バガヴァッド・ギーター第3章第3節

श्रीभगवान् उवाच ।
śrībhagavān uvāca |
シュリーバガヴァーン ウヴァーチャ
クリシュナは語った

śrībhagavān【男性・単数・主格】栄光ある方、神聖な神、威厳ある尊者。ここではクリシュナのことを指す。
uvāca【三人称・単数・パラスマイパダ・完了 √vac】[彼は]言った、語った

लोके ऽस्मिन् द्विविधा निष्ठा
loke ‘smin dvividhā niṣṭhā
ローケー スミン ドヴィヴィダー ニシュター
この世界には、二種類の成就(への道)がある

loke【男性・単数・処格】[〜において、〜のなかで]世界、地上
asmin【男性・単数・処格、指示代名詞 idam】[〜において、〜のなかで]これ、この、ここ
dvividhā【女性・単数・主格】二重の、二種類の
niṣṭhā【女性・単数・主格】[〜は、〜が]基礎、状態;専心;成就、完成;頂点、限度;終局、終末、大詰め(劇の)、死

पुरा प्रोक्ता मया ऽनघ ।
purā proktā mayā ‘nagha |
プラ− プロークター マヤー ナガ
以前に私によって説かれた、アルジュナよ

purā【副詞】かつて、以前に;前の生に;昔は、昔;初めに
proktā【女性・単数・主格、過去受動分詞 pra√vac】宣言された、教えられた、記述された;言われた、語られた;(対格)と言われた;〜であると宣言された、と称された、説かれた、いわゆる
mayā【男性・単数・具格、一人称代名詞 mad】[〜によって、〜をもって]私
anagha【男性・単数・呼格】罪なき者よ、穢れなき者よ。アルジュナのこと。

ज्ञानयोगेन सांख्यानां
jñānayogena sāṁkhyānāṁ
ジュニャーナヨーゲーナ サーンキヤーナーン
理論家(サーンキヤ)にとっての知識のヨーガによる(成就)

jñānayogena【男性・単数・具格、jñānayoga】[〜によって、〜をもって]知識のヨーガ、知識の道、智道、理論的なヨーガ
※jñāna-yoga:最高の境地(ヨーガ)に帰結する知識(jñāna)。絶対者(最高神)に関する知識に専心すること。シャンカラは「知識、すなわちヨーガ」と解する。(上村勝彦注)
sāṁkhyānām【男性・複数・属格、sāṁkhya】[〜の、〜にとって]計算する人、熟慮する人、サーンキヤ説の信奉者、理論家
※sāṁkhya:この場合は、思弁により最高存在を考察する人を指す。シャンカラ「アートマンを対象とする識別知を有する人々。」ラーマーヌジャ「アートマンのみを対象とする知性をそなえた人々。」(上村勝彦注)

कर्मयोगेन योगिनाम् ॥
karmayogena yoginām ||
カルマヨーゲーナ ヨーギナーム
修行者(ヨーギン)にとっての行為のヨーガによる(成就)

karmayogena【男性・単数・具格、karmayoga】[〜によって、〜をもって]行為のヨーガ、行為の道、行道;動作、活動;聖業の実践
※karma-yoga:最高の境地(ヨーガ)に帰結する行為。執着することなく行為そのものに専心すること。シャンカラは「行為、すなわちヨーガ」と解する。(上村勝彦注)
yoginām【男性・複数・属格、yogin】[〜の、〜にとって]ヨーガ行者、修行者、実践者

श्रीभगवान् उवाच ।
लोकेऽस्मिन्द्विविधा निष्ठा पुरा प्रोक्ता मयाऽनघ ।
ज्ञानयोगेन सांख्यानां कर्मयोगेन योगिनाम् ॥ ३ ॥

śrībhagavān uvāca |
loke’smindvividhā niṣṭhā purā proktā mayā’nagha |
jñānayogena sāṁkhyānāṁ karmayogena yoginām || 3 ||
クリシュナは語りました。
アルジュナよ、私は前に、この世界には、成就への道が二通りあると説いた。
すなわち、理論家(サーンキヤ)にとっての知識のヨーガによる道と、
修行者(ヨーギン)にとっての行為のヨーガによる道とである。