ハリ・オーム・ナモー・ナーラーヤナ

・hari Om namo nArAyana
・ハリ・オーム・ナモー・ナーラーヤナ
・意味:万物の現象の主に帰依いたします

ヴィシュヌは、宇宙を生み出す無限の大海に例えられます。ヴィシュヌのシンボルは水(サンスクリット語でナーラ)であり、そのために「水に住む者」という意味のナーラーヤナと呼ばれているという説もあります。
ヴィシュヌは、宇宙の維持者として知られています。ヴィシュヌは、永遠であり、万物に浸透する精神であり、宇宙創造の前から存在する原初の水に関連があるといわれます(ワールド・ヒンドゥー・チャントの解説より)。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「ワールド・ヒンドゥー・チャント」(トラック2)

  1. ヴィシュヌ神を礼拝し続け、ヴィシュヌ神の力の意味を理解しました。ヴィシュヌの力ではなく、本当のヴィシュヌ神の化身が地球に降臨したら今のこの世の中も平和になる気がします。

  2. ヴィシュヌ神を礼拝され続けているのですね。今なおさまざまな神話が語り継がれているラーマやクリシュナのように、ヴィシュヌ神はさまざまな姿をとって地上の人々の救済を行っているのだと思います。ヴィシュヌ神の祝福がありますように心よりお祈り申し上げます。

SitaRama にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です