スピリチュアルインド雑貨SitaRama

バガヴァッド・ギーター

バガヴァッド・ギーター第11章55節

・matkarmakrnmatparamo madbhaktah sangavarjitah
nirvairah sarvabhUteshu yah sa mAmeti pAndava
・マットカルマクルンマットパラモー・マッドバクタハ・サンガヴァルジタハ
ニルヴァイラハ・サルヴァブーテーシュ・ヤハ・サ・マーメーティ・パーンダヴァ
・意味:私のための行為をし、私に専念し、私を信愛し、執着を離れ、すべてのものに対して敵意ない人は、まさに私に至る。アルジュナよ。(上村勝彦訳)

バガヴァッド・ギーター第11章55節です。
スワミ・シヴァーナンダは、この詩節について、次のように述べています。
「この詩節は、ギーターのすべての教えのエッセンスである。この教えを実践する者は、窮極の祝福と解脱を手にするだろう。このような人は、クリシュナを悟り、彼の存在の中に入り、まさに彼と一体になる。これは、ギーター全体の哲学の要旨である(http://www.dlshq.org/download/bgita.htm)。」
比較宗教学、比較哲学のラーダークリシュナン博士をはじめ、この詩節がギーターの教えの本質であるとする学者も少なくありません。
ここで述べられている「私のための行為」とは、クリシュナを念想することであるといわれます。
何をしている時でも、常にクリシュナが間近に存在し、私たちを見守っていると感じること。常にクリシュナの姿を目の前に思い浮かべること。クリシュナは万物に浸透していると知り、憎しみなどの感情を離れてすべてを平等に見ること。このようにクリシュナに最高の信愛(バクティ)を捧げる人々は、クリシュナと一体になることができるといいます。
ラーマーヌジャは、「このような啓発的な思考により、クリシュナの信奉者はすべての敵から逃れ、クリシュナに至るためのすべての美徳を獲得する」と述べています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「バガヴァッド・ギーターCDギフトボックス」(CDAB099)
・「バガヴァッド・ギーター マルチメディアブック」(GitaMultimedia)

コメント

    • ハヤト
    • 2009.05.28 11:16am

    掲載有難うございます。毎日唱えます。

    • SitaRama
    • 2009.05.28 10:10pm

    ハヤト様
    ありがとうございます。
    ご参照いただければ幸いです。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP