スピリチュアルインド雑貨SitaRama

フェスティバル

シュラーヴァナ・ソーマヴァーラ・ヴラタ2021

毎年、7月〜8月は、1年の中でとりわけ神聖な月とされるシュラーヴァナ月を迎えます。

シュラーヴァナ月はヒンドゥー暦の5番目の月であり、多くの祭典や吉兆の日で満たされています。
言い伝えによると、天地創造の神話である乳海攪拌は、この月に起きたと伝えられます。

シュラーヴァナ月はシヴァ神を礼拝する吉祥な月であり、多くの人々が月曜日に断食や瞑想を行います。
この行いは、シュラーヴァナ・ソーマヴァーラ・ヴラタと呼ばれます。

シヴァ神は、「チャンドラシェーカラ=三日月の冠を持つ者」という名を持つように、月と深く関連し、月曜日の礼拝がとりわけ勧められます。
例えば、このシュラーヴァナ月に起こったとされる乳海撹拌において、世界を救うために、シヴァ神は生み出された猛毒を飲み込みました。
そして、飲み込んだ猛毒の影響を和らげるために、三日月を頭に乗せて冷やしたと伝えられます。
それ故、このシュラーヴァナ月の月曜日にシヴァ神を礼拝することで、多くの恩寵を得ることができると信じられています。

シュラーヴァナ月は、7月〜8月の満月を始まりとするか、もしくは新月を始まりとするかで、地域や慣習によって異なり、大きく北インドと南インドで分けることができます。
2021年のシュラーヴァナ・ソーマヴァーラ・ヴラタは以下の通りです。
この日は、ルドラークシャを身につけたり、シヴァリンガムのアビシェーカを行ったり、シヴァ神のマントラを唱えたりするとりわけ吉祥な時となります。

主に北インドのシュラーヴァナ月:2021年7月25日〜8月22日
・第1月曜日:7月26日
・第2月曜日:8月2日
・第3月曜日:8月9日
・第4月曜日:8月16日

主に南インドのシュラーヴァナ月:2021年8月9日から9月7日
・第1月曜日:8月16日
・第2月曜日:8月23日
・第3月曜日:8月30日
・第4月曜日:9月6日

シヴァ神の大きな恩寵がありますように、心よりお祈り申し上げます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP