クリシュナ・アシュタカム第1節

・vasudeva sutam devam
kansa chAnUra mardanam
devakI paramAnandam
krishnam vande jagad gurum
・ヴァスデーヴァ・スタン・デーヴァン
カンサ・チャーヌーラ・マルダナン
デーヴァキー・パラマーナンダン
クリシュナン・ヴァンデー・ジャガッドゥグルン
・意味:ヴァスデーヴァの息子、
悪王カンサとチャーヌーラを倒したお方、
デーヴァキー(クリシュナの母)の至福の源泉、
世界の父であるクリシュナをたたえます。

クリシュナ・アシュタカム(クリシュナーシュタカム)第1節です。
クリシュナ・アシュタカムは初代シャンカラチャリヤの作品で、世界の師、世界の父(jagadguru)であるクリシュナをたたえる詩です。
万物をあまねく支えるクリシュナを、美しい韻律で讃美します。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「シュリー・クリシュナ・サハスラナーマム&ストートラ」(トラック7)
・「神々の恵み」(トラック4)
・「Chants of India」(トラック5)

ダンヴァンタリ・マントラ

・namAmi dhanvantary mAdidevam
surAsurair vandita pAda padmam
loke jarA rukbhaya mrithyunAsham
dAtAramIsham vividhaushadInAm
・ナマーミ・ダンヴァンタリ・マーディデーヴァム
スラースレイル・ヴァンディタ・パーダ・パドマム
ローケー・ジャラー・ルクバヤ・ムリティユナーシャム
ダーターラミーシャム・ヴィヴィドウシャディーナーム
・意味:老齢、病、恐怖、死から解放されることを願い
神々や阿修羅たちがあなたを礼拝するように
私はあなたの御足に平伏し、帰依いたします
ダンヴァンタリよ、どうか一切の病を癒す薬と医学的知識を
お与えください

ダンヴァンタリ神は、ヴィシュヌ神の化身とされるアーユルヴェーダの神です。
このダンヴァンタリ・マントラは、アーユルヴェーダの施術が滞りなく行われるよう、施術が行われる前に、また人々の病の平癒を願うために唱えられます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Gods of India マルチメディア・マントラブック

シュリー・ラーマ・ジャヤ・ラーマ・ジャヤ・ジャヤ・ラーマ

・shrI rAma jaya rAma jaya jaya rAma
・シュリー・ラーマ・ジャヤ・ラーマ・ジャヤ・ジャヤ・ラーマ
・意味:ラーマ神に栄光あれ

さまざまな旋律をつけて、バジャン(讃歌)としてよく歌われるマントラです。「ジャヤ」は、サンスクリット語で、勝利、克服などの意味です。正義の化身であり、最高の戦士であるラーマの栄光を讃えます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「ジャパ」(トラック7)

ヴェーンカテーシュヴァラ・マントラ

・kalyAnA dbhuta gAtrAya
kAmitArthapradAyine
shrImadvenkatanAthAya
venkateshAya te namah
・カリャーナー・ブタ・ガートラーヤ
カーミタールタプラダーイネー
シュリーマドヴェーンカタナーターヤ
ヴェーンカテーシャーヤ・テー・ナマハ
・意味:全知全能、吉兆の象徴である偉大な姿をしたお方
分け隔てなく帰依者のすべての願望をかなえるお方
ヴェーンカタ(聖なる丘)の山の神であるお方
ヴェーンカテーシュヴァラ神に帰依いたします

ヴィシュヌの化身である眼光鋭いヴェーンカテーシュヴァラのマントラです。
ヴェーンカテーシュヴァラは、金、銀、財宝、豪華な装飾を身につけ、その妻も富の女神であるラクシュミーであることから、ビジネスの隆盛を祈願するために礼拝されます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Gods of India マルチメディア・マントラブック