ヴラタ(誓願)に勧められるサーブーダーナー・キチャディーのレシピ

ヴラタ(誓願)に勧められるサーブーダーナー・キチャディー(साबूदाना खिचड़ी)のレシピをご紹介いたします。

ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタ(誓願)が行われます。ヴラタにおいて広く実践されるのが、断食や食の節制です。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は進んで行うこともあります。

インドには、こうしたヴラタの際に勧められるさまざまなレシピがあります。その一つ、サーブーダーナー・キチャディーをご紹介いたします。

サーブーダーナー・キチャディーは、タピオカパールやサゴパールを用いた軽食です。サーブーダーナーとは、タピオカやサゴヤシのでん粉で作られる白いタピオカパールやサゴパールを意味します。キチャディーはキチュリとも言われ、主にお米と豆を煮たお粥のようなものです。ヴラタの際は、米と小麦粉の摂取は勧められないため、米と小麦粉を除いた食材が用いられます。

★サーブーダーナー・キチャディー★

【材料】
・サーブーダーナー:1カップ
・ギー:大さじ1〜2
・ピーナッツ:1/2カップ
・じゃがいも:2個
・コリアンダー・リーフ:大さじ2〜3(細かく刻んでおく)
・ターメリックパウダー:小さじ1/4
・クミンシード:小さじ1
・グリーンチリ:2本(細かく刻んでおく)
・岩塩:小さじ1
・ブラックペッパー:7〜8粒(粗く砕いておく)
・レモン汁:適量

【作り方】
・サーブーダーナーを水でよくすすぎ、水を一度切ったら、4〜5時間、水に浸しておく(指で潰せるようになるまで)。
・じゃがいもを茹でて皮をむき、冷めたら小さく角切りにしておく。
・焦げ付かない加工のフライパンにギーを入れ温め、クミンシードを入れ、少し火を弱める。
・ターメリックパウダー、グリーンチリ、ブラックペッパーを入れて混ぜる。
・ピーナッツを入れて、少し炒める。
・じゃがいもを入れて軽く混ぜ、中火にする。
・サーブーダーナーを入れ、岩塩を加えて、よく混ぜる。
・弱火にして蓋をし、約2分間、火を通す。
・サーブーダーナーの色が変わり透明になるまで、さらに弱火で炒める。
・コリアンダー・リーフ、レモン汁を適量振りかけ、よく混ぜて出来上がり。

※この他にも、トマトや人参など、お好みの野菜を加えることができます。
※ヴラタの際は通常の塩ではなく、ミネラルを多く含んだセーンダー・ナムク(सेंधा नमक)と呼ばれる岩塩を用いることが勧められます。
※心身に刺激を与える玉ねぎや大蒜の摂取は控えます。

サーブーダーナー・キチャディーの作り方は、以下の動画が参考になります。