スピリチュアルインド雑貨SitaRama

ガネーシャ・ギリ

ヒマラヤ修行の思い出3

ゴームクで瞑想をすると非常に深く入ることができます。
私にはヒマラヤ修行中に瞑想していると、空や空間を走るラインのようなものがよく感じられることがあります。これを観察していると意識の通ったあとのようなものであることに気付きました。
瞑想法には様々なテクニックが存在しますが、意識を遠くに飛ばしたり、時間をさかのぼったりするテクニックも存在します。それらは観想法と言われるものなどの延長線上にあると私は思います。
もしかしたらこのラインは、そのような観想法や意識を拡大させるような系統のテクニックを使うヨーギーがいて、その人がとばした意識の残像なのかもしれません。
別に瞑想法を使っていなくても意識力が強い場合、残留想念は残ることがあると思いますが、たとえば東京都内のようなところでは、大勢の人の意識が飛び交っているので、古い意識の残骸は、すぐにたくさんの意識にまぎれたりかき消されたりしてしまいます(といいますか、私のレベルではつかめなくなってしまいます。)。
ヒマラヤの高地は圧倒的に生活している人が少ないため、残像がの残りやすいのかも知れません。またはそのテクニックを使った行者の意識力の強さも大きく関係しているのだと思います。本当に強い意識力を持つ行者のものであれば、長い間残り続けるのかもしれません。
瞑想中にそのとばした意識のラインに自分の意識を合わせると、なかなか面白い体験ができました。自分では体験したことのないような体験ができるのです。ラインの中には宇宙の果てまで続いているようにすら感じられるものもありました。
よくヨーガの師に「瞑想を使えば宇宙の果てまでだって瞬時に行ける。」という話を聞いた記憶がありますが、実際にそういうことを試していた行者がヒマラヤにいたのかもしれません。
これはあくまで私個人が感じたものです。この体験を読んでくださっている方に押しつけるつもりはありませんし、逆に非常に瞑想能力の高い方であれば「幼稚なコラムだ。」と感じるかもしれません。新年のコラム故、少し浮世離れしていることをご容赦ください。
(文章:ガネーシャ・ギリ)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
「ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定」
http://sitarama.jp/?pid=27375902
「ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス」
http://sitarama.jp/?pid=30583238
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP