サンスクリット語の子音

sanskrit前回の母音に続いて、今回は「子音」を紹介します。
サンスクリット語に子音は全部で33あります。
全部を一気に紹介すると頭がパンクしてしまうので、段階的に出していきます。

最初にあげるこの5つの文字/発音は、喉音あるいは軟口蓋音と言われるグループです。

喉音

(軟口蓋音)

デーヴァナーガリー

カタカナ

IAST

音声記号

備考

無気音

「カ」

ka

kə

日本語のカと同じ

有気音

kha

kʰə

息を強く吐く「カ」

無気音

「ガ」

ga

日本語のガと同じ

有気音

gha

gʰə

息を強く吐く「ガ」

鼻音

「ナ」(ンガ)

ṅa

ŋə

舌の根本の方で発音するナ

デーヴァナーガリーの子音の基本字形(字母)は、もともと母音aを含んでいるので、कはka、カと読むことに注意してください。aを含まない、純粋に子音だけのkを書き表すときは、क्のように、右下がりの短い線を足します。

最初のक と三番目のगは、日本語の「カ」、「ガ」とほぼ同じ、
舌の位置を喉に近い口蓋の部分に当ててから発音します。
खとघは、カタカナでは「」「」と書いてありますが、
これは「有気音」です。強い息を出しながら発音します。

例えば कर(~を為すもの)、खर(固い)はどちらもカタカナでは「カラ」としか書けませんが、
कは無気音の「カ」、खは有気音の「」で(रはraと読む)、
デーヴァナーガリーで書いてあればまったく別の単語であることは一目瞭然だし、
ローマ字(IAST)でも、それぞれkara、khara と書くので別の単語であることが分かります。
前回、短母音と長母音の違いで意味が変わってしまう、という話を書きましたが、
無気音と有気音の違いでもまた意味が変わってしまうのですね。
馴染みのない有気音の発音ですが、実は日本語のなかにもあります。
口の前に指をかざして、岡(オカ)と顔(カオ)と言ってみると、
岡のときは感じなかった風を、顔のときは「カ」を発音した後にかすかに感じるはずです。
(東京地方の標準語を基準にしているので地方語の場合は異なるかもしれません)
日本語の場合はかすかな違いですが、サンスクリット語の有気音は、
もっと強く息を出すよう意識して発音してみてください。

五番目のङはカ行と同じ位置で発音する鼻音で、
やはりカタカナでは「ナ」としか書けませんが、(むしろ「ンガ」の発音に近い)
ローマ字(IAST)ではnの上に点を付けてṅaと書きます。
これも馴染みの無い発音のようですが、「温厚」「恩義」などを発音してみると、
「ん」のとき舌の位置が奥の方になっていることがわかるはずです。
例えばヨーガをされている方には馴染みのある単語、
अष्टाङ्ग、aṣṭāṅgaアシュターンガのङ् 「ン」がこれです。
(アシュタは「8つ」、アンガは「手足;支分」という意味。本来の発音は「アシュタンガ」ではありません。)
日本語では聞き分けないような音の違いを正確に分析しているので、
サンスクリット語には、全部で5つの鼻音があります。

このような発音を細かく分析した音声学(शिक्षा、śikṣā、シクシャー)が
発達した目的は、ヴェーダ聖典を正しく読誦するため。
ヴェーダの聖句を正しく唱えてこそ神々の力を享受できるからです。
古来、ヴェーダの学習はバラモン、クシャトリヤ、ヴァイシャの
三階級の男子のみに許されていました。
古代インドのバラモンたちは、まさか数千年後に遠い地の外国人がヴェーダに親しみ唱えるようになるとは想像もしていなかったでしょう。

अङ्ग aṅga(支分)のンの舌の位置、
कर kara(~を為すもの)と
खर khara(固い)の無気音、有気音の違い、
こういったところを意識してみてくださいね。

(文章:prthivii)

サンスクリット語の母音

hindi alphabet texture background - high resolution

今回はサンスクリット語の母音の話ですが、その前に問題です。

ヨーガ、ヨガ、二つの書き方がありますね。

サンスクリット語の発音に則れば、どちらが正しいでしょうか。

答えは、母音の説明の後で。

では、サンスクリット語の母音を紹介します。

1.単母音(単一の母音)

単母音

デーヴァナーガリー文字

カタカナ

IAST

音声記号

備考

短母音

「ア」

a

ɐ or ə

日本語のアよりやや弱い

長母音

「アー」

ā

日本語の長母音より短め

短母音

「イ」

i

i

長母音

「イー」

ī

日本語の長母音より短め

短母音

「ウ」

u

u

長母音

「ウー」

ū

日本語の長母音より短め

短母音

「リ」

ɻ

母音としてのr

長母音

「リー」

ɻː

rの長母音

短母音

「リ」

ɭ

母音としてのl

長母音

「リー」

ɭː

理論的にlの長母音。

実例が無いので

母音の数に含めない場合も

 
表の左列から、
1.短母音、長母音の区別
2.デーヴァナーガリー文字
3.カタカナ読み。サンスクリット語をカタカナで表すには限界がありますが、慣例に従っています。
4.その次のIASTとは、The International Alphabet of Sanskrit Transliteration の略で、
ローマ字に発音記号を加えてサンスクリット語を正確に表記する転写方式です。
5.国際音声記号(IPA)で表しています。発音の手がかりにしてください。

(文字の書き方まで触れると一気に煩雑になってしまうので、それはまた別の機会にします。)

母音にrやlが入っていることに戸惑ったのではないでしょうか。
はなかなか馴染めない発音ですが、英語のr、lを発音するのと同じ舌の位置で軽く舌を震わせると感じが出ると思います。
日本語にはアイウエオという五つの母音しかありませんが、本当はないわけではなく、短母音と長母音の区別を意識しないだけ。例えば、おばさんとおばあさん、鳥と通り、の違いのように。

次に、二重母音(二つの母音が混じった母音)です。

デーヴァナーガリー文字

カタカナ

IAST

音声記号

備考

常に「エー」

e

日本語の長母音より短め

アイ

ai

ai

常に「オー」

o

日本語の長母音より短め

アウ

au

au

 
二重母音は4つとも長母音として扱います。
eは必ず「エー」、oは必ず「オー」と発音するのがサンスクリット語のきまりです。
最初の質問の答え、これでわかりましたよね。
サンスクリット語では

ヨーガ

が正解です。

(注:ヒンディー語では短く発音されるため、ヨガ、とか、ヨゥガと聞こえます)

短母音と長母音の区別でいえば、たとえばクリシュナ神の異名として知られている
वासुदेव vāsudeva ヴァースデーヴァは、「ヴァスデーヴァの息子」、というのが本来の意味で、クリシュナを指します。
ヴァースデーヴァとヴァスデーヴァをうっかり間違えてしまうと、
クリシュナに祈っているつもりが、相手はお父さんだった、なんてことに…。
それはちょっと残念ですよね。
だからこそ、サンスクリット語では短母音なのか長母音なのかの区別が、とても大切なのです。

ちなみにदेव devaは神という意味の男性名詞。
eは長母音なのでデーヴァ、が正しいのですが、現代語ではデウと発音されます。(ややこしいですね)

このように、現代語では、本来長母音だった発音が短母音に、
語中や語末の短母音aは消える傾向があり、また、ローマ字で
長母音と短母音の違いを意識せずに書いている人が多いため、
サンスクリット語の原文がわかりにくくなっています。

ただ、文意が変わってしまうような読み方の間違えさえ気を付ければ、
古代インドでも、おそらくは地方ごとに多少の訛りによる差異はあったでしょうから、
日本語訛りは寛容なるインドの神々にお許しいただきましょう。

次回は子音を紹介します。

(文章:prthivii)

サンスクリット語を書き表すデーヴァナーガリー文字

現代のインドではサンスクリット語を書き表すために
デーヴァナーガリー文字が使われています。
この文字はヒンディー語やネパール語でも使われています。

例えば大人気のガーヤトリーマントラ、
デーヴァナーガリーでこう書きます。

भूर्भुवः स्वः । oṃ bhūr bhuvaḥ svaḥ,

तत्सवितुर्वरेण्यं । tat savitur vareṇyaṃ,

भर्गो देवस्य धीमहि । bhargo devasya dhīmahi,

धियो यो नः प्रचोदयात् dhiyo yo naḥ pracodayāt.

デーヴァナーガリー とは、
devaデーヴァ(神:男性名詞)と、
nāgarīナーガリー
<nagaraナガラ(都)の派生語nāgaraナーガラ(形容詞または名詞)の女性形>
この二つの単語の複合語で、
「神の都の文字」という意味。

いかにもインドらしい、名前からして神聖な文字ですよね。
でも実は元々、サンスクリット語には固有の文字はありません。

紀元前3世紀ごろのアショーカ王碑文に残されたブラーフミー文字が
(未解読のインダス文字を除いて)今のところインド最古の文字です。

その後、ブラーフミー文字→グプタ文字→ナーガリー文字と変遷し
デーヴァナーガリー文字が出来てきたのは10世紀以降。
しかも、サンスクリット語やヒンディー語を書き表す文字といえば
デーヴァナーガリー文字、と定着するようになったのも
やっと19世紀なので、その関係は本当にごく最近のもの、と言えるでしょう。

ちなみに日本でいわゆる「梵字」と呼ばれている
悉曇文字(しったん文字、シッダマートリカー文字)は
グプタ文字の変化した文字なので、
デーヴァナーガリー文字から見ると「大叔母」のような関係です。
(梵字は狭義には梵天(ブラフマー)の文字=ブラーフミー文字のこと)

これらの文字が使われるようになる以前は、
ヴェーダ聖典も、バガヴァド・ギーターも完全に口授伝承、
つまり師から生徒へ、口伝えで教えられてきたものでした。

最初に紹介したガーヤトリーマントラも、
文字はさして重要ではなく、
発声された詩句にこそ神の力が宿り、
それによって人間が神の力に預かれるのであり、
発音や発声が非常に大切にされています。

次回はサンスクリット語の母音体系について説明します。

(文章:prthivii)

参考文献:町田和彦編著『華麗なるインド系文字』白水社2001

 

サンスクリット語ことはじめ

ヨーガ(ヨガ)やインドの思想、宗教に関心がある方なら、「サンスクリット語」という言語に関心を持っている方も多いのではないでしょうか。

サンスクリット語とは、古代インドの言語。
世界一難解とか、死語とか、お墓で見かける木の板に書かれた言葉とか、なんとなく神秘的な感じがするとか、それぞれにイメージをお持ちだと思います。

ここでは、語学の側面からサンスクリット語にまつわる話、単語の語源や本来の意味や、発音などをお伝えしていきます。

そもそも、サンスクリット語とはどんな言語でしょう?

言語学という分野で、元を辿れば同じ言語だったと考えられる言語同士を、グループにまとめて「語族」と呼びます。

この語派の概念を誕生させた比較言語学という分野は、そもそも西洋によるサンスクリット語の「発見」が深く関係しています。

時は植民地時代、インド民衆の思考や風習を知るために西洋で古代インドの文献研究が盛んにされるようになっとき、「単語や文法がラテン語や古代ギリシャ語と似てる」と気付いたことから、進化論を援用して言語の系統化を試みたのがきっかけ。

もともと黒海・カスピ海周辺に暮らす同じ言語を話していた集団が、ユーラシア大陸を西に南に広く移住したことで同じ系統の言語が広く分布したということです。

サンスクリット語は、ラテン語やギリシャ語と同じ、インドヨーロッパ語族。

日本人には馴染みのある英語はもちろん、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、、、、ほとんどのヨーロッパの言語が、サンスクリット語と同じグループなのです。
(北インドのヒンディー語、ベンガル語やスリランカのシンハラ語も)

そう聞くと、世界一難解と言われるサンスクリット語が一気に身近になりませんか?

同じ語族の中でも、さらに近しい関係にあるもの同士は「語派」と呼び、サンスクリット語はインド・イラン語派になります。
ヴェーダ聖典で使われていたヴェーダ語も広義のサンスクリット語に含まれますが、ヴェーダ語は古代イランのアヴェスター語と方言レベルといっていいほど非常に似ていました。

言葉というのは使われているうちに変化するのが宿命ですよね。
けれど、紀元前4世紀、その変化を止めようと文法を規定したのがパーニニという文法学者でした。
それ以降、サンスクリット語は正しい文法に則った文章語として、2500年間現代まで変わることなく残ってきたのです。

サンスクリット語を「死語」と呼ぶ人もいますが、今でも会話で使っている人たちもいますし、サンスクリット語放送のニュース番組まであるんですよ。

サンスクリット語とは、「磨き上げられた言語」「整った言語」という意味で
サンスクリタ・バーシャー
संस्कृतभाषा(saṃskṛta-bhāṣā)
sam√kṛ (動詞)<整える>の過去受動分詞saṃskṛta-<整えられた>
+ bhāṣā(女性名詞)<言語>
あるいは単にサンスクリタसंस्कृत(saṃskṛta)というのが正しい言い方。

一方、当時の口語のことは
プラークリタ・バーシャー
प्राकृतभाषा(prākṛta-bhāṣā)
「無為の(自然な)言語」と呼んでいました。

実は普段何気なくsanskrit とか、サンスクリット、と書くのも本来の発音や表記法とは違っていて、昔、ローマ字表記(ローマナイズ)をするときに下に点のつく< ṛ >を活字であらわすことができなかったため、代わりに< ri >と表記したことによります。
-ritの部分が促音になったのも、語末の音 -a が省略されているのも、やはり欧米人の発音の影響によるものです。

とはいえ、「サンスクリット語」という言い方が定着しているので、ここでもやはりその言い方を踏襲していきます。

(文章:prthivii)