新型コロナウィルス支援募金活動報告(その24)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では、1日の新規感染者数が1〜2万人台の日が続いており、9万人を超えていた感染拡大時に比べ、落ち着いているように見えます。

1月5日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第13回目の物資の支援を行いました。
もっとも消費される食料品や生活必需品を中心に物資を集め、配送料を含めた合計は、Rs.35215(約49500円)です。

今回は前回の支援から約3週間での支援となり、新年のお祝いもかねて、甘いお菓子のラッドゥーを前回と同じだけ含めました。
北インドはもっとも寒い時期を迎えていますが、施設に近い首都のデリーでは、元旦に最低気温が1.1度まで下がりました。
寒さが厳しくなりましたが、施設ではささやかに新年のお祝いを行うことが出来たようで、飾り付けとともに、穏やかな様子を伺うことが出来ました。
今回も寒さのために、外に出ている方は少なめでしたが、現在の入居者は400名を超え、入居を希望する人は現在も絶えない状況です。

太陽が北方に回帰するマカラ・サンクラーンティを過ぎれば、少しずつ日が伸び、光が満ちていきます。
長く続く大変な状況を、皆様のおかげで乗り越え続けられていることに、心からの感謝をいただいています。
より良い社会に向かって進むことができるように、こうした日々に学びながら、今年も積極的に活動して行くことを心がけたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
新しい一年が皆様にとって幸せ多き一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

若林忠宏:論理とスピリチュアル:新連載 Vol.7 バガヴァッド・ギーター:第二章・第2節 ③

新連載のバガヴァド・ギータの文言は、数ある紹介の中でも最もご誠実で丁寧で分かり易く説かれたとお奨めする、シーターラーマさんブログから引用させていただきますので、文言それぞれの詳しい解説は、公式サイトのブログで学んで下さい。
(本連載では、一部、著者の要約に代えさせていただいておりますことをご了承ください。)
………………………………………………………………………………………………
バガヴァッド・ギーター:第二章・第2節 ③

クリシュナは言った。
危機に於いて、この弱気はいったい何処から貴殿ににじり寄ったのだ!
それは貴殿にそぐわず、天界に導きもせず、不名誉をもたらすものだ。アルジュナよ。

前回、ブラフマン教~ヒンドゥー教では、「相反する二者」は、生命体の原理であり、宇宙の原理でもあるのだから「どちらが善でどちらが悪」などという解釈はあり得ない(要約)と述べました。その一方で、この「拮抗のバランスを崩さんとするもの」は、明らかに「絶対悪」であると述べました。

アルジュナは、第一章の末で、
「美徳が滅びれば、まさに悪徳がすべての一族を支配する」と、「絶対悪」と「絶対善」の存在の事実を明言しつつ、しかし「それらは元々同族である」ことに加えて、「古来の伝統が滅びる」とも述べ、その葛藤を露にしていました。

これは、極めて深い意味を持っています。

つまり、
「AとBという相反する存在が拮抗して存在するABによって(或る意味平和的に)存続した慣習・伝統」が、「AがBを」または「BがAを」滅ぼしてしまえば、「A」か「B」に帰してしまい、「ABの総ての伝統は滅びる」という不可避の結末を意味しているのです。

「AB」だ、「A」だ「B」だ、などと言うと、血液型を思い起こしますが、あながち的外れではないかも知れません。私は、生薬・ハーブに関して、血液型の輸血適合性に通じる理論を持っていますが、またの機会にお話出来たらと思います。

かつての日本は、平安時代頃から明治維新迄の長きに渡って神道と仏教をごちゃまぜにする政策「神仏混淆」を取っていました。その弊害や無理も多くありますが、「明王信仰」「権現信仰」などは、混交・混淆・習合を超えた「融合の神」とも言えます。ところが、明治維新では、仏教弾圧の性格も持つ「神仏分離(神仏判然令)」によって「習合」は、権力によって無理やり引き裂かれました。同時に、一部で仏教弾圧「廃仏毀釈」の動きさえ見られました。 その結果、日本は、社会主義国並に「無宗教・無心論者(が圧倒的多数の)」の国になってしまいました。

つまり、「神道と仏教を合わせた信仰感」に、「区別」を強要した結果、バランス崩壊はもとより、双方とも廃れ、信仰心そのものを失ってしまった、ということです。

これなどは、クリシュナとアルジュナの問答、とりわけ第一章から第二章に掛けてのテーマにより相応しい喩えの例かも知れません。
(つづく)

………………………………………………………………………………………………
何時も最後までご高読下さってありがとうございます。

バガヴァド・ギータの詳しい語彙の解説は、シーターラーマさんのブログで是非、学んで下さい。
SitaRamaブログ

若林忠宏の今と今後の活動計画とも言うべき、Facebook-Pageも、是非お立ち寄り下さい。
若林忠宏facebook-Page一覧
本新連載と共に、ご参考になることや、学びを感じていただけましたら、是非「いいね!」で応援して下さい。シェア及びコメントも、大変、書き甲斐・励みになります。
若林へのBFB申請も、「連載見たよ」と一言お教え下されば、大歓迎です。

Youtubeも、年末年始以降、新作が急増する予定です。併せて宜しくお願いします。
Youtube Tadahiro Wakabayashi

(文章:若林 忠宏

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
若林忠宏氏によるオリジナル・ヨーガミュージック製作(デモ音源申込み)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

ローリー・フェスティバル2021

インドではいよいよ、1月14日にマカラ・サンクラーンティを迎えます。太陽が山羊座に入るこのマカラ・サンクラーンティより、太陽が北方に回帰し、冬が終わるといわれます。

その前日となる1月13日には、主にパンジャーブ州において、ローリー・フェスティバルが祝福されます。ローリー・フェスティバルは、農業が盛んな地域において祝福される収穫祭であり、人々は小麦や落花生、砂糖やバターなど、豊作を祈り神々に捧げます。日没後、大きな焚き火を作り、捧げ物を火に投げ入れ、火が絶えるまで踊り歌を歌い、祝祭が続きます。大きな焚き火は、太陽への敬意といわれます。

古代において、農業を行うためには、天体の動きを観察し季節を知る必要性があったといわれます。インドにおいて、こうした自然の動きは神々の力のあらわれとして崇められてきました。そんな大自然の巡りを祝福するインドの祝祭は、私たちに神々のリズムを理解させてくれるとともに、その絆を深める重要な瞬間です。

私たちの平和な暮らしの中には、大自然の恵みという大きな力が働いています。ひとりひとりがその恵みに気づき、大自然を敬いながら生きる時、世界には大きな平安が広がるでしょう。

皆さまの日々にも、暖かな光が満ちていきますように心よりお祈り申し上げます。

スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ・ジャヤンティ

1月12日は、スワーミー・ヴィヴェーカーナンダの生誕日です。この日は、スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ・ジャヤンティとして、盛大な祝福が行われます。

ヴィヴェーカーナンダは、近代インドの聖者であるシュリー・ラーマクリシュナ・パラマハンサの主要な弟子として知られ、霊的指導者として、インドのみならず世界中の人々に影響を与えました。宗教を超えた真理の教え、また社会的実践の中での霊的修行の価値を説き、現代も多くの人々を惹きつけています。

理想的な人間とは、最大の沈黙と孤独の中で、最強の活動力を見出す者であり、最強の活動力の中で、砂漠の沈黙と孤独を見出す者である。
その者は、自制の秘訣を学び、自分自身を統制している。
スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ(1863年1月12日 – 1902年7月4日)

“The ideal man is he who, in the midst of the greatest silence and solitude, finds the intensest activity, and in the midst of the intensest activity finds the silence and solitude of the desert. He has learnt the secret of restraint, he has controlled himself.”
Swami Vivekananda(12 January 1863 – 4 July 1902)

ヴィヴェーカーナンダの教えは、世俗を離れることや超越的な体験をすることとは異なり、仕事を求め、行動を起こし、社会的に下層の人々へ奉仕を行うことにありました。その奉仕は、物質的な面に限定されるのではなく、インドの中核とみなされる精神的な探求をより深いレベルで導きます。インドという大国を目覚めさせるために働いたヴィヴェーカーナンダの力は、精神的な強さ、身体的な強さ、民族的な強さ、そして他のために働く強さとして、現代でも生き続けています。

参照:Swami Vivekananda Quotes

牡牛のナンディ

丑年の2021年、強くも愛らしい牛の姿を多く目にする1年の始まりとなりました。
牛といえば、人々にさまざまな恵みを運ぶ幸せの象徴として、インドでは広く崇められる存在です。
中でも、シヴァ神の乗り物である牡牛のナンディは、人々の祈りをシヴァ神に届ける存在として尊ばれ、常にシヴァ神の側に寄り添います。

一説に、ナンディの耳元で囁いた祈りは必ずシヴァ神に届くといわれ、寺院ではナンディの耳元で囁く人々の姿を目にすることも少なくありません。
そんなナンディの誕生には、さまざまな神話が伝わります。
そのひとつが、シラーダという賢者にまつわる神話です。

シラーダは子宝に恵まれず、シヴァ神への厳しい苦行を行い、ようやく子宝を授かりました。
子どもは深く愛され、「幸せなもの」を意味するナンディと名づけられます。

ある時、シラーダはナンディが若くして命を落とす運命にあることを告げられ、ひどく悲しみました。
打ちひしがれる父の姿を見たナンディは、家を出てシヴァ神への厳しい苦行を始めます。
すると、シヴァ神は喜び、ナンディを乗り物として、永遠にシヴァ神の側に寄り添う恩恵を与えます。
それは、シヴァ神が乗り物の牡牛を失った時だったといいます。

荷牛や耕牛として重荷を背負う牛の力は、古代において偉大な力として尊ばれてきました。
世界の安寧を願い瞑想を続けるシヴァ神を支えるために、力強い安定を見せる牡牛の存在は必要不可欠であったのかもしれません。
深い瞑想に没頭するシヴァ神に、人々の祈りを届けることができるのは、そんな牡牛のナンディだけであるとも伝えられます。

私たちもナンディのように、日々において大きな試練を経験することがあります。
しかし、シヴァ神への揺るがない思いによって、ナンディは自らの運命を克服しただけでなく、シヴァ神の側でいつの時も人々から崇められる存在になりました。
そうして永遠の命を与えられたナンディに、シラーダも喜んだに違いありません。

試練こそが自分自身を大きく成長させてくれるものであることを理解しながら、ナンディのように幸せを運ぶ存在になりたいと感じます。
丑年の2021年、皆様にたくさんの幸せが運ばれますように、心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

(文章:ひるま)

参照:Nandi of Lord Shiva

冬期休業のご案内

本年もSitaRamaをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、2020年12月30日(水)~2021年1月3日(日)まで、冬期休業とさせていただきます。
ご注文商品の発送は、1月4日(月)からとなりますので、何卒ご理解・ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

皆様にとって、神々の祝福に満ちた良いお年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その35)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
これまでに、累計感染者数は1024万人、死者数は14.8万人を超えました。
ここ最近は、1日の新規感染者数が1〜2万人台の日が続いており、厳しい全土封鎖が続いていた6月頃と同じ少ない水準になっています。

食事の奉仕は、12月26日に500皿(第61回目)、12月29日に500皿(第62回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

