シュラヴァナの月

人生における最終目的。神を理解するために必要なもの。その深い問いの総仕上げともいえるウパニシャッドの中で、「シュラヴァナ」が語られます。最も神聖な月とも言われる現在のシュラヴァナ月にもその神聖さが引き出されるように、霊的な道を進むためにこの「シュラヴァナ」の行いは欠かすことができません。
ヴェーダンタ哲学をより深く議論するウパニシャッドにおいて、本来の自己に気づくための道には段階があると説かれます。その始まりが「聴聞」を意味する「シュラヴァナ」であり、その道は「熟考」と言う「マナナ」へ、そして「瞑想」という真実へ向かう継続的な行い「ニディディヤーサ」へと続きます。この段階はまさにインドで過ごす日々そのものであり、なぜこれほどまでにインドの生活に引き込まれるのか、ここで改めて感じています。
真意を探るようにグルの言葉を聞き、その言葉を鑑みながら一瞬一瞬を丁寧に過ごす日々の中で得られる経験は気づきに溢れるものであり、グルの言葉を聞くだけで疑いが晴れるのは、まるで起こりうる全てを知り得ているかのように、静謐な深い意味がそこに含まれているからです。
その言葉を通して起こりうる出来事を見つめる時、そしてその過程で深く自分自身を熟考する時、日々の生活が丸ごと深い瞑想へと姿を変えるようでした。それが、生きるという日々の生活から生れる経験的な知識に基づいたものであるが故に、その中で得る気づきは言葉では表現できない程大きなものです。
ただ言えるのは、グルと言う真実の言葉から生まれたその瞑想に見えるものが、真実だけだということかもしれません。自己を探る過程において生じる疑いは、心の作用に惑わされ避けて通れないものでもあっても、真実に心が定まれば、もがくことがあってもその疑いに呑み込まれることはないのだと実感したことを覚えています。その真実こそがグルの言葉です。
私たちの悟りへの道のりは、その言葉を聞くことから始まります。このシュラヴァナの月に、その神聖さに耳を傾けること、古代の教えが語る真実を見つめ、自らについての学びを深めたいと今改めて感じています。
(文章:ひるま)

行いのヨーガ

私たちが生活を営む上で欠かすことができないものが「行い」です。生きるために働き、学び、家族を共にし、また社会におけるさまざまな行いも限りのないものです。そしてその中での役割は、労働者、学生、父親、母親、子ども、友人など多岐に渡り、私たちは行いを前に、一瞬たりともその役割から解放されることはありません。
「行い」というものの大切さについて、バガヴァッド・ギーターの中で特に強く記されています。
戦いの場にいるアルジュナは、敵方に師を、そして親族の姿があるのを見つめ、ひどく困惑します。弟子として、息子として、孫として、様々な役割を同時に背負ったアルジュナの心は大きく揺れ、定まりません。
クリシュナ神は説きます。戦いの場にいるアルジュナは、弟子でも、息子でも、孫でもないと。そして、クシャトリヤ(武士)として目の前にある役割を全うし、果たされるべく行いに集中すべきことを諭します。
それは、この社会を生きる私たちにも当てはまることかもしれません。例えば仕事場において、父として夫として、または母として妻としての役割を抱えたままの時、目の前にある成されるべく仕事に対しての集中はなく、心は定まりません。起こりうる、または起こったあらゆる結果に囚われ、様々な想いが大きく心の中を駆け巡っています。まさにアルジュナの心境です。
行いの意味についてスワミジの言葉を思い出します。「子どもの将来を期待してミルクを与える母親はいません。お腹を空かせた子どものために、ただ愛ゆえに、その行いを行うのです。」
それこそが献身です。私たちが担う役割には数多くのものがあります。結果のためではなく、ただ目の前にある瞬間の中で自分の役割を全うする時、それは何にも代えられない献身であり、瞑想とも言える集中となります。
私たちはいつしか結果に惑わされ、多くの物事を混同し、自分のすべき事柄を、そして自分自身すらも見失っていきます。結果ではなく、その瞬間にある物事に心を定め愛すること、自分の役割を全うすること、それがこの社会をよりよく生きるための術であるのかもしれません。
「喜びと苦しみ 損と得 勝ちと負け 
それらを同じものと受け止め戦うならば 
あなたは決して罪を負わない」
(バガヴァッド・ギーター2章38節)
(文章:ひるま)

