スタッフ日記:第21回アンナダーナ終了しました!

第21回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は寺院にて、滞りなく無事に終えることができました。

広大な地でさまざまな思想や慣習が入り混じるインドでは、古くからそれぞれ独自の暦が用いられ、新年もさまざまに異なります。この時期は、日本のような盛大な新年のお祝いはありませんが、それぞれが祝福を楽しんだようです。日本も寒い時期を迎えていますが、アンナダーナを実施しているデリーも今が一番寒く、朝は5度近くまで冷え込んでいます。

今回のアンナダーナはいつも以上に大混雑となり、3時間ほどで1000食分以上を配り終えました。寺院での実施の際に多く訪れてくださる労働者の方たちは、新年もお休みになることはあまりなく、いつも通りの厳しい労働があります。太陽がでなければ体の芯まで冷えるような日もあり、温かい食事にほっとした喜びを共有する姿が見られました。

実施した土曜日は学校があるため、学校帰りの子どもたちの姿も多くありました。子どもたちの姿が加わると、周辺は途端に賑やかになります。食事の美味しさを全身で表現する子どもたちの姿を見ると、こちらまで笑顔になり嬉しくなります。

準備はいつも通り、朝早くから始まりました。

始まりはゆっくりですが、13時をすぎると大行列になります。

今回はとりわけ大混雑になりました。

子どもたちは喜んで食事をしていました。

寺院での実施では子どもから大人まで、幅広い層の方たちに食事を提供することができます。

温かい気持ちの詰まった食事を通じて、ひとりでも多くの人が喜びを得られるように願うばかりです。

新しい一年の始まりが、大きな祝福に満ちた時となりました。たくさんの方たちのご協力が集まり、いつもこうしてアンナダーナを実施できること、とても嬉しく思います。小さなことでも、行動を起こすことの大切さを実感させられます。こうした行いを通じて、学びを深めながら豊かな日々を過ごしていきたいと感じています。皆様の新しい一年も、幸せに満ちた年となりますよう、心よりお祈りしております。

次回は、病院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)