インド全体では1日の新規感染者数が減少し続けていますが、インドでも変異種が確認され、警戒感が高まっています。
対策は緩和されることなく、1月末までは教育機関の閉鎖や大規模集会の禁止が継続されることになりました。
地域によっては、夜間外出禁止令が発令されている地域もあります。

世界が突然止まってしまってから、出口の見えない日々が続き、誰もが思い迷う瞬間があることと思います。
特に、社会的な弱者が直面する影響は、深刻なものであると伝えられています。
そんな中、皆様の温かいお気持ちを通じて、4月から食事の奉仕を休むことなく継続することができました。
過酷な状況の中でも、食事の奉仕を通じて人々と繋がり、たくさんの喜びを共有することができ感謝の気持ちでいっぱいです。

インドの年末年始は、日本のように長いお休みになることは少なく、通常通りに動いているところが多くあります。
世界の各地で奮闘している人々がいることを忘れずに、与えられた日々に学びながら、一瞬一瞬を全力で生きることを努めたいと感じます。
皆様の温かいお気持ちが繋がり生まれる行為は、社会に必ず良い変化を生み出してくれることと思います。

今年一年、たくさんのお気持ちをいただき誠にありがとうございました。
寒さ厳しき折、どうかご自愛の上、良い年末年始をお過ごしください。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

若林忠宏:論理とスピリチュアル:新連載 Vol.6 バガヴァッド・ギーター:第二章・第2節 ②

※ 尚、新連載のバガヴァド・ギータの文言は、数ある紹介の中でも最もご誠実で丁寧で分かり易く説かれたとお奨めする、シーターラーマさんブログから引用させていただきますので、文言それぞれの詳しい解説は、公式サイトのブログで学んで下さい。
(本連載では、一部、著者の要約に代えさせていただいておりますことをご了承ください。)
………………………………………………………………………………………………
バガヴァッド・ギーター:第二章・第2節 ②

クリシュナは言った。
危機に於いて、この弱気はいったい何処から貴殿ににじり寄ったのだ!
それは貴殿にそぐわず、天界に導きもせず、不名誉をもたらすものだ。アルジュナよ。

私は、先週の拙稿で、
「苦悶するアルジュナは、(苦悶の自問自答の)最後に『大いなる矛盾』について述べた」「それは『同族同士の戦いの空しさ』と『絶対善と絶対悪』という矛盾するテーマであった」(いずれも要約)と述べました。

クリシュナは、その言葉を待っていたかのように、アルジュナの葛藤を諌め、決断を迫る言葉を執拗に述べています。

この点が、第一章と第二章の前半の大きなテーマなのではないでしょうか。
…………………………………………………………………………………………..
「敵」とは何か? 「善悪」とは何か?
……………………………………………..
バガヴァドギータは、戦記ものの二つのパターン「永遠のライバル同士の骨肉の戦い」「同族・同血統の悲惨な分裂(仲間割れ/後継者争い)」の後者の典型です。日本の歴史でも、「両統迭立」と言われ、飛鳥時代から何度か繰り返されています。

私は、先週の拙稿で述べたように、これは生命体の中の「恒常性」から宇宙の原理にも通じる「拮抗・バランス・対峙の原則」を示唆していると考えます。
それと同時に、ブラフマン教~ヒンドゥー教の基本に「バランスを崩さんとするもの=絶対悪」であり、「それを淘汰するもの=絶対善」があると見ます。

ここで一旦、話の筋を逸らします。
……………………………………………..
スピリチュアルに関心の高い読者の皆さんは、今までに色々な宗教についても学んだり、考えたり、悩んだりして来られたのだろうと思います。

改めて、その学びを、或る哲学を軸に振り返ってみて下さい。
それは「善悪の定義」という軸です。
ブラフマン教~ヒンドゥー教以外の、例えば、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の主流派や、仏教諸派の多くは、善悪を説く時、自らの教義(教え)を唯一正しいものとして、それ以外に対する排他性が強い場合が多く見られます。そう思われた方もきっと少なくないはずですし、これによって「だから宗教はイマイチ納得出来ないのだ」と考えて来られた方も少なくないと思います。

