新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その41)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎるも、これまでに累計感染者数は1084万人、死者数は15.6万人を超えました。

食事の奉仕は、2月6日に500皿(第73回目)、2月9日に500皿(第74回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き週2回のペースで、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、昨年から農業改革に反対する抗議活動が続いていますが、1月26日の共和国記念日には激しい衝突が生じる事態となりました。
その後、2月6日に再び抗議活動を行うことが伝えられ、州境を中心に厳しい警備が敷かれました。
食事の奉仕は、現在は500食の奉仕を週2回、主に土曜日と火曜日を予定して実施しています。
予定をしていた6日(土)は抗議活動のために各地で警備が厳しくなっており、奉仕ができるか心配でしたが、問題なく実施することができ安堵しています。

一方、新型コロナウィルスについて、インド全体では感染拡大のピークを過ぎ、デリーでも1日の新規感染者数が10日間続けて200人を下回っています。
1月に行われた調査では、デリーの抗体保有率は56%に上ったことが伝えられ、集団免疫の獲得に近いとも報じられています。(Sero survey shows 56% have antibodies

現在、社会経済活動の多くは再開していますが、国際線の一般商用旅客機の離発着停止措置などは続いており、影響を受ける人々はまだ多くいます。
また、長期間にわたった厳しい封鎖を通じては、社会的な弱者がとりわけ深刻な影響を受けていることが伝えられています。
霊的指導者であるスワーミー・ヴィヴェーカーナンダは、社会的実践の中での霊的修行の価値を説きました。
こうした状況に学びながら、一人ひとりが成長し、より良い社会に向かって進むよう、今後も食事の奉仕を通じて実践を努めていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その40)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎるも、これまでに累計感染者数は1077万人、死者数は15.4万人を超えました。

食事の奉仕は、1月30日に500皿(第71回目)、2月2日に500皿(第72回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き週2回のペースで、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

インドはまだ封鎖の緩和の段階にありますが、現在は社会経済活動の多くが再開しています。
感染状況が落ち着いていることから、2月に入り、更なる緩和が行われることも発表されました。
6ヶ月以上閉鎖されていた映画館は、現在、定員の半分以下の観客数で開館されていますが、2月からは定員での開館が許可されます。
また、一部の列車では、食事の提供が再開されるとされています。
食事の奉仕を行う首都のデリーでは、1月18日から受験を控える学年を優先的に10ヶ月ぶりに学校が再開されましたが、2月5日からはその対象がさらに拡大されます。

初期の段階において完全に止まってしまった社会経済活動は、大きく動き始めているように見えますが、以前と同じ生活に戻ることは容易ではありません。
特に、日雇い労働などの不安定な就労状態にあった、経済的に弱い立場の人々の生活の再建は簡単ではないとされています。
食事の奉仕も、以前のような日時を事前に決めた大人数が集まる形での実施はもうしばらく見送り、支援の手が届かない人にも皆様のお気持ちが届くように、車両で移動しながらの奉仕を継続していく予定です。

1年の中でもっとも寒い1月は、デリーでも最高気温が15度に届かない日がありましたが、2月に入れば20度を超える日が多くなり、春の訪れを感じるようになります。
まだまだ大変な状況が続きますが、皆様の温かなお気持ちが繋がりこの時を乗り越えることができるように、積極的に活動していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その39)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎるも、これまでに累計感染者数は1070万人、死者数は15.3万人を超えました。

食事の奉仕は、1月23日に500皿(第69回目)、1月26日に500皿(第70回目)を配ることができました。
メニューは1月23日がダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)、1月26日がチョーレー・チャーワル(ひよこ豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

インドでは1月26日に共和国記念日が祝福されました。
1950年1月26日に正式に憲法が発布され、共和国となったことを記念する日です。
広大でさまざまな思想や宗教が入り混じるインドでは、それぞれの暦に応じて多くの祝日がありますが、国全体が祝日となる国民の休日は、年に3日しかありません。
そのひとつが共和国記念日であり、毎年、外国の首脳が主賓として招かれ盛大なパレードが催されるため、首都のデリーでは警備が厳しくなります。
今年は、昨年から続く農業改革に反発する農業従事者らの抗議活動が活発になると予想され、とりわけ厳重な警備が敷かれました。
しかし、当日はデモ参加者たちがバリケードを突破し市街地に侵入、激しい衝突が生じる事態となってしまいました。

食事の奉仕は、現在は500食の奉仕を週2回、主に土曜日と火曜日を予定して実施しています。
1月26日(火)は祝日となり、多くがお休みとなりますが、たくさんの方のご協力を得て、予定通り実施することができました。
各地で警備が厳しくなっており、奉仕ができるか心配でしたが、問題なく実施することができ安堵しています。
共和国記念日はたくさんの人に愛され祝福される日であるため、この日に食事の奉仕を通じて喜びを分かち合うことができとても嬉しく思います。

一方、新型コロナウィルスについて、今週にはデリーで1日の新規感染者数が96人にまで減り、とりわけ厳しい封鎖が続いていた4月30日以来の少なさとなりました。
ワクチン接種も始まっていますが、収束していたにも関わらず感染が再拡大する地域もあり、楽観できない状況が続きます。
農業従事者らの抗議活動も収束する気配はなく、社会に不安が渦巻く今、少しでも温かな気持ちが広まることを願いながら、奉仕の活動を続けて行きたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その38)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎるも、これまでに累計感染者数は1061万人、死者数は15.2万人を超えました。

食事の奉仕は、1月16日に500皿(第67回目)、1月19日に500皿(第68回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

当初は異なるメニューで食事を奉仕していましたが、現在は安定して奉仕を続けられるよう、同じメニューが続いています。
ダール・チャーワルは日常的に食される国民食で誰からも愛され、たんぱく質も多く摂取でき栄養面でも優れているメニューです。

食事の奉仕を行うデリーでは、1日の新規感染者数が200人を下回る日もあり、厳しい封鎖が続いていた時の水準まで下がっています。
1月18日からは、昨年の3月19日から閉鎖されていた教育機関が10ヶ月ぶりに再開されました。
状況は改善しているように見られますが、食事の奉仕を行う現地スタッフは、治安の悪化や犯罪の増加を感じる瞬間があると言います。
生活が一変し、ストレスを抱える人が少なくない現在、少しでも社会に温かな気持ちが広まりますよう、食事の奉仕として活動を続けていきたいと思います。
与えること、与えられることを通じて、真の平和が広がることを心より願っています。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その37)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎるも、これまでに累計感染者数は1051万人、死者数は15.1万人を超えました。
現在は、Unlock 8.0と呼ばれる封鎖の緩和の段階にありますが、社会経済活動の多くが再開しています。

食事の奉仕は、1月9日に500皿(第65回目)、1月12日に500皿(第66回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

食事の奉仕を実施する首都のデリーは、東京都の約3分の2の面積に、2000万人超の人口が居住する人口密度の高い都市です。
一時期は、1日の新規感染者数が8000人を超える感染拡大が見られましたが、現在は400人を下回る日もあり、状況は落ち着いています。
デリーでは、およそ10ヶ月にわたって教育機関が閉鎖されていますが、1月18日からは、受験を控える学年を優先的に学校を再開すると発表されました。
これまでにもオンライン授業が行われており、学校に赴くことを不安に感じる保護者も多くいるようですが、ようやく学びの場が再開されることに良い変化の兆しを見るようです。

また、インドでは1月16日から医療従事者を中心に新型コロナウイルスのワクチン接種が始まります。
1月14日には、太陽が北半球に回帰するマカラ・サンクラーンティを迎え、これからは光が満ちていく時です。
しかし、長期にわたる厳しい封鎖の影響はさまざまな方面で見られ、特に困窮する人々の生活の再建は容易ではありません。
社会全体が光のある方へ進むことができるように、今後も皆様のお気持ちを食事の奉仕としてお届けする活動を継続していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その36)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを超えましたが、これまでに累計感染者数は1039万人、死者数は15.0万人を超えています。

食事の奉仕を実施する首都のデリーでは、新型コロナウイルス感染の第3波が深刻になり、1日の新規感染者数が8000人を超える時期がありましたが、今週には400人を下回る日があり、状況は落ち着いているように見えます。
年末年始においても、カウントダウン等のイベントを警戒し、夜間の外出禁止や集会の禁止といった厳しい措置が行われました。

食事の奉仕は、1月2日に500皿(第63回目)、1月5日に500皿(第64回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

インドの年末年始は通常通りに動いているところが多くあり、食事の奉仕もこれまでと同じペースで実施することが出来ました。
年末年始は寒波の到来により、デリーもとりわけ厳しい寒さに見舞われるとともに、新型コロナウイルス感染に対する厳しい措置が行われたため、状況が見えない困窮する人々の中には大きな不安を感じた方も多くいたことと思います。
食事を通じて皆様の思いを共有しながら、少しでも希望の光が社会に広がることを願ってなりません。

厳しい寒さの後には、2日間続けて雨が降り、現在は寒さは和らぐとともに空気も少し澄んだように感じられます。
長期に渡る厳しい全土封鎖とその後の急速な感染拡大には、先が見えず悶々とすることも多くありましたが、こうして必ず良い変化があることを忘れずに、希望を持って日々に向き合いたいと感じます。
まだ不安定な状況が続きますが、この状況を乗り越えることができるように、積極的に社会に向き合いながら、活動を続けていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その35)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
これまでに、累計感染者数は1024万人、死者数は14.8万人を超えました。
ここ最近は、1日の新規感染者数が1〜2万人台の日が続いており、厳しい全土封鎖が続いていた6月頃と同じ少ない水準になっています。

食事の奉仕は、12月26日に500皿(第61回目)、12月29日に500皿(第62回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

インド全体では1日の新規感染者数が減少し続けていますが、インドでも変異種が確認され、警戒感が高まっています。
対策は緩和されることなく、1月末までは教育機関の閉鎖や大規模集会の禁止が継続されることになりました。
地域によっては、夜間外出禁止令が発令されている地域もあります。

世界が突然止まってしまってから、出口の見えない日々が続き、誰もが思い迷う瞬間があることと思います。
特に、社会的な弱者が直面する影響は、深刻なものであると伝えられています。
そんな中、皆様の温かいお気持ちを通じて、4月から食事の奉仕を休むことなく継続することができました。
過酷な状況の中でも、食事の奉仕を通じて人々と繋がり、たくさんの喜びを共有することができ感謝の気持ちでいっぱいです。

インドの年末年始は、日本のように長いお休みになることは少なく、通常通りに動いているところが多くあります。
世界の各地で奮闘している人々がいることを忘れずに、与えられた日々に学びながら、一瞬一瞬を全力で生きることを努めたいと感じます。
皆様の温かいお気持ちが繋がり生まれる行為は、社会に必ず良い変化を生み出してくれることと思います。

今年一年、たくさんのお気持ちをいただき誠にありがとうございました。
寒さ厳しき折、どうかご自愛の上、良い年末年始をお過ごしください。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その34)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
これまでに、累計感染者数は1000万人、死者数は14.6万人を超えました。
しかし、今週には1日の新規感染者数が1万人台となった日があり、9万人を超えていた感染拡大時に比べ落ち着いているように見えます。

食事の奉仕は、12月19日に500皿(第59回目)、12月22日に500皿(第60回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
4月に始まったこの食事の奉仕は、週2回の奉仕をペースに、これまでに60回を超え、30,000食を配ることができました。
感染防止対策を最優先しているため、一度に奉仕できる食事は500皿と限りがありますが、この不安定な時期に継続して実施できますこと、皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。

この緊急アンナダーナは、全土封鎖の影響により、都市部に取り残された日雇い労働者や出稼ぎ労働者、また路上で物売りをしていた人々や施しで生活していたホームレスの人々への食事の奉仕として始まりました。
社会経済活動の多くが再開した現在は、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

一時期、食事の奉仕を実施する首都のデリーでは、新型コロナウイルス感染の第3波が深刻になり、1日の新規感染者数が8000人を超える日がありましたが、現在は1000人を下回るまでになりました。
しかし、不安定な状況が続き、まだ事前に日時や場所を決めた多くの人が集まるアンナダーナの実施は困難なため、引き続き、車両で移動しながらの奉仕を継続していく予定です。

もっとも寒い時期を迎えているデリーでは、最低気温が5度前後の日が続き、困窮する人々へ暖かい服や毛布を配ったり、路上生活者にはシェルターの提供といった活動も行われています。
私たちも食事の奉仕を継続しながら、少しでも社会に光を届けることができるように活動していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その33)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
今週は、1日の新規感染者数が2万人台となる日が続き、まだ厳しい封鎖が続いていた7月以来の少なさとなっています。

食事の奉仕は、12月12日に500皿(第57回目)、12月15日に500皿(第58回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。

食事の奉仕を行う首都のデリーは、農業改革に反発する農業従事者らの抗議活動が現在も続いており、一部の州境は閉鎖されています。
今週にはハンガーストライキが決行されるなど、現在も協議は難航しています。
そんな中、食事の奉仕は、経済的に困窮する人々が暮らす地域を車両で移動しながら行っています。
日中に太陽が顔を出すと暖かくなりますが、冬を迎えているデリーでは、今週は最低気温が4度まで下がり、寒さも厳しくなってきました。
食事を受け取る人々の多くは、テントのような簡易の住居に暮らしていたり、中には住居がない人もおり、現在の困窮する生活では厳しい寒さも苦しさに追い討ちをかけています。
感染防止対策のため、現在はパックに詰めた食事を配らざるをえず、温かい食事を届けることはできませんが、必要とする人々にとっては1食でも大きな救いになることと思います。

冬至が近づき、とりわけ寒く暗い時が続く今、少しでも喜びや救いを届けることができるように、今後も活動していきたいと思います。
日本でも厳しい寒さが続いており、皆様もどうかお身体にお気をつけてお過ごしください。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その32)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎましたが、これまでに累計感染者数は970万人、死者数は14万人を超えました。

食事の奉仕は、12月5日に500皿(第55回目)、12月8日に500皿(第56回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を車両で移動しながらの奉仕となっています。

首都のデリーでは、現在、農業改革に反発する農業従事者らの抗議活動が大きくなり、不安定な状況が生じています。
12月8日には、バーラト・バンダと呼ばれる全国規模のストライキが決行されましたが、協議は難航しており、今後も抗議活動は続くとみられます。

現在、食事の奉仕は不定期となっていますが、土曜日と火曜日の実施が多くなっています。
予定をしていた12月8日はバーラト・バンダに重なりましたが、多くの人の協力を得て、無事に実施することができました。
現在の不安定な状況の中では、1日に1食をとることもできないほど困窮する人々が多くいます。
この状況においても、大切な食事をお届けすることができ、大変な労働の中で食料を生産する農家の方をはじめ、皆様のお気持ちに、改めて心から感謝せずにはいられません。

食事の奉仕を実施する首都のデリーでは、一時期は新型コロナウイルス感染の第3波が深刻になっていましたが、少しずつ落ち着きを見せています。
一方で、社会にはさまざまな課題があり、多くの人々がより良い社会のために奮闘を続けています。
社会的な実践において達成される霊的修行の価値は、インドにおいて大切に受け継がれる教えでもあります。
皆様からのお気持ちを広くお届けできますよう、今後も積極的に行動することを忘れずにいたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)