スタッフ日記:フード・サービス・プログラムのご報告(今年の訪問見学)

フード・サービス・プログラムにご支援をいただいている皆様、本当にありがとうございます。今月は現地を訪問し、配給の様子を見学することができました。以下にご報告をさせていただきます。

配給食作りは毎日13時頃から始まります。このように、薪を用いて大きな鍋で調理を行います。この時はもう調理を終えていましたが、それでも周辺がとても熱く、この作業を暑い中で行うのはとても大変なことです。

17時半前になると、リキシャドライバー兼配給を行うスレーシュがやってきて、できた食事をリキシャに積んで病院へと向かいます。病院は10分くらいの距離にあります。

今年は月曜日に病院を訪問しました。この日はじめて、「配給が始まります」という病院のアナウンス放送を耳にしました。月曜日あたりは初めて入院をしている人も多く、配給を知らない人がいるため、病院でアナウンスをしてくれるようになったのだそうです。

病院を訪問した次の日は、シヴァラートリーの祝日で休日となっていました。休日が重なると手術や入院等を行わないため、人数は少なめと予想をしていましたが、列は途切れず、準備をした食事をほぼぴったり配り終えました。食事は重湯のみを希望する人も多く、病に苦しんでいる方が多いようです。季節や時期によって食事量を予測しているのもありますが、極端に余ったり足りなくなったりすることはありません。

今回は少しですが、動画を撮影してみました。大変な状況にあるにも関わらず、笑顔を見せてくださる人もおり、その姿勢に学ぶことが多くあります。

配給は、雨の日も晴れの日も、祝日も休日も、1日も休むことなく行われています。現地のスタッフを含め、一人ひとりの温かい気持ちが繋がり続いているこの配給。この配給が一日の唯一の食事という方も少なくありません。皆様の温かいご支援を心よりお待ちしております。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

(スタッフ:ひるま)