サルヴェー・バヴァントゥ・スキナハ

・sarve bhavantu sukhinah
sarve santu nirAmayAh
sarve bhadrAni pasyantu
mA kaschit duhkha bhAgbhavet
・サルヴェー・バヴァントゥ・スキナハ
サルヴェー・サントゥ・ニラーマヤーハ
サルヴェー・バドラーニ・パシャントゥ
マー・カシュチット・ドゥフカ・バーグバヴェートゥ
・意味:皆が幸福であらんことを、
皆が健やかであらんことを、
皆が善なる思いを知らんことを、そして
苦しみ舐める者のなきことを(訳:浜田吾愛)

一切の生類の幸せを祈願するユニバーサル・プレアーです。インドの僧院では日課として日々唱えられているマントラです。
「サルヴェーシャーム・スヴァスティル・バヴァトゥ」のマントラに続けて唱えられます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「チャント・オブ・インディア」(トラック16)

サルヴェーシャーム・スヴァスティル・バヴァトゥ

・sarveshAm svastir bhavatu
sarveshAm shAntir bhavatu
sarveshAm pUrnam bhavatu
sarveshAm manglam bhavatu
・サルヴェーシャーム・スヴァスティル・バヴァトゥ
サルヴェーシャーム・シャーンティル・バヴァトゥ
サルヴェーシャーム・プールナム・バヴァトゥ
サルヴェーシャーム・マンガラム・バヴァトゥ
・意味:皆に善なるもの降り注がんことを
皆に平和あらんことを
皆が全きものにふさわしからんことを、そして
皆がめでたき思いを知らんことを(訳:浜田吾愛)

一切の生類の幸せを祈願するユニバーサル・プレアーです。インドの僧院では日課として日々唱えられているマントラです。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「チャント・オブ・インディア」(トラック16)

シュリー・ラーマ・ジャヤ・ラーマ・ジャヤ・ジャヤ・ラーマ

・shrI rAma jaya rAma jaya jaya rAma
・シュリー・ラーマ・ジャヤ・ラーマ・ジャヤ・ジャヤ・ラーマ
・意味:ラーマ神に栄光あれ

さまざまな旋律をつけて、バジャン(讃歌)としてよく歌われるマントラです。「ジャヤ」は、サンスクリット語で、勝利、克服などの意味です。正義の化身であり、最高の戦士であるラーマの栄光を讃えます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「ジャパ」(トラック7)

オーム・フリーム・ナマハ

・Om hrIm namah
・オーム・フリーム・ナマハ

フリームは、ビージャ・マントラ(種子真言)のひとつで、マハーマーヤー(宇宙の母なる女神ドゥルガー)あるいはブヴァネーシュヴァラ(世界の主の意味でシヴァ神)を示しています。
「ハ(Ha)」はシヴァ神を、「ラ(Ra)」はプラクリティ(自然、本質、創造などを意味するサンスクリット語。精神原理プルシャと対比される)を、「イー(Ee)」はマハーマーヤーを意味するといわれます。
「フリーム」の音は、宇宙の母であるドゥルガーを喚起し、これによって悲しみが払拭されると信じられています。
このマントラは、1面、4面、5面、6面、10面、13面のルドラークシャに対しても唱えられます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Rudraksha 平安、繁栄、健康のためのマントラ」(トラック5)

ナモー・デーヴェイ・マハーデーヴェイ

・namo devyai mahA-devyai shivAyai satatam namah
namah prakrityai bhadrAyai niyatAh pranatAh sma tAm
・ナモー・デーヴェイ・マハーデーヴェイ・シヴァーイェイ・サタタム・ナマハ
ナマハ・プラクリテェイ・バドラーイェイ・ニヤターハ・プラナターハ・スマ・ターム
・意味:永遠の吉兆、偉大な女神を常に礼拝いたします
永遠、不変、遍在である、幸福を授ける原初のシャクティに敬礼いたします

ドゥルガー・サプタシャティー第5章9節の他、さまざまな詩に登場するマントラです。
すべての源泉である女神に祈りを捧げ、今日一日を、そしてこれから始まる祭祀の祝福を女神に祈願します。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Sacred Morning Chants – Shri Devi」(トラック2)

オーム・ガウリー・シャンカラーヤ・ナマハ

・Om gaurI shankarAya namah
・オーム・ガウリー・シャンカラーヤ・ナマハ
・意味:ガウリーシャンカラ神に帰依いたします

ガウリー・シャンカラは、シヴァ神(シャンカラ)と、シヴァ神の妃であるパールヴァティー女神(ガウリー)を示しています。双子のルドラークシャ・ビーズや、またヒマーラヤ山脈の双子のガウリー・シャンカラ山などを指すこともあります。
このマントラは、ガウリーシャンカラ・ルドラークシャを祝福するためのマントラでもあり、ガウリーシャンカラ・ルドラークシャ・ビーズは、サンニャーシン(放擲者、放棄者)や賢者が好んで身につけられます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Rudraksha 平安、繁栄、健康のためのマントラ」(トラック15)

