否定の先の幸福

この地に足を踏み入れることは、ある意味で、自分の中のあらゆるものを消し去っていく作業のように思うことがあります。それは、ウパニシャッドの代表的な哲人、ヤージニャヴァルキャが述べる、「アートマンは否定的な概念でしか捉えられない」という言葉を、一つ一つ実践していくようなものかもしれません。
一般に社会で生活を営む中で、自分の役割はそれぞれの場面によってさまざまな顔を持ち合わせています。家庭では父親であったり、母親であったり、息子や娘として、外に出れば、勤め人であったり誰かの友人であったりと、私たちはひと時もその役目を終えることはなく、心もまた忙しなく動き続けています。
自分自身を定義するそれらのものを否定していくことは、ヨーガの修練の中で偉大なものとの合一に至るために欠かせない作業の一つです。肉体というものがただこの魂を覆うものに過ぎず、そして感情や思考が自分の姿ではないということを強く覚えさせられる修練の数々を通して、人々はここで常に至高な存在との一体を求めています。
地位や名声、立場という自分の存在や価値を見出すための手段を手放すことは、多くの恐れや不安を伴います。しかし、ここでの人々の姿が物語るように、信じるものと強い信仰があれば、自分自身が失われるような恐怖に陥ることは決してありません。
必要のないものを手放しこの地に赴き、自分は何者でもないと否定しながら、ただ偉大な存在の下にヨーガを捧げる者としてその修練に入る時、そこには、自らを解放し自由になるための、そして何者でもないただ自分の内にある偉大な存在に気づくための大切な瞬間との出会いが溢れています。
「欲しいものをどれだけ手にしても永遠に満たされることはないと気がつけば、後はそれらを恐れずに手放していくだけです。」あるスワミジの言葉が物語るように、あらゆるものを放ち否定し続けた後に最後に残るものは、どんなものにも条件づけられない永遠に不変の至福だけに違いありません。
社会の中で全てを否定することが困難であるとしても、この肉体が、そして感情や思考が自分自身ではないということ、そして、奥深くにある誰もが持つ永遠の至福にいつの時も気づいていられるよう、少しの静寂がどんな人のもとにも訪れることをここで願っています。
(文章:ひるま)

守られた安らぎ

インドに戻り、今、穏やかな時間の流れの中に佇んでいます。5カ月とはいえ、そこに少なからず生じた空白があっても、何も変わらない神聖な何かがここに渦巻いていることをしっかりと感じ、その神聖さが示すただただ美しい瞬間の中に、私自身もぐっと引き込まれていきます。このインドの精神世界は、終わることのない安らぎを与えてやみません。
それは、人々の温かい心も同じのようです。「おかえり」と言って出迎えてくれる人々がいて、ほんの少しの間に大きくなった子どもたちが恥ずかしそうに近寄り、知人たちはまるで家族のように世話をしてくれる、その大きな優しさにそっと包み込まれていきます。
この世界にある無数のもの、色や形を備えたその存在が異なるもののように見えてしまう時に生じる孤立感が、自分自身の存在を守ろうと大きな自我を生み出していく中、ここにいると、人々の温もりがその孤立感を拭い、いつの時も乱れることのない穏やかさを与えてくれると強く感じます。
貧困が深く根づくこの社会の中で、心の奥深くから放たれるその優しさや温かさの裏には、人々が信じる神に捧げられた確かな心があります。色や形が違っても、全てのものが神という偉大なものの下に一つであること、それを知り得ている人々は孤立することなく常に神と共にあり、一体です。そこに、恐れや不安など入り込む余地など無いに違いありません。
インドの人々が、いつの時も強く神という存在に守られているのは、決して揺るがない確かな信仰があるからであり、その信仰のもとに初めて、人は神の姿を見るのだと感じます。そんな人々の存在が生み出す包容力と恐れや不安のない真の平静が、この神聖な地でそれを物語っています。
今、ここに戻り、強く守られた時に感じる安らぎや穏やかな気持ちを再確認しています。この暮らしの中で感じる一人ではないというその安心感と、偉大なものに包まれている暖かさ、それは、神がいつもそこにいるという真実と、それを示すインドの人々がいつの時も側にいてくれるからなのだと感じてなりません。
また、こうしてここにいること、インドに戻り改めてその喜びに感謝しています。
(文章:ひるま)

