スタッフ日記:第8回アンナダーナ終了しました!

第8回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は初めて孤児院での実施となりましたが、無事に終えることができました。

ナヴァラートリー祭の9日間、デリーでは毎日のように40℃の気温となりましたが、最終日には大嵐がやってきてクールダウン。大自然のあらわれである女神様のエネルギーを強く感じます。月の動きによって暦が動くので、今年はアシュタミーとナヴァミが同じ日になっていたところも多く、デリーでは4日にナヴァミが祝福され、4日が学校のお休みでした。5日のアンナダーナでは学校に行っていた子どもたちも多く、みんな一斉には配ることができませんでしたが、学校に行っていた子どもたちは、学校から戻り次第、食事をいただいたとのことでした。

女の子の孤児院になるため、外部からの出入りが厳しく、特に男性スタッフは長い時間留まることができない状況でしたが、子どもたちが大喜びで食事をする姿を見ると、こちらも心からの喜びを感じます。今回は、子どもたち、お世話をする方々、その他の訪問者の方々へ、200~220食分を準備しました。調理はこちらで準備をし、できた食事を孤児院までリキシャで運びます。配るのは孤児院の女性スタッフたち。女の子に対するさまざまな事件が後を絶たないため、男女はとても厳しく分けられています。

床に細長いカーペットを敷いて座り、食事をいただきます。インドではよくある光景です。

なんと、6枚のプーリーを食べた子もいたとか!通常配られるのは一人に4枚ですが、私は2枚でお腹いっぱいになってしまいます。

孤児院にはさまざまなアクティビティが準備されています。

運動をしたり、遊びをしたり、元気いっぱいの子どもたち。

今回は、子どもたちの大好きなハルワーを特別なギーを使用して作ろうと当初からメニューに加えていましたが、やはりハルワーが大人気で、子どもたちはめったに食べられないギーのハルワーに大はしゃぎだったようです。子どもたちから何度も何度も、ありがとう、ありがとう、という言葉。お腹を満たすのはもちろんですが、たくさんの人からの温かい気持ちが詰まったこうした食事は、心の豊かさを育むとても重要なものなのだと思います。今後もより良い形で実施できたらいいなと思っています。

ご寄付もたくさん集まっているので、今月は孤児院と病院での実施を予定していますが、次回は病院での実施予定です。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第7回アンナダーナ終了しました!

第7回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回も滞りなく無事に終えることができました。

先日のホーリー祭は色水を投げるには少し肌寒いくらいでしたが、デリーあたりはもうすっかり夏の陽気になりました。今回もたくさんの方にお気持ちをお寄せいただき、予定通りのメニューにデザートのハルワー(ハルヴァ)を加え、1,000人以上の方々へ奉仕することができました。

今回はもうだいぶ暑くなり、準備も整ったので、裏ではまだプーリーを揚げたりしていましたが、11時半頃には配り始め、15時頃には配り終えてしまいました。今回も時間的にたくさんの人が殺到してしまう時があり、少しパニック。「アーラーム・セー!アーラーム・セー!(落ち着いて!落ち着いて!)」の連呼でした。

準備時間も冬の間より早まって、7時過ぎにスタート。「調理の作業は日本のように衛生的でないから、日本の皆さん、写真を見たらびっくりしない?」と心配をされてしまいましたが、インドをご存知の方も多いと思うので、ご理解をいただけると思います。第7回目となりましたが、扱う食材等を注意してくれているので、ここまで何の問題もなく実施できています。これから酷暑期に入るので、細心の注意を払っていきたいと思います。

いつも準備をしてくださるケータリングの皆さん。ありがとうございます。

13時頃。人がたくさん集まり始めます。

あっという間に大行列。

大混雑でした。

今回もたくさんの子どもたちに喜んでもらえようです。

(写真を掲載しきれなかったので、Facebookにアップロードしました。こちらからもっとたくさんの写真をご覧いただけます。)

皆様の温かいお気持ち、改めまして心より御礼申し上げます。ケータリング・スタッフの都合もあり、現在のところ一度に奉仕できる量が限られてしまう状況ですが、ご寄付がたくさん集まっているので、来月は孤児院や病院でのアンナダーナを計画しています。計画が整い次第、またご案内をさせていただきたいと思います。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第6回アンナダーナ終了しました!

第6回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回も滞りなく無事に終えることができました。

今回、アンナダーナの前日から急に暑くなり、デリーはもう30度を超えています。先月は20度くらいで少し寒いくらいだったのですが…。急に暑くなると食欲も落ち、タマスが全開で心身ともにだるくなったりして、みんな来てくれるかな、と少し心配でしたが、今回も少しパニックになる程の混雑ぶりでした。

特に小さな子どもたちがたくさん集まり、ご飯を食べた後は寺院で大はしゃぎで、パンディット(僧侶)さんが子どもたちのお世話で大変そうでした。子どもたちはお腹いっぱいになって、有意義な時間を過ごせたのではないかなと思います。

本当は、サブジー(野菜のおかず)一品とプーリー(油で揚げたパン)をいつも予定しているのですが、皆様からたくさんのご協力をいただいて、毎回甘いお菓子ハルワーもお配りしています。子どもたちにはハルワーが大人気。今回も1,000人以上の方々へ、奉仕することができました。

今回は、後半急に大混雑してしまい、前半の写真しか撮れませんでした。8時前に準備が始まり、12時には配り始め、3時頃には終了。

これは12時半頃の様子。まだ落ち着いています。

子どもたちの姿もたくさん。

この後少しして急に大混雑。インドでは午後の1〜2時がちょうどお昼ご飯の時間です。

次回のアンナダーナはもう40度近い真夏の気候になると思います。毎月楽しみに待っていてくださる方もいるようで、こうした人と人との温かい繋がりが生み出す平和な社会が広まりますよう心から願っています。

食事は寺院に捧げて簡単なプージャーを行ってから配り始めます。ご寄付をくださった一人一人の思いが届きますように、と現地のスタッフがお祈りしてくれているそうです。皆様の思い、確実に届いていることと思います。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第5回アンナダーナ終了しました!

第5回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。前回は日程に変更が生じ、大変ご迷惑をおかけしてしまいましたが、今回は滞りなく無事に終えることができました。

前回からのご寄付もあったので、分量を増やせないか検討していたのですが、現在アンナダーナを実施している地域では、今まで通りの分量が適当だろうとのことで、無駄になることがないよう、今まで通りで進めさせていただきました。

マカラ・サンクラーンティを終えましたが、北インドでは一月下旬頃までは朝晩の冷え込みが続きます。寒い時期はこってりした食事が喜ばれ、ギーを使用したハルワーが特に子どもたちに大好評だったようです。

前回ほどではなかったようですが、たくさんの人が集まり、1,000食分以上の食事を無事に配り終えることができました。ギーの匂いが周囲に立ち込めて、多く人々に伝わった様子。当初は、アンナダーナの案内を寺院に掲示した方がいいかも、という話をしていたのですが、5回目ともなり、あまり使用されない美味しいギーを使用した食事を心待ちにしている人もいるようです。今回もたくさんの方々に喜んでいただくことができました。

準備は前回と同じく8時頃スタート。冬場は少し遅めです。下に写っているガスボンベは、各家庭で1年間に使用できる数に制限があり、入手が難しいことがあります。

20170115

準備も整い、雨になりそうな予報だったため、少し早めにスタート。

20170115_131736

子どもたちが夢中でハルワーを食べていたそう。ギーで作られるハルワーは本当に美味しいです。

20170115_131738

今回も混雑ぶりが伺えます。

20170115_131751

20170115_131936

現金の問題はまだ続いているようで、正常に戻るにはしばらく時間がかかりそうです。それでなくても、波乱万丈なインドの日常なので、こうした温かい食事は、多くの方々の心を幸せにしてくれることと思います。現在、来月の日程も調整中です。来月も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(写真を掲載しきれなかったので、Facebookにアップロードしました。こちらからもっとたくさんの写真をご覧いただけます。)

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:エーカーダシーとドヴァーダシー

img_3637

インドではナヴァラートリーやエーカーダシーなど、頻繁に断食を行う機会があります。断食はウパヴァーサと呼ばれ重要な行いとされますが、断食を終える時はパーラナと呼ばれ、これも重要視される時です。

月の満ち欠けの11日目にあたるエーカーダシーでは、さまざまな形で断食が行われますが、終える時は、月の満ち欠けの12日目にあたるドヴァーダシーの日の出後といわれます。そして、もっと細かい時間割があり、日の出後でも食事をとれなかったり、日の出後すぐに食事をとらなければならなかったりと、自然の暦に綿密に従います。朝食はBreakfast(Break=やめる、Fast=断食)といわれますが、エーカーダシーの断食を終えることを意味する朝食はとても重要。

次回のエーカーダシーは、バガヴァッド・ギーターの生誕祭となるギーター・ジャヤンティ(12月10日)です。SitaRamaではグループ・ホーマを計画しています。プージャーを受ける時も断食が勧められますので、機会がありましたら、プージャーとあわせてエーカーダシーの断食を通じた恩恵を感じてみてください。

第2回グループ・ホーマ(2016年12月10日(土)実施)

そしてドヴァーダシーとなる次の日(12月11日)は、アンナダーナを予定しています。エーカーダシーは食事を控える方も多いので、この日に盛大なギーター・ジャヤンティのお祝いができたらいいなと思います。この度のアンナダーナもどうぞよろしくお願いいたします。

第4回アンナダーナ(食事の施し)(2016年12月11日(日)実施)

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第3回アンナダーナ無事終了しました!

第3回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。昨日、無事に終了いたしました!

前回、そして前々回と同じくらいたくさんの方々にお気持ちを寄せていただき、今回も今までと同じ内容を準備することができました。1,000食分以上を配り終えています。

皆様もご存知かと思いますが、インドでは高額紙幣が無効になってしまったため、まとまった現金が入手できず、費用をどう手配したらいいのだろうと不安だったのですが、3回目ともあり、そして毎回とても多くの方に喜んでいただいているので、ケータリングの方たちも快く受け入れてくださいました。

紙幣の件でマーケットが混乱しているため、今回準備が始まったのは8時過ぎ。でもどうにか12時過ぎには配り始めることができ、今までにない大行列で15時には配り終えてしまいました。デリーあたりでは気温が下がってきて、ギーたっぷりのハルワーやプーリーなど、こってりした食事がとても美味しく感じられるようです。本当においしいと、今回も大好評でした。

現在インドでは、現金が入手できず困っている人々も多く、この混乱の状態の中、アンナダーナを実施でき本当に良かったと思います。

今回は朝8過ぎに準備スタート。

2016111301

配り始める前から、まだかまだかと待っている人々がたくさん。

2016111302

配り始めると列が途切れることなく、少し配るのが大変だったほど。

2016111303

現金を入手すべく、朝から晩までご飯も食べずに銀行やATMに並んでいる人々も多いそう。

2016111304

子どもたちも嬉しそう。

2016111305

実は、今回のアンナダーナはどうなってしまうのだろうと不安だったのですが、やっぱり、こうした行いの中には大きな力が働いているように思います。何の問題もなく、たくさんの方に喜んでいただくことができ、本当にうれしく思います。

また来月も実施できるように調整中です。皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(写真を掲載しきれなかったので、Facebookにアップロードしました。こちらからもっとたくさんの写真をご覧いただけます。)

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:月の満ち欠けと食事

Power over nature

断食が勧められるエーカーダシー(月の満ち欠けの11日目)。特に、エーカーダシーの日は絶対にお米を食べてはいけないといわれます。以前、エーカーダシーにお米を食べるとお腹に虫がわくといわれびっくりしました。でも、本当にそういう言い伝えがあります。

ある時、ブラフマー神の頭からこぼれ落ちた汗が悪魔となりました。悪魔は「私に住む場所を与えてください。」といいます。ブラフマー神は、「米の中に住み、エーカーダシーの日に米を食べた者の中で虫になる。」といいました。

インドでは昔から、エーカーダシーの日は米だけでなく、穀類を食べてはいけないといわれます。そして近年では、小麦は体に悪いとか、糖質制限でご飯を食べないとか、健康のためにさまざまな食事法が実践されています。

エーカーダシーは月の満ち欠けと密接に繋がっていますが、エーカーダシーに穀類を食べると、体や脳の働きを妨げるような悪影響(悪魔?)が出るといわれたこともありました。ヨーガやプージャーの恩恵もあると思いますが、心身の調子が良いのは、エーカーダシーの節食もあると思います。エーカーダシーはさまざまな取り組み方がありますが、12日目の朝まで断食をするのが良いようです。

カリユガに生きる私たちは、穀類を食べないと生きられないとも言われます。美味しいものが溢れる現代ですが、古くから伝えられてきたこういった教えを取り入れながら、欲と向き合うことで、毎日心安らかに過ごせるように思います。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:プージャーの恩恵

SANYO DIGITAL CAMERA

インドでヨーガを中心とした生活をしていると、まず何よりも実感するのが体と心の調子の良さです。それには、プージャーの恩恵もあると思います。

インドにいると、度々プージャーに参加する機会がありますが、ホーマで受ける炎と体中に響くマントラを感じると、全身の細胞が生き生きと喜びます。周囲に広がるポジティブなエネルギーも驚くほど実感。体調が良く心が落ち着くと、それだけですべてが良い方向に向かっているような、嬉しい気持ちになります。

不思議なことに、自分自身の体調や心のあり方によって、燃え上がる炎もさまざまに異なるように思います。いくらギーを注いでも炎が上がらなかったり、何もしなくても激しく炎が上がるときもあります(もちろん、その時に使用するサーマグリーなどの影響もあると思います)。

プージャーを受けている時、眠くなるというご経験をよくいただきますが、遠く離れたところから受ける時は、私も何もできないほど眠くなる時があります。直接受けるのとはまた違った感覚。

いつか、日本でもプージャーを直接受けられる機会を作ることができたらいいなぁと思っています。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:絵葉書(菩提樹の葉)プロジェクト

SANYO DIGITAL CAMERA

今年はディーワーリーの吉兆な時に、絵葉書(菩提樹の葉)プロジェクトをご紹介いたしました。ディーワーリーは何かを始めるとても良い時といわれます。そんな時にご紹介させていただき、とても嬉しく思っています。

絵葉書を購入しているNGOとは15年近いお付き合いで、支援を行うダリット(不可触民)の方々とも、まるで家族のように接しています。NGOへ行き始めの頃、私より小さかった子が、今はもう結婚して家族を持っていたり、そういう変化を見るととても嬉しいです。今は一年に一度NGOを訪問しているのですが、ご寄付は全て、直接お渡しさせていただいております。

本日は絵葉書を描く女性たちを何人かご紹介。皆さんダリットの女性たちです。NGOの作業場に来て作業をしています。私のひどいマラヤラム語では全く会話が成り立たず、大得意のジェスチャーとテレパシーでいつも会話を楽しんでいます。

img_4563

img_4562

img_4564

この他に、耳の不自由な女性たちが自宅で作業をしています。インドの道を歩いた方はご存知かと思いますが、交通ルールがほぼ通用しないインドでは、うんざりするほどのクラクションが本当に重要です。歩行者道路などなく、犬も牛も豚も、時には象だって道を歩いています。車やバイクも「通りますよー!」という合図(クラクション)を示さなければ、すぐに事故が起こります。そのクラクションが聞こえない耳の不自由な人々は、道を歩くことだって大きな危険を伴います。外へ出ず、家で出来る絵葉書の作業は、とても安全。

苦難を生きる女性たちの姿には、本当にたくさんのことを学びました。そんな女性たちのさまざまな思いが詰まった絵葉書です。ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:ドゥルヴァの願い

Milky Way. Night sky with stars and silhouette of a happy woman with backpack and raised up arms. Space background

ヨーガでよく実践される木のポーズ。片足で立ってバランスをとるこのポーズは、自分の体の筋力や左右のバランスだけでなく、骨格の歪みにも気づくことができます。集中できていないのかぐらぐらと大きく揺れる時もあって、心の状態が反映されやすいポーズかもしれません。

木のポーズはヴリクシャーサナと呼ばれていますが、インドではドゥルヴァーサナとして学びました。ヨーガの流派などによって、アーサナの呼び方がさまざまに異なったりします。ドゥルヴァは、安定とか、不変とか、動かないという意味がありますが、ある幼い子供の名前でもあります。

ドゥルヴァの父には二人の妻がおり、一人は傲慢で、一人は優しいドゥルヴァの母でした。傲慢なもう一人の妻によって、幼いドゥルヴァは父の膝の上に座ることすら許されず、母に泣きつきます。母はドゥルヴァに言います。「他人を悪く思わず、ヴィシュヌ神の御足を拝みなさい。」と。

そして、ヴィシュヌ神の恩寵を求めドゥルヴァの苦行が始まります。一人になり森へ入り、片足で立ちながら仙人に伝えられたマントラを繰り返し唱え続けます。幼いドゥルヴァのそんな姿を知ったヴィシュヌ神は、ドゥルヴァに他の星が中心として回る最も大切な場所を与えます。ドゥルヴァが北極星となったのです。(シュリーマド・バーガヴァタム)

耐えがたい苦痛や困難にあっても、信じることで救われる、そんなことを伝えているよう。ドゥルヴァくらい強く信じることができれば、木のポーズで行うぐらぐら感も止まるでしょうか。

新月のディーワーリーが近づいて、真っ暗な夜空を見上げてみたいと思います。

(スタッフ:ひるま)