スピリチュアルインド雑貨SitaRama

雑記帳

ナヴァラートリ祭第7夜~カーララートリー女神~

ナヴァラートリ祭の9日間は、ドゥルガー女神、ラクシュミー女神、サラスワティー女神の3女神が3日間ずつ讃えられますが、9つの姿を持つドゥルガー女神の姿もまた、一夜ずつ礼拝されます。

第7夜に礼拝されるのはカーララートリー女神です。

Kalratri

ドゥルガー女神の最も恐ろしい姿でありながらも、カーララートリーは常に吉兆な存在にあり、無知の破壊者として、人々の内に存在する暗闇を取り去ると信じられています。

忠実なロバに乗り、暗く黒々とした体を持つカーララートリーの4本の腕には、大包丁と点火棒が握られ、他の手は守り与えるムドラーが示されています。髪は乱れながらも、胸元の首飾りが彼女を輝かせます。

カーララートリーが呼吸をする時、恐ろしい炎が上がるとも言われます。帰依者は恐れる必要はありません。彼女を崇拝することで、この世界の叡智への扉が開かれ始めます。あらゆる罪が清められ、障壁が完全に消されるでしょう。

また、カーララートリーの崇拝は、あらゆる悪を打ちのめし、恐れを取り払っていくと信じられ、勇気と穏やかさを与えるとも言われています。恐ろしい姿をしながらも、カーララートリーは人々の心、言葉、身体を浄化し、常に帰依者により良い成果を与えると信じられています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP