罪を破壊する最高神であるヴェーンカテーシュヴァラを讃える千の御名

神の言語であるサンスクリット語による祈りは、精神的・肉体的な問題を癒すヒーリング・サウンドとして作用し、人々の願望や、魂の欲求を満たすことができると信じられています。その一つに、罪を破壊する最高神であるヴェーンカテーシュヴァラを讃える千の御名(ヴェーンカテーシュヴァラ・サハスラナーマ)があります。

ヴェーンカテーシュヴァラという名前は、サンスクリット語の複数のパーツに分かれています。Ven(罪)、kata(破壊者)、ishwara(最高神)。この語源から、ヴェーンカテーシュヴァラは、罪を破壊する最高神とされます。ヴィシュヌは信者への愛から、カリユガの時代における人類の救済と幸福のためにヴェーンカテーシュヴァラへと化身し、姿を現したとされ、この時代のヴィシュヌの最高の形であると考えられています。

ヴェーンカテーシュヴァラは、バラジ、ヴェーンカタチャラパティ、ゴーヴィンダなど、幅広い名前で知られています。シュリー女神(ラクシュミー女神の別名)は、ヴェーンカテーシュヴァラの胸に鎮座しているため、シュリーニヴァーサ(シュリーが宿る者)とも呼ばれています。

ヴェーンカテーシュヴァラには、ある興味深い神話が伝わります。

天で幸せに暮らしていたヴィシュヌ神とラクシュミー女神。ある出来事がきっかけで、怒ったラクシュミー女神が地上に降りてきてしまいます。ヴィシュヌ神はラクシュミー女神を追いかけ地上に舞い降ると、ティルマラの丘で瞑想を始めました。その後、ヴィシュヌ神はヴェーンカテーシュヴァラの姿となり、やがてラクシュミー女神の化身であるパドマーヴァティー女神に出会います。

ヴェーンカテーシュヴァラは、パドマーヴァティー女神と結婚をしようと求婚するも、その結婚には莫大な費用が必要でした。すると、ヴェーンカテーシュヴァラは財宝の神であるクベーラ神に頼み、その費用を借りることにします。しかし、費用は莫大で、ヴェーンカテーシュヴァラは今でも、クベーラ神にその借金を返し続けているのだといわれます。

その借金がどのように返済されるのかといえば、人々から捧げられるお布施です。ヴェーンカテーシュヴァラは、人々からありがたくお布施を受け取ると、代わりにその願いをなんでも叶えてくれるのだといわれます。

祈りや信仰が廃れるといわれるこの時代、ヴェーンカテーシュヴァラの御名を聞くことで、罪は清められ、願いを叶えるための第一歩を踏み出すことができるでしょう。