心の行方

体にも心にも浄化を促すヨーガの行いを真摯に続ければ、ある時、体の中で発する美妙な音を聞くことができるようになると、ヨーガの教えは伝えています。そして、その音に心を定め、決して離れることなく瞑想に努めれば、いつしか心は音の中に消滅していくのだと言います。(ハタ・ヨーガ・プラディーピカー四章)
その音がある場所、それが風の要素を持つ四番目のチャクラ、「アナーハタ・チャクラ」です。「破られない」という意味を持つこのチャクラは胸の奥深くで、心臓がその鼓動を止めないように、妙音を奏で続けています。また、「心の座」とも言われるように、ここは情が溢れ愛が満ちる場所でもあります。
アナーハタ・チャクラの瞑想法の中で語られる、「音と一体となる時に心は消滅する」という教えを深く理解したある物語があります。ライラと言う女性を愛し続けたある若者が、その愛に狂いマジュヌーン(狂人)と呼ばれるようになる古典の悲恋物語、「ライラとマジュヌーン」。インドでも誰もが知るように有名な愛の物語です。
さまざまな形でその愛のあり方が描かれるこの物語について、あるスワミジはこう物語ってくれました。「ライラを片時も忘れることなく、いつの時も、いつの時も思い続けたマジュヌーンの心は、いつしかライラと一体となり、自分がライラだと言いながら消えていった」と。
この物語は自己を超えた愛を示し、それはまた、ヨーガの中で語られる究極の境地「三昧」の他ありません。心がある対象に完全に定まった時、「私」という主観は全く無いかのように感じるものだと言われます。ライラは神と同じです。ライラを愛するように、常に神を想い愛することで「私」は神の中へと消えていきます。神と一体になる時です。
インドでは、音は宇宙の根本原理だとも伝えられています。決して破られることはない、始りもなく終わりもないその音は、私たちの胸の奥、愛で満たされたその場所で今も鳴り響いています。その音の中へと深く入り込み「私」が消滅する時、宇宙の根本原理である最高のものと一体となることを可能にしていきます。自分自身が愛であり、神であり、大切なものそのものであると、その時気づくことができるに違いありません。
(文章:ひるま)

宝石の都市

「七つの層に分かれた地下世界の最低層には、無数の宝石が眠っている」と、ヒンドゥー教の古い教えが伝えています。太陽という光が届かない場所にあっても、ここに住む者たちが身につける宝石で輝くこの世界は、富と幸福に満ち、その美しさは上界の世界を凌ぐと伝えられるほどです。
そんな場所が、私たちの体の中にも存在しています。「宝石の都市」と言う名を持つ三番目のチャクラ、それが「マニプーラ・チャクラ」です。火の要素を持ち、臍の奥深くにあると伝えられるこのチャクラは、太陽があらゆる生命にエネルギーを注ぐように、黄金色に輝きながら私たちの中心で生命活動を司っています。
太陽神経叢に対応するマニプーラ・チャクラは、太陽が銀河系の中心でその均衡をとり続けるのと同様、私たちの中心であり、まさにエネルギーの宝庫です。それ故、このエネルギーの中心が滞り、ぶれて均衡を失うことは、あらゆる不の要素を体中に巡らすことを意味します。いつしか、欲に乱され、意志を見失い、「生きる」というシンプルなエネルギーにさえ濁りが生じ、不安や緊張が体とそして精神をも覆い尽くしていきます。
かのヨーガ・スートラも、「臍に綜制を行えば、体内の組織についての知識を得る(三章二九節)」と述べています。自分自身の体と向き合うヨーガの行いの中で常に感じるものは、静と動、伸縮と伸長、そして強さと柔軟性といった相対のものの間で、均衡を取りながら生みだされる中心のエネルギーであり、重心のある所です。そこを感じる時、不安や緊張は体からも心からも静かに消え失せていきます。
自分の中心である場所を瞑想することは、内側にある隠された輝く宝を見つけ出すような喜ばしい感覚でした。そしてその宝は、「自分」というものに他ありません。安らぎと充足感。そして生きるという強い意志。ここは、私たちの完全な至福の中心であり、精神の向上を維持する場所そのものでもあるのです。
私たちの臍の奥深くでは、命の炎が途切れることなく燃え続けています。それは宝石のように輝きながら内の世界を照らし、その明るさは外界の世界にも勝るものに違いありません。「それが真実かどうか、自分の内側を見つめてみなさい。」そう言われたことを今でもはっきりと覚えています。
(文章:ひるま)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
10月までの毎週火曜日に、Body&foot salon Hatiにおいて、ヨーガ・クラスとSeeds-Indiaの絵はがきの販売を行っております。
日時:10月までの毎週火曜日の限定のクラスです。
講師:ひるま
時間:10:00-11:30, 17:00-18:30, 19:00-20:30
料金:各1500円(クラス費の一部をSEEDS−INDIAへ寄付させて頂きます)
人数:各クラス5人
場所:【Body&foot salon Hati】埼玉県入間市河原町1-25 和田ビル1F
西武池袋線 入間市駅徒歩1分(南口ロータリーの左手 ブックオフさんの隣のビル1階)
*インドの伝統的なハタヨガに従い、深い呼吸法を取り入れます。
*クラスは日本語と英語で行われます。(英語のお勉強にもどうぞ!)
*5人までの少人数のクラスのため、事前予約をお願いいたします。
詳しくは以下のホームページをご覧ください↓
http://shanti-rupa.com/
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

