スピリチュアルインド雑貨SitaRama

バガヴァッド・ギーター第1章

バガヴァッド・ギーター第1章第2節

संजय उवाच ।
saṁjaya uvāca |
サンジャヤ ウヴァーチャ
サンジャヤは言いました。

saṁjayas【男性・単数・主格】サンジャヤは
ドリタラーシュトラ王に仕える吟唱詩人
uvāca【三人称・単数・パラスマイパダ・完了、√vac】彼は言った、彼は語った

दृष्ट्वा तु पाण्डवानीकं व्यूढं
dṛṣṭvā tu pāṇḍavānīkaṁ vyūḍhaṁ
ドリシュトヴァー トゥ パーンダヴァーニーカン ヴューダン
布陣したパーンダヴァの軍勢を見て

dṛṣṭvā【絶対分詞、√dṛś】見て、注視して
tu【接続詞】しかし、さて
pāṇḍava【形容詞】パーンドゥの息子たちの、パーンダヴァの
anīkam【男性・中性・単数・対格】軍隊を、軍勢を、顔を、姿を
pāṇḍavānīkam<限定複合語>パーンドゥの息子たちの軍隊を、パーンダヴァ軍を
vyūḍham【男性・中性・単数・対格、過去受動分詞】整えられた、配置された、配陣された

दुर्योधनस् तदा ।
duryodhanas tadā |
ドゥルヨーダナス タダー
ドゥルヨーダナ王はそのとき

duryodhanas【男性・単数・主格】ドゥルヨーダナ王は
ドリタラーシュトラの長兄で、カウラヴァの総帥
tadā【副詞】そのとき、それから

आचार्यमुपसंगम्य
ācāryamupasaṁgamya
アーチャーリヤムパサンガンミャ
師に近づいて

ācāryam【男性・単数・対格】教師に、師に
ここでは軍師ドローナのこと
upasaṁgamya【絶対分詞、upa-sam√gam】近づいて、上って

राजा वचनम् अब्रवीत्॥२॥
rājā vacanam abravīt ||2||
ラージャー ヴァチャナム アッブラヴィート
王は、言葉を語りました

rājā【男性・単数・主格】王は、国王は
ここではドゥルヨーダナ王のこと
vacanam【中性・単数・対格】言葉を、話を
abravīt【三人称・単数・パラスマイパダ・過去 √brū】彼は言った、彼は話した、彼は語った

संजय उवाच।
दृष्ट्वा तु पाण्डवानीकं व्यूढं दुर्योधनस् तदा।
आचार्यमुपसंगम्य राजा वचनम् अब्रवीत् ॥२॥

saṁjaya uvāca |
dṛṣṭvā tu pāṇḍavānīkaṁ vyūḍhaṁ duryodhanas tadā |
ācāryamupasaṁgamya rājā vacanam abravīt ||2||
サンジャヤは言いました。
そのときドゥルヨーダナ王は、布陣したパーンダヴァの軍勢を見て、
師に近づいて次のように語りました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP