神の探求

「神というもの以外に探求すべきものはない」と、ある時言われたことがあります。そして、「祈りの対象と一つになることは、決して難しいことではない」とその話は続きました。
「心を私に定めなさい。」聖典、バガヴァッド・ギーターの中でクリシュナがアルジュナにそう伝えるように、自分の強い思いで、私たちはいつだって信じるものと一つでいることができます。クリシュナがそう言い続けるのも、信じるものを持つことが、私たちの日々の生活の中に大きな救いを与えてくれるからに違いありません。しかし、それを理解していたとしても、やはり、常に胸に抱き続けることは時に困難です。
慌ただしく過ぎ去っていく日常生活の中で見失ってしまう、信じるもの。それを失った心は物事を正しく見られず、本来の姿からはかけ離れた、まるで違った世界を見ています。恐れや不安、痛み、悲しみ、そういった感情は、その信じるものから心が離れる時に生じ、自分とその対象が一つであるという真実を見失っている状態だと言われます。
クリシュナはアルジュナに言います。「行いの全てを私に捧げ、行いへの執着を手放しなさい」と。そして、「それは瞑想にも勝る、心に平安をもたらす術である」と。
これに気づくのは、ヨーガの練習においてです。信じる対象だけに心を定め、呼吸も動作も、自分の行い一つ一つ全てを捧げるように行うと、もうそこには、その祈りの対象と自分しか存在しません。集中力が増すにつれ、その距離がどんどんと近くなる時、そしてもっと深く入り込めば、それと一体になれる時が来るのだろうと、そう感じることがあります。その状態にいる時、自分でも驚くくらいに、心は揺らぎません。
神を探求することは、自分を見つめることであり、自分がその信じるものと一体であるという真実に気づくことなのだと、ここで実感しています。信じるものを近くに、そしてそこから生まれる心の強さを感じること。ヨーガはいつも、それを教えてくれます。
参照:Srimad Bhagavadgita, Gita Press, Gorakhpur
(文章:ひるま)

生命エネルギーと呼吸

私たちの今ある生命というものは、魂(精神)と物質(肉体)の結合であるといいます。これが離れ離れの時、生命は存在しません。そしてこの、精神と肉体をつなぎ合わせているもの、それがプラーナという生命エネルギーです。
私たちは自然に、そして無意識に呼吸を続けています。私たちに呼吸をさせているもの、それが、このプラーナだと言われています。プラーナが体に存在している間、私たちはこの生を生き続け、それがなくなった時、肉体に死が訪れます。
ヨーガのプラクティスにおいても、この生命エネルギーのコントロールは欠かせません。プラーナーヤーマと言われるそれは、パタンジャリのアシュターンガ・ヨーガにおいて、サマーディへと行くための4番目のステップに位置し、ハタ・ヨーガの聖典ハタ・ヨーガ・プラディーピカーにおいては、体を浄化する方法の一つとして、どちらも瞑想の段階へと進むために必要不可欠なものとして挙げられています。
また、プラーナーヤーマは外側の世界から自分の内側へと、散漫する意識を集中させる大切な術のような気がします。鼻の穴から入る呼吸が鼻腔を通り、喉元を過ぎ、肺を満たす。吸って止め、そして吐く。その繰り返しの中で体を巡るプラーナの流れに焦点を当てることで、他の思考が心に入り込む隙間はありません。意識は、現在という瞬間に留まります。
そして、心が落ち着かない時、呼吸が乱れていることに気がつくことが少なくありません。ただじっと座って心の観察を続けてもその乱れが静まらない時、いつも、呼吸に集中します。ただじっと座るだけの瞑想はやはり難しいものであり、集中する対象があるとそれは実に簡単になるのです。
プラーナーヤーマによって精神の集中力は高まり、直感力は鋭く、そして心は落ち着き、確かになります。インドの神様たちも、死を恐れるあまり、このプラーナーヤーマを行っていたと聖典では述べられています。ストレスや緊張を和らげ、リラックスすることができるだけでも、体の細胞は生き生きとしてくるに違いありません。呼吸をコントロールすることは、生命エネルギーを漲らせること。
ヨーガを行う人々がいつまでも若々しいのは、そのためのような気がします。
(文章:ひるま)

心の浄化法

心を浄化する瞑想。今ではさまざまな瞑想法が取り上げられていますが、ヨーガのプラクティスにおいても、マントラを唱える瞑想であったり、光を見つめる瞑想であったり、チャクラに集中した瞑想であったりと、その方法は数多く存在します。その中に、サークシーバーヴァ瞑想というものがあります。
サークシーというのはサンスクリット語で「目撃する」という意味を持ち、バーヴァというのは「状況」を意味します。「状況を目撃する」。つまり、心に生じてくるさまざまな思考や感情をじっくりと観察する瞑想法です。
ただじっと座って心を見つめていると、そのあまりの忙しなさに驚くことが度々あります。あることから別のことへ、嬉しかったり悲しかったり、1分も、30秒さえも、心が同じところに定まることはありません。
その動きをじっと観察します。嬉しいことが溢れてきても嬉しがらずに、悲しみが込み上げてきても悲しくならずに、ただその心を見つめます。湧き出てくる無数の思いや感情、思考に関与することなく、一歩引いたところからその心の目撃者となるのです。
生まれてくる感情に携わらずに、ただ流れるようにそれを外へと行かせることによって、心に新たな感情の波を生み出すことがなくなり、すっきりと曇りが取れ、軽くなっていきます。
そしていつしか、次から次へと生まれては消え、生まれては消えていく感情と感情の間に、隙間があることに気がつくことがあるかもしれません。そしてその隙間が広がっていき、やがて静けさとともに大きな空白が生じるといいます。無の境地へとたどり着く、意識という存在そのものになる瞬間です。
そんな、究極の悟りの境地とまではいかなくとも、瞑想は慌ただしい日常の生活の中で疲れた心に、たっぷりと休息を与えてくれます。心が浄化され軽くなると、物事が明確に見え、焦りや迷いに惑わされることもありません。
ただ目を瞑り、座ること。古くから伝わるその教えは、今のこの社会にもしっかりと生きています。
(文章:ひるま)

真実を見る力

無明・我想・貪愛・憎悪・生命欲。ヨーガの聖典・パタンジャリのヨーガスートラには、この5つが私たちの心を苦しめる要因、クレーシャであるとして述べられています。
「私は」とか、「私が」という自分に対しての強い固執から生まれるエゴ、我想。良い思い出を求めてさ迷い出る心から生まれる物事への執着、貪愛。過去に経験した悪い思い出を嫌悪し、恐れる心から生じるのは反感や憎悪。そして、生命欲。途切れることのない意識の存在を見失い、肉体という物質の終わりを恐れ、嘆きます。
これらの苦悩は全て、真実を見失った状態である無明、無知が生み出していると、ヨーガスートラでは述べられています。移り変わるこの世界の中の真実をしっかりと見つめていれば、我想も、貪愛も、 憎悪も、生命欲も、生まれることはないといいます。それに必要なのが、ヴィヴェーカという識別する力です。
これはよく、蛇を使った例え話で説明されます。暗闇の中を歩いていて、突然目の前に蛇が姿を現せば、きっと誰もが驚くに違いありません。それがただのロープに過ぎなかったとしても、暗闇の中でロープを蛇だと思い込んだ心は、焦り、我を忘れて逃げようと大きく動揺します。
心が闇の中にあるために、蛇をロープだと見ることができないのです。それは、心が曇り浄化されていないために、正しい知識を得ることができないことを意味しています。心に光を得れば、そこにあるのが蛇ではなく単なるロープに過ぎないと、理解することができます。この光、それこそが識別する能力「ヴィヴェーカ」であり、その光は、心が浄化され曇りがなくなったときに見えるものだとされています。そして、心の浄化に必要なのが、瞑想です。
物事を正しく理解すること、その障害となっている偏見や欲望の根本である誤った理解や知恵を取り除くこと。瞑想はそのための大きな手立てです。全ての行いを瞑想とするここでのヨーガの生活は、正しい知識を得るための学びの毎日のようなものです。
暑さ、そして嵐、移り変わるその日々の一瞬の中にある、いつも変わらない私たちの心。何にも揺さぶられることのない真の強さは、自分自身を見つめることで得られるものだと、毎日の生活を通して実感しています。
(文章:ひるま)

心に灯る火

ろうそくに火をつけることや、お香を焚くこと、その火を灯すという行いは古くから、そしてあらゆる場所で行われています。ここインドでも、火が不純物を取り除き、清めの象徴であると、人々は火を灯すことを欠かしません。
そんなインドの人々にとって大切なのが、太陽への祈りです。新しい命を生み出し、育む、そして全てを浄化するその火のエネルギーは、創造、維持、破壊を司る、大切な役目を持つと信じられているからです。
毎日のヨーガのプラクティスの中で行われる太陽礼拝。今ではウォーミングアップとして取り入れられているそれも、本来は、天を支配しこの世を司る太陽へと祈りを捧げるために行われます。流れるようなその動きの中で体に生じた火は、不純なものを取り除き、強さを与え、活力をもたらすとされ、祈りを込めて、108回の太陽礼拝を行うことも稀ではありません。
12の体位からなる太陽礼拝は、天文学における12宮に対応しています。私たちの体は小宇宙であると言われるように、その礼拝は、大宇宙と照らすように続きます。また、ヨーガのアーサナは生物の数だけ存在すると言われるほど、その行いは常に自然と密接に繋がっています。
しっかりと足をついて、大地と繋がる。バランスをとりながら大宇宙と小宇宙との一体を得る。前屈、後屈、その動と静の間で現在という瞬間に気づく。一つ一つの動きを祈りとし、太陽へ、そして自然へと捧げるためのヨーガのプラクティス、そしてそこから得られる人々の心は、荒れる自然の中でも花がそこにあるだけで美しいのと同じです。それは、混沌とした社会の中にいても、揺るがない強さ、正しさ、美しさをいつも見せています。
太陽がそうであるように、輝きというのは、終わることもなく始まることもなく個の内側に存在しているといわれています。ヨーガの行いはその輝きを見つめ、満たすことであり、そして引き出された輝きは太陽のようにこの世を照らしています。
日々の生活の中でつい見失ってしまう、心に灯る火。その火を灯し続けられるよう、今日もヨーガに励んでいます。
(文章:ひるま)

追悼 サティヤ・サイ・ババ

インドの霊的指導者として、国内外の信奉者たちを導いてきたサティヤ・サイ・ババ様が24日、多臓器不全のためにお亡くなりになりました。ご遺体は26日までプッタパルティのアシュラムに安置され、最期のバジャンが捧げられた後、埋葬される予定です。
以下のリンクは、サティヤ・サイ・ババ様の追悼番組や現在のアシュラムの様子などを生中継しているテルグ語圏のテレビ番組です。
(広告が消えるまで30秒お待ちいただく必要があります)
Sakshi TV : http://www.yupptv.com/sakshitv.html
NTV : http://www.yupptv.com/ntv_live.html
TV5 : http://www.yupptv.com/tv5_live.html
Studio N : http://www.yupptv.com/studio_n_live.html
ライブ中継が行われていない場合は、以下のリンクよりNTV番組のビデオ映像がご覧いただけます。
http://www.ntvtelugu.com
また以下のリンクより現在までの最新の写真がご覧いただけます。
Sri Sathya Sai Books and Publications Trust
バガヴァン・シュリ・サティヤ・サイ・ババ様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ヨギの存在

ヨギは、その存在だけで平和を生み出すといいます。肉体的、精神的な深いプラクティスを通して得られるコントロールされた強さと柔軟性は、周囲に脅威を与えることがありません。そして、多くのヨギがいるここリシケシがそうであるように、彼らは社会に穏やかなエネルギーの流れを作り出すと言われています。
例えば、「バンダ」というヨーガのプラクティス。筋肉を引き締めることによって、体の中のエネルギーの流れをコントロールする、とても大切な役割を持つこのバンダは、いつだって欠かすことができません。
サンスクリット語で「締める」や「止める」を意味するバンダには、もともと「壁」という意味があり、それはダムの役割に例えられます。ダムは、大切な資源である水の周りに壁を作ることで、洪水を防いだり、水を供給したりと、私たちの暮らしを守るために様々な働きを行っています。
バンダを行うことは、私たちの体の中にこの働きが起こることを意味します。会陰部、腹部、喉元の3つのポイントを引き締めて保持するこのバンダは、その働きがきちんと行われると、体の中を巡るエネルギーが制御され、沸き出る感情や体に起こる様々な感覚がしっかりとコントロールされるようになると言われています。そうでなければ、体の中のエネルギーが洪水のようにあふれ出てしまうのです。
人間の心の現れであり、個々の意識の集合体であると言われるこの社会。私たちの心の歪みは、大きな歪みとなってこの社会に現れます。それぞれの持つエネルギーをうまく、そして良い方向へと用いることで、社会はいくらでも良い方向へと向かっていきます。私たち一人一人が平穏でいることが、この社会を幸せで満たす最もシンプルな方法なのかもしれません。
自分の内側を見つめるヨーガのプラクティスは、自分自身を大切にいたわることであり、それは、今隣にいる人、家族、友人、そして社会を癒すとても大切な手段ともなり得ます。辛く、大変な時こそ、自分自身をいたわる時間と場所を与えてあげる。それは、とても小さなことであっても、確実に社会へと大きな変化を与えるはずです。
(文章:ひるま)

生きる術

インドでは先日、春のナヴァラートリを終えたばかりです。ヒンドゥー教の三女神、ドゥルガー、 ラクシュミー、サラスワティーを三日間ずつ讃えるナヴァラートリ。この九日間は、それぞれの女神が持つ側面に沿って祈りを捧げ、断食をし、自分自身を見つめ直す大切な時とされています。私はこの間、南インドのケララ州を訪れ、少し違った観点からインドを学ぶ九日間を過ごしていました。
以前からお世話になっているNGOを訪れるための今回のケララ州への訪問。大震災の後、私たち日本の人々の心はとても大きく深い傷を負いました。しかし、傷を負ったのは日本の人々だけではありません。「いつも助けてくれる日本にこんなことが起こるなんて。」 と、その傷は深くここケララの人々にも残っています。自分の心が傷つくと、エゴは小さくなり人の優しさや大切なものがより一層強く見えてくるといいます。この時ばかりは、お互いを想う気持ちをいつも以上に感じざるを得ませんでした。
ケララ州というのは、インド国内において幼児死亡率は最も低く、平均寿命は最長、識字率もほぼ100%と、生活水準がとても高い州として知られています。しかし、授かった命を大切に育み、長生きをし、誰もが読み書きをできる、その生きていく上での基本的な欲求が満たされる一方で、産業がないために、経済的、物質面では決して豊かとはいえません。
私はいつも、このケララの人々の生活に学ぶことが多くあります。いずれは消えてなくなる物質というものに縛られない、「生きる」というシンプルで、最も大切な生活の術。そこから生み出される、穏やかな時間の流れと、人々の心。貧困という問題は見過ごすことはできないけれども、その中にある光をケララの人々は決して忘れてはいません。
どこにいても、問題はいつも存在します。しかし、それと向き合うことが社会であり、日々の生活であり、それを通して向上していくことが私たちの人生なのかもしれません。神は乗り越えられない試練は与えないと言います。自分自身を見つめ、不浄なものを消し去り、魂を清める。そして新たなスタートを切るには大切な時期であるとされるナヴァラートリを、今年は今の日本に重ねて見ていました。
そして、自分のことのように日本を想うケララの人々に「私たちは大丈夫」そう伝えました。これを機に、ますます強く優しい心を持つ人々が増えていくことを、心から願っています。
(文章:ひるま)