幼子の願い

厳しい自然と共にあるインドの生活には、さまざまな所に人々の神を想う畏敬の念が現れています。道を歩いていても、空を眺めていても、あらゆる所に神の姿が見え隠れし、そしてその神の背景に存在する伝承を紐解いていくと、この世界の神秘さにぐっと惹きこまれることが何度もありました。
例えば、インドでは北極星も神の恩寵によって神格化された存在です。北極星を意味する「ドゥルヴァ」という言葉は、もともと、ある幼い子どもの名前を表すものでした。そこにはこんな美しい話が存在します。
ドゥルヴァの父には二人の妻がおり、一人は傲慢で、一人は優しいドゥルヴァの母でした。傲慢なもう一人の妻によって、幼いドゥルヴァは父の膝の上に座ることすら許されず、母に泣きつきます。母はドゥルヴァに言います。「他人を悪く思わず、ヴィシュヌ神の御足を拝みなさい。」と。
そして、ヴィシュヌ神の恩寵を求めドゥルヴァの苦行が始まります。一人になり森へ入り、片足で立ちながら仙人に伝えられたマントラを繰り返し唱え続けます。幼いドゥルヴァのそんな姿を知ったヴィシュヌ神は、ドゥルヴァに他の星が中心として回る最も大切な場所を与えます。ドゥルヴァが北極星となったのです。
インドの聖典、「シュリーマド・バーガヴァタム」に記された話です。耐えがたい苦痛や困難にあっても、信じる者が救われるその事実を一つ一つの物語が美しく証明しています。そして、あらゆるものの存在は、神の具現として神聖なものであるということを私たちに気づかせます。
インドに身を置き感じる神聖さは、至る所に神の姿があるからです。例えば空を見上げ北極星が見える時、ヴィシュヌ神を想い信じ続けたドゥルヴァの悲しくも美しい話を思い出しながら、神との絆を目にします。あらゆるものの存在の意味、そしてそこにある真実を知る時、私たちはきっと自分自身の存在の意味を理解し、大いなるものと繋がることができるように思います。
日常に見える小さな物事が最も大切なものとの繋がりを見せ、そして私たちはその存在とどんな時も一体であるということ、忘れがちなそんな真実に気づかせる生活がインドには今も存在しています。
(文章:ひるま)

雨の季節

変化に富みそれぞれの地が異なる姿を見せる広大なインドにも、日本の梅雨のような雨の季節がゆっくりと南から訪れます。6月にもなれば南部はモンスーンの季節を迎え、7月には北インドにも激しい雨が降り始めます。2か月は続くこの雨にうんざりすることがあっても、このモンスーンの始まりはとても好きな瞬間でした。
モンスーンの雨は突如としてやってきます。突風が吹き荒れ始めると途端にかんかんと照っていた太陽が顔を隠し、辺りが一瞬の内に暗闇に包まれると、次の瞬間にはまさにバケツをひっくり返したような大雨が降り出します。
45℃の酷暑を過ごしてきた人々にとって、そんなモンスーンは恵の雨として欠かすことができません。乾ききった大地は潤いを取り戻し、気温も少しですが下がり始めます。ほこりにまみれた大地は大量の雨によって洗い流され、辺りの風景も見違えるほどに輝きを増します。
暴風雨はまさに荒れ狂う自然の姿です。全てを洗い流し風水害を引き起こしながらも、その雨と風は大地に恵みをもたらし、豊穣と安寧をもとに人々の生活をしっかりと支えています。そんなところにも、インドではしっかりと神の姿が佇んでいます。暴風雨神として知られるルドラー神はモンスーンの神格化であり、破壊と共に豊穣をもたらすとして、人々は祈りを捧げることを欠かしません。
身がすくむほど恐ろしい雨風であっても、その後に訪れる静けさと澄み渡った空気の美しさ、その幻想的な空間にいつの時もぐっと引き込まれていったのを覚えています。暴風雨に電気は止まり、灯すろうそくの灯りに映し出される神像の姿、濃い霧に色とりどりの寺院が取り込まれていく風景、あらゆるものが言葉にならないほど美しいものでした。
なぜかインドでは、どんな瞬間にもそこに存在する神の姿を見るように思います。厳しい自然と共に生きる時、自らが生かされている存在だと気づく瞬間に恵まれているからなのかもしれません。そこに偉大な存在がなければ、私たちは決して営みを続けられないのだとそう気づかされているのだと感じます。そんなインドの世界を想い、今日も惹かれながら過ごしています。
(文章:ひるま)

呼吸をする意味

インドで過ごす日々は、毎日ただ生きているだけでわくわくするような熱いエネルギーに満ちていると感じる時があります。人も車も牛も神様も溢れる全てが入り混じった路上は様々なドラマを見せ、そんな雑踏を歩く時の生き生きとしたうねりにいつも心を惹きつけてられてやみませんでした。しかし、少しでも気を緩めれば一瞬でその波に飲みこまれ、気がつけば、行き場を失ったように迷い乱れる瞬間もあります。
12億人を超える人口を抱え、貧困を背景に成長の段階にある国のエネルギーはとてつもなく大きなものです。賑わうマーケット、より良いものを求めて動く人々、生きようと必死にもがくその流れが生み出す波は、そこにいるだけで良くも悪くもぐっと体の奥まで入り込んでくるものでした。
聖と俗、富と貧、時には真実も偽りも見せるその両極端な世界の中で感じるものは少なくありません。生きることに必死な人々の姿を見ながら、息を飲むこともあるほど数々の気づきに思わずはっとし、そしていつもの通り、スワミジの深い言葉に自らを取り戻します。
「なぜ、呼吸をすることをためらっている?」
大好きなインドの生活の中でさえ迷いや混乱は生じ、無意識に呼吸は早まり止まることがありました。生きるという最もシンプルな行い、それすらも手間取るほどに、心というものはいつの時も大きく人々の動きを支配します。
「神はすべての呼吸の息である。」スワミジの続く言葉に再びはっとさせられます。どうして、神と共にあることをためらっているのか。厄介な心の動きは、無意識のうちに神の存在を曇らせ真実を遠ざけていきます。あらゆるものが混ざり合った不思議なインドの世界で過ごす日々には、一つ一つの瞬間にそういった大切な何かを気づかされていました。
インドの古くから伝えられる深い精神性は、世界中を巻き込む物質に向かう心をいつの時もしっかりと捉えています。さまざまに動く世界の中でも、古い教えをしっかりと実践しながら生きる人々の存在がそれを可能にしているに違いありません。いつまでも、そんな存在が在り続けることを心から願っています。
(文章:ひるま)

心を定めること

あちらこちらから聞こえてくる祈りやマントラ、バジャンやキールタン、寺院や家庭から溢れる香の香りや炎の煌めき、インドで過ごす日常に溢れるその美しい神への捧げ物は、いつの時も神聖さを深め、精神性を育んでくれるように思います。
それが日本へ戻ると途端に、まるで別の世界に来てしまったかのようにぼやけていくことがあると、ある時スワミジに尋ねたことがありました。そしてスワミジが述べた言葉を今静かに思い出しています。
「真実において、全てのものは神の影に他ありません。私たちの求めるものは、神の求めるものであり、私たちの言葉は、神の言葉です。私たちは神を見つめているのにも関わらず、あちらこちらを探し回り、そして神の側に座しているのに、あなたはどこにいるのですか?と尋ねるのです。」
スワミジは続けます。「神を見るのは、祈りや儀式だけではありません。全ての瞬間に神とありなさい」と。
至高なものを信じ、そしてそこに心を定める行いは「シュラッダー」と言われ、ヨーガの行いの中でも欠かせない真智を得るための大切なステップの一つです。ヨーガ・スートラにおいても、バガヴァッド・ギーターにおいても、その堅信なしに始まるものは何もないと綴られていきます。
インドの不思議なほどに惹きこまれる神聖さと精神性に溢れる世界の中だけではなく、あらゆる場面で至高な存在を見失わず抱き続けることは、この生活の中でのまさに修業の一つのように思います。しかし、それは与えられた生を享受するための最もシンプルな術に他なく、その堅信から生まれる揺るがない強さは、聖典がそう伝えるように、どんな時も真実を与えてくれることに間違いはありません。
さ迷い出る心は変わらずあっても、定まるべく所を見つめ直しながら、インドの教えを噛みしめる日々が過ぎていきます。そして、インドに戻るまでに何を学ぶのか、そんな修業の毎日がここにあることに感謝をしながら今日も過ごしています。
(文章:ひるま)

神の言葉

インドと日本を往復する暮らしは、まるで精神世界と物質世界を行き来する心の旅のように感じることがあります。その間で心は必要以上に様々なものを感じながらも、その動きを見つめることは、インドの深いスピリチュアルな教えを、そしてスワミジたちの言葉を一つ一つ実践していく、まさに修業の道のりです。
例えば、移動の多い生活が生み出す手放さなければならない何か、人々の優しさに触れながら暮らす日々の中の出会いと別れ、それらは極端に幸も不幸も、痛みも喜びも与え続けて止みません。物質世界の中へと入り込めば、欲望を満たすことが最も必要なことだと惑わせられ、この社会の中でどう成功し、どれだけ称賛を得るのか、そのことばかりに夢中にさせられることもあります。
何を感じ、何を思い、何を欲するのか。心の作用であるその全ては、あらゆる面から真実を曇らせていきます。しかし、その心を見つめる道中でもがきながら一生懸命に神の言葉を繰り返す時、実に多くの気づきに出会い、そしてそれこそが、自分自身を揺らぐことのない真実へと導いていくように感じてなりません。
「神の言葉を聞かぬ者は滅んでいく」あるスワミジは、バガヴァッド・ギーターのクリシュナ神の言葉を用いながら、そう静かに述べたことを今思い出します。スワミジは続けます。「心に支配された時、神の言葉は聞こえない。」と。心の動きを知ることは、神を知ることでもあるのだと、この時理解したことを覚えています。
インドでの暮らしの中で人々が繰り返し唱える神の名とそこに定まった心、そしてギーターの中でクリシュナ神が述べる「私はあなたを愛している」という言葉、その深い絆に見える真実は空間を越えてもしっかりと残り、美しい言葉として胸に響いているような気がします。そして、いつの時もその言葉を見失わなずに共にあること、それがこの道のりを行く最も大切な術なのだと、日本へ戻った今改めて実感しています。
バガヴァッド・ギーター18章58節
「私に心を定めなさい 私の恩寵で全ての困難が除かれる
もし、我執にまみれ私の言葉を聞かぬなら、その者は滅んでいく」
(文章:ひるま)

生けるものの命

残りが僅かになった滞在の中で、いつものようにバガヴァッド・ギーターを手にしながら、ふと心を掴まれたのはやはりクリシュナ神の美しく深い言葉でした。
「私は大地における良い芳香 私は燃える火の熱 私は生けるものの命 そして私は苦行を行う人々の忍耐心(バガヴァッド・ギーター7章9節)」
その言葉に、ここでの生活が真実味を与えます。雨に恵まれた大地は清らかな香りを際立たせそれ自身が持つ美しさを、プージャの中心で燃える炎は人々の神への熱いほどの祈りの他になく、そしてヨーガの修練に励みながら、時に苦痛を感じてもそこを耐え抜こうとする強い心を感じる時、その全ての瞬間に存在する中心に神の姿を垣間見ます。
生きとし生けるものの命のように、それなしには何も成立しないあらゆるものの根本であり、私たちはその中に存在しているのだと、その時ほど感じることはありません。そして、ここで敬虔な人々と過ごす一つ一つの瞬間が一際強くその神と言う存在を際立たせます。
常に神と対話しながらただその存在を喜ぶ人々の心は完全に中心に定まり、決して動くことはなく、その深く繋がった絆の強さを見せられる時、まるで嫉妬を覚えるほどに強く胸を打たれます。そして、人生の中で理解するべくものはただ一つ、その中心である神に他ないのなのだとこの時ほど気づかされることはありません。
ここで過ごす日々は、いつの時もその中心に留まる瞬間に溢れています。半年の滞在で毎回学ぶことは数知れず、何を引き換えにでもこの生活の中に埋もれたいのは、どんなものにも汚されない真実がそこに見えるからだと今改めて感じています。
心というものが動き続ける限り、この歩みは終わることがありません。しかし、辛く悲しいこと、嬉しく幸せなこと、その狭間で時に激しく揺れ動きながらも、生命がある限りこうしてその中心に出会う瞬間を見せられることにいつの時も大きな喜びを感じます。またすぐ、ここに戻ることを誓いながら、神の詩を今噛みしめています。
(文章:ひるま)

自己の学習

この神聖な空気に包まれる生活の中では、書物を読むこともヨーガの行いの一つです。ニヤマに記される自己の学習や教育を意味する「スワディヤーヤ」がそれにあたり、自分自身の精神向上のために、聖典を読むことやマントラを唱えることが日々の生活で欠かすことができません。
それは、ここでの自身の生活を見ても明確なものです。例えば、日常の中でふと手に取るバガヴァッド・ギーターにはいつの時もその瞬間に必要な答えを与えられるように、聖典から得る確かな言葉を通して自分自身の求める見えない何かが見えてくることがあります。
今、あるスワミジの話を思い出しています。「『直観』を意味する『intuition』という単語は、『tuition=教え』が『in=内』の状態にあります。直観を得るのは、自分自身の内に元来備わる絶対的な智慧に気づく時に他ありません。」と。
ふとした時にピンとくる感覚は、真実のみに向き合いそして近づいている時に得られるものだと、この時理解したことを覚えています。余計なものを可能な限り捨て、本当に必要なものと共にあるここでの生活がこれほどまでに多くの気づきに満ちているのは、何でもない、ただ在るがままの自分自身であるからなのだとここにいて確かに感じます。直観とも言える気づきに出会うのは、どんなものにも限定されない本来の姿に落ち着き、そして心が静かに定まる時の他ありません。
聖典を読むことやマントラを唱えること、そこにあるのはただ自分自身を研ぎ澄まし、磨いていくものです。私たちのあるがままの姿、生きることや愛すること、感謝をすること、ただそれだけのことが見えない今、古くから伝わる神聖な書物や真言を学ぶことは、その聖典や真言が真実として永遠であるように、自分自身の真実に出会う行いなのかもしれません。
残りがわずかになったこの度の滞在の中で、聖典に触れ心を神に定める、その精神向上のためのヨーガに時間が流れて行くことに喜びを感じ、心から感謝をしながら今過ごしています。
(文章:ひるま)

ヨーガの行い

人として社会で生きて行くための基本となるヤマ・ニヤマに沿った行いは、それだけで人々の内に揺るがない強さと、どんなものも受け入れられる柔軟性を生み出します。ここでその教えに従いながら暮らす日々の清らかさは何にも代えがたいものであり、その行いは、心が生み出す様々な働きから自分自身を浄化する意味を持ち合わせているのだと感じます。
日々の生活において、時に、思った以上の喜びがもたらされることがあれば、どうにもならないほどの悲しみにくれることがあります。それらがいつも、神の下で大自然に包まれながら生かされている身であるということを私たちに教えるように、その神と自然の暦に従った生活が生み出すここでの日々に学ぶことは、いつの時も純粋で謙虚であり続けるということです。偉大な力の前では私たちはただ小さな存在であり、そんな私たちの行いは全て、神への捧げ物の他ありません。
だからこそ、神を思う瞬間に包まれるこの生活に浸っていると、とことんまで自分自身を浄化したくなる時があります。そして私にとってヨーガはまさにその術です。ヤマ・ニヤマという清く正しい行い、座法や呼吸法、感覚の制御によって肉体的に浄化が進んだ後は、瞑想に至るための精神的な浄化を辿ります。それは全て、神の下に至るための道でしかありません。あらゆるヨーガの行いは自分自身の浄化の他になく、それは神に近づくための準備です。
バガヴァッド・ギーターの中でもクリシュナ神は述べています。「ヨーガの行いにより、清い心で感覚を超えたところの絶対的な喜びを知れば、どんな苦もない真の自由を得る。そして何があっても、真実から離れることはない。(第6章21節〜23節)」と。
行いを止めることをできない私たちは、その行いをもって神に近づかねばなりません。それはただ、心の作用に自分を見失うことなく正しい行いを全うすることであり、ヨーガは確実に私たちを導きます。
こうして生きながら、心の働きに激しく揺り動かされることがあっても、その全てが真実に向かうための学びなのだと、神の下へまた一歩近づくことができるよう、日々の行いを一つ一つ今努めています。
(文章:ひるま)