パングニ・ウッティラム2020

2020年4月7日は、パングニ・ウッティラムの吉日です。

パングニ・ウッティラムは、天界の結婚を祝うお祭りです。
シヴァ神は、この日にミーナークシー女神(パールヴァティー女神)と結婚したといわれています。
また、スッブラマニヤが、インドラの養女であるティーヴァニーと結婚した日としても祝われています。
ヴァールミーキのラーマーヤナでは、シーターとラーマが結婚した日であると伝えられています。
多くの寺院では、10日間にわたって祝われるお祭りです。

文献によると、このお祭りは、9世紀から13世紀にかけて、南インドを支配したタミル系のヒンドゥー王朝であるチョーラ朝の時代に遡ります。
パングニ・ウッティラムは、パールグナ月(3月/4月)の満月を意味するタミル語です。
この日は、シヴァ神、ペルマル(タミル語圏の呼び名、シュリーニヴァーサ神)、ムルガンを礼拝するための特別な日であり、グリハスタ・ダルマ(家住期のダルマ、結婚生活)の栄光を讃える日にあたります。

クリシュナ神にゆかりのあるマトゥラーやヴリンダーヴァンの地域では、ホーリー祭が執り行われることで知られています。
占星術的には、ウッティラム(ウッタラ・パールグニー)・ナクシャトラが満月に重なる特別な月であり、この満月が、結婚を象徴すると考えられています。

参照:2020 Panguni Uthiram