夜明け前

ここリシケシでヨーガの教えに従った生活を送っていると、自分の体が自然の一部のようにその中に溶け込んでいることに気がつきます。季節の移り変わり、太陽が昇って沈むまでのその一日の流れにさえ、体はしっかりと従おうとしています。ヨーガの生活を通じ、体も心も浄化されていく中で、普段は気がつかないような小さなことがくっきりと見えてくるのです。
プージャを終えた後、司祭に言われたことがありました。「自然は私たちの母体です。何か悪いものが体に入れば、それが熱や痛みとなって外へ出ようとするように、私たちが何か間違えを起こせば、自然は的確にそれを教えようとします。私たちは、いつも自然とともにあるのです。」
インドにいると、その大きな力の中に生かされていると気づくことが度々あります。静かに流れ続けるガンジス河、延々と続くヒマラヤ山脈、そしてその麓を吹き荒れる風。どんなに寒い冬が来ても、こうして太陽はしっかりと照り、全ての不純物を浄化していく。混沌としたこの社会の中で、自然だけは整然とその流れを止めることはありません。神の領域はとてつもなく偉大です。
この大自然を前に、私たちにできることは僅かばかりです。祈り、敬い、そしてその流れに従いながら、謙虚に日々の生活を努めること。
全てには意味があるといいます。世界の至る所で災難が相次ぎ、そして今なぜ、日本でこのような大震災が起きたのか。なぜ、私たちが今この時に存在するのか。それぞれには果たすべく役割があり、使命があり、今、それに気づくべき時に来ているのです。瞑想を主とし、全てとの合一を究極の目標とするヨーガがこうして世界中に広まるのも、人間が本能的に気づきを求め、変わらなければならないという思いを感じているからに違いありません。
この世は私たちの心の現れだと言われるように、この世界に存在するものは全て、私たちの中に存在しています。今、世界は変化を、皆の幸せを求めています。私たちが幸せでいなければ、世界は変わりません。残された私たちは、今こそ、笑顔でこの時を乗り越えなくてはなりません。
暗いのは夜明け前。もうすぐ、夜が明けようとしていることを、私の体も感じているような気がします。
(文章:ひるま)

私たちの使命

予想もしなかった大震災から二週間。残された私たちは何をするべきなのか。何もかもを失った被災者の方々を思うと、胸がはち切れそうに辛く、日本を、そして東北を再建するために何が必要で、ここにいて何ができるのか、そんなことばかり考える日々を過ごしています。
インドでの生活において欠かせないものは、祈りです。聖典・バガヴァッドギーターにも、祈りによって雨が降り、食物が生れると書かれています。食物から私たちが生まれ、そしてその私たちの行い、祈りが雨をもたらします。
「祈り、動きなさい。」先生にもそう背中を押されました。「何も恐れずに、結果を求めずに、今しなければならないことを行いなさい。眠ること、食べること、休むこと、自分を育むその力に感謝し、祈りとともに目の前にあることに専念するのです。神はいつもあなたのそばにいます。それを忘れてはいけません。」と。
震災以来、私はプージャ(祈りの儀式)にたびたび赴いています。そこから生まれるエネルギーというものは凄まじく、荒れ狂う自然を鎮めるために、司祭たちは懸命に、そして声がちぎれるほどにマントラを唱え、私たちも続いて神へと祈りを捧げます。日本へとその祈りが届くよう、強く握ったこぶしには汗がにじんでいることに気がつきました。
自分の存在は、この世界、そして自然を巡らす力の中にあるものです。自分の行いをその世界の流れに捧げるように行えば、世界は必ず答えを与えてくれます。個人とこの世界の間に距離はありません。結果を求めずに、私たちが祈り、日常の行いを正しく努めることで、この世界には変化が生まれていきます。
「何も恐れ悲しむ必要はありません。姿形がないからと言って嘆くこともありません。私たちの大本は一つです。目をつむれば、いつもそこに全てがあることを心に留めておきなさい。あなたは、今を生きるのです。」
ただ目の前にある一瞬一瞬を懸命に生きることが、今の私たちにできることであり、使命です。祈りとともに正しい行いを続ければ、今、その結果を見られなくても、必ずそれはもたらされます。私たちの日本を、そして東北を想う強い気持ちは、また明るい日々を築き上げるに違いありません。
春は必ず訪れます。
(文章:ひるま)