クリシュナ・アシュタカム第7節

・gopikAnAm kuchadvandva kumkumAnkita vakshasam
shrIniketam maheshvAsam krishnam vande jagadgurum
・ゴーピカーナーン・クチャドゥヴァンドゥヴァ・クムクマーンキタ・ヴァクシャサン
シュリーニケータン・マヘーシュヴァーサン・クリシュナン・ヴァンデー・ジャガッドゥグルン
・意味:胸にサフランの印をつけた牛飼いの乙女に抱擁されるお方、
ラクシュミーの住処であり、偉大な射手である世界の父であるクリシュナをたたえます。

クリシュナ・アシュタカム(クリシュナーシュタカム)第7節です。
サフランは、インドの国旗にも見られるように、ヒンドゥー教を象徴する神聖な色です。至高の存在を反映するアグニ(火神)の色ともいわれます。
またサフランは、犠牲と救済に関連する色とされ、家庭などの一切を捨離し真理を探究するサンニャーシン(放擲者)は、サフラン色のローブを身につけます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「シュリー・クリシュナ・サハスラナーマム&ストートラ」(トラック7)
・「神々の恵み」(トラック4)