新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その10)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な措置の緩和が行われています。
経済状況の悪化を受けたこの措置の緩和により感染が拡大し、先週より1日の新規感染者数が2万人を超える日が続いています。

食事の奉仕は、7月4日に500プレート(第12回目)、7月7日に500プレート(第13回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
現在は、経済的に困窮する人々が暮らす地域への奉仕が続いていますが、週に2回は実施できるように計画をしています。

最近は、子どもたちが配膳の車両を覚え、車両が到達するなりすぐに駆け寄ってくるようになりました。
大きなスラムがある地域での奉仕となりますが、密集しているスラム内には立ち入ることができず、道路での配膳です。
現在も集会が禁止されているため、なるべく人が集まらないよう宣伝などはせずに行っていますが、子どもたちの「ご飯がきたよー!」の声にスラム内から続々と人々が出てきます。
こうした地域に住む人々は、例えば、裕福な家庭に赴いて家事代行などの仕事をしていましたが、感染を恐れ、仕事を拒まれることが多いようです。
以前のように仕事ができるようになるのはいつなのか、人々は不安を抱いています。


モンスーンが始まり、インドではこれから大きな祝祭が続く時となります。
一方で、湿度が高くなるとともに、蚊を媒介とする病気が蔓延する時ともなり、体調管理には一層の注意が必要となります。
政府は経済的に貧しい人々への食料配給を、11月まで続けることを発表しています。
これからの時を少しでも心穏やかに過ごすことができるよう、奉仕を続けていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)