時を越えて

精神的な探求を続ける人々がインドへ向かい、そして肉体の枠を超えてヨーガが求められることは、遠い昔からの、そして果てることのない事象の一つのように思います。5ヶ月ぶりにインドへ戻る私もまた、あの神聖な世界の中で美しさと混沌に包まれながら過ごす毎日に今、思いを馳せています。
ヨーガを行い、そして精神的な教えを学ぶことはどこにいても可能なものとなりました。しかし、インドの物質的に限られた生活の中で、常に神と共にある人々が生み出す気づきに満ちた空間は、どんなものにも代え難いとても神聖で貴重なものです。そこに一歩足を踏み入れるだけで、自分の中の大切なものがひょっと顔を出すような、あの空間の持つ不思議な力には今も魅せられてなりません。
物から離れ、ヨーガの修練を通じ思考や人格という自分を束縛するものを少しずつ紐解いていく中で、気づきは様々な方面から訪れます。何ににも縛られないその心であらゆるものの色や形を見る時、その存在を、そしてその背景にある静寂を何よりも強く感じ、未来でも過去でもない、今という瞬間に留まる決して揺るがない確かな姿に出会います。
時間はただ流れ過ぎていき物事も同じように変化をする中で、今という瞬間を生きることは、変わらない真実と共にあること、それは神の側に留まる事に変わりありません。過去や未来が作り出す執着や欲望という苦悩から自由であるその存在の美しさを思うと、「あなたは、今を生きるのです」という、大震災の後のスワミジの言葉が蘇ります。その存在が生み出すものは平穏だけなのだとあの言葉の意味を今理解しています。
インドから日本へ、そしてまたインドへ。変化を続けるその時間や空間を越えて、いつも変わらずにある今という瞬間は、真実であり神そのものです。人々が長きに渡ってインドを訪れるのは、究極的にその瞬間に留まらせてくれるからなのだと感じます。その崇高な瞬間のために、早る気持ちを抑えながら、残り少しとなった日本の生活を今努めています。
(文章:ひるま)

神と出会うために

深い眠りの中にあるエネルギー・クンダリニーを目覚めさせ、純粋な意識とを結び付けるハタ・ヨーガのような身体に重点をおいたヨーガの修練は、とても厳しいもののように捉えられます。しかし、そのプロセスにおいて、自分の内で神のような崇高な存在と共にある瞬間が与えられることを看過することはできません。
神という漠然とした存在も、インドでは、この世界を生み出し維持している偉大な力として、誰もがその力を強くどんな時も胸に抱き続けています。風が吹き、太陽が照ること、人々が歩み、社会が動き続けること。この世界の出来事一つ一つに、いつの時も、神という偉大な力が働いていると考えます。そしてそれは、私たちの身体の中でも変わることはありません。
例えば、それぞれのチャクラを通じてクンダリニーについて観察する時、この肉体という小さな世界の中で起きている決して偶然ではない出来事を感じます。大地のようにどっしりとした根本があり、流れ行く水のように循環が行われ、エネルギーは火のように起こり、呼吸が風のように体を巡ります。空間がそれらの動きを包み込み、意識という神の力が、その存在を守っています。
誰もが経験しているその奇跡は、神の仕業とも言えるように、偉大な力の下に起きていることをヨーガの修練の中で気づかされます。目には見えない自分の内にある不変で崇高な部分に、肉体を通して意識的に向かっていくことは、漠然とした神聖な存在をより一層強く経験していきます。その中で、信念に基づいた強さは生み出され、恐れや不安などあらゆる負の存在が払拭された何にも束縛されることのない真実の姿を見るように思います。
自分の内に大切で神聖な存在を見つけ、それを感じれば感じるほど清い存在でありたいと願うのは、自分自身が真実であるというその姿を、いつの時も失いたくないという思いがあるような気がします。その時、厳しいと言われる修練の数々は、どんな苦行ともなり得ません。
「求めるものはただ、神だけです。」その言葉が示すように、常に神と共にあるインドの人々、そこから生み出される神聖な世界の中では、体を動かすことも、呼吸をすることも、全ては神のためのものなのです。
(文章:ひるま)

神への経路

ヒマラヤ山脈の麓に源を発するガンジス川は、広大なインドの大地を抜けベンガル湾へと出た後、世界を繋ぐ海と一体になります。穏やかに、そして時に激しく流れるガンジス川の側ではいつの時も、人々が祈り、神に思いを捧げ、その真摯な行いが変わることのない神聖な流れを生み出していました。
インドでは、人々の多くが川を「ナディ」と呼びます。「流れ」や「経路」という意味を持ち合わせるこのナディは、私たちの身体の中にも存在し、それは生命エネルギーであるプラーナを身体中に行き渡らせる「経路」として大切な役割を担っています。ムーラダーラ・チャクラに眠るクンダリニーが目覚め、サハスラーラへと向かうその道筋も、このナディの他にありません。ナディは、ヨーガの修練の中で最高の境地へと至るために欠かかすことのできない重要な存在です。
生命エネルギーであるプラーナはその名の通り、人々に生きるための活力を与えます。一方で、私たちを悩ませる感覚器官を働かせる力でもあり、心の作用を生みだす力、そのものでもあるとされています。そんなプラーナは、ヨーガの修練で目覚めたクンダリニーの上昇によって同じようにナディを昇り、そしてサハスラーラに達した時、ブラフマ・ランドラと呼ばれる頭の中の梵洞、神の穴へと飲み込まれていくと言います。
感覚器官を働かせるプラーナがその神の下に収まれば、生きるエネルギーに満たされながらも感覚器官は穏やかに静まっていきます。それは、ただその「存在」を喜ぶ三昧の境地そのものであり、その境地を得た者は、「生きながらにして解脱した者」と伝えられるほどです。神と一体になった生きるエネルギーは、人々に迷いや混乱を決して与えることはありません。
ガンジス川の神聖な流れを思い浮かべると、いつもこのヨーガの大切な教えを思い出します。人々の祈りや思いに包まれた神聖な川の流れは雄大で 、静かに海へと飲み込まれ、大本と一体となり消えていきます。いつも神と共にある人々の心が、揺るがず確かなものであるように、日々の生活を祈りとし、行いの全てを神に捧げることで、肉体と精神の双方が浄化され、自分の内に神へと近づくための聖なる流れを生み出していくに違いありません。その先にあるものは、大本との一体です。
祈ることや思いを捧げること、神へと近づきながら精神性を育むあらゆる行いは、自分自身を神聖なものとする術に他ないのだと、今改めて気付かされています。
(文章:ひるま)

千の花弁

永遠の至福を得ることは、いつの時代においても人々が願ってやまない事柄の一つです。インドでは長い間、私たちの身体の奥深くで眠るクンダリニーの力によってその至福を得ようと、精神的な探求を続ける多くの人々がヨーガの行いを試みてきました。
身体の中に点在する六つのチャクラは、クンダリニーを上昇させようとそれぞれの場所でそれぞれの力を使いながら秘かに活動を続けています。そして、ヨーガの行いで活性化されたチャクラによって上昇したクンダリニーは、やがて六つのチャクラを超え、私たちの頭のてっぺんにある「サハスラーラ」へと辿り着きます。
普段、自我に包まれた私たちは、まるで閉じた蓮の花のつぼみの様に本来の美しさを覆い隠し、そこにある至福さえも見失っています。一方で、サハスラーラが「千の花弁」の意味を表すように、私たちの頭のてっぺんで満開に開いた数え切れないほどのその花弁の美しさは、自我から解き放たれ、ただそこに存在する意識に気づいた、まさに永遠の至福を物語っているように感じさせます。
ヨーガは、私たちの中に完全な自由と本来の姿を示します。特定のアーサナや瞑想法はチャクラを浄化し活力を与え、それぞれの持つ本来の力を携えながら私たちを自我から解放し真実へと向かうための正しい道筋を示していきます。その道中で与えられる様々な気づきは、私たちを精神性の道へと引き止め、人々を迷わせ束縛する物質的な至福を決して覚えさせることはありません。
瞑想を含むあらゆるヨーガの行いを続ける中で、小宇宙である自らの身体の内でクンダリニーが上昇しサハスラーラへと辿りつく時、人々はこの宇宙を支配する基本原理を知ります。それこそが目覚めであり、全体との合一であり、私たちの意識が永遠の至福そのものである神と一体となる時です。
遠い昔から、人々はクンダリニーが眠りから目覚めることを待ち続けています。一人一人の目覚めは、この全体世界の目覚めです。自らの至福の中に在る満開に咲く花のように、ヨーガを通じて世界が永遠の至福の中に安住することを願ってやみません。
(文章:ひるま)

グルの声

ヨーガの修練によって肉体が完全なものとなる時、私たちは物質を生みだす五大元素を超えていくと言います。それは、五大元素を思いのままに操ることであり、物質であるこの肉体を支配することを意味します。
第三の眼とも言われる六番目のチャクラ、「アージュニャー・チャクラ」には五大元素は存在しません。そこにあるのは「虚空」です。そして、深い瞑想でその虚空へと入り込む時、内なるグルの声に出会うとヨーガの教えは伝えています。そんなアージュニャー・チャクラには「命令」の意味があり、その名の通り、チャクラの司令塔として内なるグルの声を受けながら全身へと命令を伝達しています。
インドの文化の中でグルは神そのものです。私たちの内に潜むグルを見出すことは、内なる神を呼び覚ますことであり、そこから与えられる命令は霊的指示の他にありません。神の指示もまた自分の内から生み出されものであり、それはいつの時も、私たちをより高い意識へと導こうとしています。
地・水・火・風・空という要素を持つそれぞれのチャクラの中で感じる働きを超え、何もない虚空のチャクラを瞑想することは、まさに、肉体を超えたところにある「意識」へと向かう手段そのものでした。このチャクラに集中したヨーガの行いは、感覚や思考を通して見ていた自分を超えていくものであり、ふと、自分とは形のないものだと感じた瞬間があったのも、この虚空を瞑想していた時だったように思います。
形を備える物質の次元でのあらゆる経験は様々な波風を立てながら、私たちを常に大きく揺らし続けています。真摯にヨーガの行いを続ける中でその経験を浄化していく時、第三の眼は開かれ内なるグルの声に導かれながら、私たちは感覚や思考に揺さぶられることのない、その奥深くにある究極の境地へと向かっていくに違いありません。
虚空の中にはあるものは、ゼロであり無です。そこには、欲望やそれに根ざす過去の行い、無意識など、私たちを束縛するものも存在しません。物質を超えたところには、究極の境地へと導く神の教えであり、グルの声、内なる神が安住しているのだと、ヨーガの教えは伝えているような気がします。
(文章:ひるま)

生命の露

地・水・火・風・空。あらゆる物質の根源として存在するこの五元素は、宇宙を生み出すと共に、私たちの体の中にも同様に存在し、物質であるこの肉体を創造しながら維持しているとインドの古い教えが伝えています。その教えはまた、私たちの体が小宇宙であり、世界にあるものはすべて私たちの体の中にも存在していると述べています。
それは、月と太陽も同じです。脊椎を一つの山に見立て、その山の中腹である喉の上方に月が、下腹部に太陽があり、そして、月からはいつも不死の甘露が生み出され、私たちに生命をもたらしているのだと言います。
月から滴り落ちるその生命の露は、何もせずにいれば、下方にあるマニプーラ・チャクラである太陽へと落ちて消滅し、老いや衰えが生じます。それ故、滴り落ちる生命の露が太陽の内に飲み込まれぬよう上方へと留めるべく、様々なヨーガの術が行われます。五番目のチャクラである「ヴィシュッダ・チャクラ」こそがその露が留まる場所であり、私たちの体を小宇宙とし、その小さな世界の中で神と繋がるべく行われるヨーガにおいて、ヴィシュッダ・チャクラに集中した行いは欠かすことのできないものの一つです。
あらゆるヨーガの行いを通して「清浄」を意味するヴィシュッダ・チャクラの内で保たれたその生命の露は、浄化され純粋なものとなり、空の要素を持つこのチャクラのエネルギーによって、道程を踏み外さぬよう全身へと行き渡ってゆきます。
ヨーガの行いをこの清浄の輪に捧げ瞑想を続ける時、浄化された生命の露が体を巡る感覚は、心にもまたその清浄さを覚えさせ、偽りや嘘さえも近寄ることを許しませんでした。体も心も純粋な浄化されたエネルギーとなった時、思考からも、行動からも、言葉からも、虚偽や錯覚は生じないのだと、ヨーガの教えを身を持って感じたことを覚えています。その教えが言うように、ヨーガの行いは真実そのものであり、生も死をも超えたところにある究極の境地へと私たちの意識を向かわせていきます。
私たちの体、その小さな世界の中で、真実を証明するための働きがいつの時も行われています。生命の露が今も自分の内で生みだされていること、そして、永遠で不変の真理に気づくべく、今日もヨーガの行いを続けています。
(文章:ひるま)

心の行方

体にも心にも浄化を促すヨーガの行いを真摯に続ければ、ある時、体の中で発する美妙な音を聞くことができるようになると、ヨーガの教えは伝えています。そして、その音に心を定め、決して離れることなく瞑想に努めれば、いつしか心は音の中に消滅していくのだと言います。(ハタ・ヨーガ・プラディーピカー四章)
その音がある場所、それが風の要素を持つ四番目のチャクラ、「アナーハタ・チャクラ」です。「破られない」という意味を持つこのチャクラは胸の奥深くで、心臓がその鼓動を止めないように、妙音を奏で続けています。また、「心の座」とも言われるように、ここは情が溢れ愛が満ちる場所でもあります。
アナーハタ・チャクラの瞑想法の中で語られる、「音と一体となる時に心は消滅する」という教えを深く理解したある物語があります。ライラと言う女性を愛し続けたある若者が、その愛に狂いマジュヌーン(狂人)と呼ばれるようになる古典の悲恋物語、「ライラとマジュヌーン」。インドでも誰もが知るように有名な愛の物語です。
さまざまな形でその愛のあり方が描かれるこの物語について、あるスワミジはこう物語ってくれました。「ライラを片時も忘れることなく、いつの時も、いつの時も思い続けたマジュヌーンの心は、いつしかライラと一体となり、自分がライラだと言いながら消えていった」と。
この物語は自己を超えた愛を示し、それはまた、ヨーガの中で語られる究極の境地「三昧」の他ありません。心がある対象に完全に定まった時、「私」という主観は全く無いかのように感じるものだと言われます。ライラは神と同じです。ライラを愛するように、常に神を想い愛することで「私」は神の中へと消えていきます。神と一体になる時です。
インドでは、音は宇宙の根本原理だとも伝えられています。決して破られることはない、始りもなく終わりもないその音は、私たちの胸の奥、愛で満たされたその場所で今も鳴り響いています。その音の中へと深く入り込み「私」が消滅する時、宇宙の根本原理である最高のものと一体となることを可能にしていきます。自分自身が愛であり、神であり、大切なものそのものであると、その時気づくことができるに違いありません。
(文章:ひるま)

宝石の都市

「七つの層に分かれた地下世界の最低層には、無数の宝石が眠っている」と、ヒンドゥー教の古い教えが伝えています。太陽という光が届かない場所にあっても、ここに住む者たちが身につける宝石で輝くこの世界は、富と幸福に満ち、その美しさは上界の世界を凌ぐと伝えられるほどです。
そんな場所が、私たちの体の中にも存在しています。「宝石の都市」と言う名を持つ三番目のチャクラ、それが「マニプーラ・チャクラ」です。火の要素を持ち、臍の奥深くにあると伝えられるこのチャクラは、太陽があらゆる生命にエネルギーを注ぐように、黄金色に輝きながら私たちの中心で生命活動を司っています。
太陽神経叢に対応するマニプーラ・チャクラは、太陽が銀河系の中心でその均衡をとり続けるのと同様、私たちの中心であり、まさにエネルギーの宝庫です。それ故、このエネルギーの中心が滞り、ぶれて均衡を失うことは、あらゆる不の要素を体中に巡らすことを意味します。いつしか、欲に乱され、意志を見失い、「生きる」というシンプルなエネルギーにさえ濁りが生じ、不安や緊張が体とそして精神をも覆い尽くしていきます。
かのヨーガ・スートラも、「臍に綜制を行えば、体内の組織についての知識を得る(三章二九節)」と述べています。自分自身の体と向き合うヨーガの行いの中で常に感じるものは、静と動、伸縮と伸長、そして強さと柔軟性といった相対のものの間で、均衡を取りながら生みだされる中心のエネルギーであり、重心のある所です。そこを感じる時、不安や緊張は体からも心からも静かに消え失せていきます。
自分の中心である場所を瞑想することは、内側にある隠された輝く宝を見つけ出すような喜ばしい感覚でした。そしてその宝は、「自分」というものに他ありません。安らぎと充足感。そして生きるという強い意志。ここは、私たちの完全な至福の中心であり、精神の向上を維持する場所そのものでもあるのです。
私たちの臍の奥深くでは、命の炎が途切れることなく燃え続けています。それは宝石のように輝きながら内の世界を照らし、その明るさは外界の世界にも勝るものに違いありません。「それが真実かどうか、自分の内側を見つめてみなさい。」そう言われたことを今でもはっきりと覚えています。
(文章:ひるま)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
10月までの毎週火曜日に、Body&foot salon Hatiにおいて、ヨーガ・クラスとSeeds-Indiaの絵はがきの販売を行っております。
日時:10月までの毎週火曜日の限定のクラスです。
講師:ひるま
時間:10:00-11:30, 17:00-18:30, 19:00-20:30
料金:各1500円(クラス費の一部をSEEDS−INDIAへ寄付させて頂きます)
人数:各クラス5人
場所:【Body&foot salon Hati】埼玉県入間市河原町1-25 和田ビル1F
西武池袋線 入間市駅徒歩1分(南口ロータリーの左手 ブックオフさんの隣のビル1階)
*インドの伝統的なハタヨガに従い、深い呼吸法を取り入れます。
*クラスは日本語と英語で行われます。(英語のお勉強にもどうぞ!)
*5人までの少人数のクラスのため、事前予約をお願いいたします。
詳しくは以下のホームページをご覧ください↓
http://shanti-rupa.com/
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