多くの宗教が説く「善悪」は、単純に考えれば、「A教に於いてA=善」は「B教に於けるB=善」とは別物である結果、それぞれは、他者の「善」を「悪」とせざるを得なくなってしまいます。私の語彙では、これらはいずれも「相対善であり相対悪である」と整理しています。しかし、宗教は、教義を「絶対的な教え」とするのが当たり前です。その結果、世界には様々な、しばしば相反する「真実・正義・善悪」が同時に存在してしまうのです。

しかし、ブラフマン教~ヒンドゥー教では、「相反する二者」は、共に「摂理(真理と言えるかも知れない)」に於いて不可欠の存在なのです。そのどちらが欠けても、僅かにバランスが狂っただけでも、「総てが崩壊する道を進んでしまう」のですから、「相反する二者」は善悪を超越しています。故に、「善にとって他方は悪だ」などを言う必要さえもないのです。
その一方で、「主旨=バランス=存続」を狂わすもの(状態・意図・意思・行為)は、紛れも無く「絶対悪」であり、それを淘汰せんとするものは「絶対善」という基本があることが、様々な経典・聖典・文献に多く見られるのです。
(つづく)

………………………………………………………………………………………………
何時も最後までご高読下さってありがとうございます。

バガヴァド・ギータの詳しい語彙の解説は、シーターラーマさんのブログで是非、学んで下さい。
SitaRamaブログ

若林忠宏の今と今後の活動計画とも言うべき、Facebook-Pageも、是非お立ち寄り下さい。
若林忠宏facebook-Page一覧
本新連載と共に、ご参考になることや、学びを感じていただけましたら、是非「いいね!」で応援して下さい。シェア及びコメントも、大変、書き甲斐・励みになります。
若林へのBFB申請も、「連載見たよ」と一言お教え下されば、大歓迎です。

Youtubeも、年末年始以降、新作が急増する予定です。併せて宜しくお願いします。
Youtube Tadahiro Wakabayashi

(文章:若林 忠宏

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
若林忠宏氏によるオリジナル・ヨーガミュージック製作(デモ音源申込み)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

2021年1月の主な祝祭

boat sailors at sunrise sunset in ganga river at allahabad indian asia

2021年1月の主な祝祭をご紹介いたします。

束の間の寒い冬を迎えている北インドも、1月14日に迎えるマカラ・サンクラーンティ以降は太陽が北方への回帰を始め、暖かくなり始めます。日本では寒さの厳しい時が続きますが、どうぞ良い年末年始をお過ごしください。

1月2日 サンカタハラ・チャトゥルティー
1月9日 エーカーダシー
1月11日 プラドーシャ/シヴァラートリー
1月12日 スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ生誕日
1月13日 新月/ローリー
1月14日 マカラ・サンクラーンティ/ポンガル
1月16日 ヴィナーヤカ・チャトゥルティー
1月24日 エーカーダシー
1月26日 共和国記念日/プラドーシャ
1月28日 タイプーサム/シャーカンバリー・ジャヤンティ
1月28日 満月

*地域や慣習によって、日にちに前後の差異が生じます。

1年を通じた祝祭、またその詳細について、インド暦カレンダーでご紹介しております。

参照:Month Panchang

第85回グループ・ホーマ(ギーター・ジャヤンティ)無事終了のお知らせ

第85回グループ・ホーマ(ギーター・ジャヤンティ)にお申込みいただきました皆様、誠にありがとうございました。

クリシュナ神を礼拝する、第85回グループ・ホーマは、12月25日に無事に終了いたしました。

プージャーの写真を以下に掲載させていただきます。

神々の祝福と、より良い体験がありますよう、心よりお祈り申し上げます。
第85回グループ・ホーマの実施内容はこちらよりご覧いただけます。