ヴェーンカテーシュヴァラ・マントラ

・kalyAnA dbhuta gAtrAya
kAmitArthapradAyine
shrImadvenkatanAthAya
venkateshAya te namah
・カリャーナー・ブタ・ガートラーヤ
カーミタールタプラダーイネー
シュリーマドヴェーンカタナーターヤ
ヴェーンカテーシャーヤ・テー・ナマハ
・意味:全知全能、吉兆の象徴である偉大な姿をしたお方
分け隔てなく帰依者のすべての願望をかなえるお方
ヴェーンカタ(聖なる丘)の山の神であるお方
ヴェーンカテーシュヴァラ神に帰依いたします

ヴィシュヌの化身である眼光鋭いヴェーンカテーシュヴァラのマントラです。
ヴェーンカテーシュヴァラは、金、銀、財宝、豪華な装飾を身につけ、その妻も富の女神であるラクシュミーであることから、ビジネスの隆盛を祈願するために礼拝されます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Gods of India マルチメディア・マントラブック

バッドラン・カルネービヒ(後半)

・svasti na indro vruddha-shravAh
svasti nah pUshA vishvavedAh
svasti nas-tArkshyo arishtanebhih
svasti no bruhaspatir-dhadhAtu
Om shAntih shAntih shAntih
・スヴァスティ・ナ・インドロー・ヴルッダ・シュラヴァーハ
スヴァスティ・ナハ・ブーシャー・ヴィシュヴァヴェーダーハ
スヴァスティ・ナス・タールクショー・アリシュタネービヒ
スヴァスティ・ノー・ブルハスパティル・ダダートゥ
オーム・シャーンティヒ・シャーンティヒ・シャーンティヒ
・意味:私たちに、古代に名を轟かせたインドラの恩寵がありますように
私たちに、全知のプーシャー(太陽神)の恩寵がありますように
私たちに、悪を滅ぼすタールクシャ(ガルダ)の恩寵がありますように
祈祷の主であるブリハスパティよ、どうか祝福をお与えください
平安あれ、平安あれ、平安あれ

プラシュナ・ウパニシャッド、ムンダカ・ウパニシャッド、ガナパティ・アタルヴァシールシャムで見られる「バッドラン・カルネービヒ」のシャーンティ・マントラ(後半部)です。
ブリハスパティは、祭祀の主とされる祭式を司る神です。ブリハスパティの祝福により、これから行われるすべての試みが成功するように祈願します。
・「ヴィシュワ・シャーンティ・マントラ」(トラック5)
・「シャーンティ・マントラ・チャンティング with Shri Aswath
・「ガナパティ・アタルヴァシールシャム・チャンティング with Shri Aswath

バッドラン・カルネービヒ(前半)

・Om bhadram karnebhihi shrunuyAma devAh
bhadram pashyemAkshabhir-yajatrAh
sthirairangai stushtuvAgm sastanUbhihi
vyashema devahitam yadAyuh
・オーム・バッドラン・カルネービヒ・シュルヌヤーマ・デーヴァーハ
バッドラン・パッシェーマークシャビル・ヤジャットラーハ
スティライランガイ・ストゥシュトゥヴァーグン・サスタヌービヒ
ヴャシェーマ・デーヴァヒタン・ヤダーユフ
・意味:神よ。私たちの耳が、よいことを聞く耳でありますように。
私たちの目が、よいものを見る目でありますように。
あなたに与えられた健康で丈夫な身体で、あなたの栄光を讃美するために。
プラシュナ・ウパニシャッド、ムンダカ・ウパニシャッド、ガナパティ・アタルヴァシールシャムで見られるシャーンティ・マントラ(前半部)です。
耳と目は、人間の器官の中でもっとも多く、外部からの情報を受けとる器官です。常によいことを聞き、よいものを見ることができるよう神に祈ることで、平安で幸せな日々が送れるよう、一日の始まりに唱えられることが勧められています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「ヴィシュワ・シャーンティ・マントラ」(トラック5)
・「シャーンティ・マントラ・チャンティング with Shri Aswath
・「ガナパティ・アタルヴァシールシャム・チャンティング with Shri Aswath

アサトーマー・サッドガマヤ

・asatomA sadgamaya tamasomA jyotirgamaya
mrityormA amritam gamaya
Om shAntih shAntih shAntih
・アサトーマー・サッドガマヤ・タマソーマー・ジョーティルガマヤ
ムリッティヨールマー・アムリタン・ガマヤ
オーム・シャーンティヒ・シャーンティヒ・シャーンティヒ
・意味:非真から真実へ 不明から光明へ 死から不死へ
どうか私をお導きください。
平安あれ、平安あれ、平安あれ

ブリハド・アーラニヤカ・ウパニシャッド(I.3.27)によるシャーンティ・マントラです。
世俗的なものごと、感官に対する執着、貪欲や怒りなど…、あらゆる点で、欠陥に覆われている私たちの知性を輝かせ、真理を気づかせる至高のマントラです。万物の主、霊性の師匠に、真理へ到達するための窮極の叡智を授けてくれるよう祈ります。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「ヴィシュワ・シャーンティ・マントラ」(トラック9)