自らが宿る場所

水、そして月。それは、二番目のチャクラである「スヴァーディシュターナ・チャクラ」における大切な要素です。このチャクラの様相には、水の象徴である三日月が必ず存在し、時に地上に雨を降らせながら月と夜の象徴であるヴァルナ神がその中心に描かれます。水があらゆる生命の源であるように、そして月が女性の体に子どもを産むための循環を生み出すように、「創造性」はスヴァーディシュターナ・チャクラの重要な要素の一つです。
「自らが宿る場所」という意味を持つこのチャクラには、自分自身の全てが眠っていると伝えられています。私たちは、寝ることや食べるということだけではなく、思考や感覚に至るまで無意識に絶えず行いを続けています。そして、そこから生じた快楽や苦痛は消えることなく蓄積され、私たちの奥深くに新たな「無意識」とも「潜在意識」とも言われる分厚い層を形成していきます。過去に感じ、そして経験したことが深く積み重なり、その中で繰り返される行いによって現在の自分を生み出しているのです。
深くその層に入り込んで行くことは、自分がなぜこうであるのか、なぜそれをするのか、なぜ辛く、なぜ嬉しいのか、自分自身というその根本を意識的に見つめていくことに変わりありません。私たちは過去でもなく、未来でもなく「今」という瞬間を生きています。過去の行いに形づくられた「自分」というものから自由になり、今という瞬間に存在する自分自身に気づくことは、一切の自我を持つことがない意識そのものでいることを可能にしていきます。
それは、日常生活にも恩恵を与えます。自分自身の深い部分にある潜在意識を見つめることにより、あらゆるものの創造性は高められていきます。私たちが生活を営むこの社会においていえば、高められた創造性から生み出される感情や人間関係が、よりよい環境を生み出していくに違いありません。
揺るがない確かな状態に根づく創造性。それは真の知識へと近づいていく術の一つです。「精神的な目覚めはここから始まる」そう言われたことが今でもしっかりと胸に刻まれています。秋の月によって進む浄化の下、あらゆるものの源である水の要素、その自らが宿る場所を見つめながら、改めて自分自身を清らかなものにしたいと感じています。
(文章:ひるま)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
10月までの毎週火曜日に、Body&foot salon Hatiにおいて、ヨーガ・クラスとSeeds-Indiaの絵はがきの販売を行っております。
日時:10月までの毎週火曜日の限定のクラスです。
講師:ひるま
時間:10:00-11:30, 17:00-18:30, 19:00-20:30
料金:各1500円(クラス費の一部をSEEDS−INDIAへ寄付させて頂きます)
人数:各クラス5人
場所:【Body&foot salon Hati】埼玉県入間市河原町1-25 和田ビル1F
西武池袋線 入間市駅徒歩1分(南口ロータリーの左手 ブックオフさんの隣のビル1階)
*インドの伝統的なハタヨガに従い、深い呼吸法を取り入れます。
*クラスは日本語と英語で行われます。(英語のお勉強にもどうぞ!)
*5人までの少人数のクラスのため、事前予約をお願いいたします。
詳しくは以下のホームページをご覧ください↓
http://shanti-rupa.com/
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

大地の中へ

大地にしっかりと根を下ろすこと、そしてその根本を確かなものとすることは、ヨーガの中でもとても重要な欠かせない行いの一つです。
サンスクリット語で「ムーラ」と示される「根」は、あらゆるものの源として、そして基底として存在しています。私たちの体の奥深く脊椎の最下部には、すべてのチャクラの基底であるムーラーダーラ・チャクラがあり、潜在的なエネルギーの源である蛇の姿をしたクンダリニーも、ここで静かに眠っています。
この基底の働きを確かなものとするべく、ヨーガの行いは始まります。中でも、エネルギーの大本が眠るこの脊椎の根底を締め上げるムーラ・バンダは欠かすことができません。この行いにより、体中を巡るエネルギーに均衡が取られ、自分自身がしっかりとコントロールされた調和の状態が体にも心にも生じていきます。
「ムーラ・バンダを習得しなさい。そうすれば手に負えない移り気な感覚もあなた自身に従うようになります。集約されたエネルギーが上昇し、いつか神性と出会う時がくるでしょう。」その言葉を今でも忘れることができません。アーサナの行いの中でムーラ・バンダをなおざりにした時に味わう不安定さは、まるで信じるものを見失ったようなとても苦しい感覚です。根本が揺らいだそこに、神の姿はありません。
ムーラーダーラ・チャクラが土の要素を持つように、ここを確固たるものとすることは、地にしっかりと足がついた状態を生みだし、自然との同調をも与えます。ヨーガの行いは、私たちを維持する地球、私たちが歩みを続けるこの大地、そして神性へと私たち自身を繋げ、この生を生きるために必要な柔軟性と強さ、そしてバランスを得るための土台を築いていきます。固く地に足をつけることは、私たちが日々の生活の中で向上していくために、あらゆる束縛から解放を与えるに違いありません。
大地という偉大なものと繋がることで、体と心の両面にもたらされた安定感は、私たちから不安や恐れを取り去っていきます。そこから生み出されるものは、揺らぎ荒れることのない確かな心です。今、荒れ狂う自然を前に、私たち自身の根源、そして大地と繋がることが必要とされている気がしてなりません。
(文章:ひるま)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
10月までの毎週火曜日に、Body&foot salon Hatiにおいて、ヨーガ・クラスとSeeds-Indiaの絵はがきの販売を行っております。
日時:8月から10月までの毎週火曜日の限定のクラスです。
講師:ひるま
時間:10:00-11:30, 17:00-18:30, 19:00-20:30
料金:各1500円(クラス費の一部をSEEDS−INDIAへ寄付させて頂きます)
人数:各クラス5人
場所:【Body&foot salon Hati】埼玉県入間市河原町1-25 和田ビル1F
西武池袋線 入間市駅徒歩1分(南口ロータリーの左手 ブックオフさんの隣のビル1階)
*インドの伝統的なハタヨガに従い、深い呼吸法を取り入れます。
*クラスは日本語と英語で行われます。(英語のお勉強にもどうぞ!)
*5人までの少人数のクラスのため、事前予約をお願いいたします。
詳しくは以下のホームページをご覧ください↓
http://shanti-rupa.com/
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

真実に向き合う時間

インドが見せる様々な美しい表情の一つに、ゆっくりと沈んでいく日没があるように思います。辺り一面をオレンジ色に染め、あらゆるものに影を落としながら神聖なガンジス川へと沈む太陽の美しさは、何度も立ち止っては見入るほどでした。それは、日常の中で、そして人生の中でも、僅かながら歩みを止める瞬間であった気がします。
日の出や日の入りはインドの人々にとっても、とても神聖な時間として大切にされています。ブラフマームフルタと呼ばれる最もプラーナ(生命力)が溢れる時間である日の出前、体を浄化し瞑想とともにヨーガの行いが始まります。日没には火が灯され、ガンジス河のほとりでプージャやアールティが続き、人々はそれぞれの想いを小さな灯りとともに母なる河へと流していきます。
白む空と夜のうちに浄化された穢れのない空気の中で行う早朝の瞑想に加え、この沈みゆく太陽とともにじっと自分自身と向き合う時間も大好きな瞬間の一つでした。夜の帳が下り始め、そこが暗闇であるが故に閉じていた目がしっかりと開き、心の奥底にある静寂に辿りつけるような神聖な感覚に包まれたことを覚えています。
瞑想の行いを続けることによって心が静まった時、感覚とは別の所にある至福が現れると言います。聖典、バガヴァッド・ギーターの中でもクリシュナ神は説いています。「五感を超えた理解が到達する無限の喜びを知り、そこに安住すれば真実から離れることはない」と。(6章21節)
太陽が大地に沈みゆくように、自分自身の中に深く入り込んでゆく瞬間は、いつもにも増して真実に近づくような感覚でした。決して暗闇に落ちることはなく、そっと置かれた真実が顔を出すようで、瞑想の深い味わいを始めて知り得たのもこの時だったように思います。
日没の太陽の美しさは、日本であっても変わることはありません。ただ、インドではそれを見つめる時間に終わりがなく、それぞれの人がそれぞれの想いで佇み、歩みを止めた瞬間の中で真実に向かい合っています。その情景の美しさを思い出しつつは早まる日の入りを今日も眺め、真実から離れないよう目を瞑る時間を自身に与えながら、夏の終わりを過ごしています。
(文章:ひるま)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
8月から10月までの毎週火曜日に、Body&foot salon Hatiにおいて、ヨーガ・クラスとSeeds-Indiaの絵はがきの販売を行っております。
日時:8月から10月までの毎週火曜日の限定のクラスです。
講師:ひるま
時間:10:00-11:30, 17:00-18:30, 19:00-20:30
料金:各1500円(クラス費の一部をSEEDS−INDIAへ寄付させて頂きます)
人数:各クラス5人
場所:【Body&foot salon Hati】埼玉県入間市河原町1-25 和田ビル1F
西武池袋線 入間市駅徒歩1分(南口ロータリーの左手 ブックオフさんの隣のビル1階)
*インドの伝統的なハタヨガに従い、深い呼吸法を取り入れます。
*クラスは日本語と英語で行われます。(英語のお勉強にもどうぞ!)
*5人までの少人数のクラスのため、事前予約をお願いいたします。
詳しくは以下のホームページをご覧ください↓
http://shanti-rupa.com/
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

断捨離の心

慎ましい部屋の中で本当に必要なものだけに囲まれながら暮らすインドでの生活は、「自分自身で在る」というその究極の教えを学ぶ、神聖な時間と空間を生み出します。それは、「断行、捨行、離行」という行いに基づいた、物によって価値を見出だされた自分とは別の、本来の自分と向き合う大切な時間と空間です。
まだ、いろいろなものに執着を持ち、たくさんの物を抱えてインドを訪れていた時のことです。思い出深い大切な物を無くし、心は動揺し乱れ、そしてひどく落ち込みました。そんな時、あるスワミジは言いました。「いつか必ず、それを手放さなくてはならないことに気づいていましたか?今、その物を失ったことで、あなたは小さくなりましたか?」と。
物に対しての執着は、心や思考が生み出す誤った自分自身の定義です。物に自分を同一化し、そこから生み出される「自分は優れている」「自分は劣っている」という価値観によって、「自分自身で在る」という極上の状態を妨げる自己を絶え間なく生み出し、自らを破壊していきます。物で満たされた人生は、生きるというシンプルなエネルギーさえも曇らせていくのです。
高価な物やより多くの物を所有することは、自分自身の存在をますます豊かにさせてくれるような、そんな感覚を覚えさせます。その、物を主体としたもっともっとという世界の中で得る安らぎは、物が移ろい行くものであるが故に、永遠に落ち着くことがありません。
大切な物を失った時、スワミジに言われるように自分を観察すると、その物に同一化していた心は静かに消え、かつてないくらいに自分の存在を強く感じたことを覚えています。奪われる形であっても、自ら手放す形であっても、自分自身を定義していた物を失うことは、その過程に深い悲しみや痛みが生じます。しかし、自分自身が小さくなったり損なわれることは決してありません。その気づきは、物や形による束縛から解放へと、そして自分自身で在るというその究極の境地を与えます。それが永遠の安らぎです。
物を捨て、執着を断つ。物質の面でも心の面でも、そこにスペースを作ることは、究極の境地とまで言わずとも、日々の生活の中に多くの気づき、そして本当に必要なものを与えてくれるに違いありません。
(文章:ひるま)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
8月から10月までの毎週火曜日に、Body&foot salon Hatiにおいて、ヨーガ・クラスとSeeds-Indiaの絵はがきの販売を行っております。
日時:8月から10月までの毎週火曜日の限定のクラスです。
講師:ひるま
時間:10:00-11:30, 17:00-18:30, 19:00-20:30
料金:各1500円(クラス費の一部をSEEDS−INDIAへ寄付させて頂きます)
人数:各クラス5人
場所:【Body&foot salon Hati】埼玉県入間市河原町1-25 和田ビル1F
西武池袋線 入間市駅徒歩1分(南口ロータリーの左手 ブックオフさんの隣のビル1階)
*インドの伝統的なハタヨガに従い、深い呼吸法を取り入れます。
*クラスは日本語と英語で行われます。(英語のお勉強にもどうぞ!)
*5人までの少人数のクラスのため、事前予約をお願いいたします。
詳しくは以下のホームページをご覧ください↓
http://shanti-rupa.com/
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

体と心の是正

ガンジーの命を懸けた非暴力運動の一つであったハンガーストライキ。インドの人々にとって、断食の行いは神と繋がる手段とも述べる人がいるほど重要で、個人の考えや慣習によって差異はありながらも、精神的修行の一つとして今日も行う人々が絶えません。
そんなインドのカレンダーを見ていると、毎月二回「エーカーダシー」という日があることに気がつきます。それぞれ新月と満月の四日前がその日にあたり、「第十一日」という意味のこの日こそ、その断食をするべく日として知られ、敬虔な人々は食物を絶ってその一日を過ごします。
エーカーダシーの断食とは、ただ単に食物を口にしないだけではなく、五つの感覚、器官、そして心の十一のものを統制することでもあると言われます。断食によって、絶え間なく働き続けていた体のあらゆる部分が休まることにより、忙しなくあちこちに飛び散っていた意識が落ち着きを取り戻し、自分の内面へと向かっていきます。体の浄化に加え、欲という意識から切り離されることで心の雑念までもが洗い流され、神が宿る場所としての肉体、精神が生み出されていきます。
断食の行いの中で、精神力や意識といった食物のエネルギーとは別のものに自分が生かされていることにも気がつくことがありました。欲というものに掻き乱され見えずにいた力強く確かなエネルギーが自分の中に溢れ、一つ一つの細胞に至るまで純粋なその流れをしっかりと感じる時、「神と繋がる手段」とそう伝えられることを実感したように思います。
エーカーダシーの断食だけではなく、インドにはいつも神を想いその行いを続ける人々がいます。「全ての行いを私への捧げ物として行いなさい」クリシュナ神がそう述べるように、献身と信仰による行いで神へと定められた心は、あらゆる欲から解放され清らかさと揺らぐことのない平安を生みだします。そこから生まれる罪と束縛はありません。
真の私たちへと立ち返る術は、その教えにひたむきに従う人々の姿が明確に示しています。物質主義の波に打たれ揺れ続ける人々の心を定めるために、今もう一度その術に触れる時なのだと感じています。
(文章:ひるま)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
8月から10月までの毎週火曜日に、Body&foot salon Hatiにおいて、ヨーガ・クラスとSeeds-Indiaの絵はがきの販売を行っております。
日時:8月から10月までの毎週火曜日の限定のクラスです。
講師:ひるま
時間:10:00-11:30, 17:00-18:30, 19:00-20:30
料金:各1500円(クラス費の一部をSEEDS−INDIAへ寄付させて頂きます)
人数:各クラス5人
場所:【Body&foot salon Hati】埼玉県入間市河原町1-25 和田ビル1F
西武池袋線 入間市駅徒歩1分(南口ロータリーの左手 ブックオフさんの隣のビル1階)
*インドの伝統的なハタヨガに従い、深い呼吸法を取り入れます。
*クラスは日本語と英語で行われます。(英語のお勉強にもどうぞ!)
*5人までの少人数のクラスのため、事前予約をお願いいたします。
詳しくは以下のホームページをご覧ください↓
http://shanti-rupa.com/
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

デオ・プラヤーグ・ガンジス川上流・聖地ツアー

2011年12月23日〜12月29日の7日間、ヨーガ行者・ガネーシャ・ギリ氏が『デオ・プラヤーグ・ガンジス川上流・聖地ツアー』を開催します。
何度もインドに足を運び、インドの魅力を十二分に堪能してきたガネーシャ・ギリ氏にしか提供できない魅力溢れる内容になっております。
ヨーガ・瞑想・占星術に興味のある方は、ぜひ参加をご検討ください。
ツアー詳細は以下の大陸旅遊様のページよりご覧いただけます。
デオ・プラヤーグ・ガンジス川上流・聖地ツアー

喜びのあるところ

幸せというその甘さを味わうことは、日々の生活の中で誰もが願ってやまないことであり、人生という大きな枠の中でも至福を得るべく人々は探求を続けています。しかし、多くの人々が名前や形という永遠で、そして不変ではないものに幸せを求め、焦り、そして苛立ち、疑いと矛盾に苛まれながらその旅路を歩んでいると、ある時言われたことがありました。その道はとても苦しいものです。
インドのスピリチュアルな教えの中に「サット・チット・アーナンダ」と言う言葉があります。サット=真実、存在、チット=意識、アーナンダ=至福を意味するその言葉は、永遠であり不滅の原理を表すとても大切な教えの一つです。スピリチュアルな世界の中で究極の体験を与えるその教えは、私たち自身のその存在が純粋な意識として、そして永遠なる至福であるということを表しています。
他との比較や、名前や物へ自身を同化することは、感覚器官を持つ私たちにとって避けられない事象の一つです。幸せを求めながら、その道中で生れては消えを繰り返す落ち着かない心の動きは、自分自身の真の存在を見失い、人々を恐れや不安、迷い、不足感へと陥れていきます。
クリシュナ神は、バガヴァッド・ギーターの中で言います。「喜びの在るところに、私は居る」と。あるスワミジも、「あなた自身のその存在が、神であり喜びです。その至福に気づいていなさい。」と言いました。自分自身がサット・チット・アーナンダの現れであり、内にある神性に気づくことは、永遠で不変の至福を与えます。そこが、私たちの向かうべきところなのだとインドの教えはいつも示しています。
自身の内側には何も語らないどっしりとした沈黙があります。深い瞑想の中で近づいていくその部分、その存在に、永遠でいて不変の幸せを感じる時、サット・チット・アーナンダである自分を見ることができると、そう教えられたことも忘れることができません。
自分の中にある神性は常に幸せで輝いていること、それを覆う心の曇りは、ヨーガの行いによって少しずつ晴れていくようで、ここでもその時間を大切に過ごしています。
(文章:ひるま)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
8月から10月までの毎週火曜日に、Body&foot salon Hatiにおいて、ヨーガ・クラスとSeeds-Indiaの絵はがきの販売を行っております。
日時:8月から10月までの毎週火曜日の限定のクラスです。
講師:ひるま
時間:10:00-11:30, 17:00-18:30, 19:00-20:30
料金:各1500円(クラス費の一部をSEEDS−INDIAへ寄付させて頂きます)
人数:各クラス5人
場所:【Body&foot salon Hati】埼玉県入間市河原町1-25 和田ビル1F
西武池袋線 入間市駅徒歩1分(南口ロータリーの左手 ブックオフさんの隣のビル1階)
*インドの伝統的なハタヨガに従い、深い呼吸法を取り入れます。
*クラスは日本語と英語で行われます。(英語のお勉強にもどうぞ!)
*5人までの少人数のクラスのため、事前予約をお願いいたします。
詳しくは以下のホームページをご覧ください↓
http://shanti-rupa.com/
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