィナーヤカ・チャトゥルティー
12月29日 ヴァイクンタ・エーカーダシー
12月30日 シャニ・プラドーシャ

*地域や慣習によって、日にちに前後の差異が生じます。

1年を通じた祝祭、またその詳細について、インド暦カレンダーでご紹介しております。

参照:http://www.drikpanchang.com/panchang/month-panchang.html