スピリチュアルインド雑貨SitaRama

ガネーシャ・ギリ

聖者のホロスコープ

私は思うところがあり、基本的に聖者のホロスコープを自分で検証することはありません。
しかし聖者のホロスコープ自体は世の中に結構出回っています。
他のインド占星術の先生方の解説した聖者のホロスコープを拝見すると、やはり聖者は聖者らしいホロスコープをしているなと感じます。
面白いのは、同じように聖者と言われる方でも、やはりその個性によって全く違うホロスコープをしていることです。
よくサンヤーシ・ヨーガ(過去世で僧侶だったことを示す星の配置)や2重に傷ついた月などが、聖者によくみられると言いますが、もちろんそれがある方もない方もおられます。
また聖者でなくても、まるで聖者のようなホロスコープをしている方を見かけることがありますし、逆に聖者という触れ込みの方でも聖者のようなホロスコープをしていないこともあります。
これは、解釈が難しいのですが、聖者でなくても聖者のようなホロスコープをしている方はやはり本質的には聖者のような方なのでしょう。
一方聖者という触れ込みの方でも聖者のホロスコープをしていない場合は、その方が本来は聖者にはならない運命の持ち主ながら、厳しい修行を積んで聖者のレベルに達した可能性を考えることができます。また逆に残念なケースですが本質的には聖者ではない場合も考えられます。
私はある有名な聖者からホロスコープをつくっていいという許可をいただきました。
許可はいただいたものの、ホロスコープを作っただけで詳しくは調べていません。しかしぱっと見ただけで機能的に吉星化した土星が信じられない位強力に働いているのが読み取れました。さらに木星や月も特別な配置であるのもうかがえます。
土星は労働や苦労などを表し、忌み嫌われる星ではありますが、人によっては吉意をもたらします。これはある種の聖者の中にも良く見られる配置です。有名なラーマクリシュナ・パラマハンサや、先日亡くなられたサティヤ・サイババ、抱きしめる聖者アムリタ・アーナンダ・マイー・デーヴィーもそれぞれタイプが違いますが、ホロスコープ上で土星が非常に良い働きをしていると言われています。
私に許可を下さったこの聖者の方も、占星術的に見ても間違いなく聖者の範疇に入る方だと思います。
個人的には聖者は少なくともサマーディを体験しているのだと考えていますが、究極の体験といわれる同じサマーディを体験する運命にありながらながら、我々一般人と同じように、個性に大きく違いがあるのはやはり興味深いです。
(文章:ガネーシャ・ギリ)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
「ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定」
http://sitarama.jp/?pid=27375902
「ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス」
http://sitarama.jp/?pid=30583238
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP